BBIは、日本語教師を目指す人、実践的な英語力を身につけたい人に適切なプログラムを紹介。何を選択すればいいか、どう組み合わせればいいか確認下さい

英語を鍛える

ものになる英語へ、実践的な英語を鍛える!

最新版のFlash Playerをインストールしてください。Flash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このコンテンツをご覧になるには、Flash Player8.0以上が必要です。
  • Get ADOBE FLASH PLAYER
その他のコンテンツ

一歩先の留学へ、使える英語をものにする!

TOEIC800点取れたら英語はペラペラになるって本当?

英語を鍛える!授業風景

日本で就職をするときには、英語の資格はとても重宝されます。あると無いのとではどうしても差が出てきてしまいます。しかも点数が高いとある一定の評価も得やすくなりますし、英語環境での仕事をしようと思うと自ずとその力は必要とされます。もちろん採用に当たっては、総合的にその方の人物自身を評価されることですので英語の資格のみではないことは確かですが、良い点を持っていて損することはありません。また、日本人にとって、英語の環境で働くことは誰でも一度は夢を見る憧れの環境ではないでしょうか。

ところが英語のいい点数を持っていてもすぐに実践的に活躍できるかと言うのは別問題だと思います。実際に、TOEIC800点を取った人が、ビジネスシーンにおいて英語を流暢に話してすぐに活躍をしているかということは、実際にその点数以上を持っている人がよーくわかっていることです。つまり点数を持っているからといって、すぐに英語を使って活躍できるとは限らないし、ペラペラなわけではありません。その域に来れば誰でも感じますが、まだまだ勉強が足りないなぁと感じるはずです。

使える英語をものにするには、実践的な英語を身に付けるにはどうしたらいいのだろうか

英語を鍛える!各国の友達と話そう!

日本にいても実は使える英語をモノにしている人もたくさんいます。留学経験がない人でも十分に渡り合える英語を身につけている人も少なくありません。でもそうなるためにはそれ相応の覚悟と計画と忍耐と継続が必要で、普段仕事をしていたり、学生であると、残念ながら忙しくてなかなかそうは行かないのが常です。すると現実的に、実践的な英語をモノにするには、留学をすることが一番普通に考えられることです。周りはネイティブばかりだし、全てが英語の環境や習慣なので、日本にいるよりはずっと身に付けられると思います、生活そのものが英語環境だからです。

でも、留学に行った人はみんな英語がペラペラになっているのでしょうか。

よく聞くのが、語学留学してもなかなか思うように英語で話せないって言います。『言っていることはわかるのに。。。』『リズム良く話せない』『1対1だといいのだけど。。。』『ネイティブの友達ができない』などなど。英語に触れてはいるものの、流暢に、格好良く、自信を持って英語を話せない人が結構いるのも事実ではないでしょうか。

『使える英語をものにする、実践的な英語を身に付ける』ためには、その環境づくりと実践が必要です。そのポイントは以下のようになると思います。

  • ネイティブに囲まれた環境にいること
  • 生活も含めて全てが英語の習慣にいること
  • 自らが積極的に英語を話さざるを得ない環境に身をおくこと
  • その環境を少なくとも半年間以上続けること
  • 失敗しても恥ずかしがらずに実践を継続すること

 

受動的な受講環境の一般的な語学留学だけでは、残念ながらこの環境は実現できません。積極的に英語を発話する環境で、実践に沿った内容や環境で英語にもまれる必要があります。そしてもっと言うと、日本人のいない環境で、英語にドップリと浸り、英語を使わざるを得ない環境に身をおくことで『使える英語がモノ』にできるようになります。

では、そういった環境は、留学する中でどんな方法なのでしょうか。

英語をものにする方法

ここで紹介する方法は、英語がまだ苦手な人を対象としています。英語にある程度自信のある方は、以下のSTEP2からスタートしてもそれ以上の環境から開始してもいいでしょう。自分に合ったステージから進めてみて下さい。

STEP1 語学学校に行く

英語を学ぶときに一番考えやすいのが、語学学校に行くこと。英語を勉強しに行くわけですから、そのものズバリを教えてくれる機関に行くのが一番です。ただ、語学学校の数も多いですし、授業内容もたくさんあるでしょうし、どれを選んだらいいかわからなくて、よって授業料が安いだけで決めてしまうこともあったりします。本当に英語をモノにしたいのなら、その語学学校選びから慎重にしなければなりません。ここでは実践的な英語を身につける、つまり文法やリーディングなどではなく、いかに英語で話せて聞けて実生活やビジネスシーンで英語を使いこなせるかに焦点を当てた学校選びをしていくか、そういったことに重きを置いている学校を選択する必要がある思います。そして語学学校通学中に重要なことは英語に慣れること。外国人が来ても臆さない度胸と、英語で何とか切り盛りできる自信を身に付けることがポイントです。

STEP2 英語を使わざるを得ない環境に身をおく

語学学校の最大の欠点は、周りにいるネイティブが学校の先生だけということ。一緒に学ぶ留学生はたくさんいるので慣れてくると彼らと”英会話”をして、「なんだか英語がしゃべれるようになったじゃん」と少々自信を持ちますが、だまされてはいけません。その自信のままネイティブと会話してみてください、あまりにもできなさ加減にショックを受けると思います。少なくとも話す練習にはなっていると思いますが、留学生といくら話しても本当の聞く耳は養えません。なぜなら本当の英語のリズムでも発音でも言い回しでもないからです。話すことも、留学生との会話だけだとどうしても制限が出てきてしまいます。同じ事を言うにしてもニュアンスや、深みが違うでしょうし、傷つけない言い方などもあります。そういった表現はネイティブと関わっていないとなかなかモノにできないものです。ですので一歩進んだ、英語力を身につけるには、ネイティブが常にいる環境に身をおき、尚且つ本人が積極的に英語を使わざるを得ない環境にいないとなかなか身につけることができません。

STEP1 覗いてみよう!3つのお薦め英語コース

カランメソッド JEC
Repeat! Repeat! Repeat!
お薦めなタイプ
徹底的に英語で考え英語で即時に会話し、英語を操りたい方
コース内容
英語で聞いたものとそのまま英語で理解し、英語で話すように繰り返す訓練することで『英語脳』を作り、ネイティブのスピードで話す事を目指すコース!
  • 期間:1週間〜
  • 受講地:シドニー
  • 入学条件:無し、どのレベルからもスタート可能
実生活英会話 LA LINGUA
実生活スピーク英会話!
お薦めなタイプ
実生活にすぐに使える英語、本物の英語のコミュニケーションを習得したい方
コース内容
「日常生活英会話」「社交英会話」「仕事と遊びのための英会話」の3つの軸を中心に社会生活に必要な全場面を完全マスターするコース!ディスカッションやプレゼンテーション能力も鍛えます
  • 期間:1週間〜
  • 受講地:シドニー
  • 入学条件:無し、どのレベルからもスタート可能
お薦め英語学校
まずは英語に慣れよう!
お薦めなタイプ
英語初学者や英語に全く自信のない方向き。まずは英語の雰囲気に慣れましょう
コース内容
一般英語レッスン。レベルに応じて総合的に学習していきます。ネイティブの先生の言うことに耳を傾け、クラスメートとは積極的に会話を。アクティビティーも含めて英語をたくさん吸収するコース!
  • 期間:1週間〜
  • 受講地:シドニー、その他
  • 入学条件:無し、どのレベルからもスタート可能

STEP2 日々実践!英語を使わざるを得ない環境での積極活動

英語環境にドップリ浸っていざ実践へ!ネイティブと対等に渉り合う

STEP1で、目指す目標が達成できたら、早速、実践の場で生かしてみましょう。英語を使って活動できる、仕事ができる環境は、いくらでもあると思いますが、日本人ならではのスキルを生かして、日本人そのものが重宝される活動を紹介したいと思います。重宝されるというのはポイントで、周りからも積極的に英語で話してきたり、質問が来たりします。自らが積極的に英語を使用して発話することはとても大事ですが、更にネイティブからも話しかけてくれる環境は、実践力を高める要因にもなってくれます。

そのお薦めのプログラムが、日本語教師派遣プログラムです。

この活動はオーストラリア(または英語圏の他国)で日本語や日本文化を教えますが以下のポイントがあります。

 

  • 英語を使って指導する
  • 担当の先生、生徒、クラス内、学校内、滞在先では英語を話さざるを得ない環境
  • 現場(仕事場)での経験ができるので、英語での交渉、タイピング、電話取りなど実践経験ができる
  • ネイティブの友達ができる
  • 田舎への派遣もあり、活動、生活など全てが日本人のいないドップリ英語環境に浸れる
  • 日本のことなので特に資格など持たなくても日本人であれば誰でも活動できる

 

この活動期間中は、積極的に英語を使わざるを得ない環境なので、実践力が本当に養えます。先生も生徒もみんなネイティブなので、ネイティブに囲まれた環境で将来のために積極的に英語を吸収して、英語をモノにしてください!

 

 

英語をモノにするこんな活用の仕方 お薦めのプラン

(お薦め1) カランメソッドで英語脳を鍛えて、日本語教師海外派遣プログラムで英語の現場の実践経験
カランメソッドでは、英語を聞いて瞬時に英語で答える訓練を何度も何度も繰り返します。これによって、英語で常に考えることができる英語脳が作り出され、ネイティブと同じスピードで会話ができるようになります。その能力を身に付けたら、日本語教師派遣プログラムの実践の場で是非試してみてください。いろいろな環境や場面において、英語で矢継ぎ早に質問が来るので、カランメソッドで勉強したことを是非生かしてください。最初は戸惑いもありますが、慣れてくるうちに、どんな場面でも状況でも、瞬時に英語を使いこなせるようになっています。単に英語の環境だけではありません。日本語や日本文化を教えるので、中心にならざるを得ない環境です。英語を積極的に発話して生徒を引っ張っていかなければならない立場で環境なので自ずと訓練される機会が多いです。是非この環境を生かして、将来の就職や英語の環境での活動に生かしてください!
(お薦め2) 一般英語で英語力を鍛えて英語教師養成講座(TECSOL、TESOL共)の受講
英語自身を職業としたい方に向いたお薦めのプランで、将来、英語の先生になるプランです。日本で英語教師になるためには、中高校での教職免許の取得が必要です。そして英語教師の採用試験に合格すれば晴れて英語教師として活動することができます。ただ、現在、英語を使ってコミュニカティブに指導できる英語教師が求められています。これまでの単なる文法や受験英語の指導のみではスキルとして足りないといわれています。そこで、今、日本で注目の英語教師の資格がTESOLという英語教師養成講座の資格です。このコースに入学するには、IELTS6.0ポイント以上などある程度の英語力が事前に必要なので、その点数を取れるように事前に英語学校で勉強して、入学基準に達したらそのコースに進学してください。尚、その場合は、TESOLコースを持っている英語学校での一般英語コースがお薦めです。その場合は、上記IELTSなど英語の試験免除にてコース進学ができる可能性があるからです。その他、TECSOLという児童英語教師養成のコースもお薦めです。

英語学校卒業生の体験談

ただいま作成中、しばらくお待ち下さい。

英語教師 お薦めコンテンツ

英語教師 お薦めコンテンツ
 

ただいま作成中、今しばらくお待ち下さい。


  • みんなの体験談を読む
  • 動画で活動の様子を見る
  • サイトの利用方法とアイコンの説明
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 無料説明会
  • BBIメール会員募集、必要な情報をまずは登録しよう!!
  • ピッタリピンポイント注目情報!ピンピタメール
資格を取る
  • 日本語教師養成講座420時間
  • 英語教師TESOL・TECSOL
  • MrクリタのTOEIC2週間集中講座
  • 英語を鍛えるには?
  • オーストラリアで親子留学
  • BBIお薦め語学学校
海外で実践する
  • イチオシ 環境、実績No1 オーストラリア
  • 日本語教師インターンシップ
  • 幼稚園ボランティア
  • 有給インターン ホテル・カフェ・ショップ
就職する

日本や海外での就職

姉妹サイト
  • 日本語教師になる。
  • 留学に行こう
  • 海外で働こう
  • ブログで最新情報