日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

オーストラリアワーキングホリデービザ!2016年

このエントリーをはてなブックマークに追加
使い勝手のあるワーキングホリデービザ!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの活用方法は様々ありますが、どのプランをしても適応できるのがこのビザであり、またビザの取り直しもないので、とてもスムーズです。そのオーストラリアのワーホリビザの2016年最新情報をお伝えします!

**************************************************************************************************
このブログは2016年3月18日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

オーストラリアワーキングホリデービザ!2016年最新情報
-7月出発オーストラリアで日本語教師派遣を例にスケジュール紹介!-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、目的別オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの利用方法をお伝えしてきましたが、現地でいろいろなプログラムを遂行していくには、その内容に適したビザの取得が必要です。就学をするなら学生ビザとか渡航目的に合ったビザが存在し、それを取得しないといけませんが、唯一、いろいろな目的に適応できるるビザがあります、
それがワーキングホリデービザ(ワーホリビザ、WHビザ)です!

今日は、そのワーキングホリデービザの取得条件や取得方法などをお知らせしたいと思います。オーストラリアで日本語教師派遣プログラムをはじめ、語学学校、児童英語教師、ケンブリッジ検定FCEレベル、BULATS、幼稚園ボランティア、ホテル有給インターンシップ等を鑑みていらっしゃる方は、是非ご参考下さい。2016年バージョンの保存版です!

【オーストラリアのワーキングホリデービザ2016年最新情報】

ビザ概要
オーストラリアにおいて、18歳から30歳までの方に対して、ホリデーと一時的な就労を許可した1年間滞在が可能なビザで、その範囲で活動滞在ができるとても利用度の高いビザ

ビザ取得条件
・申請時、発給時に共にオーストラリア国外にいること
・以前にオーストラリアのワーキングホリデービザを取得したことがないこと
・申請時に年齢が18歳~30歳までのこと(31歳の誕生日の前まで申請可能)
・扶養する子供が同行しないこと
・健康上、オーストラリアが規定する基準をクリアーすること(健康診断が必要な場合もあり)
・滞在が可能な十分な資金があること(通常500豪ドル以上程度、資金証明が必要な場合あり)

ビザ取得後の条件
・取得後1年以内にオーストラリアに入国すること
・入国後の滞在期間は1年間まで
・入国後のオーストラリアの出入国は滞在期限まで自由
・就学は最大4ヶ月間まで
・就労は同一雇用主の下6ヶ月間まで

申請費用
440豪ドル(返金不可)
※上記費用はオンラインで申請をした場合。もしオンラインで申請をしない場合は別途80豪ドル要
※支払いは基本的にクレジットカード決済

申請方法
・基本的にオンラインで申請
・オンラインで申請するにはImmiAccount(いかなるビザの申請においても必要な個人アカウント)の作成がまずは必要
・ImmiAccount作成にはID、パスワードの設定が必要
・ImmiAccountからログインしワーキングホリデービザのオンライン申請開始
・申請内容は、オンラインの順序に従って必要内容の選択又は入力し最後まで完了すること
・申請後の移民局からの連絡は登録したメールアドレス宛に届く
・ビザ取得可否に関しても登録したメールアドレスに届く
・審査期間は、そのときの混み具合、審査内容によるが数日から1ヶ月間程度
・申請完了後の状況確認は、上記ImmiAccountより確認が可能

健康診断
・申請内容によって、移民局より健康診断が必要であればその連絡がメールで届く
・健康診断の依頼が来た場合は、その内容に従って日本にあるオーストラリア大使館指定病院にて健康診断を受診する必要がある
・オーストラリア大使館指定病院は数が少ないため要注意。最寄の指定病院で受診が望ましいが、混み合い予約がすぐに取れない場合などは遠方でも他の病院での受診が必要
・健康診断費用は自己負担(費用、予約状況は要確認)

【セカンドワーキングホリデービザ】

オーストラリアには、一定の条件を満たすと2年目(更に1年間有効)のワーキングホリデービザが発給される。条件が整えられる場合は、継続して2年間滞在も可能であり、また、再度、条件の下タイミングを見て入国することも可能。

セカンドワーキングホリデービザ取得の条件
・1年目のワーキングホリデー取得条件を整えること
・季節労働などオーストラリア移民局が指定する労働を一定期間以上(通常3ヶ月間)満たしその証明を保持していること
・セカンドワーキングホリデービザの場合は、オーストラリア国内でのビザ申請も可能
・申請方法、申請費用、取得条件、取得後の条件は1年目と基本的に同じ

【その他耳寄り情報】

①オーペア(Au pairs)の仕事に就く場合で、移民局に所定の資料を提出し許可された場合、同一雇用主の下6ヶ月間の就労条件は撤廃され、6ヶ月間以上の就労が可能となる(2015年7月21日より施行)。

②オーストラリアの北部地域で認可された職種で働く場合、6ヶ月間以上の就労が可能となる(2015年11月21日より施行)。職種は要確認だが、旅行業、ホテルカフェレストラン等でのホスピタリティー関連の仕事なども該当する。地域は、北部準州全域、クイーンズランド州及びウェスタンオーストラリア州の北部地域(Post codeで指定された地域、要確認)



’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

それでは、ワーキングホリデービザで参加できる、直近の7月出発!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムに関して募集要項を以下の通りにお知らせします。この7月出発とどう前後で組み合わせていくかによってスケジュールや留学総費用もも決まってくると思います。

7月出発 オーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集要項
*******************************************************************
プログラム名 : オーストラリアで日本語教師派遣プログラム
参加形態 : ボランティア
派遣地 : オーストラリア全土の小中高校
準備研修地 : シドニー 
準備研修日程 : 2016年7月19日(火)~7月22日(金)(予定)
 ※準備研修日程は開始の約2か月前程度に正式に決定します
 ※従ってそれまでは国際線チケットの手配はお控えください
 ※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2016年7月25日(月)、学校によって異なる 
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで
ビザについて : ワーキングホリデービザが対象

募集条件 : 20歳以上
         TOEIC400点以上程度(目安)
         日本語教師関連の資格有無は全く問いません
         BBI派遣インタビューに合格する事
募集締切日 : 
2016年4月30日(土)迄
 ※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事
 ※ワーホリビザの方はビザ申請費用が移民局に対して別途かかります



 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 1~4週間までのオーストラリアで短期日本語教師体験はこちら
 ⇒ 
日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ 

次回出発月 : 2016年10月(応募締切2016年7月末日まで)
*******************************************************************

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても4番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて120豪ドル/週(約10000円)~・・・語学学校経由のホームステイ費用の半額以下の安さ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

↓BBIラッキーセブン特別価格はこちら(2016年も継続!)


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑活動の様子生活の様子など生の声!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2016/03/18 17:52

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.