日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理

オーストラリアで日本語教師派遣の利用の仕方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアの日本語教師派遣プログラムの活用の仕方を教えます。オーストラリアは活動環境がダントツ良くまた基本英語環境なので、どんな目的にも応えてくれる、とても懐の深い派遣国なのです!現在7月出発を募集中ですので、この7月出発を例に計画を立てて見たいと思います!

**************************************************************************************************
このブログは2016年3月10日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

目的別利用の仕方!オーストラリアで日本語教師派遣の利用
-7月出発オーストラリアで日本語教師派遣を例にスケジュール紹介!-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日のブログは、BBIの大人気プログラム、日本語教師派遣プログラムの目的別活用の仕方に関してお知らせをして見たいと思います。

この『日本語教師派遣プログラム』と言う名前が誤解を招くというか、想像が付かないというか、ちょっと難しさが伴ってしまうと思うのですが、この日本語教師派遣プログラムは、将来日本語教師になりたい人のみが利用をするプログラムではありません。

特に、活動環境の整っているオーストラリアでの活動は、いろいろな目的に応えられる活動環境であり、尚且つこのプログラムの参加前後でいろいろなプログラムを組合せる事ができ、その点がとても特長的で、お薦めな派遣国です。

今日からは、いくつか、このオーストラリアで日本語教師派遣プログラムを利用してどんな目的が叶えられるのかを具体的に紹介をしていければと思っています。題して

目的別!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの利用の仕方

です。

実際にこのプログラムに参加される方々は、このプログラムのみの単体で参加される方も多いですが、せっかく行く留学ですから、その留学中に目的達成のためにいろいろなプログラムを組み合わせられる方も多いです。従って、その辺に関して詳しくお知らせをして見たいと思います。

今日はまず、このプログラムの利用の仕方として、どんな利用の仕方があるか、どんな目的であればどのような他のプログラムを併用すべきかなどを紹介してみたいと思います。以下どうぞご参考ください。

【目的別!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの利用の仕方】

オーストラリアで日本語教師派遣プログラムと組み合わせが考えられるプログラムは以下の通りです。

目的①: 将来日本語教師を目指す!
日本語教師養成講座420時間との組合せ

目的②: 将来英語教師を目指す!

TESOL英語教師養成講座やJ-shine児童英語教師プログラムとの組合せ

目的③: 英語を鍛える!英語力を身につける!
英語学校への通学

目的④: より実践的なかなり使える英語力を身につける!
ケンブリッジ検定試験FCEレベル合格を目指すコースへの通学

目的⑤: 将来外資系で働く!
BLATSのコースを受講

以上のように、単に将来日本語教師を目指すのみではなく、英語を使うことや実践的な英語力を身につけられることから英語をキーワードとした将来の目的達成のための組合せプログラムがあります。

これらのことを次回以降のブログで一つ一つ詳細をお知らせしてみたいと思います。乞うご期待下さい!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

それでは、直近の7月出発!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムに関して募集要項を以下の通りにお知らせします。ご参考ください。

7月出発 オーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集要項
*******************************************************************
プログラム名 : オーストラリアで日本語教師派遣プログラム
参加形態 : ボランティア
派遣地 : オーストラリア全土の小中高校
準備研修地 : シドニー 
準備研修日程 : 2016年7月19日(火)~7月22日(金)(予定)
 ※準備研修日程は開始の約2か月前程度に正式に決定します
 ※従ってそれまでは国際線チケットの手配はお控えください
 ※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2016年7月25日(月)、学校によって異なる 
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで
ビザについて : ワーキングホリデービザが対象

募集条件 : 20歳以上
         TOEIC400点以上程度(目安)
         日本語教師関連の資格有無は全く問いません
         BBI派遣インタビューに合格する事
募集締切日 : 
2016年4月30日(土)迄
 ※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事
 ※ワーホリビザの方はビザ申請費用が移民局に対して別途かかります



 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 1~4週間までのオーストラリアで短期日本語教師体験はこちら
 ⇒ 
日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ 

次回出発月 : 2016年10月(応募締切2016年7月末日まで)
*******************************************************************

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても4番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて120豪ドル/週(約10000円)~・・・語学学校経由のホームステイ費用の半額以下の安さ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

↓BBIラッキーセブン特別価格はこちら(2016年も継続!)


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑活動の様子生活の様子など生の声!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2016/03/10 17:20

コメント
コメントはありません。

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.