日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


シドニー養成講座の記事一覧


 19件中1~10件表示  次のページ

**************************************************************************************************
このブログで書かれた内容は過去のブログ情報を『お薦めコンテンツ』用に加筆修正したものです。内容はこの情報を掲載した時のものですが、将来的にその情報内容が変わっている場合もありますので、あくまでも参考としてご覧下さるとともに、必ず最新の情報をご確認下さい
**************************************************************************************************

シドニーで日本語教師養成講座 カテゴリー一覧


**************************************************************************************************
【BBIの日本語教師養成講座】
 > 日本語教師の資格!3つの日本語教師養成講座
 > 教える力が付く、実践重視!シドニーで日本語教師養成講座
 > わずか2ヶ月間で取得!ゴールドコーストで日本語教師養成講座
 > 通信で420時間取得!通信で日本語教師養成講座
**************************************************************************************************



○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
○ オーストラリアで受講する意義
○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
○ 講座の秘密と要注意(?)充実過ぎる内容!
○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)
○ 年越しコースとは?シドニーで日本語教師養成講座



○ 全養協の認定校!
○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)



○ お申込みから受講修了までの流れ
○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
○ 年越しコースのビザについて



○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム



○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方



○ 講座修了後のアンケート
○ JICAに行くことを目標に頑張りたい


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

 シドニーで日本語教師養成講座420時間 カテゴリートップに戻る
 シドニーで日本語教師養成講座 プログラム詳細

≪その他シドニーで日本語教師養成講座のお薦めコンテンツ≫
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣

 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と要注意(?)充実過ぎる内容!
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)
 ○ 年越しコースとは?シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 年越しコースのビザについて
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ JICAに行くことを目標に頑張りたい

     【その他関連コンテンツ】

      ◇ 日本語教師養成講座420時間全般 カテゴリー一覧
      ◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間 カテゴリー一覧
      ◇ 通信で日本語教師養成講座420時間 カテゴリー一覧

       『お薦めコンテンツ』 トップに戻る
 
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2008/08/02 23:30
コメント()  トラックバック(0)

養え教壇力! 模擬授業の多さが秘訣
- シドニーで日本語教師養成講座-


【コースカリキュラム】

このコースは420時間のコースです。この420時間を修了すれば一般的に「日本語教師の有資格者」であると認定されます。

このコースで力を入れているのは


「教壇力」


です。豊富な知識をベースに教室で何処までレベルに合わせて適切に指導していくことが出来るか、実践的な力を養って頂くところに力を入れています。

11週間で修了するこのコースは以下の大きく2つに分けることが出来ます。


①基本的な指導法
6週間かけて履修する基本的な指導法では、実際の教え方から教材・教案作成までと幅広く日本語教師として必要な指導法を勉強します。第3週前半までに初級レベルの学習者への指導法を学び、その後は中級レベル以上の学習への指導法を学びます。

②理論・練習のさせ方
5週間かけて履修する理論では、教授法からクラスマネジメントまで実践で役に立つ的を絞った理論を学びます。日本語教育には欠かせない理論を経験豊富な講師達により分かりやすく学び、吸収することが出来ます


教壇力とは・・・

日本語教師になるには知識も大切ですが、知識より重要なのが『教壇力』。この教壇力は理論中心の講座や通信講座では学ぶことができません。この講座では「知識を得たら即実践」。毎日の模擬授業でこの教壇力を養成していきます。講座終了後、直ぐに教壇に立てる日本語教師を輩出しています。


◎受講生の声 2007年5月受講 古畑知里さん
この講座は、日本国内どこでも多国籍の学習者に教えられる直接法を基本とした内容であり、理論やクラスマネジメントについての講義を受けます。

コース開始直後から行われるデモンストレーションはあらゆる場面を設定し、学習者のニーズを考えた上で教案と教材を作成します。

デモンストレーション後に必ずあるフィードバックは、講師はもちろんの事、クラスメイトからも改善点などを教ええてもらったり、異なる視点からの意見やアイデアをもらったりと、この時間からたくさんのことを学ぶことができます。

実践重視、そして渡した知性と主体のクラス活動を中心としてカリキュラムになっているので、授業の流れなどを頭で理解すると同時に、繰り返しのデモンストレーションによって体が流れを覚えていきました。

毎日が異文化経験とも言える閑居の中で自分の国に対しての知識を深めていくとともに、異文化に対しての意思子を高められるここでの生活は、これから日本語教師を目指す人にとってとても勉強になることだと思います。
posted by BBI at 2008/08/02 23:00
コメント()  トラックバック(0)


日本での就職!日本語教師

- ホップステップジャンプ どうやったら日本で日本語教師になれるか -


このコンテンツでは、日本語教師養成講座の資格取得から日本語教師への就職に関して、ひとつのプランを紹介します。


 日本での就職を目指す ホップ・ステップ・ジャンプ!


昨今、日本で日本語教師になりたい人が増えていますが、日本語教師の就職状況を少しでも知っている方は、そんなに簡単に就職できる環境ではない事、良くご存知ですよね。


通常、日本語教師として日本で就職するには、以下の条件を掲げている団体(日本語学校など)が多いです。


 ・日本語教育能力検定試験合格
 ・日本語教師養成講座420時間修了
 ・日本語教師としての経験2~3年
 ・大学を卒業していること(学部は問わないところが多い)


全てを満たす必要はありませんが、以上のような条件の少なくとも一つが必要です。

しかもその上で、採用試験には模擬レッスンを課され、それに合格しないことには採用には至りません。


そして採用に至ったとしても最初は

非常勤講師からのスタート

となることが多いです。特に、それまでの日本語教師としての経験がない場合はそのようにスタートすることが多いようです。


以上の様に、日本で日本語教師になるには、かなりハードで、しかも大変なのが現状です。


それを少しでも確率良く、しかもキャリアップが積めて、日本で日本語教師になる方法をお伝えします!


日本での就職を目指すホップ・ステップ・ジャンプ!

《ホップ!》

まずは、日本語教師養成講座420時間を修了する。将来の採用試験のためにできるだけ、実践力が鍛えられる講座を選ぶことがポイント!


《ステップ!》

実はこのまま卒業後、即、日本で日本語教師になれる人もいます。でもほとんどは上記のような条件があるので、難しいのが現実です。

そこで、一旦アジア圏で就職をすることがこのステップのポイント!

ご存知の方も多いと思いますが、アジアではたくさんの学校が、現在日本語教師を募集しています。

「日本語教師の集い」や「日本村」などのウェブサイトをご存知の方は良く知っていらっしゃると思いますが、たくさんのアジア圏の募集情報が掲載されています。

しかもアジア圏の募集は日本のように条件がきつくありません。

日本語教師養成講座420時間修了のみで採用をしてくれるところがたくさんあります。もちろん有給の採用です。


BBI日本語教師ネットワークが提供している

 シドニーで日本語教師養成講座
 ゴールドコーストで日本語教師養成講座

のコースを修了した方は、模擬授業のレッスンが多いので、そのままアジア圏で専任講師として就職をする方が多いです。

毎回の卒業のたびにその卒業生はアジア圏で就職をされている実績があります。

 アジアで経験を

これがお薦めするキャリアッププランの第2のポイントです!


《ジャンプ!》


アジアの国で数年キャリアを積んでいることがここで生かされます。いざ日本で就職へ。専任講師として指導経験が数年あるので、より就職しやすくなります。

アジアで経験することは遠回りのようですが、実は確実で、近道です。

しかもキャリアが積めて、給料ももらえる♪


将来日本語教師を日本で目指しているのなら、お薦めするキャリアッププランです!

まずは、日本語教師養成講座420時間修了からスタート。

是非、このプランをお役立て下さい!!

posted by BBI at 2008/08/02 22:00
コメント()  トラックバック(0)

オーストラリアで受講する意義


オーストラリアの日本語教師養成講座ですが、


なぜオーストラリアで受講するのか、
日本で受講せず海外で受講する意義はあるのか、



以下に、その辺のポイントをお話したいと思います。


①異文化の環境で勉強する利点

オーストラリアは、移民の国です。いろいろな人種の方が集まって構成されている国です。これはオーストラリアの国の政策でもあるんですね、優秀な移民をたくさん入れて国力にしていこうと。

シドニーはその最たる地域で、まさしく人種の坩堝です。

街は白人系、アジア人系、インド系、中東系、黒人系など、いろいろな国出身の方、ハーフの方もたくさん、見た目はアジア人でも生まれも育ちもオーストラリアであるオーストラリア人などたくさんいます。

自然、いろいろな言葉が飛び交っていますし、いろいろな国の文化があふれています。

そういった環境で勉強することには将来日本語教師を目指す方にとって実は、とても意義のあることがあります。それは、


 ○将来の生徒になりうるであろう方々の文化や習慣などに触れ理解することが出来る
 ○自分自身が異文化や異言語の中で生活するので外国語を学ぶ生徒の気持ちが理解できる


これは、とても大事なことですが、

日本にいては味わえない日本語教師としての素養

を養うことが出来ます。


②わざわざ来るので受講ミスがない

日本にある養成講座の通学のコースは、週に2~4コマ程度のペースで半年間または1年間かけて学ぶことが多いようです。

従って、受講中には仕事の都合や大学などの都合によって、忙しくて講座を受講できない場合もあります。

また、中には行きたい気持ちはあるのだけど、職場から、学校から通学することがついつい億劫になってしまって、続かないと聞いたこともあります。

一方このオーストラリアの講座は、わざわざこの地に受講しに来ます。

受講中は生活のほとんどがこの受講に費やされます。

集中して講座を受講する事ができます。そして、わざわざ来たので行かない(欠席する)こともありません。

しっかりと学んで、しっかりと420時間コースを全うできる環境なんです。


③オーストラリア人に教えることが出来る

この学校では、養成講座を指導する傍らオーストラリア人に日本語を教える日本語学校も運営しています。

そしてその日本語受講生(オーストラリア人)に対して、養成講座の授業の一環として実際に教えて頂く機会があります。

また、受講中には課題を与えられ、その中に自分で生徒を募り日本語を教えるという課題を与えられることもあります。

その場合、シドニーにはたくさんの方が日本語を学びたいと思っているのでフリーペーパーなどで募集すると生徒が集まります。

日本語を教えられる対象がたくさんいる環境なんですね。

そしてその環境を利用して、学習したことを即実践できる環境でもあります。

この課題はやりっぱなしではなくてレポートも提出義務がありますので、募集の仕方、学習のさせ方等に対してフィードバックがあります。将来日本語教師として活躍していくのに役立つ経験が詰めます。

こちらも日本にいてはなかなか出来ない経験となります。


④せっかく来たのだから英語も学びたい

これも日本にいては出来ないことです。

こちらはオーストラリアなので生活は全て英語です。滞在先、通学途中のトランスファー、食事、買い物など普通の生活そのものが英語環境です。

ついでに英語もブラッシュアップしたいと考えている方にもいい環境です。


以上大きな特徴を紹介しましたが、このような理由から、


オーストラリアにわざわざ来て受講する意義


があるのです。

将来、日本語教師を目指し尚且つ資格取得を考えている人で、こういった内容に賛同できるのであれば、是非、利用頂きたいお薦めの講座内容とその環境です。
posted by BBI at 2008/08/02 21:30
コメント()  トラックバック(0)


全養協の認定校!認められたカリキュラム


-全国日本語教師養成協議会から認定!ますます充実のシドニーで日本語教師養成講座-


BBIが紹介している『シドニーで日本語教師養成講座』は、

全養協(全国日本語教師養成協議会)

の認定校です。


これまで、

『真の日本語教師になるためには現場での実践力が必要』

と言い続け、それが訓練できるカリキュラム提供を続けてきたことが、正式に認められた形です!


つまり、全養協は、日本語教師として活動するに当って、知識ばかりではなく

 日本語教育の現場に直接関わる実践的知識及び能力を支援する協議会で

 日本語教育実践者の質的向上を目指し、

 日本語教育全体のレベルアップに貢献することを

を目的としています。

その目的としている協議会に、この『シドニーで日本語教師養成講座』が認められた事となりました。


因みにこの協議会のメンバーには

 アークアカデミーさん

 千駄ヶ谷日本語教育研究所さん

など、名立たる全国の日本語教師養成講座機関が名を連ねています。

これまで

 『オーストラリアに来て認められる講座なのか』

 『日本で通用する講座なのか』

 『本当に役に立つのか』


などいろいろな不安をお持ちの方もいらっしゃりましたが、この認定校であると言う事が、一定の評価を受けたことにつながりますので、どうぞ安心してご参加下さい。


全養協(有限責任中間法人 全国日本語教師養成協議会)とは


全養協(有限責任中間法人 全国日本語教師養成協議会)は、日本語教師養成講座を主催する機関が、日本語教師養成講座及び日本語教師の質的向上を図るとともに日本語教師、日本語教師養成講座及び日本語教育に関心を持つ人々を幅広く支援し、内外の日本語教育に対する貢献活動を行うことを目的として全国規模で集い2001年に設立されました。この間、加盟校の講座内容の質的向上を図りつつ、年1回のフォーラムも重ねています。今後はますます活動内容を充実させて行きたいと考えています。
posted by BBI at 2008/08/02 21:00
コメント()  トラックバック(0)


全養協(全国日本語教師養成協議会)とは


全養協とは何ぞやと思われる方もいらっしゃると思いますので、少し紹介したいと思います。以下は全養協のホームページに記載されている内容を抜粋しています。

全養協(有限責任中間法人 全国日本語教師養成協議会)のHP


全養協(有限責任中間法人 全国日本語教師養成協議会)は、日本語教師養成講座を主催する機関が、日本語教師養成講座及び日本語教師の質的向上を図るとともに日本語教師、日本語教師養成講座及び日本語教育に関心を持つ人々を幅広く支援し、内外の日本語教育に対する貢献活動を行うことを目的として全国規模で集い2001年に設立されました。この間、加盟校の講座内容の質的向上を図りつつ、年1回のフォーラムも重ねて参りました。今後はますます活動内容を充実させて参りたいと考えております。


また、この全養協は、「全養協日本語教師検定」という検定試験を設けています。この試験の目的は、以下の通りです。


内外の日本語教育に携わる者やその志望者を対象として、日本語教育の現場に直接関わる実践的知識及び能力を測ることにより、日本語教育実践者の質的向上を目指し、日本語教師としての意欲と自覚を促し、以って日本語教育全体のレベルアップに貢献することを目的とします。


つまり、全養協は、日本語教師として活動するに当って、知識ばかりではなく

 日本語教育の現場に直接関わる実践的知識及び能力を支援する協議会で

 日本語教育実践者の質的向上を目指し、

 日本語教育全体のレベルアップに貢献することを

目的として活動をしている団体です。
posted by BBI at 2008/08/02 20:00
コメント()  トラックバック(0)


全養協 日本語教師試験日程発表



シドニーの日本語教師養成講座は、全養協(全日本日本語教師養成協議会)の認定校ですが、その全養協では、日本語教師検定試験を行っています。

全養協とは

日本語教育能力検定試験と言うのがありますが、それの全養協版とお考え頂くと分かりやすいと思います。

ただ、内容は全く異なります。


この全養協は、日本語教師養成講座と日本語教師の質的向上を図ることに重きを置いていますが、それは簡単に言うと、養成講座を卒業したら、すぐに専任の講師になれるように育成するという意味となります。

つまり実践力を養成講座期間中に多く身に付けることにより、卒業後、質の高い日本語教師になるように、養成していこうと言うことがねらいです。


さて、その目的が反映される試験として全養協では、、年に1回、


全養協日本語教師検定



を開催しています。

こちらの試験ですが、これまでの日本語教師の試験と一線を画している試験内容で、試験形式が、以下の2つの形式により測定されます。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
試験Ⅰ:90分
教育現場で求められる、日本語のルール、教授法、授業展開等に関する専門的な知識を中心に問う客観テスト

試験Ⅱ:70分
初級並びに中上級レベルの教室活動をビデオで視聴し、教授活動等に関わる問題点を記述させることにより、実践的教授技術能力を問う主観テスト
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

試験Ⅱの方ですが、ビデオで視聴した上でそれに関わる問題点を記述式で回答させ、実践的教授的技術能力を問われる内容が含まれています。

こちらが特にこれまでの日本語教師の試験とは内容を異にしているところだと思います。


これまでの日本語教師関連の試験ではこういった実践の部分を問うているものはありませんでした。それだけ実践力に重きをおいて構成されている、またこの全養協が目指しているところと言うことです。


シドニーで日本語教師養成講座は、これまでにも何度もお伝えしている通り、

実践力

が付く様な講座仕立てをしています。

毎週の様に模擬授業が課され、多い方では週に3回くらい模擬授業が課される場合もあります。

従って、全養協の試験にも対応できる講座内容としています。


以下に、全養協の試験の概要を記します。(2009年度版)

全養協日本語教師検定試験概要

試験日:平成21年(2009年) 1月 18日(日)

申込期間:平成20年(2008年) 9月 27日(土)~ 12月 16日(火)必着

主催:有限責任中間法人 全国日本語教師養成協議会(全養協)

目的:内外の日本語教育に携わる者やその志望者を対象として、日本語教育の現場に直接関わる実践的知識及び能力を測ることにより、日本語教育実践者の質的向上を目指し、日本語教師としての意欲と自覚を促し、以って日本語教育全体のレベルアップに貢献することを目的とします。

試験の水準:国内外の日本語教育の現場において日本語を的確に教えるために直接必要とされる実践的な知識・能力を測るものです。

受験資格:特に制限しません。

受験料:6,000円(消費税含)

試験時間:10:00~13:00(20分間の休憩を含む)

試験会場:[国内] 札幌、仙台、前橋、東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、福岡
       [海外] 韓国、オーストラリア

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:


尚、この試験に合格することは


 ○実践力の付いた日本語教師として認められる
 ○全養協の加盟校での就職に有利となる



などの利点が挙げられます。

受験資格はどなたでも受験できるようにしていますが、特に試験Ⅱ用の対策は予め準備をしていたほうがよさそうですね。

尚、シドニー校では、この全養協の日本語教師検定試験の対策講座を設けています。

ご興味のある方はお問合せ下さい。
posted by BBI at 2008/08/02 19:00
コメント()  トラックバック(0)


お申込から受講修了まで シドニーで日本語教師養成講座


①まずは情報収集から

資料請求、お問合せ、無料カウンセリング、無料説明会などでBBI日本語教師ネットワークの日本語教師養成講座の情報を収集下さい。

併せて、他の団体の日本語教師養成講座の資料を収集されると本当に自分にあった講座を見つけることが出来ると思います。


②お問合せ


BBIが提供する養成講座に興味があられましたら、ご納得するまで、講座内容、費用、その他なんでもお気軽に聞いてください。

メールでお問合せ頂く方が多いですが、お電話や上記オフィスへ直接お越し頂いても構いません。


③お申込


お申込を決めたら、お申込手続きに入ります。

 資料請求時に同封されている申込書の郵送

または、

 オンラインでの仮お申込

の中からお選び下さい。尚、申込みは、授業料の納入を持って正式に席の確保をします。

また、この講座は人気コースので、すぐに満席となってしまう可能性がありますので、一番早い手続きが出来るオンラインでのお申込がお薦めです。


④ご請求書発行


お申込内容に沿って、ご請求書を発行させて頂きます。

このコースはオーストラリア豪ドル建ての授業料となりますので、お申込時の日豪為替レートを三菱東京UFJ銀行で確認してそのレートを基に算出します。

通常は弊社の日本支社の口座宛までのお振込みをお願いしておりますが、弊社オーストラリア本社へのご送金をご希望であればその旨お知らせ下さい。弊社オーストラリアの口座の詳細をご連絡いたします。

また、授業料以外に、オーストラリアでの滞在費(ホームステイ)、初日の空港お出迎えなどをご希望の場合は、一緒にご請求差し上げます。

ご請求書は、通常E-mail添付にてご案内します。ご請求書を郵送にてご希望であればお気軽にお申し出下さい。尚、人気コースであるためご入金の期限を約1週間後とさせて頂いております。


⑤正式お申込み(席の確保)


ご入金の確認ができた時点で、正式に席の確保を行います。これにて正式なお申込として、以下の案内書を送付致します。

 ・学校案内(申込み確認書)
 ・渡航に当っての案内(パスポート、ビザ、航空券、保険など)

このあとのサポートは基本的にBBI東京オフィスにて一括してサポートします。全ての書類は東京オフィスより送付させて頂きます。また何かございましたら東京オフィスまでお問合せ下さい。


⑥ご出発までの準備


渡航に当っては、国際線のチケットの手配、海外旅行傷害保険の手配、ビザの手配等が必要です。ご希望であればBBI東京オフィスにてサポートさせて頂くことが可能ですのでお申し出下さい。

尚、現地到着日は、コーススタートの前日か前々日に到着される方が多いです。

例えば、5月19日(月)からのコーススタートには、17(土)、18(日)にシドニーに到着するようにアレンジされる方が多いです。

ただ、その前に入国したい場合ももちろん可能ですので、お気軽にご相談下さい。

また、ビザに関して、このコースだけに参加予定であれば、観光ビザ(ETAS)での渡航で問題ありません。

このETASは、通常旅行会社等で国際線チケットを手配された際に一緒に手配をしてくれます(有料無料は旅行会社によって異なります)。

尚、このETASで参加した場合は、オーストラリアでの滞在期間は入国日から3ヶ月間までとなっていますので、3ヵ月後までには出国をする必要があります(コースは11週間ですが、3ヶ月以内ですので問題ありません)。

もし、このコース以外に、オーストラリアで何かいろいろとやって見たいと思っている方は、ワーキングホリデービザがお薦めです。

このビザは、オーストラリアで、就学、就労、旅行などいろいろなことが出来るビザで一生に一回だけ30歳までの方に発行されるビザです。こちらの滞在期間は1年間です。

また、この養成講座に向けた準備は特に何もされなくても構いません。現地に着てからしっかり学習できるお気持ちでいらっしゃれば問題ございません。

ただ、模擬授業が多くそのためにいろいろな素材をご自身で作って模擬授業に臨んでいただく必要があります。

そのために画用紙、模造紙、ペンなど文房具が必要ですが、オーストラリアではあまりいい文房具が手に入りません。従って、そういったものを日本で用意しておくことよりいい学習がオーストラリアで出来ます。


⑦到着から講座1日目


シドニー現地での滞在先を依頼されて尚且つ、到着時の空港お出迎えをご希望されている方には、到着する飛行機の便に合わせて、シドニー空港に現地スタッフがお出迎えに上がります。

到着ロビーで看板を掲げてお待ちしておりますので、そちらにご集合下さい。
※万が一会えない場合はミーティングポイントで待機。緊急連絡先も事前にお伝えしています

その後、滞在先までお送りいたします。到着された週末は、ホームステイ先でホストファミリーとご自由にお過ごしくださいませ。

尚、学校までの行き方はホストファミリーが伝えてくれますが、確認のため、最寄のバス停の確認や、実際に学校まで事前に行って見るのもいいかもしれません。

尚、特にホームステイや、初日空港お出迎えなどを希望されない場合は、到着後ご自身で滞在先まで移動頂いたり、ご自身の責任において行動いただきます。

【ホームステイの手配に関して】

お申込時にホームステイの手配を依頼された場合、学校案内の書類と共にホームステイ申込書が送付されます。そのフォームにご希望など全てご記入頂き返送下さい。

そのフォームを受けてなるべくご希望に添えるホストファミリーを手配します(100%希望に添えるとは限りませんので予めご了承くださいませ)。

ホームステイは、手配費用として別途176豪ドル、滞在費用として240豪ドル/週(平日2食、週末3食付)が掛かります。

また、ホームステイ先から学校までの通学は公共交通機関を利用して通学していただきます。通常はシティーバスやシティーレールです。

詳しくはホームステイ先にお伺い下さい。尚、1週間まとめて買うとお得なチケットなどいろいろな種類のチケットがありますのでご自身にあったものをお選び下さい。

また、ホームステイは、講座全期間中ずっとご利用されてもいいですし、4週間のみなど滞在期間を選べます。ご自身のご計画に合わせてご検討下さい。

尚、ホームステイ以外の滞在先としては、代表的なものとしてルームシェアがあります。

こちらは簡単に言う1軒家を他人と共同で使用する方法で、ご自身の部屋以外、リビング、キッチン、バスルームなどは共同で使用頂く方法です。オーストラリア人とシェアが出来たり、費用もホームステイよりは安く抑えられたり、利点はたくさんありますが、自分で探さなければいけないなど、手配をするに当っての難しさがあります。

現地オフィスでは探し方や地域の特長などをのアドバイスをさせて頂いていますので、どうぞご利用下さい。

******************************************************
【オーストラリアで日本語教師養成講座 現地到着後のサポート内容】

 ・インターネット無料使用
 ・携帯電話の手配
 ・滞在中の旅行等に関しての相談(到着後すぐに特別シドニー観光の案内もあり)
 ・現地日本語新聞などの無料情報
 ・ルームシェアの探し方アドバイス
 ・ホームステイ手配
 ・緊急連絡先24時間体制
 ・語学学校の情報紹介及びその手配

などに関して案内させて頂いています。どうぞご自由にご利用くださいませ。
******************************************************


⑧コーススタート


初日には、学校に9時まで登校いただきます。その後、同期の方と交えながらオリエンテーションから始めていきます。講師の自己紹介、同期の方の自己紹介など緊張の面持ちながら、徐々に打ち解けられるように進めていきます。

その後はすぐに授業に入り、いよいよ講座のスタートです!

尚、授業は月曜日から金曜日まで毎日、午前9時から午後4時まで。途中1時間のランチタイムがあります。

放課後は各自、課された課題を達成するために教室内のフリースペースで勉強して頂くことも可能です。講師も随時おりますので、質問があればお気軽に。

また、初日の授業が修了後、生活のためのオリエンテーションの続きとして、現地の携帯電話の案内、無料インターネットの案内、シドニー観光の案内などさせて頂いております。


⑨受講から講座修了まで


合計11週間の講義を受けていただきます。毎週の様に模擬授業を行い、理論と並行して実践力を高めて頂きます。途中、同校に通う日本語学習者オーストラリア人への授業なども経験して頂き、最終週には緊張の卒業試験が待っています。無事合格されるように準備を怠らず頑張ってください!

ETASで参加された方は、講座修了後ビザの滞在期限が来るまで(1週間程度)に出国をしなければいけませんのでご注意下さい。

WHビザでお越しの方はご自由に残りの滞在期間をお過ごし下さい。

posted by BBI at 2008/08/02 18:00
コメント()  トラックバック(0)


日本語教師養成講座修了後の活用の仕方



これまでの参加者は、シドニーでの日本語教師養成講座受講後、以下のような進路を選択している方がいらっしゃいます。この資格、講座に興味のある方はどうぞご参考下さい。


①就職する


『シドニーで日本語教師養成講座』は直接法に関して指導します。従ってその教授法を取り入れている国が就職先の候補となりますが、それは主に日本とアジア圏の国です。

修了後その資格を持って、採用試験に臨み、就職された方は結構いらっしゃいます。

日本でもありますしアジア圏の諸国もあります。特にアジア圏の国での採用決定率が高いです。

これは日本の日本語学校が、日本語教師養成講座の資格以外の日本語教師関連の資格(日本語教育能力検定試験合格や大学卒業など)、その他の資格も求める傾向があり、書類審査の通過が難しいときがあるからのようです。

一方アジア圏の国の場合は、この420時間の資格を持っていれば就職できるケースが多く、実際に就職され現在、専任講師として活動している方もとても多いです。

BBI日本語教師ネットワークでは実はこのアジアで就職をすることを結構薦めています!

このシドニーで日本語教師養成講座では模擬授業に力を入れています(週に1~3回程度模擬授業が課されます)ので、就職採用試験に必ず課されるデモンストレーション(模擬授業)対策もバッチリです。

その結果として、就職が出来る確率が高くなりますし、日本ではあまりない、最初から専任講師として活動することも出来ます。

もちろん給料もいただけますし、キャリアアップとしては格好のステップになります。そして3年ぐらいそこで経験をして日本に戻ってきて日本で日本語教師として活動するキャリアプランは、日本での日本語教師になるためのお薦めのプランです。

なぜなら、日本での採用は、資格取得のみならず、日本語教師として教えた経験がどの程度あるかがポイントになるケースが多いからです。


②オーストラリアの民間日本語学校で働く

日本語教師ネットワークが紹介している民間日本語学校での活動です。いきなり正式に就職することに抵抗のある方、更なるキャリアを付けたい方にお薦めのプランです。

小学生から大人まで少人数制で教えていただきます。最大人数が4名までのクラスなので、安心して授業に取り組むことが出来ます。学校の校長先生からは指導方法に関して研修があることも心強いです。

また、直接法と間接法を使用しますので、英語で教えてみたい方にもいい環境です。

尚、この学校での活動は、最初の3ヶ月間は無給で働いていただきますが、その後は給料をお支払いします。(最大9ヶ月間までの活動可)


③日本語教師海外派遣プログラムに参加する

オーストラリアの学校(小中高校)の様子を見てみたい、子供たちに英語を使って教えてみたいなど、勉強した知識を使って、オーストラリアの現場で活動してみたい方に向いているプランです。

ボランティアでの活動となります。また、英語を使って教えるので、別の指導方法間接法に関しても携わることが出来、将来に向けて幅の広い日本語教師を目指せられます。

滞在先は学校の関係者(生徒さんまたは先生のお宅)にホームステイするのでオーストラリアや英語環境にドップリと浸って活動そして、生活できるのがこのプランの魅力です。まさしく知識を使って英語圏で英語を使いながら活動できる使える英語力をブラッシュアップしたい方にも最適なプランです。

因みにそのホームステイ費用は平均120ドル/週(毎日3食付)なので、通常の語学学校等で滞在するホームステイ費用(通常240ドル、平日2食週末3食)よりずっと安い金額で抑えられるのも魅力の一つです。
posted by BBI at 2008/08/02 17:00
コメント()  トラックバック(0)


修了アンケート

-シドニーで日本語教師養成講座-


卒業生からの修了アンケートを紹介します。この講座に興味のある方はご参考下さい。


【シドニーで日本語教師養成講座420時間】

●研修が修了して将来日本語教師を目指しますか

はい、目指します。学んだことを実際に現場で活かして見たいと思ったため。日本の東京でボランティア又は日条件として日本語教師をやってみたいと思っています。

はい、東京にあるインターナショナルスクールで子供相手の日本語教師が募集されていてすごく興味があるので受けようと思っています。

はい、シンガポールで就職したいと思います。


●オーストラリアで受講したことは?

よかったです。自分が外国人の立場で英語を学ぶ気持ちが日本で外国人が日本語を学ぶ状況と同じなので、学習者の気持ちが分かりました。また、異文化体験が出来たのも良かったと思います。

よかったです。日本で勉強するより多文化、多言語に触れる機会が多かった。

●講座内容はいかがだったですか?

とても良かったです。スケジュールはとてもタイトでしたが、内容が濃く先生方もとても熱心に教えてくださるので、こちらも頑張らなきゃ!と言う気持ちにさせられました。クラスメイトも勉強熱心で少人数で勉強できたので短期間で多くの事が身に付けられました。

とても良かった。実践中心だったので、場数を踏むことができ、また他の人の模擬授業を見れる機会も多く、いろいろ吸収することができた。

●費用は全部でいくらくらい掛かりましたか

生活費、受講費用、航空券等入れて全部で100万円くらいだと思います。

航空券を含めて90万円くらいだったと思います。

●滞在先はどんなところでしたか

最初の3週間はホームステイ、残りの8週間はフラットシェアをしました。

ホームステイです。子供が多くとても気に入っています。

シェアルームをしました。古い家で後半雨漏りをするなど大変な思いもしましたが、トータルすごく良かったです。

●日本出発前にしておけばよかった事はなんですか

オーストラリアと日本に関する知識も勉強しておけばよかったです。日本の写真や本、雑誌などを持ってくればよかったとも思います。

もっと日本語の文法を事前に勉強しなおして置けばよかったと思いました。

●このプログラムの満足度を教えてください

80点/100点
1週間で420時間分のプログラムを勉強するので、かなりハードで睡眠不足になる事がしばしばありました。しかし、講座の内容はかなり充実しており、先生方の熱心さの濃さにとても満足しています。

100/100点
課題が多く、大変なことも多かったですが、授業に関する事だけでなく自分で考える力等もすごく身に付きました。先生達も教育熱心でいつも親身になってくれます。

●これから参加される方にアドバイスをお願いします

講座の内容はとてもハードですが、終わったあとの充実感は何物にもかえられません。受講して本当に良かったです!!

大変なことも多いですが、いろいろなことが身に付くので、お薦めします!

卒業式の様子はこちらをご参考下さい
posted by BBI at 2008/08/02 15:00
コメント()  トラックバック(0)
 19件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.