日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


実生活英会話の記事一覧


      -このブログ記事内容は【2013年2月6日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

語学(英語)学校は必要?日本語教師派遣との組合せ
-英語になれる、事前の語学学校の活用法!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
 ● 英語教師養成講座TESOLの詳細はこちら 
 ● 児童英語教師の詳細はこちら 
  ものになる英語へ!実践的ない英語を鍛える!
  Repeat!Repeat!Repeat!カランメソッド
  実生活英会話!実社会ですぐに使える英会話
  BBIお薦めの語学学校 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨日は、児童英語教師と英語教師の件をお伝えしましたが、今日は語学学校、英語学校の件についてお知らせします。

BBIは、手数料無料の留学会社ですので、主に英語圏での英語学校、語学学校などの手配をしています。

それら語学留学専門のサイトとして

  留学に行こう!

というサイトがありますので、語学学校への留学などに興味のある方はどうぞこちらのサイトをご利用下さい。

普通に、語学学校に行く、ワーホリで海外に行く、学生ビザを取って学校に行く、有給インターンシップをしに海外に行くなどの目的であれば、どうぞ上記のサイトが適していますので、そちらをご覧になってみて下さい。

さて、今日は、このBBI日本語教師ネットワークとして語学学校をどう利用していくかに関してお知らせしたいと思います。

英語圏での日本語教師派遣プログラムは、英語を使って日本語や日本文化を紹介する活動を英語環境の教育現場でして行きます。

つまりに日本語を教えますが、英語を使って教えていきますので、一定以上の英語力が必要となってきます。

日本語を学習している生徒さんのほとんどは日本語が出来るわけではありません。従って、英語を使って教えていかなければいけません。

もちろん日本語の授業ですから、「おはようございます!」とか日本語やそのフレーズを日本語で使いますが、どういった時にこのフレーズを使うかなどの説明は英語となります。

そして生徒からは矢継ぎ早に英語での質問がきます。

そういった環境の中でなんとかして英語で応えていかなければいけません。

そんな環境なのでちょっとビビる方もいれば^^;、ワクワクされる方もいるのではと思いますが、

いずれにしてもとても英語を使う環境です。そしてそれを使わざるを得ない環境なので、将来日本語教師を目指す方ももちろんですが、実践的な英語力を身につけたい方もこのプログラムに多く参加されています。

そしてそれを叶えるには格好の活動環境となります。

さて、そんな活動環境ですので、どうしても自分の現在の英語力が気になるもの。それをどうするか。

 > 一定の英語力があるので問題ないパターン
 > まぁ、何とかなるさとそのまま参加するパターン
 > ちょっと心配、ちょっとでも慣れておきたいと事前に語学学校に行くパターン

の大きく分けて3つのパターンがあると思います。

今回の1月にスタートされた方にも事前に語学学校に通学して、スタートされた方もいらっしゃいますが、ちょっとだけお金に余裕があるのであれば、事前に英語学校に行く事はとても良い事です、その方があまり英語に自信がなければ。

時間は貴重です。その使い方をどうするかによって、その内容は浅くも深くもなると思います。

せっかく海外に来て、英語環境で英語を使わざるを得ない環境で、英語に自信がないからと言って引っ込み思案となり、なかなかその活動環境を利用できないととてももったいない事となります。

長くても1年間ですので、せっかくならその活動環境を最大圏に利用して、英語力を高めて頂きたいものです。

そのために必要な方は、やはり事前に語学学校に行っておくのが良いと思います。

 ○ 英語に慣れる事
 ○ 英語の環境に浸れる事
 ○ 少しでも話す、聞く練習が出来る事
 ○ 留学生ネイティブ含めて友達が出来る事
 ○ その国を事前にいろいろと知る事が出来る事

などいろいろなメリットがあります。なので、もし英語に自信がないなとお感じになっているのであれば、少々お金がかかろうと自分自身への投資と思ってやってみるのも良いと思います。

BBIは、前段で申し上げた通り、手数料無料の留学エージェントですので、語学学校等の情報も長けています。

また、ご利用されるとBBI組合せ割引が適用となり、トータルの費用を安くもできます。

学校の種類はいろいろとあります。

> 実生活英会話
> スピーキングリスニングに特化したカランメソッド
> 英語の資格取得コース
> 一般英語

などなど。



質が良くて超お薦めな学校から、費用を抑えた学校までいろいろとありますので、是非ご相談下さいね。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:


↑お気軽にご相談下さい(メール・お電話・ご来店から選択できます)


↑体験談や現地の生活の様子など生の声!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ TESOL英語教師のご質問は ・・・ お問合せ
◇ 英語教師余生講座のお申込みは ・・・ 仮お申込 

◇ 英語教師養成講座とは
◇ TESOL英語教師とは
◇ TECSOL児童英語教師とは
◇ 児童英語教師体験談

◎英語を鍛える身に付けるプログラム


 ○ 実生活英会話
 ○ 英語教師養成講座TESOL
 ○ 児童英語教師養成講座TECSOL
 ○ お薦め語学学校一覧

更に鍛えて実践を踏むには

 ○ 日本語教師派遣プログラム(英語圏がお薦めです!)
 ※ここから各国のプログラムを見てください

 ◇ キャンペーン情報・割引情報の記事一覧
 ◇ 今月のキャンペーン・割引情報

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2013/02/06 08:06
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年3月11日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


英語で即実生活を!実生活に基づいた英語習得
-実生活に即使える英語のフレーズや会話力を養える講座-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

今日2つ目のブログアップです!

今回も実践的な英語力が身につけられる英語コースを紹介します。

先ほどと同様に、BBIでは『生かせ日本人スキル』というコンセプトにそって、日本人そのもののスキルを生かして国際舞台で活躍する人を育成する、サポートする活動をしていまが、そのためには、コミュニケーション力、ここでは英語会話力ですが、それがモノを言います。

実践の場で使える英語力を持ってして、ご自身の持っているスキルをドンドン国際舞台で生かして頂ければと思っています。

前回は、

何度も繰り返すことで英語脳を作り、ネイティブと同じスピードで話すカランメソッド

に関して、お伝えしましたが、今回は、

実生活に基づいた英語フレーズの習得!

ということで、これさえ身につければあとは、ドンドン現場にぶつかっていくのみという、英語圏で生活や活動をするに当たって最低限、身につけておくべき英語のフレーズを学べるコースを紹介します。

これは単に挨拶や買い物をするときの簡単な英語表現のことではなく、銀行口座を開設するときの表現、電話での応対表現など、より実践的な英語のフレーズ内容となります。

『いかに実践的な英語を鍛えるか!』

日本人にとって永遠のテーマのような気もしますが、今回紹介するコースは、良くある語学学校の一般英語コースより、

より実践的で実生活に役立つ英語表現や英会話を扱っているコース

となります。その名も

実生活スピーク英会話

以下にこのコースの詳細を記します。実践的な英語を鍛えたい!という方は必見です!!


◎実生活スピーク英会話コースの概要


この実生活スピーク英会話は、実生活にすぐに使える英語、本物の英語のコミュニケーションなど、「日常生活英会話」「社交英会話」「仕事と遊びのための英会話」を中心に社会生活に必要な全場面を完全マスターするコースです。

実際のコミュニケーションの場面で、ネイティブが使っている言い回しや表現を中心に、「使いこなせる」英会話力を育成しながら、文法、発音、語彙、リスニング技能強化、ディスカッションやプレゼンテーション技術などの集中強化練習を行います。また、実生活の中で使われる読み書きも習得できる実用的なコースです。

コースの題材は、シミュレーション、劇、歌、フィルム、スピーチに加え、オーストラリア文化や国際事情、政治、歴史など幅広い分野から、時代や季節にあった、生の主題や教材を常にクラス活動に取り入れて対応しています。

【実際の授業内容・トピック】

このコースは以下のトピックに関わる英語のフレーズや会話などを勉強します。

 ○ 電話対応
 ○ お店・レストランでの対応
 ○ 宿泊先を探す
 ○ 就職活動・面接英語
 ○ 仕事のための英語
 ○ 初めて人にあったとき
 ○ 人をどこかに誘う、上手な断り方
 ○ 社交英会話・デート英語
 ○ パーティー英語・パブ英語
 ○ ディスカッション&ディベート
 ○ プレゼンテーション
 ○ 銀行口座を開く
 ○ 人の家に招待をされたとき
 ○ スラングや慣用句

尚、この授業は16週間で全てのトピックに関して完結しますが、数週間の受講も可能です。また、毎週月曜日に入学が可能で全7レベルに分けて授業が行われています。一旦別の語学学校で勉強した人が物足りなくこのコースを受講する人も多いくらい、実践的な場面でのレッスンが期待できる内容です。

【コースの特徴】

(1)少人数制の授業、最大で10人まで(3~10人/クラス)
(2)会話中心の授業内容で、実生活で使われる英会話力の取得を目指す
(3)スピーキング力、リスニング力強化の授業内容
(4)外国語を勉強している現地オーストラリア人学生とのランゲージエクスチェンジが可能!
(5)ディスカッション、ディベイトなど話す、聞く、会話するなどの実践も多用。

【こんな人に向いています!】

 ◇ 即、英語の実践の場に出てみたい方
 ◇ 最低限の生活英語を身に付けてあとは自由に活動をしたい方
 ◇ 実践的な場面での英会話力を身に付けたい方
 ◇ 日本人がいない様な英語の環境で活動をしたい方
 ◇ オーストラリア人とランゲージエクスチェンジをしたり友達を作りたい方

是非、このコースで、即使える実践的な英語表現を学んで下さい!詳しい内容は以下のページで見ることができます。

 > 実生活スピーク英会話コース

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

どれくらいの期間をするかは皆さんのご都合によると思いますが、できればこちらも8週間は挑戦していただきたいです。

上記に説明している通り、この実生活スピーク英会話コースは、全16週間で全ての内容を網羅することができます。従って、本当は全部の内容を身につけて頂きたいのですが、16週間は通学することができないという方の場合は、できれば少なくとも8週間は通学してみてください。

こちらもカランメソッドと同様、数週間で上記の様に実生活の英語フレーズが身に付くほど甘いことではないので、本当に英語のリズムや雰囲気を身体で覚えるには、少なくともそれくらいが必要かと思います。

もちろん個人差もあるし、スタート時の英語のレベルにもよりますが、可能であればそれくらい8週間の期間はどうぞ通学してみてください。

なお、この実生活スピーク英会話を提供している学校では、今月3月キャンペーンを行っています。

9週間以上お申込の方は1週間の4技能一般英語コースが無料で付いてくるキャンペーンを行っています。

他にも一般英語コース(4技能総合コース)を8週間以上お申込みされると、310豪ドル/週である授業料が260豪ドル/週となり、8週間で400豪ドル約34000円程度お安くなるコースもあります。

こちらもよろしければどうぞご利用下さい!


詳しくはこちらをご覧下さい
 > 実生活英会話3月のキャンペーン情報(LaLingua)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

このコースの活用方法!

即使える実践的な英会話を身に付けたなら、更にそれが自分のものとして定着するように、そして、更なる実践力の強化のために、身につけた実践的な英語力をどんどん使わない手はありません!

できれば、英語の環境で、ボランティアや職場で働いてみたいですね、しかも日本人があまりいない環境で、活動できることは挑戦でもありますが、一つの夢です!

そこでお薦めするのが、

日本語アシスタント教師

の活動です。

この活動は、日本人の全くいないオーストラリアの田舎の地域などに派遣され、生活も活動も自分ひとりで行わなければなりません。

かなりハードルの高い現場ですが、実生活英会話で基礎を学習しているのであとはそれを生かして活動するだけです。

学校では、日本語や日本文化を教えますが、英語を使って教えますので、英語を使わざるを得ない環境となり、まさしく学習した内容がそのまま生かせ、更にそれをブラッシュアップできる環境となります!

教えた経験が無いとか、日本語や日本文化をよく知らないと不安を感じる方もいるかもしれませんが、あなたが知っている日本のことを伝えて頂けるだけで問題ないですし、このプログラムに慣れた学校の先生ももちろん活動をサポートしてくれます。

日本人であればどなたでも活動できるプログラムですので、大いに活用下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇英語を鍛える身に付けるプログラム

 ○ 実生活英会話
 ○ カランメソッド

 ○ 英語教師養成講座TESOL
 ○ 児童英語教師養成講座TECSOL
 ○ お薦め語学学校一覧

更に鍛えて実践を踏むには

 ○ 
日本語教師派遣プログラム(英語圏がお薦めです!)
 ※ここから各国のプログラムを見てください

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2010/03/11 10:31
コメント()  トラックバック(0)

100114up

実生活英会話コースの紹介スタート!
-実生活に即使える英語のフレーズや会話力を養える講座-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日はBBIの新しいコースの紹介をします!

昨年末から英語教師養成講座など『英語』に関するプログラムの紹介を行ってきましたが、今日もキーワードは『英語』でお伝えします。

『いかに英語を鍛えるか!』

日本人にとって永遠のテーマのような気もしますが、良くある語学学校の一般英語コースより、
より実践的で実生活に役立つ英語表現や英会話を扱っているコース
を発見しましたので、皆さんに紹介をしますね!その名も

実生活スピーク英会話。

以下にこのコースの詳細を記します。実践的な英語を鍛えたい!という方は必見です!!


◎実生活スピーク英会話コースの概要


この実生活スピーク英会話は、実生活にすぐに使える英語、本物の英語のコミュニケーションなど、「日常生活英会話」「社交英会話」「仕事と遊びのための英会話」を中心に社会生活に必要な全場面を完全マスターするコースです。


実際のコミュニケーションの場面で、ネイティブが使っている言い回しや表現を中心に、「使いこなせる」英会話力を育成しながら、文法、発音、語彙、リスニング技能強化、ディスカッションやプレゼンテーション技術などの集中強化練習を行います。また、実生活の中で使われる読み書きも習得できる実用的なコースです。

コースの題材は、シミュレーション、劇、歌、フィルム、スピーチに加え、オーストラリア文化や国際事情、政治、歴史など幅広い分野から、時代や季節にあった、生の主題や教材を常にクラス活動に取り入れて対応しています。

【実際の授業内容・トピック】

このコースは以下のトピックに関わる英語のフレーズや会話などを勉強します。

 ○ 電話対応
 ○ お店・レストランでの対応
 ○ 宿泊先を探す
 ○ 就職活動・面接英語
 ○ 仕事のための英語
 ○ 初めて人にあったとき
 ○ 人をどこかに誘う、上手な断り方
 ○ 社交英会話・デート英語
 ○ パーティー英語・パブ英語
 ○ ディスカッション&ディベート
 ○ プレゼンテーション
 ○ 銀行口座を開く
 ○ 人の家に招待をされたとき
 ○ スラングや慣用句

尚、この授業は16週間で全てのトピックに関して完結しますが、数週間の受講も可能です。また、毎週月曜日に入学が可能で全7レベルに分けて授業が行われています。一旦別の語学学校で勉強した人が物足りなくこのコースを受講する人も多いくらい、実践的な場面でのレッスンが期待できる内容です。

【コースの特徴】

(1)少人数制の授業、最大で10人まで(3~10人/クラス)
(2)会話中心の授業内容で、実生活で使われる英会話力の取得を目指す
(3)スピーキング力、リスニング力強化の授業内容
(4)外国語を勉強している現地オーストラリア人学生とのランゲージエクスチェンジが可能!
(5)ディスカッション、ディベイトなど話す、聞く、会話するなどの実践も多用。

【こんな人に向いています!】

 ◇ 即、英語の実践の場に出てみたい方
 ◇ 最低限の生活英語を身に付けてあとは自由に活動をしたい方
 ◇ 実践的な場面での英会話力を身に付けたい方
 ◇ 日本人がいない様な英語の環境で活動をしたい方
 ◇ オーストラリア人とランゲージエクスチェンジをしたり友達を作りたい方

是非、このコースで、即使える実践的な英語表現を学んで下さい!詳しい内容は以下のページで見ることができます。

 > 実生活スピーク英会話コース

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

このコースの活用方法!

即使える実践的な英会話を身に付けたなら、更にそれが自分のものとして定着するように、そして、更なる実践力の強化のために、身につけた実践的な英語力をどんどん使わない手はありません!

できれば、英語の環境で、ボランティアや職場で働いてみたいですね、しかも日本人があまりいない環境で、活動できることは挑戦でもありますが、一つの夢です!

そこでお薦めするのが、

日本語アシスタント教師

の活動です。

この活動は、日本人の全くいないオーストラリアの田舎の地域などに派遣され、生活も活動も自分ひとりで行わなければなりません。

かなりハードルの高い現場ですが、実生活英会話で基礎を学習しているのであとはそれを生かして活動するだけです。

学校では、日本語や日本文化を教えますが、英語を使って教えますので、英語を使わざるを得ない環境となり、まさしく学習した内容がそのまま生かせ、更にそれをブラッシュアップできる環境となります!

教えた経験が無いとか、日本語や日本文化をよく知らないと不安を感じる方もいるかもしれませんが、あなたが知っている日本のことを伝えて頂けるだけで問題ないですし、このプログラムに慣れた学校の先生ももちろん活動をサポートしてくれます。

日本人であればどなたでも活動できるプログラムですので、大いに活用下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇英語を鍛える身に付けるプログラム


 ○ 実生活英会話
 ○ 英語教師養成講座TESOL
 ○ 児童英語教師養成講座TECSOL
 ○ お薦め語学学校一覧

更に鍛えて実践を踏むには

 ○ 日本語教師派遣プログラム(英語圏がお薦めです!)
 ※ここから各国のプログラムを見てください

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2010/01/14 08:15
コメント()  トラックバック(0)

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.