日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

NZ日本語教師WHビザでの参加!

このエントリーをはてなブックマークに追加

**************************************************************************************************
このブログで書かれた内容は過去のブログ情報を『お薦めコンテンツ』用に加筆修正したものです。内容はこの情報を掲載した時のものですが、将来的にその情報内容が変わっている場合もありますので、あくまでも参考としてご覧下さるとともに、必ず最新の情報をご確認下さい
**************************************************************************************************

NZ日本語教師ワーキングホリデービザでの参加!
-ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム-

ニュージーランドで日本語教師派遣プログラムに参加するには、

 ◇ 就労ビザ(ボランティア用)
 ◇ ワーキングホリデービザ


の2種類がありますが、ここでは使い勝手のあるワーキングホリデービザに付いてお話をします。

まずは以下の重要な話から。

2010年3月29日付から
ニュージーランドでのワーキングホリデービザの現地での活動条件が緩和となりました!

これまで、現地での生活をサポートする意味で働くことに対して、同一雇用主において3ヶ月間までの就労が可能という条件が撤廃され、同一雇用主でも12ヶ月間就労が可能となりました。

併せて最長6ヶ月間まで、就学(語学学校等で勉強をすること)することが可能となりました。

以下は、ニュージーランド大使館のこれに関する案内のページです。

日本・ニュージーランド間のワーキングホリデービザが改正されました(原文のまま掲載)
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
ワーキングホリデー制度を利用してニュージーランドに滞在する日本人旅行者に新たな朗報です!2010年3月29日から本制度の規定が緩和されることになり、ニュージーランドでワーキングホリデー中の日本人旅行者は、最長12ヶ月まで同一雇用主のもとで働くことと、最長6ヶ月まで学校で学ぶことが許可されます。

この新規定は、現在ニュージーランドでワーキングホリデー中の全ての日本人に適用されます。

ワーキングホリデー中の就業、勉学、旅行に関する情報は、こちらをご覧ください(英語)。

ワーキングホリデー制度の詳細はこちらをご覧ください(英語)。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

詳しくはこちらのページでご確認下さい。

 > 日本・ニュージーランド間のワーキングホリデービザが改正されました
 > ニュージーランド大使館

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

この事によって、BBIで紹介をしているニュージーランドで日本語教師の活動もワーキングホリデービザで長期間、最大1年間にに亘っても活動できる様になります。

これまで、ワーキングホリデービザでご参加の方には

 1学期間(約3ヶ月間)

のご参加しか案内できませんでしたが、今回の改正によって、ワーキングホリデービザでも

 最大1年間(1学年間)

参加できることとなります。

従って、これまで長期になればなるほど、就労ビザ(ボランティア用)しか選択肢がありませんでしたが、ワーキングホリデービザでも最長1年間の参加が可能となります!

ちなみに、ワーキングホリデービザでご参加いただけると、BBIの割引のワーキングホリデービザ割(1万円オフ、2010年現在)も適用となりますので、お得感も出てきます!

この様に、30歳までの方であれば、最大1年間であってもどちらのビザでのご参加でも問題ないと思います。ただ、日本語教師の活動以外に、

 ○ アルバイトをしたい
 ○ 語学学校に通学したい
 ○ その他の活動をしたい

などいろいろと計画している場合は、ワーキングホリデービザが適当かと思います。

逆に、年齢が既に31歳以上の方であれば、ワーキングホリデービザは取得できないので、自ずと就労ビザでの参加となります。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

また、このプログラムにはこのプログラムに集中するため就労ビザで参加し、その後またワーキングホリデービザでニュージーランドに来る方法もあります。これは、例えば最初の1年間を日本語教師の活動で、英語ブラッシュアップなどいろいろなことを経験され、今度はその経験を生かして、更にニュージーランドで何か活動をされたい場合、良い方法だと思います。

ある程度英語力がついたわけですから、日系の企業ではなく現地NZの企業で英語に囲まれた環境で働くとかそういったことができる様になります。

こちらは2年計画で目的を達成する方法ですが、そんなことも対応可能となります。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◆ ニュージーランド日本語教師派遣 カテゴリートップに戻る
 ニュージーランド日本語教師派遣 プログラム詳細

≪その他ニュージーランド日本語教師派遣のお薦めコンテンツ≫
 ○ ニュージーランド日本語教師派遣プログラムの特長
 ○ シニアの方に大人気!NZへの派遣
 ○ 1~4週間までの短期日本語教師体験プログラム概要
 ○ 短期日本語教師体験プログラムのスケジュール
 ○ 
NZ就労ビザ(ボランティア用)の取得スケジュール
 ○ NZワーキングホリデービザでの参加
 ○ NZ日本語教師派遣プログラム派遣校紹介
 ○ NZ日本語教師派遣プログラムと組合せプラン 児童英語教師編
 ○ NZ日本語教師派遣プログラムと組合せプラン 日本語教師養成講座編
 ○ NZ日本語教師派遣プログラムと組合せプラン 語学学校編 
 ○ 体験談

     【その他関連コンテンツ】

      ◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ カナダで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ アメリカで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ イギリスで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ ドイツで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ タイで日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧
      ◇ 台湾で日本語教師海外派遣 カテゴリー一覧

      ◆ オーストラリア有給インターンシップ カテゴリー一覧
      ◆ タイ有給インターンシップ カテゴリー一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2008/08/11 17:30

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.