日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


日本語教師海外派遣全般の記事一覧


 75件中1~10件表示  次のページ
使い勝手のアルワーキングホリデービザ!日本語教師派遣プログラムにおいて目的別利用の仕方を実践するには、一番あったビザで、一番便利です!

**************************************************************************************************
このブログは2016年3月17日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

豪・NZ・加・独!使い勝手のあるワーキングホリデービザ!
-目的別利用方法でいろいろなプログラムを組合せて参加する際に最適にビザがこれ-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  日本語教師養成講座とは!選べる3つの講座の特長
  シドニーで日本語教師養成講座420時間
  通信で日本語教師養成講座420時間、前半2週間の通学コースもあり
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先日までの目的別オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの利用方法に関しては、どうぞ昨日までのブログ記事をご覧下さい。

オーストラリアが一番、目的別にいろいろなプログラムと組合せがしやすいため、オーストラリアで日本語教師派遣プログラムをサンプルにいろいろとお話をしてきましたが、他の派遣国においても対応できるプログラムもあるので、一つのサンプルとしてオーストラリアをお伝えしていました。

他の派遣国もそうですが、組合せをするときには、それらが対応できるビザでの参加が必要となります。目的別日本語教師海外派遣プログラムの利用方法として、ボランティア活動、有給インターンシップ活動、語学学校通学などいろいろな目的を組合わせていましたが、
それらに対応できるビザは唯一、ワーキングホリデービザとなります。

このビザを取得すると、どのプログラムでも参加ができ、途中でビザの変更等をしなくて良いのでとてもスムーズです。

BBIが扱っている派遣国の中でこのワーキングホリデービザが発給できる国は

 ● オーストラリア
 ● ニュージーランド
 ● カナダ
 ● ドイツ

です。これらのビザを取って渡航すると以下のような目的に沿って、留学をする事ができます。

【目的別!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの利用の仕方】

 > リンク先: 目的別!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの利用の仕方

目的①: 将来日本語教師を目指す!
日本語教師養成講座420時間との組合せ

目的②: 将来英語教師を目指す!

TESOL英語教師養成講座やJ-shine児童英語教師プログラムとの組合せ

目的③: 英語を鍛える!英語力を身につける!
英語学校への通学

目的④: より実践的なかなり使える英語力を身につける!
ケンブリッジ検定試験FCEレベル合格を目指すコースへの通学

目的⑤: 将来外資系で働く!
BULATSのコースを受講

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

通常、ワーキングホリデービザは、30歳までの方が対象のビザで、一生に一回のみ発給されるビザです。従って、一回取ってしまうと取得できないので、うまく利用をしていかなければなりませんが、取得できるのであれば、いろいろと目的に応じて使い切ることができます。

上記のお伝えしているプラン立てもさることながら、アルバイトしたり旅行をしたりする事も可能ですので、本当に使い勝手がいいです。

いろいろなことを留学で叶えたい場合は、是非、このビザを取得して臨んで見てください。

尚、どうしてもこのビザが取れない場合で、いろいろなプラン立てをしたい場合は、ご相談下さい。内容によっては、いろいろなビザを組合わせることによって対応も可能です。その場合はどうぞあきらめずにご相談くださいませ。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

それでは、直近の7月出発!オーストラリアで日本語教師派遣プログラムに関して募集要項を以下の通りにお知らせします。この7月出発とどう前後で組み合わせていくかによってスケジュールや留学総費用もも決まってくると思います。


7月出発 オーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集要項
*******************************************************************
プログラム名 : オーストラリアで日本語教師派遣プログラム
参加形態 : ボランティア
派遣地 : オーストラリア全土の小中高校
準備研修地 : シドニー 
準備研修日程 : 2016年7月19日(火)~7月22日(金)(予定)
 ※準備研修日程は開始の約2か月前程度に正式に決定します
 ※従ってそれまでは国際線チケットの手配はお控えください
 ※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2016年7月25日(月)、学校によって異なる 
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで
ビザについて : ワーキングホリデービザが対象

募集条件 : 20歳以上
         TOEIC400点以上程度(目安)
         日本語教師関連の資格有無は全く問いません
         BBI派遣インタビューに合格する事
募集締切日 : 
2016年4月30日(土)迄
 ※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事
 ※ワーホリビザの方はビザ申請費用が移民局に対して別途かかります



 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 1~4週間までのオーストラリアで短期日本語教師体験はこちら
 ⇒ 
日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ 

次回出発月 : 2016年10月(応募締切2016年7月末日まで)
*******************************************************************

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても4番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて120豪ドル/週(約10000円)~・・・語学学校経由のホームステイ費用の半額以下の安さ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

↓BBIラッキーセブン特別価格はこちら(2016年も継続!)


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑活動の様子生活の様子など生の声!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2016/03/17 16:51
コメント()  トラックバック(0)

資格があるものの教える自信がない方は有給日本語教師を利用せよ!

**************************************************************************************************
このブログは2016年2月24日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

資格はあるが教える自信がないなら、有給日本語教師を利用!
-参加者の90%以上が「教える事に自信がない」が志望動機-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  日本語教師養成講座とは!選べる3つの講座の特長
  シドニーで日本語教師養成講座420時間
  通信で日本語教師養成講座420時間、前半2週間の通学コースもあり
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、弊社直営のシドニーで日本語教師養成講座や通信の講座に関して、先週いろいろとお伝えをしてきましたが、その資格取得後に指導経験を積むためにお薦めしているのが、

有給日本語教師インターンシップのプログラムです!

この有給日本語教師は、もちろん弊社がお薦めしている養成講座を受講後にご利用されても良いですが、当然、他の養成講座機関を終了されてもご参加は可能です。

この有給日本語教師の参加条件は、派遣先によって詳細は異なりますが、基本的には日本語教師関連の資格をお持ちであることが参加条件となります。ご存知の通りに日本語教師関連の資格は

 ◆ 大学での日本語教員における主又は副専攻修了
 ◆ 日本語教育能力検定試験合格
 ◆ 日本語教師養成講座420時間修了

となり、このいずれかをもっていると、このプログラムに参加する事ができます。

尚、注目すべきこととして、この有給日本語教師にご参加される方の

なんと!90%以上の方が、『資格はあるものの教える自信がないので自信をつけたい!』


と言う志望動機でご参加されます。

このブログでも何度かお伝えしてきました。
上記の日本語教師になるための資格をお持ちであれば、実はすぐに就職活動もでき、もちろん日本語教師として日本で世界で就職をされていっている方々もいらっしゃいます。一方で、

 ● 日本語教育能力検定試験合格のみでは実践をしているわけではないので、実際に教える事に自信がないとか
 ● 日本語教師養成講座を受講し、実践部分の経験もしたけど、全部で40時間程度の実習だったのでそれだけではまだ教える自信が持てないとか
 ● 講座で実習をしたけど2回くらいしか実習をしなかったので、やはり教える自信がないとか

そんな理由で、実際に教える事に自信がない方や、もっとキャリアを積みたいと考えている方々が、このプログラムを利用されます。

せっかく資格があるわけですから、できれば有給で活動したいと思うことは当然であり、また勉強した直接法を使っての指導経験を積みたいと思うことも良く理解できますし、更に将来、直接法の指導方法を採用している日本やアジアの日本語学校で、日本語教師になりたいなどと思っている方々は、直接法の経験が積めるので、本当にお薦めのプログラムとなります。

また、弊社の有給日本語教師のプログラムは、既に資格も取られているわけですから、その事を鑑みて、プログラム費用もボランティアと比べると安く設定し、ご参加しやすいようにもしています。

以上のような理由から、もし本格的にしっかりと教えることができる日本語教師を将来、目指しているのであれば、このプログラムを利用されることはとても良いことだと思います。

BBIでは、以下の3つの派遣国で、この有給日本語教師を手がけています。それぞれ参加条件や、活動環境が異なるので、同じ有給ですが、どうぞご自身の目的にあった派遣先を選択されてみてください。以下に概要をお知らせします。

【BBI有給日本語教師の各派遣先の特徴】

①タイで有給日本語教師インターンシップ

参加時期・参加期間: 毎年5月から1学年間
応募締切: 毎年3月末まで
定員: 1~2名/年
プログラム費用:465000円
参加条件: 日本語教師関連の資格保持
      4年生大学卒業以上の学位(ビザ取得のため)
ビザ: ノンイミグラントBビザ
待遇: 1~2万バーツ/月(3~6万円/月、レートにより異なる)
滞在先: 派遣先からの提供もあり(その場合は無料)
派遣先: タイの専門学校、大学、民間日本語学校
特徴: 基本的に自分自身で全ての授業やその計画をしていくので、一定の指導経験がある方が望ましいです。また、強い責任感、開拓精神旺盛な方に向いています。一方で、ご自身で仕切って授業ができるので責任のある分、自由に自分でやりたい方に向いています。

②モンゴルで有給日本語教師インターンシップ

参加時期・参加期間: 毎年9月から1学年間
応募締切: 毎年3月末まで
定員: 1~2名/年
プログラム費用:288000円
参加条件: 日本語教師関連の資格保持
      4年生大学卒業以上の学位(ビザ取得のため)
ビザ: 就労ビザ
待遇: 40万トグルック/月(約4万円、レートにより異なる)
滞在先: 派遣先からの提供
派遣先: モンゴルの大学
特徴: タイと同様に、自分のクラスを持って活動をしますが、他に日本ご人含めて日本語教師が折、その先生方が、指導に関してアドバイスをして頂ける環境。自力でする事は変わりないですが、一定の指導サポートを受けることができるので、教えた経験があるに越したことないですが、なくても対応できる環境です。

③オーストラリアで有給日本語教師インターンシップ

参加時期・参加期間: ほぼ毎月、半年間から最大15ヶ月間
応募締切: 出発予定の約2ヶ月間前まで(但し空きがある場合)
定員: 1~2名/回
プログラム費用:228000円~318000円(派遣期間による)
参加条件: 日本語教師関連の資格保持
      オーストラリアのワーキングホリデービザを取得できること
ビザ: ワーキングホリデービザ
待遇: 18ドル/コマ(与えられるコマ数は能力によって異なる)
滞在先: 実費
派遣先: オーストラリアの民間日本語学校
特徴: 最初の約3ヶ月間は無給となります。その間に専任講師が付いて、徹底的に日本語の指導に関して指導されます。主な内容としては、模擬授業、それに対する勉強会、みんなの日本語の全50課に対する教案作成などです。これらをこなすことで有給に移行し、そこから有給の日本語教師として活動をしていくようになります。3つの派遣国の中で、一番指導方法に関して丁寧にそして徹底的に指導されます。従って、教える事に全く自信のない方は、最初の3ヶ月間は無給ですが、とてもためになる経験を積め、有給以降後は自信を持って指導できるようになります。結果的に現在まで全ての卒業生がその後日本語教師として就職をしていっている実績もあります。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

以上、BBIが紹介する有給日本語教師の派遣先に関して紹介しました。

自分の希望や状況にあった派遣先を選択して、どうぞ自信を持って日本語が指導できる自分になって下さい!

この有給日本語教師は、教える事に自信を持つために設定されているプログラムです。

尚、以下には、弊社直営のシドニーで日本語教師養成講座の講座日程も紹介します、ご参考ください。

  写真で見る!BBI直営校シドニーで日本語教師養成講座の学校紹介

  今なら何と38万円で420時間が取得できる!
 > やはり実践力を大事にしたい、シドニーで日本語教師養成講座!
 > 学校としては教えることに自信をもって卒業をして欲しい!
 > 世界の日本語学習者数が400万人に!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

【2016年 BBICシドニーで日本語教師養成講座420時間、最新残席状況】

≪2016年≫
 ○ 4月4日~6月24日(5月9日~5月13日休校)
 ○ 5月16日~7月29日
 ○ 6月27日~9月16日(8月1日~8月5日休校)
 ○ 8月8日~10月21日
 ○ 9月19日~12月9日(10月24日~10月28日休校)
 ○ 11月1日~2017年2月10日(12月10日~2017年1月8日休校)

お申込: シドニーニーで日本語教師養成講座 お申込み 

是非、BBICのシドニーで日本語教師養成講座で日本語教師になりましょう!


【実践重視のBBIC日本語教師養成講座420時間の特長】

  ほぼ毎日行われる模擬授業
  模擬授業が多いから実践力が養われる
  模擬授業後に全員で授業に関する評価をディスカッションするのでいろいろな角度から授業を見つめる力が養える
 ● 自分が授業をしていることに対してのフィードバックが講師からきちんとある
 ● オーストラリア人日本語学習者に授業ができる講座内容
 ● 卒業後に就職先紹介サポート

 > BBIが目指す日本語教師像とは?BBI日本語教師養成講座

【シドニーで日本語教師養成講座の特長】

  緊張の中間デモ!中間地点の模擬授業の集大成!合格しないと先に進めません
  大きな違い反応!オーストラリア人日本語学習者に授業をする木曜クラス!
  11週間の魔法!11週間で受講することの意味とは?
  ディスカッションをする事の効能!
  動画を使って自分のパフォーマンスを確認する、先輩の授業を確認する!

  卒業生がベトナムの大学で日本語教師に!
  卒業生が帰国後日本で日本語教師に!

◇ 日本からスカイプで体験レッスン可能!BBI日本語教師養成講座



↑お気軽にご相談下さい(メール・お電話・ご来店から選択できます)

【シドニーで日本語教師養成講座420時間 体験談】

 > 教壇に立てるレベルに育ててくれた
 > 知らず知らずのうちに教師の振る舞いに

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2016/02/24 15:23
コメント()  トラックバック(0)

アジア圏の2016年春の日本語教師体験の参加は、時期にご注意下さい。台湾は、既に受け入れが難しい状態です。

**************************************************************************************************
このブログは2016年1月22日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

台湾終了!他国も残席わずか!アジア春の短期日本語教師!
-日本語を使って指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、アジア圏の2016年春の日本語教師体験に関して、最新の残席状況に関してお知らせをします。

結論から言いますと、残念ながら春の時期の台湾での受入は終了しました。台湾ご希望の方は、4月以降の時期にどうぞご利用ください。

また、他の派遣国に関しても残席がわずかと迫ってきましたので、こちらもご希望の方はどうぞご注意下さい。

アジア圏での活動は、欧米圏と違って日本語を使って日本語を教える活動です。従って、日本語教師の就職の需要として多くは、日本、アジア圏に集中していますが、そこで採用されている指導方法、直接法を使っての活動となるので、将来、アジアや日本で日本語教師になりたいと考えている方々にとても適しは派遣先となります。

BBIでは、アジアは、タイ、台湾、モンゴルと派遣していますが、上記の様な希望がある方は、この派遣国のどこかで活動をされると良いと思います。従って、アジア圏で日本語教師派遣プログラムをされる方は、

 ○ 本格的に日本語教師を将来目指している方
 ○ 直接法を使用しているアジア、日本での就職を考えている方
 ○ 日本人を生かして海外で何か活動をしてみたい方


となります、どうぞご参考ください。それでは、以下に、現在、この春の時期にそのアジア圏で活動ができる派遣国や、その日程に関してお知らせします、ご興味のある方はどうぞご参考くださいませ。


【アジア圏で2016年春の短期日本語教師体験】

①タイで短期日本語教師体験
※今のところおおよそ制限が無く受入可能です
派遣時期: 2016年1月~4月
受入可能時期:
 1月9日~2月14日 ・・・ 受入不可
 2月14日~3月5日 ・・・ 受入可能
 3月6日~3月19日 ・・・ 受入不可
 3月20日~    ・・・ 受入可能
      ※4月中旬のソンクランの前後でも受け入れができないときもあります
派遣期間: 1~4週間
派遣場所: タイ、バンコクの大学
応募締切: ご出発予定の1ヵ月半前程度まで
特長:
タイのバンコクの大学での活動です。日本語教師の下アシスタント教師として、又その方の能力におじて時間を取ってもらい、メインで活動することも可能です。この3カ国の中では、一番気軽に参加できる派遣先です。

②台湾で短期日本語教師体験
※受入時期に制限あり、以下ご参考下さい!
派遣時期: 2016年1月~4月
受入可能時期:
 1月9日~2月6日 ・・・ 受入不可
 2月6日~2月14日 ・・・ 受入不可(旧正月のため)
 2月14日~2月21日 ・・・ 受入可能
 2月21日~3月19日 ・・・ 受入不可
 3月20日~    ・・・ 受入不可
派遣期間: 1~4週間
派遣場所: 新竹市、民間日本語学校
応募締切: ご出発予定の1ヵ月半前程度まで
特長:
台湾は、民間の日本語学校を中心に複数の機関(企業、高校、幼稚園)などで活動ができるお得な派遣先です。指導方法に関してしっかりとオリエンテーションがあり、始めてこの活動をする人とも資格を持っている方もとても充実した内容の活動ができると思います。将来、本格的に日本語教師を目指している方には、現実的な格好の活動環境で、そういった思いのある方にもとてもお薦めです。アジアの中では一番人気の派遣先です。

③モンゴルで短期日本語教師体験
※今のところおおよそ制限が無く受入可能です
派遣時期: 2016年2月~4月
 2月1日~2月21日 ・・・ 受入不可(旧正月のため)
 2月22日~ ・・・ 受入可能
派遣期間: 2~4週間、2ヶ月間
派遣場所: モンゴル、ウランバートルの大学
応募締切: ご出発予定の1ヵ月半前程度まで
特長:
こちらもモンゴルの大学での活動です。現地には日本人日本語教師も含め、皆さんのサポートをしてた抱ける方がいますが、ボランティア、短期であっても基本的にご自身で授業を行って頂きます。従って、とてもやりがいがあるので、良いのですが、一方で、ある程度教えたことの経験のある方、教える事に熱意をとてももっている方でないと、実際には大変な部分があります。従って、モンゴルはある程度の経験がある方が更に現地で試してみたいときに選択する派遣先かもしれません。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上アジア圏での春の短期日本語教師体験に関してお知らせしました。受け入れが不可能な時期もありますので、どうぞご注意下さい。

是非、アジアで良い経験を、そして本格的に目指す方は、その環境を利用してみてください!



↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2016/01/22 16:45
コメント()  トラックバック(0)

欧米圏の4月出発の締切は1月30日まで!ご希望の方はそれはまでに派遣インタビューを受けてください。

**************************************************************************************************
このブログは2016年1月20日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

あと10日で締切(1/30まで)!4月出発/豪NZ米加独
-英語を使って日本語を指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、いよいよ4月出発日本語教師派遣プログラムの応募締切があと10日ほどに迫ってきました。対象の派遣国は

 ◇ オーストラリアで日本語教師派遣プログラム(416ビザ取得者対象)
 ◇ ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム(就労ビザ取得者対象)
 ◇ カナダで日本語教師派遣プログラム(WHビザ取得者対象)
 ◇ アメリカで日本語教師派遣プログラム(観光ビザ取得者対象)
 ◇ ドイツで日本語教師派遣プログラム(WHビザ、滞在者ビザ取得者対象)

となります。ご希望の方は、1月30日(土)までに必ず派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします。



【英語圏の派遣国の日本語学習者数の順位】

1位: オーストラリア
2位: アメリカ
3位: ニュージーランド
4位: カナダ
5位: イギリス

 > 英語圏ではダントツの1位!オーストラリアの日本語学習者数
 > 英語圏徹底比較!日本語教師派遣プログラム各国の特徴
 > 賢く利用しよう!英語圏日本語教師派遣プログラム
 > どんな志望動機が多いの?英語圏での日本語教師派遣プログラム

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、4月出発の日本語教師派遣プログラムの応募締切が後10日間に迫ってきたお話をしました。

尚、普通に考えるとオーストラリアが一番良い活動ができるので得るものも大きく、お薦めです。

ただ、年齢が31歳以上の方はオーストラリアでは受け入れができないので、代わってニュージーランドがお薦めです。NZは、それ以外の年齢の方にも日本語教育環境が良いので、お薦めの派遣国です。

活動環境としては、その次はカナダ、ドイツ、アメリカ、イギリスなどが続きますが、もちろん一番は行きたい国で決定されるのが良いと思います。

以上どうぞ、選択する際の参考として下さい!

↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2016/01/20 13:38
コメント()  トラックバック(0)

アジア圏の2016年春の日本語教師体験の参加は、時期にご注意下さい。状況によっては受付ができない場合もあります!

**************************************************************************************************
このブログは2015年12月30日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

残席わずか!アジア圏で2016年春の短期日本語教師体験!
-日本語を使って指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、アジア圏の2016年春の日本語教師体験に関して、受入時期に制限が出てきましたのでお知らせします。これからでも間に合いますが、対応できない時期もありますので、ご興味のある方はどうぞご注意下さい。

以下に、タイ、台湾、モンゴルの現時点でのそれぞれの受入可能時期に関してお知らせをしますので、ご興味のある方はどうぞご参考くださいませ。

 > あと2名!2016年、春のオーストラリアで日本語教師体験

尚、以下は、欧米圏ではなくアジア圏での活動に向いた方に関してお知らせしますので、ご参考ください。

 ○ 本格的に日本語教師を将来目指している方
 ○ 直接法を使用しているアジア、日本での就職を考えている方
 ○ 日本人を生かして海外で何か活動をしてみたい方



【アジア圏で2016年春の短期日本語教師体験】

①タイで短期日本語教師体験
※今のところおおよそ制限が無く受入可能です
派遣時期: 2016年1月~4月
      ※3月中旬くらいの中間テスト前後では受け例ができないときがあります
      ※4月中旬のソンクランの前後でも受け入れができないときもあります
派遣期間: 1~4週間
派遣場所: タイ、バンコクの大学
応募締切: ご出発予定の1ヵ月半前程度まで
特長:
タイのバンコクの大学での活動です。日本語教師の下アシスタント教師として、又その方の能力におじて時間を取ってもらい、メインで活動することも可能です。この3カ国の中では、一番気軽に参加できる派遣先です。

②台湾で短期日本語教師体験
※受入時期に制限あり、以下ご参考下さい!
派遣時期: 2016年1月~4月
受入可能時期:
 1月9日~2月6日 ・・・ 受入不可
 2月6日~2月14日 ・・・ 受入不可(旧正月のため)
 2月14日~2月21日 ・・・ 受入可能
 2月21日~3月19日 ・・・ 受入不可
 3月20日~    ・・・ 受入可能
派遣期間: 1~4週間
派遣場所: 新竹市、民間日本語学校
応募締切: ご出発予定の1ヵ月半前程度まで
特長:
台湾は、民間の日本語学校を中心に複数の機関(企業、高校、幼稚園)などで活動ができるお得な派遣先です。指導方法に関してしっかりとオリエンテーションがあり、始めてこの活動をする人とも資格を持っている方もとても充実した内容の活動ができると思います。将来、本格的に日本語教師を目指している方には、現実的な格好の活動環境で、そういった思いのある方にもとてもお薦めです。アジアの中では一番人気の派遣先です。

③モンゴルで短期日本語教師体験
※今のところおおよそ制限が無く受入可能です
派遣時期: 2016年2月~4月
 2月1日~2月21日 ・・・ 受入不可(旧正月のため)
 2月22日~ ・・・ 受入可能
派遣期間: 2~4週間、2ヶ月間
派遣場所: モンゴル、ウランバートルの大学
応募締切: ご出発予定の1ヵ月半前程度まで
特長:
こちらもモンゴルの大学での活動です。現地には日本人日本語教師も含め、皆さんのサポートをしてた抱ける方がいますが、ボランティア、短期であっても基本的にご自身で授業を行って頂きます。従って、とてもやりがいがあるので、良いのですが、一方で、ある程度教えたことの経験のある方、教える事に熱意をとてももっている方でないと、実際には大変な部分があります。従って、モンゴルはある程度の経験がある方が更に現地で試してみたいときに選択する派遣先かもしれません。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上アジア圏での春の短期日本語教師体験に関してお知らせしました。受け入れが不可能な時期もありますので、どうぞご注意下さい。特に台湾はこの春の時期はあとわずかしか残っていません。逆にタイはまだ、余裕があるので十分な可能性があります。


是非、アジアで良い経験を、そして本格的に目指す方は、その環境を利用してみてください!




↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/12/30 12:47
コメント()  トラックバック(0)

BBIの日本語教師派遣プログラム、アジア圏の派遣国の比較をします。それぞれ特長があるのでご参考ください。

**************************************************************************************************
このブログは2015年12月28日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

BBI日本語教師派遣プログラム、アジア圏の徹底比較!
-日本語を使って日本語を指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先日、英語圏での日本語教師海外派遣プログラムにおいて、BBIが派遣をしている派遣国の徹底比較をしました。今日はそれを受けて、今度はアジア圏の日本語教師派遣プログラムの徹底比較をしてみたいと思います。アジア圏でご興味がある方は、どうぞご参考くださいませ。

 > 英語圏の徹底比較!BBI日本語教師派遣プログラム

BBIが、運営をしている日本語教師派遣プログラムですが、アジア圏の派遣国は、以下の3カ国となります。日本語学習者の人数の順位をつけていますので併せてご参考ください。

【アジア圏の派遣国の日本語学習者数の順位】

1位: 台湾
2位: タイ
3位: モンゴル

以上の3カ国がありますが、それぞれの派遣国に関して、日本語教師派遣プログラムにおける特長をお知らせしたいと思います。題して

【徹底比較!アジア圏の日本語教師派遣プログラム】

① 台湾

派遣期間: 1~4週間の短期
派遣時期: 旧正月以外は通常活動できます
参加に当たってのビザ: 観光ビザ
年齢制限: 特になし
指導方法: 直接法(日本語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 民間日本語学校を中心に高校、企業、幼稚園など複数の機関
滞在先: 学校の寮またはホテル
日本語教育環境: とても良い環境
活動のしやすさ: 日本語教育環境も良く、親日家の国としても有名なので、活動がしやすいし、日本語学習者の学習熱意が高いのでとても活動しやすいです。また、複数の機関で活動できることもこの台湾の魅力です。アジア圏ではイチオシの派遣国です!

② タイ

派遣期間: 1~4週間の短期
派遣時期: スクールホリデー、定期試験期間、旧正月以外での活動となります
参加に当たってのビザ: 観光ビザ
年齢制限: 特になし
指導方法: 直接法(日本語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 大学での活動
滞在先: ホテル
日本語教育環境: とても良い環境
活動のしやすさ: 日本語教育環境も良く、タイの学生も熱心に学習するので、活動がしやすいです。また、タイの派遣先は大学なので、大学で活動をして見たいと思っている方、同年代の大学生に教えて見たいと思っている現役大学生の方にも人気の派遣先です!

③ モンゴル

派遣期間: 2~4週間、2ヶ月間の短期
派遣時期: 夏休み冬休み以外の期間
参加に当たってのビザ: 観光ビザ
年齢制限: 特になし
指導方法: 直接法(日本語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 大学
滞在先: 学校の寮
日本語教育環境: とても良い環境
活動のしやすさ: モンゴルも日本語教育環境も良く、学生も熱心です。従って活動しやすいですが、モンゴルの場合は、ボランティアであってもクラスを持たせてくれるので、ある程度教えた経験がある方でないと難しい環境です。逆に言うとしっかりと教えて見たいと思っている方にはとても良い環境のプログラムです!

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、それぞれの派遣国に関してお知らせをしました。アジアに関しては、どの派遣国でもとても良い活動ができますので、あとは特長や好きな国などから選択をしていけば良いのではと思います。

以上どうぞ、選択する際の参考として下さい!



↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/12/28 17:46
コメント()  トラックバック(0)

英語圏のBBIの日本語教師派遣プログラム、このプログラムの利用の仕方、志望動機によって、いろいろと使うことができると思います。

**************************************************************************************************
このブログは2015年12月28日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

賢く利用しよう!英語圏の日本語教師派遣プログラム
-英語を使って日本語を指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、英語圏の日本語教師派遣プログラムですが、先のブログの中で、ご参加に当たっての志望動機は大きく分けて5つでした。そしてそれらの志望動機屋目的をプログラム参加によって達成するためにどのように利用をしていったら良いか、今回はそんなところを紹介してみたいと思います。

 > どんな志望動機が多い?英語圏の日本語教師派遣プログラム
 > 英語圏ではダントツの1位!オーストラリアの日本語学習者数
 > 英語圏の派遣国徹底比較!日本語教師派遣プログラム


【賢く利用しよう!英語圏の日本語教師派遣プログラム】

① 将来日本語教師になりたい

この目的がある方は、将来日本語教師になることを想定してこのプログラムを利用しましょう。将来、本格的に日本語教師になるには、やはり、日本語教師養成講座のような日本語教師関連の資格を取得しないと一般的にはなれません。

したがって、このプログラムを利用するときに、資格を取ってから参加する場合と、まずは経験氏をしてからそのあとに資格を取る方法と大きく分けられます。

前者は、既に日本語教師になることをほぼ決めており、資格取得コースのみでは足りない実践部分や、多くの資格取得は直接法が主体ですが、間接法も身につけたいとこの英語環境の中での経験をし、将来につなげたいと思っている方の利用方法となります。

後者は、日本語教師に興味があるもののまだ本当になるかどうか迷っている方が利用する方法です。まずは現場経験をして、本当になりたいのか、本当に自分に向いているのかなどを確認し、その後、それでもやりたいと考えたときに、そこで始めて資格取得をするという利用方法です。

いずれも日本語教師になるためのステップとして、経験を積む利用方法となります。

② 将来英語教師になりたい、海外の教育現場を見てみたい

この目的がある方の多くは、このプログラムに参加前に、J-shine児童英語教師やTESOL英語教師養成講座などの資格取得コースを取ってから参加される方が多いです。

いわゆる資格+経験のプラン立てで、多くの方がその効果に期待をされています。英語圏の日本語教師派遣プログラムは、日本語や日本文化を教えますが、英語を使って教えるので、まさしく将来の英語教師の経験をする事となります。

また、児童英語教師になりたい方は、小学校での活動を、中学生以上の大人に教えたい方は中高校での活動など、より将来の現場に近い形の経験ができるので、そういった利用をしていくと良いと思います。

尚、これらの英語の資格コースはやはりオーストラリアが一番多く開講をされていますので、この目的がある方はオーストラリアの選択が恐らく良いのではと思います。

③ 英語をブラッシュアップしたい

英語を話さざるを得ない環境での活動から、実践的な英語力が伸び、英語をブラッシュアップしたい人がよく利用されます。ある程度英語力があるのなら、そのままこのプログラムのみで活動をされると良いと思いますが、あまり英語力が高くない、または、できるだけ効果的に習得したいなどとお考えの方は、事前に語学学校などに通学してからその後にこの活動をするのが良いと思います。

英語力が低い方などでも必ず英語力が上がる環境下です。ただし、最大1年間までの活動期間では、時間が足りない場合もあり、より効果的に伸ばすことも考えなければなりません。

英語力が低いまま、参加をしてしまうと、ドンドン矢継ぎ早に英語で来られることに、つらさの方が勝ってしまって、なかなか習得をする気持ちになり図来場合もあります。

これは、文法含めて基礎ができていないために起こることですから、参加前にある程度の英語力を鍛えてから参加すると吸収力が高くなり、効果的にこの活動を利用できると思います。

最大1年間参加できますから、1年後には使える英語力を伸ばすことを目的に、計画的に利用すると良いと思います。従って、最初に一般英語を3ヶ月間くらい学習してから中級程度の英語力を身につけて参加するとより効果的な結果が得れると思います。

④ 海外でボランティアをして見たい

この目的の場合は、気軽にこのプログラムを利用するのが良いと思います。長期での参加も良いと思いますが、気軽さと考えたときには、もしかしたら4週間までの短期で参加するのも良いと思います。1週間でも参加できますので、この参加のみでも良いですし1週間語学学校+1週間日本語教師派遣など短期間で良い留学をプラン立てする事も可能です。

気軽に海外に触れてみたい方に向いた利用方法です。

⑤ 英語の環境にドップリと浸りたい

こちらは③の利用方法と似ているかもしれません。お持ちの英語力によって使い方は異なると思います。ある程度英語力に自信があるのなら、このプログラムだけでも良いと思いますし、自信がない場合は、やはり事前に英語学校で勉強した後に参加することがより効果をもたらすと思います。

尚、この目的の方は、できるだけ日本人のいない、田舎の環境での活動がより効果をもたらすと思います。最初は大変かもしれませんが、その環境を者にする事ができれば、それは英語を使ってどの環境でも自信を持って動ききれる人物になっていることとなるので、そういった思いがあるのであれば、是非その環境で挑戦してみてください。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、志望動機や目的からのプログラム利用方法をお知らせしました。いろいろな使い方があるのでどうぞご自身が期待する内容のプラン立てをしてみてください。

尚、資格取得コースや語学学校など一緒に利用される場合は、BBI組合せ割引も適用となるので、どうぞご利用ください。

以上どうぞご参考くださいませ。




↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/12/28 16:58
コメント()  トラックバック(0)

BBIの日本語教師派遣プログラム、英語圏では、どんな志望動機が多いのだろう。志望動機から、このプログラムの特長を探って見たいと思います。

**************************************************************************************************
このブログは2015年12月28日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

どんな志望動機が多い?英語圏の日本語教師派遣プログラム
-英語を使って日本語を指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、英語圏の日本語教師派遣プログラムですが、参加される方々の志望動機は様々です。今日は、その志望動機をまとめたものをいくつか紹介します。この志望動機を見ていただくとこのプログラムを利用して達成できることが浮かび上がってくると思いますので、このプログラムに興味のある方はどうぞご参考ください。なお、今回紹介する志望動機は、英語圏の日本語教師派遣プログラムに参加する方々の志望動機です。

 > 英語圏ではダントツの1位!オーストラリアの日本語学習者数
 > 英語圏の派遣国徹底比較!日本語教師派遣プログラム


【英語圏の日本語教師派遣プログラムに参加するときの志望動機】

① 将来日本語教師になりたい
② 将来英語教師になりたい、海外の教育現場を見てみたい
③ 英語をブラッシュアップしたい
④ 海外でボランティアをして見たい
⑤ 英語の環境にドップリと浸りた



① 将来日本語教師になりたい

このプログラムのタイトルどおり、将来、日本語教師を目指している人が、よく参加されます。海外で日本人が働くとなると、想像しやすいものの一つにこの日本語教師があると思いますが、そういった方々や、日本語教師と言う仕事に興味がある方が参加をします。

特長としては、日本語教師は一般的に日本語を使って日本語を教える直接法で指導することが多いのですが、欧米圏では、その国の母語、英語圏ではあれば英語を使って日本語を指導する間接法を採用していますが、その間接法を身につけたいと思っている方や、将来は英語圏で活動をしたいと思っている方などが特にご参加されます。

また、この活動を通じて、実際に日本語教師の仕事が、自分に向いているかどうかを考えることもできる、良い経験となります。日本語のこと、日本のことをこんなにも一所懸命に勉強してくれている様を見たり、少しでも伸びている様を見ることは、とても大きな喜びとなり、それこそまさしく日本語教師として仕事をしていくことの生きがいにも通じる部分になると思います。

② 将来英語教師になりたい、海外の教育現場を見てみたい

実は、この志望動機は結構多い志望動機です。英語圏の日本語教師の活動の特徴的なところですが、英語を使って日本語や日本文化を教えるので、実は将来英語教師になりたいと思っている方にちょうど良い、指導経験ができる環境となるからです。

日本では、小学校での英語教育が始まりました。また、高校では、英語の先生は英語を使って英語を指導しなければならなくなりました。よって、この活動は、まさしくそういった経験が積める環境となり、従って、志望動機としても多いのだと思います。

教えることは、日本語や日本文化ですが、ネイティブの生徒相手に、英語で質問来る内容に英語を使って答えたり、説明を英語でしたり、クラスコントロール(盛り上げたり、静かにさせたり、ゲームを仕切ったり)も英語でしたりと、本当に将来英語教師になったときにとても役立つ経験ができます。

また、海外での教育現場を見ることもできますが、一般的に日本と違って一方通行の授業スタイルではなく、生徒参加型の授業スタイルです。コミュニカティブに進める授業スタイルは、日本にはあまりない授業スタイルなので、とても役立つ内容となると思います。そんなことを経験できるのが、このプログラムです。

③ 英語をブラッシュアップしたい

この志望動機もとても多いです。やはり英語圏の日本語教師派遣プログラムの特長です。上述の通りに英語を使って教えなければいけない環境なので、英語を使わざるを得ない環境です。また、ホテル有給インターンシップなど英語圏でのインターンシップのプログラムもあり、英語圏での活動としては同じなのですが、恐らく頼られ度が違います。

このプログラムは、ネイティブの日本人が、英語圏でとても求められて活動ができるプログラムなのです。海外で頼られる存在と言うのは、とてもすごいことで、従って、生徒も先生も学校もいろいろなことを聞いてきますし、わからなくたって、何とか調べて何とか英語で答えなければなりません。当然のごとく、周りは生徒、先生、滞在先も英語ネイティブなので、どうしても英語を使わざるを得ない環境で、しかも実践的なことをしなければいけないので、使える実践的な英語力が伸びる環境です。将来外資系で働きたい人やインターミディエイトなど一定の英語力がある人が、更にその上の使える英語を身につけたいなどと思っている方に本当にあったプログラムです。

④ 海外でボランティアをして見たい

海外でのボランティアプログラムはたくさんあると思います。そのうちこのプログラムは、日本人を生かしたボランティア活動となり、貢献したい気持ちさえあれば、ご自身の日本人らしさを発揮していただければ良いプログラムなので、特別なスキルなども不要のプログラムです。このことにより、自分自身も日本のことや日本語のことなど見つめなおす機会ともなり、海外と日本との関係も見出せる活動ができることも特徴的です。

なんとなく海外でボランティア活動をして見たいなど、そういったことにも十分に対応ができ、また充実した活動ができるのがこのプログラムの特徴です。

⑤ 英語の環境にドップリと浸りたい

英語をブラッシュアップしたいと言う志望動機にもつながりますが、このプログラムの特長は、旅行でも留学先でも行かないような地域に行って、活動をする事です。つまりより、ホンモノの海外生活が出来る環境で、日本人が周りに一人もいない場合もありえるくらい、地域に密着し深く関わりを持って活動をして生活をしていくものです。従って、英語の環境にドップリと浸りたいと思っている方には、恐らくこういった環境はこのプログラムしかありえないので、本当にお薦めです。自分の力のみで地域に入り込み、その方々と共に時間を共有する経験は、かなり英語圏や海外で、その後活動をしていくときに大きな自信となる経験になると思います。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、志望動機の代表的なものをお知らせしました。これらに該当するような想いを留学にもっていらっしゃる場合は、恐らく適切なプログラムの一つになると思いますので、ご利用されると良いかなと感じます。

以上どうぞご参考くださいませ。




↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/12/28 15:25
コメント()  トラックバック(0)

BBIの日本語教師派遣プログラム、英語圏の派遣国の比較をします。それぞれ特長があるのでご参考ください。

**************************************************************************************************
このブログは2015年12月27日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

BBI日本語教師派遣プログラム、英語圏の徹底比較!
-英語を使って日本語を指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほど、最新の世界での日本語学習者数に関してお知らせをしました。

 > 英語圏ではダントツの1位!オーストラリアの日本語学習者数

BBIが、運営をしている日本語教師派遣プログラムですが、英語圏の派遣国は、以下の5カ国となります。日本語学習者の人数の順位をつけていますので併せてご参考ください。

【英語圏の派遣国の日本語学習者数の順位】

1位: オーストラリア
2位: アメリカ
3位: ニュージーランド
4位: カナダ
5位: イギリス

以上の5カ国がありますが、それぞれの派遣国に関して、日本語教師派遣プログラムにおける特長をお知らせしたいと思います。題して

【徹底比較!英語圏の日本語教師派遣プログラム】

① オーストラリア

派遣期間: 1~4週間の短期、1学期間(約3ヶ月間)、2学期間、3学期間、4学期間(1学年間)
派遣時期: 短期は学校が動いているときはいつでも、1学期間以上は毎年1、4、7、10月期に出発
英語の条件: TOEIC400点程度以上
参加に当たってのビザ: 観光ビザ、ワーキングホリデービザ、416スペシャルプログラムビザ
年齢制限: 30歳まで
指導方法: 間接法(英語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 小中高校全て
滞在先: 学校関係者宅にホームステイ。120豪ドル/週(毎日3食付)~
日本語教育環境: 英語圏ではダントツの環境
活動のしやすさ: 日本語教育環境も良く、長年日本語アシスタント教師を受け入れていることから、活動もとてもしやすく、受入環境も整っている。活動の頻度も高く、英語圏でイチオシの派遣国!

② アメリカ

派遣期間: 1学期間(約3ヶ月間)のみ
派遣時期: 毎年9、1、4月期に出発
英語の条件: TOEIC500点程度以上
参加に当たってのビザ: 観光ビザのみ
年齢制限: 特になし
指導方法: 間接法(英語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 中高校
滞在先: 学校関係者宅にホームステイ、または地域のホームステイ。300米ドル/月(毎日3食付)~
日本語教育環境: 英語圏ではいい環境だが、日本人日本語教師の環境がほとんど。
活動のしやすさ: 日本語教育環境は良いが、ブームが減少傾向にあり、また、J1ビザなど取得が困難なため、長期に亘って活動ができないところも難点。

③ ニュージーランド

派遣期間: 1~4週間の短期、1学期間(約3ヶ月間)、2学期間、3学期間、4学期間(1学年間)
派遣時期: 短期は学校が動いているときはいつでも、1学期間以上は毎年1、4、7、10月期に出発
英語の条件: TOEIC450点程度以上
参加に当たってのビザ: 観光ビザ、ワーキングホリデービザ、就労ビザ(ボランティア用)
年齢制限: 特になし
指導方法: 間接法(英語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 中高校のみ(小学校は無し)
滞在先: 学校関係者宅にホームステイ。170NZドル/週(毎日3食付)~
日本語教育環境: 英語圏ではとても整っている環境
活動のしやすさ: 日本語教育環境も良く、長年日本語アシスタント教師を受け入れていることから、活動もとてもしやすく、受入環境も整っている。活動の頻度も高く、英語圏でオーストラリアに次ぐ派遣国。また、オーストラリアではできない31歳以上の方の受入も可能なので、31歳以上の方にはイチオシの派遣国!

④ カナダ

派遣期間: 1学期間(約3ヶ月間)、2学期間、3学期間(1学年間)
派遣時期: 毎年9、1、4月期に出発
英語の条件: TOEIC500点程度以上

参加に当たってのビザ: ワーキングホリデービザのみ
年齢制限: 30歳まで
指導方法: 間接法(英語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 中高校
滞在先: 学校関係者宅にホームステイ。750加ドル/月(毎日3食付)~
日本語教育環境: BC州が中心で、セカンダリーの第二外国語の位置づけ
活動のしやすさ: 派遣される学校での日本語教育環境は比較的良いが、オーストラリアほど頻度が高いわけではないので、積極的に活動をする事が求められる。北米に位置するので、アメリカに行きたいが長期で行けない人、カナダが好きな人には引き続き人気のある派遣国。

⑤ イギリス

派遣期間: 1学年間のみ
派遣時期: 毎年9月期に出発
英語の条件: TOEIC700点程度以上
参加に当たってのビザ: YMSビザ(イギリスのワーキングホリデービザ)
年齢制限: 30歳まで
指導方法: 間接法(英語を使って日本語や日本文化を教える)
派遣校: 中高校
滞在先: 学校の寮になることが多い(滞在費は学校で負担してくれるケースもあり)
日本語教育環境: 英語圏ではあまり高くない
活動のしやすさ: あまり日本語教育が行われていないので、派遣校の数も限定的。従って、活動頻度などもその学校によるので、必ずしも多くの活動ができるとも限らない。ただ、一番の難しいところはYMSビザを取得できるかどうか。このビザは年間に1000名までの制限があるので、簡単に取れるものではない。また、英語力もTOEIC700点程度以上と他の派遣国と比べて高い英語力が求められるので、現実的に派遣が難しい派遣国といわざるを得ない。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、それぞれの派遣国に関してお知らせをしました。普通に考えるとオーストラリアが一番良い活動ができるので返ってくるものも大きく、お薦めです。ただ、年齢が31歳以上の方はオーストラリアでは受け入れができないので、代わってニュージーランドがお薦めです。NZは、それ以外の年齢の方にも日本語教育環境が良いので、お薦めの派遣国です。


その次はカナダとなります。アメリカ、イギリスは、ビザの問題が一番多く、実際にはなかなか派遣が難しいのが難点です。

以上どうぞご参考くださいませ。

いかれたい国がある場合は、その国が良いですが、特にこだわりが無ければ、従って、オーストラリアが一番お薦めの派遣国となります!

以上どうぞ、選択する際の参考として下さい!



↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/12/27 15:16
コメント()  トラックバック(0)

世界の日本語学習者数は400万人にも上る。そのうち英語圏での日本語学習者がダントツに多いのはオーストラリアで世界第4位の学習者です。

**************************************************************************************************
このブログは2015年12月27日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

オーストラリアが1位!英語圏の日本語学習者数の順位!
-日本語を使って指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、皆さんは世界でどれくらい日本語を学習している人がいるかご存知でしょうか。最新の日本語学習者数は、ジャパンファンデーションの2012年度の報告によると約400万人が学習をしているそうです。

毎年右肩上がりに伸びており、調査を開始した1979年は13万人程度であったものが、約30年でその約30倍まで膨れてきています。

前回2009年の調べでは365万人程度であったので、この3年間で30万人程度増やしている計算となります。今は2015年ですので、そろそろ2015年の最新調査結果が出てくると思いますが、この調子で行けば400万人は突破していることになりそうです。特に2020年には東京オリンピックもあるし、ますます増えそうな勢いですね!

これだけ多くの方が世界で学習をしてくれいるということは、それだけ多くの日本語教育機関や日本語教師が世界で活躍をしている事となります。

因みに2012年調査の世界での日本語教師数は63000人程度のようですが、毎回の調査で言われることは、日本語教師不足が、日本語教育上の問題点であるといわれています。

従って、世界で教えるにはまだまだ需要があり、日本語教師として十分に活躍できる素養があるようです。

さて、世界の日本語学習者の順位を以下にお知らせします(2012年調べ)。

1位: 中国
2位: インドネシア
3位: 韓国
4位: オーストラリア
5位: 台湾
6位: アメリカ
7位: タイランド
8位: ベトナム
9位: マレーシア
10位: フィリピン

となっています。

さて、今日のお題は英語圏での日本語学習者数なのですが、オーストラリアが世界第4位となっています。2012年調べでは、約30万人の日本語学習者がいるといわれていますが、人口2000万人程度の中でそれだけの数の方が学習をしています。

因みに1位は中国で、約100万人の方が学習していますが、人口は14億くらいですので、これを見ると割合としてはオーストラリアの方が高く学習をしている事となります。

英語圏で2位はアメリカです。約15万人の方が学習をしています。人口が2億人のところ、オーストラリアの半分位の方が、学習しており、割合は減りますが、それでもこれだけの数が学習をしています。

また、10位には入りませんでしたが、英語圏での3位はニュージーランドとなります。現在全体で3万人程度の方が日本語を学習しているようです。

以上英語圏の日本語学習者に関してお知らせをしました。

アメリカが英語圏では2位に入っていることは、とても良いことなのですが、ここで日本語教師海外派遣プログラムと関連付けると、実はその分の派遣が行われていないのが実態です。これは、この活動をするに当たってのビザ取得が難しいからです。

現在アメリカの派遣は、3ヶ月間までの短期に関して派遣をしていますが、一方で、派遣先としては長期で来て欲しいのが現状です。また、アメリカは高校では現在70%の割合で日本人日本語教師が教えているので、ネイティブの日本人を日本から呼ぶ必要もあまりなくなってきていることも背景としてはあります。そのため、海外派遣プログラムとしては、なかなか多くの派遣をアメリカにできない現状があります。

従って、英語圏で日本語教師派遣プログラムをする場合には、ダントツでオーストラリアが、次にニュージーランドが適当となります。オーストラリアが人気があるのはこういった背景からもいえるのですが、これだけ学習をしているので、活動環境もよく、活動に対する満足度も高いのもうなずけるところです。

因みに英語圏のカナダは2012年調べでは23000人程度が学習をしているようです。カナダにおいてはワーキングホリデービザで参加できるのでアメリカほどのビザの件で厳しくなく参加ができます。従って、BBIの中では現在英語圏は

1位: オーストラリア
2位: ニュージーランド
3位: カナダ


の順で派遣をしています。英語圏で活動をしようと思ったら、上記のことをどうぞご参考に対応下さい。


因みにアジア圏では、上記の通りに台湾とタイが、日本語教師派遣プログラムとしては適切で、人気のある派遣先となっています。

以上どうぞご参考くださいませ。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、世界の英語圏での日本語学習者数に関してお知らせをしました。アメリカは活動に当たってのビザ取得が難しいのですが、人数的にも受入環境的にも本当にオーストラリアが英語圏ではダントツの活動のしやすさを持っています。


行かれたい派遣国がある場合はそちらを優先いていただくことはもちろん良いのですが、派遣国にこだわりが無い、活動を優先したいなどのお気持ちがある場合は一番はオーストラリアをお薦めします。

以上どうぞ、選択する際の参考として下さい!



↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/12/27 13:43
コメント()  トラックバック(0)
 75件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.