日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


       現地からの声の記事一覧


現地からの活動報告!モンゴルで有給日本語教師インターンシップ!!

**************************************************************************************************
このブログは2014年2月28日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

現地からの活動報告!モンゴルで有給インターンシップ!
-モンゴルで有給日本語教師インターンシップ!活動報告

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  モンゴルで日本語教師ボランティア
  モンゴルで有給日本語教師
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、最近、モンゴルからのお知らせをしていますが、今日も引き続きモンゴルをお知らせします。

モンゴルでは、基本的に直接法で指導をしていきます。『みんなの日本語』など定番の教科書などを使って指導をして行きます。また、学校敷地内での寮の滞在先を確保しており、安心して活動が出来る環境です。更に、日本人講師、現地日本語講師もいますので、派遣インタビューには合格しないといけないですが、教える事に自信のない方でも先輩講師にアドバイス等を頂きながら活動もできるので、是非挑戦をして頂きたい環境です。

さて、そのモンゴルからですが、現在活動中の方から活動報告マンスリーレポートが届きましたので、紹介をさせて頂きます。ご興味のある方はどうぞご参考下さい。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆° 

モンゴルで有給インターンシップ 活動報告

今月携わった授業内容(授業数・レベル・文法・文型等・使用教材等)を教えてください

今月の授業数は週13コマ(うち日本語が3コマ:ひらがな、カタカナ、漢字)

2
年生 General English 会話、文法、リーディング、リスニング、ライティングの総合学習
3年生 Business English ビジネスにおける商品説明(携帯電話広告)、販売の種類(インターネット) お客様サービス(返品、交換の手順)
4年生 Country Study(日本事情)外国人向けのバスツアー広告とツアーの選択、日本の昔のあそび、(紋合わせ)、英語で読む手相、日本の家族形態と問題点、江戸しぐさ、箸置作成とそのマナー (教科書がないので自分で作成)
日本語 予科クラス (月、水、金) ひらがな、カタカナ、漢字、挨拶と文化紹介

自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください(教案、内容、方法等

三年生の授業では、自分の商品開発と題して、靴のデザインとネーミング、サイズ、価格、ボーナス特典、返品規約などを英語で作成し、発表を行いました。モンゴルの学生の発想力や、ユーモアがたくさん見れる時間となりました。女性のパンプスをデザインし、ボーナス特典としてウォッカのボトルを付けている男子学生がいました。それは女性の靴だがウォッカをつけることで男性客がどんどん増えるとか。。(笑)なかなかおもしろい発想だと思います。

4年生の授業では、江戸しぐさと英語で読む手相が盛り上がりました。

江戸時代の日本人の粋な行動や表情などを、実際に学生にも真似てもらいました。「傘かしげ」や「こぶし腰浮かし」など、どうして日本人はそういった行動をするのかを考えてもらい、なんとなく日本人の心を理解してもらえたように思います。また渡し舟での束の間の会話というのもやりました。学生に英語で会話を作ってもらい、発表してもらいました。渡し舟と英語なんてミスマッチですが、日本語でも訳してもらいとても楽しいものとなりました。英語が苦手な学生が多いため、どうしたら英語に親しみを持ち、楽しく学んでもらえるかを今後も考えていきたいです。

英語で読む手相は女子高生のように盛り上がっていました。(笑)「次、私のも見て!」と次から次へと。手を見すぎて自分が医者かと思いました。(笑) 

◎自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか?又それはどのポイントですか?

英語の授業の中で、日本語をたくさん使用し説明したことです。日本語学科の学生のため、英語で理解が難しいときは日本語で説明したりします。そのほうが楽で速いのでついそうしてしまいますが、できるだけ英語の授業の中では英語で説明するように心掛けていきたいです。

◎モンゴル語はいかがですか

職員室でのモンゴル人の先生方の会話が、以前よりは理解できるようになりました。単語数もだんだん増えています。日本語を毎日学んでいる学生に対して、私もモンゴル語に興味を持ち、少しですが勉強していることを示したいです。

◎学校の活動以外ではどんなことをされましたか

モンゴルでは2月に先生の日というものがあります。学生たちの主催で、レストランでお祝いがありました。何人かの学生がダンスや歌を披露してくれました。またその場で、教師の表彰式も行われ嬉しいことに、私の今までの勤務を表彰していただきました。最初は英語教師として不安もありましたが、自分らしくやってきてよかったです。今後も、同僚の先生方と協力し、学生、この大学のために努力していきたいと思います。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

この方は、実は日本語教師としても活動していますが、上記の通りに英語教師としても活動しています!日本人で英語教師として大学で教鞭をとるということはとてつもなく、すごいことですよね!

【派遣校の詳細】

設立年月日: 1993年設立の私立大学
日本語教師数 : 14
生徒数: 630
日本語授業時間: 週12コマ
給与: 400,000トッグルグ(約400$) ・・・生活するに十分な費用です
他手当て: 40,000トグルッグ(約40$)
就労時間: 授業時間範囲内
休日・休暇: 土、日
滞在先のサポート: 寮無料提供
ビザ取得のサポート: 就労ビザを取得します

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆° 

尚、半年間未満のプログラム設定として、2週間、3週間、1ヶ月間、2ヶ月間という参加期間での参加もできます。その場合は、残念ながら有給とはなりませんが、日本語教師関連の資格保持は必ずしも必要なく参加できます。また、ボランティアでの参加であっても滞在先の提供は無料でさせて頂いています。そして、スタートも9月、1月などと決まっているわけではありませんので、参加したい日時をどうぞまずはお知らせ下さい。

従って、モンゴルでちょっと体験してみたいと考えていらっしゃる方は、この短期間のコースで試されてみるのも良いと思います。

【モンゴルへ派遣の特徴】

◎ 6ヶ月間以上の有給に参加には日本語教師関連の資格保持が必要
◎ 3ヶ月間未満の参加の場合は日本語教師関連の資格がなくても参加可能
◎ いずれの場合も基本的に滞在先の適用あり
◎ モンゴルは日本語熱が高い派遣国
◎ 指導方法は、直接法(日本語で日本語を指導)
◎ 従って、モンゴル語ができなくても活動可能
◎ 但し、モンゴル語を勉強したい方にはもちろん良い環境
◎ 現地活動場所には日本人先生、日本語が流暢な先生もいらっしゃるので安心
◎ 有給の場合は、最初の月から給料の支給あり!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇ モンゴルで日本語教師海外派遣プログラム
◇ モンゴルの治安について
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2014/02/28 15:53
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年12月15日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

現地から活動報告3!オーストラリアで有給日本語教師

-次回は2011年9・10月期に募集予定!オーストラリアで有給日本語教師インターシップ

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、今回も先ほどに続き、現地からの活動報告を紹介したいと思います。今回は、オーストラリアで日本語教師有給インターンシップとして活躍をされている方々からのレポートです。

実際の授業内容、教えるにあたってのヒント、現地での生活の様子などご覧頂けると思いますので、こちらのコースを目指している方々はどうぞご参考下さい。

さてまずは、このコースの募集要項からお知らせします。

尚、募集枠はさほど多くありません。また、お申込み確定は、お申し込み順に派遣インタビューを受けて頂き、その合格の方から順に決定していきます。従って、この有給インターンシップをしてみたいと考えている方で、条件が整っている方は、お早めにご対応した方がおそらくいいと思います。

2011年オーストラリア有給インターンシップ!募集要項
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
募集時期 : 2011年9・10月期(12/15現在)
募集人数 : それぞれ1~2名
活動開始日 : その都度調整します、お問合わせ下さい
活動期間 : 半年間又は9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集締切日 : 決定次第締切ます
募集条件 : ○24歳以上
         ○日本語教師関連の資格保持要
         ○社会経験がある方が望ましい
         ○ワーキングホリデービザが取得できること
※年齢は24歳以上としていますが、能力ややる気に応じてその限りではありません、どうぞ24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提



 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導を経験することも
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
現地からの活動報告 オーストラリアで有給インターンシップ 

◎今月携わった授業内容(授業数・レベル・文法・文型・使用教材等)を教えて下さい

○クラス授業 7hours/week
Advanced A 
Intermediate B

プライベート8hours/week
Beginner B
Beginner C

J
LPT 2
Advanced
Travel

○ビギナー、インターミディエイト、アドバンス(みんなの日本語に基づく)、VCE対策、カンバセーションなど計40コマ

○7人、レベルはインターミディエイトからアドバンスまで。

◎評判の良かった授業を教えて下さい

AAのクラスで自動詞他動詞の文型練習を行ったあと、アクティビティーを1時間ほど3種類やりました。普段、文型練習や読ませるだけの会話練習になってしまっていたので、いつもと違った形でアクティビティーを入れたところとても盛り上がり、かつ学習者も習った文型をしっかり使って定着するよう取り組んでくれました。

先月のマンスリーレポートの反省点に記入したカンバセーションクラスの生徒さんの授業を、記入した通りに改善したところ、今まで出会った先生のなかで一番よかったと言っていただけました。形容詞の過去形で、文型導入の後、自分のエピソードを紙芝居にして、聞かせ、生徒さんのエピソードを書いてもらいました。その後、それを使って、疑問文と疑問詞の導入をしました。9年生の女の子二人だったので、楽しんで聞いてもらえました。また、疑問詞「どう」が彼女たちのほうからでてきたので、スムーズに導入することができました。

板書の仕方が大分改善されてきたこと。動詞変換をする際に、動詞カードをつくり、それをボードに貼って変形を説明する。動詞を教える際に、何グループか言わせる。

◎反省点のある授業は何ですか

質問されたときに、いい例文が浮かばなくて、説明に困ってしまう事。

ターム最終日のテストの日、いつも、復習等はしないで、最初にテストをして、そのあと、時間をかけて答え合わせと復習をするのですが、高校生が2人いるクラスで、答え合わせの時にはもう集中力がきれてしまっていた上に、その日がちょうどクリスマスパレードの日で、それが授業の時間と完全にかぶっていたため、その後に用意していた読み物も自分で読むからと言って、パレードを見るために帰ってしまいました。仕方がないことかもしれませんが、パレードにも負けないくらい、生徒さんをひきつけることができたらと思ったのと、クラスによっては、授業の組み立てを変えることも必要だと思いました。

上記したように、普段のレッスンが少し、読ませるだけ、書かせるだけのつまらない授業になってしまっていたので、今後はもう少しアクティビティーを中心に授業スタイルを考えていきたいと思っています。

◎英語の様子はいかがですか

最近アルバイトを始めました。ジャパレスだったのでお客さんと英語で話せればいいと思っていたのですが、オーナー以外は他のバイトの人も全員日本人じゃなかったので、英語環境になれるいい場所です。あとは、エクスチェンジを始めることにしました。明日からです。少しでも英語力が上がってくれることを期待します。

シェアメイトの友達やボーイフレンドが頻繁にフラットに来るので、いろいろと話をしています。ナチュラルスピードでいつも話しているので、こちらの耳も慣れてきたように感じます。その中で、ネイティブじゃないとなかなか出てこないなと思う表現が頻繁にあるので、そういうものを面白いなと思いつつ、この感覚を身につけるのは難しいなとも感じます。

◎滞在先の様子はいかがですか

快適です。先月はシェアメイトが2週間、ニュージーランドへ旅行に行きました。改めて、2週間もクリスマスホリデーがとれるのが、日本と大きな違いだなと思いました。また、私がこのうちに引っ越してきたばかりの時、急用でシェアメイトが4日くらいいないことがありました。その時は、猫の世話を私にさせるのは申し訳ないということで、彼女の友達がかわりにここに泊まり、猫の世話をしていました。日本では、ハウスキーピングをするために友達のうちに滞在するというのを聞いたことがなかったので、とても驚きました。

夏になってきたので部屋にハエがよくいます。小さすぎて時々口に入っているんじゃないかと不安になります()あと、よくネットが使えなくなりますね。原因は不明です。()ま、オーストラリアなんで仕方ないですね。


◎学校以外の事で楽しかった事、困った事、驚いた事などは

先生たちとセントキルダビーチに行って、リトルペンギンを見てきました。とても、かわいかったです。雨降りなのが、残念でしたがいい思い出になりました。これからも、いろんな所へ行きたいと思います。

メルボルンカップへ行きました。日本ではあんなに競馬で盛り上がることはないので、すごく面白いなと思いました。ドレスアップをしてシャンパン片手に芝生の上を歩くのは、こちらでしかできないことだと思うので、とてもいい経験ができたと思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、オーストラリア現地からの有給で日本語教師インターンシップをしている方々からの活動報告の紹介です。引き続き届きましたらまた紹介をさせて頂きますね。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

2011年はラッキーセブン特別価格♪で参加!


【ラッキーセブン特別価格♪(ボランティアのみ対象)】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
 ◇ 派遣インタビュー
 ◇ お問合せ

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/12/15 11:32
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年11月2日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

現地から活動報告!オーストラリアで有給日本語教師

-2011年5・6月期、9・10月期に募集!オーストラリアで有給日本語教師インターシップ

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほど、今後のオーストラリアで日本語教師有給インターンシップの最新募集情報をお伝えしましたが、そのオーストラリア有給インターンシップとして現在活躍されている方から、活動報告が届きましたので、それを紹介させて頂きたいと思います。

このプログラムにご興味のある方はどうぞご参考下さい。

まずは、以下の募集要項からお知らせします。

尚、募集枠はさほど多くありません。また、お申込み確定は、お申し込み順に派遣インタビューを受けて頂き、その合格の方から順に決定していきます。従って、この有給インターンシップをしてみたいと考えている方で、条件が整っている方は、お早めにご対応した方がおそらくいいと思います。

2011年オーストラリア有給インターンシップ!募集要項
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
募集時期 : 2011年5・6月期、9・10月期
募集人数 : それぞれ1~2名
活動開始日 : その都度調整します、お問合わせ下さい
活動期間 : 半年間又は9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集締切日 : 決定次第締切ます
募集条件 : ○24歳以上
         ○日本語教師関連の資格保持要
         ○社会経験がある方が望ましい
         ○ワーキングホリデービザが取得できること
※年齢は24歳以上としていますが、能力ややる気に応じてその限りではありません、どうぞ24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提



 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導を経験することも
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
現地からの活動報告 オーストラリアで有給インターンシップ 

◎今月携わった授業内容(授業数・レベル・文法・文型・使用教材等)を教えて下さい

P/L 5コマ/週
P/L Beginer A(2) 挨拶・自己紹介~指示詞、動詞(食べます・飲みます)まで
P/L Beginer B(1) を動詞(私は手紙を書きます)
P
/L JLPTN3) 敬語
P
/L Advance(1) 新聞記事の長文読解

◎評判の良かった授業を教えて下さい

Beginerのクラスで、よくできる人だったことと、日本への旅行が決まっている人だったので、食べますを導入する際に、(P/Lのため)日本の料理も一緒に導入して練習させたところ、興味もわいたようで楽しく授業ができたと思います。

◎反省点のある授業は何ですか

JLPTのクラスで、まだ、自分自身があまりJLPT自体を把握しておらず、また、説明も臨機応変にできるほど能力もないので、下準備がたりなかったなと反省しています。せめて、みんなの日本語初級はすべて説明できるくらいに早くしていきたいと思います。

◎英語の様子はいかがですか

他の先生と2度教会のフリーレッスンに参加させて頂きました。あとは、シェアメイトと時々会話するぐらいで、とくにこれといった英語の勉強はできていません。新しい友達ができるよう工夫してみようと考えています。(機会があれば)

◎滞在先の様子はいかがですか

すごく、快適です。特に、これといたトラブルもないので、問題ないかと思います。

◎学校以外の事で楽しかった事、困った事、驚いた事などは

学習者がとても意欲的でびっくりします。今まで高校生を相手にしていたからそのギャップがあるのでしょう。おかげで、すごく助かっています。(学習者に助けられるようではまだまだですね。がんばります。笑)

今週末(10月31日)にシドニーでシェアメイトだった人とメルボルンの郊外でキャンプをする予定です。楽しみです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、オーストラリア現地からの活動報告の紹介です。引き続き届きましたらまた紹介をさせて頂きますね。

尚、ボランティアでのオーストラリアインターンシップの直近の募集に関しては

2011年1月出発はWHビザ保持者で11月20日までが締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

2011年はラッキーセブン特別価格♪で参加!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
 ◇ 派遣インタビュー
 ◇ お問合せ

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/11/02 11:58
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年10月22日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

現地から活動報告③!有給インターンシップ編Aust
-オーストラリアで有給インターンシップの次回は2011年5月以降-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日も引き続き、現地オーストラリアから、日本語教師派遣プログラムの活動報告が届いていますので、紹介したいと思います。

今日紹介するのは、オーストラリアで有給インターンシップとして活動されている方に対して。これまでと同様に

現地での活動の状況、うまくいった授業内容、うまくできなかった事、生活の事などの連絡が来ています。今後参加される予定の方はどうぞご参考下さいませ。

尚、このオーストラリアで有給インターンシップに関しては、来年2011年の4月程度まで、出発者が既に決まっています。従って、現在の募集に関しては、5月以降となっています。ただ、この5月に出発する枠があるかどうか、現在受け入れ先と詰めている状態です。わかり次第こちらもホームページ等で紹介をしていきたいと思いますので、こちらのプログラムにご興味のある方は、要チェックしてみて下さい。

尚、オーストラリアで有給インターンシップに参加するには、

 ○ 日本語教師関連の資格を保持している事
 ○ オーストラリアのワーキングホリデービザがとれる事
 ○ BBIの派遣インタビューに合格する事

が条件となります。また活動に当たっては、

 ◇ あくまでもキャリアアップとしてのインターンシップであることを認識する
 ◇ 最初の225時間の活動中は業務委託費用は発生しない
 ◇ 有給に入ったとしても生活をまかなえるだけ十分な業務委託費用が頂けるとは限らない(担当するコマ数は、能力、生徒数などによる)

という事を認識する必要があります。この点はどうぞご注意ください。詳しいこのプログラムの内容は、以下のページをご覧ください。

 > オーストラリアで有給インターンシップ

また、このオーストラリアで有給インターンシップの募集要項を以下にお知らせしますので、ご興味のある方は、良くご覧ください。(2011年5月出発予定として紹介しています)

2011年5月出発オーストラリア有給インターンシップ!
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ5月スタート
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
活動開始日 : 5月初旬頃 活動開始前日までに現地に到着いただきます
活動期間 : 半年間又は9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集人数 : 1名!
募集締切日 : 
決定次第締切ます
募集条件 : 24歳以上、日本語教師関連の資格保持要、社会経験がある方が望ましい、またワーキングホリデービザが取得できること
※年齢は24歳以上としていますが、能力ややる気に応じてその限りではありません、どうぞ24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提



 ⇒ 
有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導を経験することも
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

オーストラリアで有給インターンシップは、BBIが行っている有給インターンシップの中で、唯一、最初の約3ヶ月間をインターン生のスキルアップと指導の時間として組み込んでいます。

しっかりそこで教え方を学習して、その後の有給での活動時に役立てて頂ければと思います。

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい

などと言う方に大変お薦めのプログラムです。また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

尚、予め、BBIが紹介をしている日本語教師養成講座420時間(シドニー、ゴールドコースト、通信)を受講し修了した後にこのプログラムに参加することも可能です。

資格を取った後に更に実践経験を積んで将来の本格的な日本語教師になりたい!と考えていらっしゃる方は、まずは資格からそして経験というステップを踏んでいくとより良いと思います。

尚、その場合は、BBI組合せ割引が適用となりますので、どうぞお気軽にご利用下さい。

【今日のコンテンツ】
現地からの活動報告③ オーストラリアで有給インターンシップ編 

◎今月学校で印象に残った事、携わった授業は何ですか

最後の月だったので、すべてが印象に残っています。最後といっても、良くできた授業もあればそうでないものもありましたが、少しでも日本語や日本が好きになってもらえ、上達してくれていたらと思います。ファームから戻ったらまた教えてね、と言ってくれた生徒さんもおり、社交辞令かもしれませんがとても嬉しかったです。

ビギナー、インターミディエイト、アドバンス(みんなの日本語に基づく)

VCE対策、JLPT対策、ビジネスカンバセーション、計43コマ

◎評判の良かった授業を教えて下さい

Beginner-A(ゼロ初級)のクラスで、なるべく授業中にもたくさん書かせるようにしました。そこそこ話せるのですが、ひらがなが苦手で書くのが遅いクラスでしたが、時間がかかっても自分で考えて書かせるようにしました。今でも4技能の中では1番苦手に変わりはないのですが、書くことや勉強する習慣はついたようで、大分この7週間で早くなりミスも減りました。

他の先生の授業方針が「とにかく書かせる」なのですが、私自身今まで重視していませんでした。人それぞれ授業にも個性や方針があると思いますが、良さそうなところや指摘されたところは、これからも柔軟に取り入れ改善していきたいと思っています。

みんなの日本語21課 文型:~と思います
動物の写真を目だけが見えるようにして、折りたたみ、これは何だと思いますか? ○○だと思います。というかたちで、文型練習をしたところ、生徒さんから、この練習は新しいですね、と喜んでもらえました。

プライベートレッスンのイントロダクション
JLPTの勉強をしている生徒さんたちのイントロダクションで、歴史の語呂合わせを入れました。もともと、日本の歴史がとても好きで、飛鳥・奈良・平安…と時代の名前も言えるような生徒さん達なので、とても喜んでもらえました。「いいくにつくろう鎌倉幕府」が一番好きだそうです。また、早口言葉もいれましたが、こちらは、楽しむことと同時に、アクセントの勉強と日本語のフルーエンシー練習にもなるため、好評でした。ほかのクラスでもやってみたいと思います。

◎反省点のある授業は何ですか

JLPT3のクラスで、生徒さんの理解度を確認せず進めてしまいました。「みんなの日本語」初級が全て終わった人だったので、過去問題をしながらの復習という形をとっていました。ですが勉強したのは3年ほど前で、受身・使役・授受・自動詞など、大切な文法はほぼ忘れていました。最初からそれに気づいていれば簡単な練習問題から思い出させて過去問へと進めたのですが、1,2週目でした文法は過去問でもよくできていたのでそのままのスタイルで進めてしまいました。早い段階で気づき対応する力が足りてなかったように思います。本当は授業中に理解しきってもらいたかったのですが、ここも後日わかりやすい説明付きプリントを配布するというフォローにしました。

全体的に、エラーやミステイクのコレクトをする前に、無意識のうちに「はい」「うん」と言ってからコレクトする癖があることを指摘されました。肯定するような言葉を発してしまうと、そのあとにコレクトをしても、生徒さんに「間違えた」という意識がないため、習得やセルフコレクトにつながらない可能性があるので、意識して直していきたいと思います。

また、日本へ行く予定のある生徒さんの授業で、彼女のプランから導入例文を導き出そうとしたところ、思い通りの答えは出てきたのですが、その話で盛り上がりすぎてしまい、カリキュラムの内容を終わらせることができませんでした。

◎英語の様子はいかがですか

日本人以外の友達がようやく少しずつできてきたので、一緒に遊ぶなど英語環境にいるようにしています。最近来られた先生がとても英語の勉強に熱心で、ホストファミリーと話した時や電車で聞いたわからないことばをノートにとっていました。とてもいい方法だと思うので、真似しています。

教会で行われているフリー英語レッスンに参加しました。内容はとてもよかったので、また、機会があれば参加したいと思います。シェアメイトがオージーのとても親切な方になったので、できるだけ話していきたいと思います。ホストファミリーが、毎日、テレビを見る方だったので、一緒に見ていたら、ある日突然、オージーアクセントや発音がクリアに聞こえるようになりました。

◎滞在先の様子はいかがですか

ホストファミリーにはとてもお世話になりました。引っ越しの日も、引っ越し先まで車で送ってくださいました。奥さんが転職したばかりで、とても忙しい時期だったからか、ご主人が奥さんよりもたくさん家事をしたり、頻繁に料理をつくったりしていたので、いいなぁと思いながら見ていました。ファザーズデイにはホストファザーのご両親がいらっしゃいました。とても明るく、親切な方で、たくさん話すことができました。その日にあわせて、花を生けたり、デコレートしたりしていたのが、とてもよかったです。

変わらず、快適に過ごしております。

◎学校以外の事で楽しかった事、困った事、驚いた事などは

新しい先生がたくさん来られたので、休みのたびに誰かと一緒に出かけています。先日は皆で居酒屋へ飲みに行きました。

○スキヤキパーティーをしました。いろいろな国の方がいたため、一日中英語を使っていたら、とても疲れてしまい、いかに、普段、日本語を使える楽な環境にいるのかを実感しました。すき焼きは、どの国の方に好評で、とても楽しかったです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、オーストラリア現地からの活動報告の紹介です。引き続き届きましたらまた紹介をさせて頂きますね。

尚、ボランティアでのオーストラリアインターンシップの直近の募集に関しては

2011年1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

2011年はラッキーセブン特別価格♪で参加!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
 ◇ 派遣インタビュー
 ◇ お問合せ

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/10/22 08:52
コメント()  トラックバック(0)

091218up

有給でオーストラリア日本語教師の活動報告!
-最新募集は2010年2月スタート!あと1名!その次は4月です-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

今日も引き続き、活動状況の報告が届きましたので、それを紹介しますね。今日は、有給で専任の日本語講師としてオーストラリアで活躍をしていただいている方々からのレポートです。

『有給で日本語教師』に興味のあられる方は、どうぞご参考にしてみてください。

有給で日本語教師には、オーストラリア、タイ、モンゴルでの活動ができます。

その中でオーストラリアは、唯一英語圏の派遣国です。指導方法は基本的に日本語を使っての直接法ですが、ビギナーの生徒に対しては英語を交えながら指導をしていきます。

英語を必ず使うわけではないのですが、先輩講師である現地の講師は間接法での指導経験もあるので、そういったことに興味がある方にも参考となる現場となります。

生活環境はもちろん英語ですので、英語もブラッシュアップしたい方にはプライベートでも存分にその環境を利用してみてください。

尚、ご希望者には学校において1週間に1度程度英語の無料レッスンを受けることができます。

日本出発前にも無料の英語レッスンが付いているのでそちらも大いに活用下さい。

さて、最新の募集情報は以下の通りです!

2010年2月出発オーストラリア有給インターンシップ!
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ2月スタート
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
活動開始日 : 2月1日(月) その前日までに現地に到着いただきます
活動期間 : 半年間、9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集人数 : 2名のみ ⇒ 既に1名決定!
募集締切日 : 決定次第締切(目安の締切11月末まで)
募集条件 : 24歳以上、日本語教師関連の資格保持要、社会経験がある方が望ましい、ワーキングホリデービザが取得できること

※24歳未満の方もお気軽にご相談下さい
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 
 日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ

*******************************************************************

【2010年スケジュール オーストラリアで有給インターンシップ】

2010年インターンシップスタート月(受入れ時期): 
 2月・・・2名
 4月・・・1名
 6月・・・1名
 8月・・・1名
 11月・・・1名
 12月・・・1名
※上記は現時点でのスケジュールですので、変更の可能性があります
※各スタート日はおおよそ毎月月初の月曜日ですが、お申し込み後に最終的に決定されます
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導も経験できる
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】

オーストラリアで有給インターンシップの方々からの活動報告です!現在活動されている方からのホットな現地情報です!!

≪11月分オーストラリアからの活動報告≫

       今月携わったわった授業内容(週当たり授業数・レベル・文法・文型等・使用教材等)を教えてください

Aさんの場合
・プライベートレッスン1コマ
Beginner 文法 2コマ
Intermediate 文法 1コマ
・JLPT3級
・VCE(大学受験準備コース)

Bさんの場合
アドバンスクラス 2コマ
プライベート 4コマ
カンバセーション 2コマ
JLPT3級 1コマ
ビジネス 1コマ
キッズ 1コマ

Cさんの場合
初級クラス5コマ/
中級クラス1コマ/
上級クラス3コマ/
プライベート2コマ/
トラベル2コマ/

       自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください

一つの文法を覚えるのにも、ただ文法を説明して使う練習をするよりも、簡単なゲームをしながら練習していった方が、生徒も楽しく、かつ覚えやすいのでなるべく多くのアクティビティーを取り入れるよう心掛けています。「~てください」「~てはいけません」などの文法を指導する際に、日本の「王様ゲーム風」にゲームをしたら、生徒が“awesome game”と聞こえたようで、とても盛り上がりました(笑)

既習の文型との違いを考えてもらうために、新出の文型練習の中にわざと既習の文型でしか使えないものを混ぜました。元々できるクラスだったので、考える材料ができたのはいい刺激になったようです。

アドバンスの授業でなかなか定着しない文をいろんなパターンでしつこいくらいに練習しました。わかってくれた瞬間の表情や教えた構文を使って会話している姿をみると嬉しくなります。

       自分の携わった授業で反省点のある授業は何ですか

できるだけ多くのアクティビティーを取り入れようと考えていますが、似たりよったりになってしまう時があるので、これからはもうちょっと違うタイプのものができるように、研究していきたいです。

授業全般で他の教師から声が大きい、早口、語彙コントロールができていないと指摘を受けました。確かに声の大きさはともかく、語彙コントロールや話のスピードをレベル別に調整する事は必要な事であり常に意識しなくてはならない事だと痛感しました。人から言われなければ気づかない事はたくさんあるので言いあえる環境はとてもいいと思います。

       英語の様子はいかがですか

聞いてわからなかった単語を一日一語ずつ辞書で調べて、文を暗記するようにしています。(続くかどうか。。)

最近空いている時間を使ってexchangeをしています。また家でもホストファミリーと積極的に話すようにしています。オーストラリアでの友達も増え始め会話はすべて英語です。日本語がわからない友達ばかりなので“絶対に英語を使わなければ話ができない”とゆう環境、そして“もっと友達と話したい、会話を盛り上げたいのに英語があまり話せないせいでこれ以上話ができない”という悔しさは英語上達へとつながると思います。夜寝る前にその日の授業で教えた構文を英語ではなんというのかなど“みんなの日本語”英語verを見てチェックしています。

       滞在先は快適ですか

先月までは苦痛でしたが、気持ちを切りまえました。

今まではホストファミリーが合わなくて毎日が嫌で家にいるのが嫌いでした。がそれは間違っていると気づきました。

なんでも“人のせいにする”ということは自分は傷つかないし簡単なこと。私は、ホストファミリーが合わない!メルボルンが嫌い!家が嫌い!なんでも何かのせいにして逃げていました。だけどメルボルンに住む、メルボルンで日本語教師をすると決めたのは自分です。自分がメルボルンに合わせなきゃいけないのだと気づき、今までの自分がとても恥ずかしくなりました。ここはオーストラリア。遠慮することなんてない、謙虚になることもない、自分の意見をしっかり持って嫌なものは嫌だ、いいものはいいと言えばいいのだ、自分の思ったことは言えばいいのだと気持ちを切り替えた途端毎日がとても楽しくなりました。嫌だと決めつけていたファミリーも心を開いて接するととてもいいファミリーでした。何事も決めつけないで気持ちを切り替えるだけでこんなに楽しくなるなんて思いませんでした。

       学校の活動以外でどんなことをしましたか

メルボルンは多国籍の都市ですので、少し違うエリアに行くと住んでいる人種も変わり、お店やレストランもガラっと変わり、とても興味深いです。最近は、Cityだけでなくなるべく多くの場所に訪れるようにしています。

休みの前の日や、休みの日は友達とご飯を食べて飲みに行くことが多いです。MELPUBはクラブのようなノリでとても楽しいです。また毎週のように友達の家でBBQをしています。友達とお酒を飲んだり話をすることは勉強にもなりますし、ストレス発散にもなります。また授業で使えそうなネタなども話の中から盗んでいます。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/12/18 07:59
コメント()  トラックバック(0)

10/30up

有給でオーストラリア日本語教師の活動報告!
-クイズ形式でしたのでかなり盛り上がりました!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨日は、Greenwich Collegeと言う語学学校のレセプション(設立記念日の歓迎会)に招待されたので行ってきました!オーストラリアらしい、異国籍の食べ物と飲み物で、いろいろな方々ととても楽しく交流させて頂きました♪

この学校は、TESOLの専門学校です。TESOLとは英語を使ってコミュニカティブに英語を指導する教授法ですが、この養成講座では、今の日本の英語教育にとても必要なスキルが学べます。BBIでは、そういったスキルを身につけたい英語教師志望者、使える英語を身につけたい方などに、お薦めの学校としてこの学校を紹介しています。

ご興味のある方はどうぞお気軽にお知らせ下さい。

さて、今日は、オーストラリアで有給インターンシップに関して、参加者から活動報告が届きましたのでそちらを紹介したいと思います。

現在、オーストラリアで有給インターンシップの最新の募集は来年の2月に1名の講師を募集しています。ご希望される方は、まずは派遣インタビューからお受け下さい。

2010年2月出発オーストラリア有給インターンシップ!
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ2月スタート
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
活動開始日 : 2月1日(月) その前日までに現地に到着いただきます
活動期間 : 半年間、9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集人数 : 2名のみ ⇒ 既に1名決定!
募集締切日 : 決定次第締切(目安の締切11月末まで)
募集条件 : 24歳以上、日本語教師関連の資格保持要、社会経験がある方が望ましい、ワーキングホリデービザが取得できること
※24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 
 日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ

*******************************************************************

【2010年スケジュール オーストラリアで有給インターンシップ】

2010年インターンシップスタート月(受入れ時期): 
 2月・・・2名
 4月・・・1名
 6月・・・1名
 8月・・・1名
 11月・・・1名
 12月・・・1名
※上記は現時点でのスケジュールですので、変更の可能性があります
※各スタート日はおおよそ毎月月初の月曜日ですが、お申し込み後に最終的に決定されます
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導も経験できる
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

尚、このオーストラリアの有給インターンシップには、ご希望者に対して日本出発前の無料英語レッスンとオーストラリア到着後の無料英語レッスンを受講していただくことが可能です。ご希望者はどうぞお知らせ下さい。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】

オーストラリアで有給インターンシップの活動報告!現在活動されている方からのホットな現地情報です!!

≪9月分オーストラリアからの活動報告≫

       今月携わったわった授業内容(授業数・レベル・文法・文型等・使用教材等)を教えてください

Intermediate conversation1コマ
・プライベートレッスン3コマ
Intermediate level 文法 1コマ
Beginner 文法 3コマ
Beginner  conversation2コマ
・JLPT3級
・VCE
・ビジネスクラス(初級)

Intermediate  Conversation/みんなの日本語の読解を使って会話練習
Beginner  conversation/文法を復習しながら会話練習
プライベートレッスン・初級レベル2コマ/みんなの日本語Ⅰ 20課あたりを指導
プライベートクラス・中級レベル1コマ/みんなの日本語Ⅱ 37課以降

Intermediate level 文法クラスは、みんなの日本語19~22課を指導しました。JLPT3級クラスは、文法・読解・リスニングを行います。教材はJLPT3級のテキストや問題集を使って、文法・リスニングを指導。VCEのクラスは、読解とリスニング中心。宿題の作文では日本との文化の違いに気づく良い素材となっているようです。また、試験が近いので特別研究の準備を一緒に行っています。ビジネスクラスは、ゼロからのスタートの生徒なので、Beginnerと同じ内容ですが、その中でもビジネスシーンで使えるものを抜粋して指導しています。

       自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください

日本の駅のアナウンスの聞き取りをしました。実際に日本に行ったとき役に立つ!ということで、学習者の方の聞き取ろうとする意欲が沸いたようです。他の授業に関してもレアリアを効果的に使うのがいいと思いました。Beginner  conversationでは、自宅から最寄り駅までの地図をそれぞれ描いて、自宅までの道のりを説明できるように指導しました。全員の地図をコピーして、クイズ形式にしたので、かなり盛り上がっていました。

       自分の携わった授業で反省点のある授業は何ですか

今は、Beginnerクラスを中心に指導していますが、初級後半の人に対しても簡単な文で会話をしてしまいがちになってしまう時があります。生徒が既習の文法をどんどん使えるように、指導側も語彙コントロールだけを意識するのではなく、既習の文法を使った会話を含めるように注意してゆきたいです。

アドバンスクラスで助詞の復習をしていたとき、日本の広告を使って穴埋めをしてもらいました。

ギャグの意味を含んだ広告だったので楽しんでもらえたらと思って用意したのですが、日本語の微妙なニュアンスがわかりにくかったようです。もっと状況をつかみやすくする工夫をしなければいけないと思いました。

       英語の様子はいかがですか

フラットメイトと食事の時間が同じときはよく話します。

特に変化はないですが、現地の知り合いとの交流を多くし、英語を使う機会をできるだけ増やすようにしています。

       滞在先は快適ですか

フラット先は畑と公園の隣りのとても静かでいいところです。オーストラリア人とイラン人と暮らしていますが、やっぱり日本人はきれい好きなんだなと思いました。

       学校の活動以外でどんなことをしましたか

オーストラリアというとfootyのイメージですが、先日、サッカーを見に行きました。Footyはオーストラリア独自のスポーツですが、サッカーは世界共通のスポーツなので、観客や選手を見ていてもおもしろいと感じました。また、メルボルン市内もできるだけ多く観察し、生徒との会話が弾むように日々、様々な所に足を運ぶようにしています。

グレートオーシャンロードへ行きました。まだ寒かったです!! でも人もあまりいなくて海を見てのんびりできました。


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/10/30 09:57
コメント()  トラックバック(0)

10/8up

Austから有給日本語教師研修修了アンケート!
-オーストラリアで有給日本語教師インターンシップの修了アンケート!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、オーストラリアの有給で日本語教師インターンシップとして活動を修了された方からの研修修了アンケートが届いたので、そちらを紹介したいと思います。

尚、このオーストラリアで有給インターンシップの最新の募集情報は以下のとおりです。ご興味のある方はご参考下さい、またこのプログラムは各回1~2名など派遣数に限りがあるので、十分にお気をつけ下さい。

2010年2月出発オーストラリア有給インターンシップ!
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ2月スタート
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
活動開始日 : 2月1日(月) その前日までに現地に到着いただきます
活動期間 : 半年間、9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集人数 : 2名のみ ⇒ 既に1名決定!
募集締切日 : 決定次第締切(目安の締切11月末まで)
募集条件 : 24歳以上、日本語教師関連の資格保持要、社会経験がある方が望ましい、ワーキングホリデービザが取得できること
※24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 
 日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ

*******************************************************************

【2010年スケジュール オーストラリアで有給インターンシップ】

★2009年11月スタートも1名募集中!

2010年インターンシップスタート月(受入れ時期): 
 2月・・・2名
 4月・・・1名
 6月・・・1名
 8月・・・1名
 11月・・・1名
 12月・・・1名
※上記は現時点でのスケジュールですので、変更の可能性があります
※各スタート日はおおよそ毎月月初の月曜日ですが、お申し込み後に最終的に決定されます
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導も経験できる
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

尚、このオーストラリアの有給インターンシップには日本出発前の無料英語レッスンとオーストラリア到着後の無料英語レッスンが付いています。どうぞご希望の方はご利用下さい。

【今日のコンテンツ】

オーストラリアで有給日本語教師インターンシップ 研修終了アンケート

2009年3月から6ヶ月間参加 女性
民間日本語学校
教えた学年: 大人(学生から社会人、ビジネスマンなど)
1週間の平均授業数: 授業10~13コマ


◎行った授業内容は?

初級から上級【みんなの日本語Ⅰ、Ⅱ使用)文法、カンバセーションクラス、ビジネス日本語、JLPT2級、3級(文法、読解、リスニング)

◎授業を一人で任されましたか

はい、全て一人です。グループレッスン、プライベートレッスンがありました。カリキュラムに沿ってみんなの日本語を使って各課の文法項目をゲームなど交え教えました。会話のクラスはレベルに合わせてトピックを決めて授業を行いました。

◎費用は全部でおおよそいくらくらい掛かりましたか

約120万円(プログラム費用、航空券、保険、滞在費込み)

◎派遣地はどんなところでしたか

メルボルンのシティーは基本的に何でもあり便利です。ビーチや公園、自然も豊かで、町中に新しいユニークな建物と伝統的な建物とが立ち並んでいてとてもきれいです。ただ、天気は非常に変わりやすいです。風が強いので冬は特に寒く乾燥します。

◎日本出発前にしておけば良かった事はなんですか

学校で使用するテキストの教科書研究、また可能な限り教案を書いておけば良かったです。

◎このプログラムに参加した目的はなんでしたか

日本語教師の資格がせっかくあるので経験を積みたかったため。

◎この経験を今後どのようにつなげて行こうと思っていますか

専任かどうかわかりませんが、日本語教師として働いていこうと思っています。

◎出発前と現在の英語力は何が違いますか

日本語漬けの毎日でしたので、あまり英語力が伸びたとは感じませんが、オーストラリア英語(発音や表現)は学べてよかったです。

◎このプログラムの満足度を教えてください

8
0点/100点

とにかく、最初は教案を書くことが大変で授業の準備に1分1秒が貴重で忙しかったです。担当の先生からは授業の進め方や教え方のノウハウをたくさん教えて頂き、先生の授業を見学させて頂けたことがとても勉強となりました。

各学期ごとタイプ、レベルの違う学生を持ったり、様々な授業内容を扱ったりするので慣れることができず準備は大変ですが、常に新鮮でいろいろな経験ができました。

グループレッスンでタイプが全く違う学生同士が合わなくて喧嘩しだしたときもあります。先生のマネージメント力も問われるのでただ日本語を教えれば良いだけではないと痛感しました。

この学校では文化紹介としてたくさんイベントがあります。常にアイデアを出し合って、ゲームなど考えたりするので今後の活動にとても参考になりよい経験となりました。

最初は忙しかったりうまくできなかったり不安で、早く辞めたいな。。。と思った時期もありました。でもある学生に「先生の授業一番好きです」と言ってもらえた時は、本当に嬉しく、日本語教師を続けていこうと思いました。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ モンゴルで有給インターンシップ
◇ タイで有給インターンシップ
◇ 派遣インタビュー
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/10/08 08:39
コメント()  トラックバック(0)

6/19up

オーストラリア有給インターンシップ修了報告
-オーストラリアで有給インターンシッププログラムの修了アンケート-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨日、

追加決定!オーストラリア有給インターンシップ9月出発あと1名

のブログを発表しましたが、今日はそれに関連して、有給インターンシップで修了される方からのアンケートが届きましたので、それを紹介したいと思います。

オーストラリア有給インターンシップに興味のある方、この活動に興味のある方はどうぞご参考下さい。

オーストラリアの民間日本語学校で有給インターンシップ
*******************************************************************
■急募!オーストラリアで有給インターンシップ


活動開始日 : 9月初旬まで開始できる方
活動期間 : 半年間、9ヶ月間
募集人数 : 1名のみ
募集条件 : 20歳以上、日本語教師関連の資格保持、
         ワーキングホリデービザが取得できる事
募集締切日 : 決定次第締切

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************


【オーストラリアで有給インターンシップ修了アンケート】

○1週間の平均授業数 : 10コマ

○行った授業内容は?
みんなの日本語Ⅰ・Ⅱ(グラマー)、カンバセーション、ビジネス会話、VCEJLPT等を行いました。

○授業を一人で任されましたか

はい、上記授業内容を任せて頂きました。


○費用は全部でどれくらい掛かりましたか
100万くらいでしょうか・・・?(半年間の参加)

○派遣地の地域はどんなところでしたか
メルボルンです。人は親切だし、とても過ごしやすいです。一日の温度差は激しいですが、慣れれば大丈夫です。夏にはイベントも沢山あるので楽しめると思います。

○日本出発前にしておけばよかったことは何ですか
教科書研究をもっとしっかりしておけば良かったと思います。あと、マンガや音楽が好きな人が多いので、流行っているマンガ等をチェックしておけば会話がもっとふくらんだのにと思いました。

○このプログラムに参加した目的は何でしたか
日本で日本語教師として就職するため、経験を積みたかったからです。今後はこの経験を通じて、日本語教師としてもっと分かりやすく、親しまれる先生になれるようにもっと努力しようと思っています。

○出発前と英語力は違いますか
授業も日本語で行なうため、英語を話す機会があまりありませんでした。ですので、出発前とさほど変わりないと思います。

○このプログラムの満足度を教えてください

90点/100点

本当に教案を書くのが大変です。寝る時間もあまりなく、おまけに休みの日もそれにかかりっきりで、観光どころではありませんが、生徒さんが楽しく授業を受けてくれるので支えられました。私が来た時にはビギナーであまり話すことが出来なかった生徒さんも最近では普段の会話が出来るまで日本語力が伸びて、それを見ているだけで嬉しくなります。日本語教師の仕事は本当に楽しいと感じました、参加してよかったです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。特に、例えば、日本語教師ネットワークが紹介している

 ◇ 通信で日本語教師養成講座420時間

を修了された方などは、唯一その講座で不足がちな実践部分をこの有給インターンシップで補う事ができます。

また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

尚、このオーストラリアの有給インターンシップには日本出発前の無料英語レッスンとオーストラリア到着後の無料英語レッスンが付いています。どうぞご希望の方はご利用下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ モンゴルで有給インターンシップ
◇ タイで有給インターンシップ
◇ 派遣インタビュー
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/19 12:15
コメント()  トラックバック(0)

6/4up

オーストラリア有給インターンシップ活動報告
-オーストラリアで有給インターンシッププログラムの活動報告-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨日、オーストラリアの有給インターンシップで、急募8月まで出発できる方を募集しましたが、今日は関連して、有給インターンシップで活動している方々からの活動報告がときましたのでそれを紹介したいと思います。

オーストラリア有給インターンシップに興味のある方、この活動に興味のある方はどうぞご参考下さい。

オーストラリアの民間日本語学校で有給インターンシップ
*******************************************************************
■急募!オーストラリアで有給インターンシップ


活動開始日 : 8月中旬まで開始できる方
活動期間 : 半年間、9ヶ月間
募集人数 : 1名のみ
募集締切日 : 決定次第締切
募集条件 : 20歳以上、日本語教師関連の資格保持、
         ワーキングホリデービザが取得できる事
参加期間 : 半年間、9ヶ月間

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

  派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************


【オーストラリアで有給インターンシップ活動報告】

○今月学校で印象に残った事は何ですか

先生と生徒が良い距離を保っている事、教室もきれいにしてる事。

国際色豊かなメルボルンと言われるだけあってか、オーストラリア人だけでなくドイツ、シンガポール、マレーシア、中国などの子供から70代の方まで本当に様々な生徒がいて驚きました。

(コメント)
いろいろな人種の人に教える事ができる良い機会ですね。また、様々なレベルを経験する事で今後の役に立つ事が多くあると思います。


○自分が携わった授業で評判の良かった授業を教えてください


テストの終わりに文化紹介の時間がありました。日本はちょうど桜の季節でもあり、桜のすごろくゲームを持っていたので、桜とお花見に関することを紹介しつつゲームをしました。いろいろな種類の桜があることに驚いていました。ゲームも楽しんでもらえた様でよかったです。


「条件形」の導入でずっと理解してもらえた事、テ形の歌を楽しく歌ってくれたこと。




○自分が携わった授業で評判のよくなかった授業は何ですか

ある生徒さんが英語でグラマー確認をされるのですが、それが癖になっている事。素直に日本語で導入してもらった方が良いと思うのでこれからは、止めてもらうように何とか進めていこうと思います。

プライベートのJLPT2級のレッスンで、2級用の読解問題を準備しましたが、少し問題が難しかった様で進むのに時間が掛かってしまいました。事前に持って生徒のレベルを詳しく確認し、教材選びをしっかり考えないといけなかったと反省しました。


○英語の様子はいかがですか

ホストファザーが話す英語は非常に早くまたはっきりとしていないのでいつも苦労しますが、ホストマザーはゆっくり話してくれるのでとても助かります。大学の専攻や、同じ先生と言う共通点もあり話がいろいろできる点が嬉しいです。また、ホストマザーが4歳の子供に良く本を読むので、チャンスと思い一緒になって聞いています。


○ホームステイはいかがですか

家族はとても親切で初日に散歩に行ったり、シティーへ連れて行ってくれたりといろいろと気にかけてくれます。ただ、4ヶ月の赤ちゃんと2歳、4歳の3人の子供がいるので、たいてい誰かが泣いていたりと落ちついた環境ではありません。子供は好きですが、集中して勉強や学校の準備ができないこと、ゆっくり寝られないところが難点です。


○学校以外の活動ではどんな事をされましたか

クラスを持つ前はムンバフェスティバルへ行ったり、ホストマザーからケーキの作り方を教わったり、一緒にバースデーバーティーの準備をしました。ホストシスターの誕生日に紙風船をプレゼントし、折り紙を一緒に折ったらとても喜んでくれて良かったです。ただ、クラスで教えるようになってから忙しく、夜のクラスがあると帰宅が遅くなるため最近ホストファミリーと食事をする機会が減ってしまいとても残念です。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ オーストラリア416スペシャルプログラムビザについて
◇ 活動修了後のビザの切り替えについて
◇ オーストラリアの準備研修と英語特別レッスンについて
◇ ブルーカードについて

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/04 14:25
コメント()  トラックバック(0)

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.