日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2015年10月の記事一覧


 50件中1~10件表示  次のページ
ニュージーランドから活動報告。実際に使う日本語のフレーズの紹介が大好評でした!!

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月30日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

NZから活動報告 日常使うフレーズを週一で紹介!
-2016年1月出発NZで日本語教師派遣プログラムの応募締切は11月6日まで!-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新ニュージーランド派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  ニュージーランドで日本語教師ボランティア
  1~4週間ニュージーランドで短期日本語教師体験
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほどのオーストラリアからの活動報告に続き、今回はニュージーランドから。

ご存知の方も多いと思いますが、ニュージーランドは、オーストラリアに次ぐ、英語圏で日本語教育環境の高い派遣国です。派遣校の数はオーストラリアほどありませんが、派遣先では、充実した活動ができる派遣国です。

そんなNZから、活動報告が届いていますので紹介しますね。


【ニュージーランドからのマンスリーレポート活動報告-日本語教師ボランティア】

◎今月派遣校で印象に残った事は何ですか
先生からの希望で、日常でよく使うフレーズを週に1度ほど紹介しています。文法的に正しいということよりも、実際に日本人が使う日本語、ということなので「わからない」の発音が友人など近い関係の人との会話だと「わかない」にかわることが多いなどを一緒に勉強しました。

また、社会の授業で各国の文化を知るというクラスがあり、参加させてもらいました。
13年生のクラスだったので日本の伝統文化の質問というよりも、NZと日本を比較した質問や日本人から見たNZのことなどをたくさん聞かれました。とてもいい経験になりました。

◎評判の良かった授業を教えて下さい
上の内容と同じですが、日常的に使うフレーズのパワーポイントを作ったときに、正しい文章と、実際に多くの日本人が使うフレーズの両方を紹介したのがとても役に立つといってもらえました。

◎評判のよくなかった授業を教えて下さい
色々な場所に行ったことがあるか、と聞かれるのですが同じ場所に何度も行ったり海外に行ったりで、国内旅行をあまりしていないので、NOと答えることが多い気がします。また、名産品などを聞いてくる生徒がいるのですが調べないとわからないことが多いです。(この前は岐阜の名産品を聞かれました)

◎英語の様子はいかがですか
リスニング力が上がったと思います。いつも映画を見るときは英語字幕を付けているのですが、初めての映画でも字幕なしで7~8割理解できました。学校からの紹介で今月末にアイエルツのプラクティステストを受けさせてもらえることになりました。

◎滞在先はいかがですか
レイバーウィークにホストマザーが旅行に連れて行ってくれました。ブラフ、クイーンズタウン、ワナカ、インバカーギル、クロムウェルに行ってきました。2人でテントをはったりゴンドラに乗ったりすごく楽しかったです。

また、週末に泊りがけでホストファーザーのご両親のファームに手伝いに行ってきました。今回はテイリングだったので前回よりもずっと忙しかったです。近所の人たちも手伝いに来ていて、たくさんの人に会うことができました。1日中外で働くということが日本ではなかなかないのですごく疲れましたが、とても良い経験になりました。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

(その他の体験談はこちら)

 ◇ 生徒と笑い転げた思い出は山のよう!
 ◇ 変化は2ヶ月目に現れました!英語が聞き取れるねって。
 ◇ ホント素敵な先生ばかりで私もこんな先生になりたい!
 ◇ 学校でもプライベートでもいかに自分が動くかが鍵!
 ◇ 英語は確実に伸びた!遠慮していたらもったいない!!


1月出発は11月6日が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


 > NZワーキングホリデービザ同一雇用主期間制限撤廃、ワーホリでも1年間活動出来ちゃう 
 > シニアの方にお薦めな派遣国ニュージーランド

【ニュージーランドへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で二番の日本語教育環境
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境が秀でている
◎ ニュージーランド全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で
多い
◎ ただし、派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣はあまりない
◎ 従って、文化紹介以外にアカデミックな授業も多く取り入れている環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なキウィ先生(NZの先生)、英語が主体のキウィ先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均180NZ豪ドル/週(約11000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用より安い!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 
↑日本語教師派遣プログラムの割引+BBI組合せ割引


↑活動の様子生活の様子など生の声!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
◇ ニュージーランド日本語教師派遣プログラムの特長
◇ シニアの方に大人気!NZへの派遣
◇ 1~4週間までの短期日本語教師体験プログラム概要
◇ 短期日本語教師体験プログラムのスケジュール
◇ 
NZ就労ビザ(ボランティア用)の取得スケジュール
◇ NZワーキングホリデービザでの参加
◇ NZ日本語教師派遣プログラム派遣校紹介
◇ NZ日本語教師派遣プログラムと組合せプラン 児童英語教師編
◇ NZ日本語教師派遣プログラムと組合せプラン 日本語教師養成講座編
◇ NZ日本語教師派遣プログラムと組合せプラン 語学学校編 
◇ 体験談
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2015/10/30 12:10
コメント()  トラックバック(0)

現地から活動報告!オーストラリアで日本語教師派遣プログラム

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月30日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

「スーモ」を紹介し自分で日本の住居を探す授業を行いました
-1月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラムは11月6日が締切-
        
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、昨日に引き続き、現地からの活動報告です。今日もオーストラリアで活躍するアシスタント教師からのマンスリーレポートです。

尚、BBIでは、活動中にも日本語教師派遣プログラムに参加している皆さんをできるだけサポートするようにしています。そのひとつがこのマンスリーレポート。毎月月末に上がってくる各参加者からのマンスリーレポートを回収して、スタッフ及び日本語教師からコメントを添えて全員に返しています。それを受取った参加者は、同期の方の活躍ぶりを見るだけではなく、いろいろな指導方法や英語の勉強の仕方などを共有する事となり、それ以降の自分にお役立てをしてもらっています。

マンスリーレポートでは、

①その月に学校であったこと、
②評判のよかった授業は何ですか、
③うまく行かなかった授業はなんですか、
④英語の様子はどうですか、
⑤滞在先の様子はどうですか、
⑥活動以外でしたことを教えて下さい、

などをお伺いして、それぞれにコメントを添えて返しています。特に②と③の授業に関わることに関しては、専任の日本語教師から、いろいろなアドバイスを携えて返答しているので、恐らくとても役立つ内容となっていると思います。

こんなこともしているのが、BBIの日本語教師派遣プログラムです。

さて、以下は、到着したばかりのマンスリーレポートの紹介です。こんな感じで活動しているんだとイメージしてもらえればありがたいです。


【オーストラリアからのマンスリーレポート活動報告-日本語教師ボランティア】

◎今月派遣校で印象に残った事は何ですか
今月は10年生の日本文化体験として日本食レストランに行く授業がありました。この10年生は特に普段から仲良くしているクラスで、前々からとても楽しみにしていた授業だったので、準備にも一層力が入りました。その上、レストランの予約や、メニュー決めなど一任され、生徒達と何が食べたいか話し合ったり、直接レストランに足を運んだりと楽しくも忙しい一ヶ月でした。

しかし、念入りに準備したおかげで、無事みな楽しんでくれたようでとてもうれしかったです。おもしろかったのが、これも文化体験と思い、座敷席を予約したのですが、こちらの生活では外出先で靴を脱ぐということがまずなく、予想だにしていなかったのか脱ぐことを伝えると、靴下に穴が開いていたり、足のにおいを気にしたりと言う生徒がおり、大いにみんなで笑いました。結果としては、初めての体験も含め、彼らにとって得るものの多い授業になってよかったです。

◎評判の良かった授業は何ですか
11、12年生の授業で、日本の住居というテーマを扱っているのですが、家賃や礼金など難しい語句が多く、ただリーディングやライティングを行うには少し重過ぎるテーマだと言うことで、実際に日本の住居を探してみようと「スーモ」を紹介し、それらの語句を用いて自分で日本の住居を探してみるという授業を行いました。かなり反応もよく、私としてもとても楽しい授業でした。オーストラリアの検索サイトなどとも比較し、とても充実したアクティビティになったように思います。

◎評判のよくなかった授業はなんですか
以前教育実習でも感じたことなのですが、どこまで教えるかという疑問にぶつかっています。こちらの方が良いと思っていても、今のレベルでは教えるべきことではないことであったり、おかしいと感じても、今の学習の焦点を考えると下手に指摘できなかったり、、、授業中も課題の添削やハンドアウトの作成でも常に「何に焦点を当てるべきか、何を優先すべきか」悩んでおります。

以前もこのことについて同じことを書かせてもらったのですが、改善されていないというより、考えれば考えるほど、さらに考えなければならないことが出てくる感じで、終わりのない悩みのように思います。しかし、そういう難しさこそがおもしろさなのかなとも思います。

◎英語の様子はいかがですか
不意に予想していない英語が飛んでくるとまったく聞き取れていないことに気がつきました。今までついてきた力の多くは、前後から内容を予想する力だったようです。とっさの内容でも、本当に聞き取れているなら、しっかりと理解し反応することが可能なはずなので、今後はもう少し細部にこだわった勉強ができればと思います。

◎滞在先の様子はいかがですか
本当に快適です。ホストブラザーとは本当に仲がよく、バカなこと言い合ったり、時にはまじめな話をしてみたり、ギャーギャー言いながらゲームしたり、一緒にピアノ弾いたり、料理したりと楽しい時間を過ごしています。あまり同年代の友達ができる環境ではないので、少し年下ではありますが、こうやって一緒に笑える人がいるのはとてもうれしいです。

◎学校の活動以外で楽しかった事、困ったことなどはありますか
今月は少し忙しかったこともあり、学校と家庭教師で一ヶ月終わってしまいました。来月はもう少し出かけたりしてみようと思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、活動されている方の生の声をお知らせしました。現地で活動中ならではの事が多いので、今後参加される方はイメージ付きやすいですよね!どうぞご参考下さいませ。


↑ 疑問点、ご相談はお気軽にこちらから(メール・お電話・ご来店から選択できます)

【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑活動の様子生活の様子など生の声!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約10000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2015/10/30 11:49
コメント()  トラックバック(0)

現地から活動報告!オーストラリアで日本語教師派遣プログラム

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月29日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

メインの先生が体調不良のため代わりに授業を持ちました!
-1月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラムは11月6日が締切-
        
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、月末ですので日本語教師派遣プログラムにご参加の各参加者から、活動報告マンスリーレポートが届く時期です。今日は、現場の学校でどういった活動をしているのか、活動報告を紹介してみたいと思います。今後この活動をしてみたい方は、どうぞご参考下さい。

【オーストラリアからのマンスリーレポート活動報告-日本語教師ボランティア】

◎今月派遣校で印象に残った事は何ですか
新学期が始まり、初心に帰った気持ちで今学期を迎えることができました。生徒の制服は夏服に切り替わり、夏服を着る際には必ず帽子をかぶらなくてはいけないと決まっているそうで、かなり徹底されていて驚きました。

また5、6年生のミュージカル、「シュレック」を見ました。自分が小学生の時にやった劇を思い出しましたが、スコッツスクールの子供たちの演技力は比べ物にならないくらい高く、表現力が豊かでした。もともと芸術部門に力を入れている学校であることは知っていましたが、完成度が高く驚きました。

◎評判の良かった授業は何ですか
休み明け直後の週に、日本語の先生のお子さんが体調不良になったため、2回ほど私自身で授業を受け持つ機会がありました。8年生と9年生を担当しましたが、授業後はより生徒との距離が縮まったように思います。

8年生はカタカナを集中的に練習しており、カタカナを使ったポスター作りをしました。8年生はやんちゃな生徒が数名いるので、彼らをちゃんと指導できるか不安でした。しかし日本語が苦手な生徒を中心に徹底的に指導をしたところ、生徒は一生懸命ポスター作りに励み、そしていつもの授業の時よりも積極的に質問をしてきて、私自身授業を楽しく進めることができました。

9年生には「百、千、万」のお金の読み方を教えました。リピートを繰り返し、ゲームをして読み方の練習をしました。生徒も私が1人で教えることが初めてだということをわかっていたため、私の意図していることを理解して的確に動いてくれました。あらかじめ日本語の先生に指示されていた通りに授業を進めていったのですが、それでも時間が余ったため最後にひたすら読み方の練習をしました。それが功を奏したのか、次の9年生の時間に生徒がすらすらとお金の読み方を言えるようになっていたと日本語の先生から報告を受け嬉しく思いました。

◎評判のよくなかった授業はなんですか
9年生の授業を一人で行った際に、アシスタントと先生の大きな違いを感じました。当たり前のことですが先生は授業の時間配分から進め方まですべて計画を立ててやらなければなりません。

アシスタントは特にそれらの点をあまり重視せず、先生と生徒の補助を中心に行うのでそこが大きな違いだと思いました。授業の中でやることを事前に頭の中で整理しておかないと頭が真っ白になり、一つのことを終えた後次の作業に移るまでに間が空いてしまうことが授業中にありました。

幸い9年生はまじめでとても熱心な生徒たちなので私の指示を聞き、自分たちのやるべきことを把握して動いていましたが、もし生徒が7,8年生だったらうまく授業を進められなかったと思います。そして授業を進めていく中でそれ相応の英語力が必要なのはもちろん、いかに生徒をひきつけて授業を進めていくことが大事なのかということを学びました。

また、教える上で「誉めること」がとても重要であると感じました。私も生徒の頃ほめられると自信が持て、もっとがんばろうという意欲につながりました。でも誉める際には自分が思っている以上に誉めてあげないと生徒にはあまり伝わらないようなので、オーバーに誉めるようにしています。先生の仕事は教えるだけでなく、できたことを誉めて評価してあげることも大切な仕事の一部だと思います。

◎英語の様子はいかがですか
複雑な英語でなければ以前よりも自然に英語が話せるようになったと思います。最近英語を学ぶ上で気づいたことは、耳が英語に慣れ聞けるようになっても、それを自分のものにして自然に使えるようになるまではまたさらに時間がかかるということです。

会話の中で聞き取れてもそれをいざ自分の言葉にして話そうとすると結構難しいもので、繰り返し使わないと身につかないと思いました。そこでわたしは会話の中で聞き取れた単語や熟語をノートに書き、その意味を英英辞典で調べて英語を英語で理解するようにしました。もちろん日本語の意味を調べた方がしっかりと意味を把握できますが、英語のまま理解した方が実際にその単語を使う際に日本語の意味を介さずそのままその英単語を話すことができるようになると思うからです。

ここでの滞在はあと約1ヶ月と少しになるので、その間にたくさん吸収して帰りたいと思います。

◎滞在先の様子はいかがですか
滞在先は変わらず快適です。ですが10月中旬に男子寮で嘔吐下痢が急に流行りだし、学校で少し騒ぎになりました。私は幸いなことに、10月20日から2週間10年生の生徒のお宅でお世話になることが決まっていたので、逃れることができました。

10年生の生徒の家はヤカンダンダというここから車で約40分のところにある町で緑がたくさんあるところです。町自体はとても小さいですが、町のお店の作りは古く風情があります。多くの自然に囲まれているので、住み心地が良いです。

◎学校の活動以外で楽しかった事、困ったことなどはありますか
ここで行われたライオンズクラブのセレモニーに参加しました。ライオンズクラブの次期会長に日本人が選ばれ、オーボリーに滞在している日本人に着物を着てほしいということで私が着物をきて参加し、日本の国旗を持って舞台まで歩く担当をしました。こちらで着物を着ると、生徒や地元の方の反応がとてもよく、日本人でよかったなと感じることができました。


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、活動されている方の生の声をお知らせしました。現地で活動中ならではの事が多いので、今後参加される方はイメージ付きやすいですよね!どうぞご参考下さいませ。


↑ 疑問点、ご相談はお気軽にこちらから(メール・お電話・ご来店から選択できます)

【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑活動の様子生活の様子など生の声!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約10000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2015/10/29 11:35
コメント()  トラックバック(0)

2016年3月出発、オーストラリアで短期日本語教師体験プログラム。お薦めの3校の空きがあります。ご興味のある方は、応募締切が11月6日までですのでご注意下さい!

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月28日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

3月出発 オーストラリアで短期日本語教師体験 お薦め3校
-2016年1学期中の活動、3月出発オーストラリアで短期日本語教師体験-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、来年2月からのオーストラリアで春の日本語教師体験の派遣校が徐々に埋まってきています。この時期は来年の春の短期日本語教師のプログラムに参加される方々から、締切間際とあって駆け込み的に、派遣インタビューのお申込が入りますが、その方々含めてまた、締切の11月6日までご応募される方々対象に現時点で3月からの春のオーストラリアで日本語教師体験として受入をして頂ける派遣校の詳細をお伝えしたいと思います。ご希望の方は参考にされて、もし希望の派遣先がある場合は、必ず派遣インタビュー時にお知らせ下さい。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

それでは、以下に2016年3月中に受け入れが可能な、4週間までの短期オーストラリアで日本語教師体験の派遣校候補をお知らせします。ご興味のある方はご参考下さい。

【派遣校候補!3月短期オーストラリアで日本語教師体験】

≪ シドニー市内のセカンダリー(中高校)で活動したいのなら ≫
派遣地: シドニー市内
学校形態: 公立中高校
活動開始予定: 2016年3月、最大4週間まで
日本語講師: オーストラリア人講師

日本語教育にとても熱心な派遣校で、これまでの多くのアシスタント教師の受入をして頂けた派遣校です。日本語もとても流暢なオーストラリア人日本語教師のいる学校で、従って、英語力に不安のある方も問題なく活動できる派遣先です。シドニー市内にはあまり多くの派遣校が短期で受入をしてくれませんが、この学校は対応可能です。大都会のシドニーで活動したいと思われている方にはとてもお薦めな派遣先です!

≪ キャンベラ近くの中高校で活動したいなら ≫ 
派遣地: キャンベラ近郊
学校形態: 公立小中高校
活動開始予定: 2016年3月 最大4週間まで
日本語講師: オーストラリア人講師

日本語教育はまだ5年と新しいですが、担当の先生含めてとても熱心に指導されている学校です。特長としては公立でありながら小中高校一貫校でどの学年でも日本語の授業が行われています。従って、いろいろな学年で活動をしてみたい方にとてもあった派遣先です。また、住所はNSW州内ですが、首都キャンベラに近く、その地域に興味がある方にもお薦めな派遣先です。基本的な田舎の郊外の地域ですので、のんびりと日本人のいない環境の中での活動したい方にもお薦めの派遣先です。

≪ ケアンズ郊外の小学校で活動したいなら ≫ 
派遣地: ケアンズ郊外
学校形態: 公立小学校
活動開始予定: 2016年3月 最大4週間
日本語講師: オーストラリア人講師

日本語教育にとても熱心な学校で、長いことBBIからの受入をして頂いている学校です。従って受け入れ態勢もとても慣れていて、満足度も高い派遣校です。オーストラリア人日本語教師の下、活動をしていきますが、小学校で英語を使っての活動となるので、将来児童英語教師など目指している方にもとてもお薦めd瀬宇。また、地域では、これまでバレーボール、バトミントンなどのスポーツサークルで地元の人と混ざって活動をされていた方々も多く、日本語教師以外の活動も盛んにできる環境です。この活動を通じて思いっきり地域に深く入ってみたい方にもお薦めな派遣先です。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

以上、3月中に参加できる短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験の派遣校候補の情報をお知らせしました。何かあればどうぞお気軽にお知らせ下さい。以下には1月出発の募集要項を掲載します。

2016年3月出発 オーストラリアで短期日本語教師体験プログラム募集要項
*******************************************************************
プログラム名 : 短期オーストラリアで日本語教師体験プログラム
参加形態 : ボランティア
派遣地 : オーストラリア全土の小中高校
準備研修 : お電話で行います 
活動開始日 : 2016年2月29日(月)~、学校によって異なる 
参加期間 : 1週間~最大4週間まで
ビザについて : 観光ビザ、ワーキングホリデービザが対象

募集条件 : 20歳以上
         TOEIC400点以上程度(目安)
         日本語教師関連の資格有無は全く問いません
         BBI派遣インタビューに合格する事
募集締切日 : 
2015年11月6日(金)迄
 ※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事
 ※ワーホリビザの方はビザ申請費用が移民局に対して別途かかります



 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 1~4週間までのオーストラリアで短期日本語教師体験はこちら
 ⇒ 
日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ 

次回出発月 : 2016年4月(応募締切2016年1月31日まで)
*******************************************************************

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約10000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

↓BBIラッキーセブン特別価格はこちら(2014年も継続!)


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑活動の様子生活の様子など生の声!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2015/10/28 15:25
コメント()  トラックバック(0)

BBIの有給日本語教師インターンシップに行く方法!どのようなプロセスで有給日本語教師に参加できるか。状況や目的に応じてプロセスが異なりますので、ご参考ください。

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月27日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

有給日本語教師インターンシップに行く方法!
-日本語を使って指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、有給日本語教師インターンシップですが、このプログラムは、

資格を持っているものの教える自信がないために、
 ↓
この有給インターンシップの活動を通じて、
 ↓
本格的に将来日本語教師を目指す人のため

のプログラムです。

 > 徹底比較!BBIの3つの有給日本語教師インターンシップ

従って、その様な状況で、でも本格的に日本語教師を目指したい方は、是非利用して、頑張って頂ければと思います。

さて、このプログラムの利用の仕方に関して今日はお知らせします。この有給日本語教師の参加条件として

 ○ 日本語教師関連の資格を保持していること
 ○ BBIの派遣インタビューに合格すること


です。

これさえカバーされれば、ご参加されることは可能です。従って、既に日本語教師関連の資格をお持ちであれば、あとは派遣インタビューを受けて合格されるとその時点で参加が可能となります。

さて、これが、日本語教師関連の資格を持っていないときに、でも有給日本語教師に参加して、本格的に日本語教師になるためのステップとしたい!と言う方もいらっしゃると思いますが、そういった方はどうすれば良いのでしょうか。

【有給日本語教師インターンシップに行く方法】

① 既に日本語教師関連の資格をお持ちの方
  ⇒ BBI日本語教師派遣インタビューを受けてください 

② 現在、日本語教師関連の資格をお持ちでない方
  ⇒ BBIの通信で日本語教師養成講座を受講し、修了次第、派遣インタビューを受ける

  ⇒ BBIのシドニーで日本語教師養成講座を受講し、受講途中でインタビューを受け、合格であれば、講座終了後そのまま派遣先に赴いて活動をする。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

②の場合、要は参加する前に、日本語教師養成講座を受講し修了することが必要となります。それさえ取ってしまえば、参加できるので、まずは受講が必要です。

ただ、この受講方法ですが、上記の通信で受講したり、通学で受講したりと方法がありますが、通信は最短半年間くらいで、終了をする事ができます。有給プログラムで渡航をする前に、仕事や勉強など、そのときの生活環境を変えずに資格を取って、その後参加する方法です。

シドニーで日本語教師養成講座を受講する場合ですが、こちらは、特にオーストラリアで有給日本語インターンシップを目指している人にお薦めです。それは、ワーキングホリデービザで参加した際に、シドニーの講座は、11週間で修了できますが、その後最大9ヶ月間の有給日本語教師に参加する事ができ、最初にオーストラリアに行ってしまえば、その後そのままオーストラリア国内で有給日本語教師を実践を踏むことができます。

つまり一度の留学の中で、資格取得⇒有給日本語教師の経験をこなすことができ、これを修了することで、本格的に日本語教師としてその後デビューすることの可能性が出てくるわけです。

この方法が、もしかしたら短期間で、本格的に日本語教師に向けて、集中してキャリアアップができる方法かもしれません。

以上、有給日本語教師に行くための方法をお知らせしました。ご自身の状況や希望によって選択する方法は異なると思いますので、どうぞご参考頂き、プロセス決定の参考とされてみてください。




↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/10/27 14:35
コメント()  トラックバック(0)

BBIの有給日本語教師インターンシップ、徹底比較!3つの派遣先にはそれぞれ特長があります。従ってお薦めなタイプは異なります。

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月27日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

徹底比較!BBIの3つの有給日本語教師の違い!
-日本語を使って指導する現場を踏む!日本語教師海外派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++

 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、ここ最近、BBIが運営する有給日本語教師インターンシップの募集要項に関して発表しています。もう11月にはいるので、ちょうど2016年の要項が整うときのため、順次発表をしているためです。

そこで、今日はこの3つの有給日本語教師の特長を紹介したいと思います。同じ有給日本語教師が経験できる環境下であっても国の環境もさることながら、活動の環境や将来どういった日本語教師を目指すか、現状の自分の実力は?などによって、選択する派遣先が異なる部分もあるので、その辺を派遣国選択ヒントとしてお知らせしたいと思います。

もちろん、この国にどうしても行きたいなどの気持ちがある場合は、その気持ちを優先して良いと思いますが、悩んでいる場合、何か効果的か知りたい場合などの方は、恐らく参考になると思いますので、ご覧下さい。題して

【徹底比較!BBI3つの有給日本語教師インターンシップの違い】

まず、個々の3つの派遣プログラムの特徴を記しますのでご参考ください。因みに、有給日本語教師はどの派遣先であっても日本語教師養成講座のような日本語教師関連の資格保持が参加条件となります。

≪タイで有給日本語教師≫  > 2016年5月募集要項 
出発時期: 毎年5月(応募締切は2月末)
参加期間: 1学年間
募集人数: 1~2名
派遣先: タイ、大学、専門学校
待遇: 1~2万バーツ(3~6万円)/月 ※派遣先によって異なる
ビザ: 就労ビザ(4大卒以上の学歴要)

特長: ほとんどの学校から一任を受けて、日本語教師として活動していきます。従って、他に指導方法などをアドバイスしてくれる日本語教師がいない場合が多く、学校から受けてご自身でカリキュラム等も考えて対応をしていく環境になることが多いです。

適している人: 従って、ある程度教えた経験がある方や自信のある方で、ご自身に任されることを意気に感じ、全うしていく力のある方に向いています。


≪モンゴルで有給日本語教師≫ 
 > 2016年9月募集要項 
出発時期: 毎年9月(応募締切は3月末)
参加期間: 1学年間
募集人数: 1~2名
派遣先: モンゴル、ウランバートル市内の大学
待遇: 40万トゥグルック(約4万円)/月
ビザ: 就労ビザ(4大卒以上の学歴要)

特長: 担当のコマが与えられ、そのコマを責任持って指導して頂きます。日本人日本語教師を含めて複数の日本語教師がおり、必要に応じて指導方法等のアドバイスをもらうことができる環境。

適している人: 従って、ある程度教えることに自信がある方が適切だが、もっとアドバイスが欲しい人、やる気はあるがまだ教える事に自信がもてない方などに向いています。


≪オーストラリアで有給日本語教師≫  > 2016年毎月の募集要項 
出発時期: 毎月(応募締切は出発月の2ヶ月くらい前まで)
参加期間: 6ヶ月間、9ヶ月間、12ヶ月間、15ヶ月間
募集人数: 1~2名/各回
派遣先: 民間日本語学校
待遇: 有給に移行してから18ドル/時 ※与えられるコマ数は10コマ/週程度(能力による)
ビザ: ワーキングホリデービザ

特長: 最初の約3ヶ月間くらいは、トレーニング期間に当てられる。その間は無給となるが、専任講師が付いて、模擬授業に対する評価、勉強会、みんなの日本語全50課に対する教案作成等、実際の日本語教師に必要なことを徹底的に鍛えられる。そしてその後有給に移行し、担当こまを持って実践に当たる。

適している人: 従って、資格はあるものの教える自信がない、教えた経験が無い方で、将来は本格的に日本語教師を目指したい、しっかりと指導スキルを身につけたいという方に向いています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、ご覧頂ければお分かりの通りに、同じ有給日本語教師でもご自信の状況、特に教えることに対する自信や経験の度合いに応じて、お薦めする環境が異なります。

タイ > モンゴル > オーストラリア

と順番に紹介していきましたが、この環境の違いは、順に教えることに自信がある方、教えた経験数に比例して、それが強い方ほど、タイの方が向いていますし、それが少ない方ほどオーストラリアが、向いています。

従って、資格はあるものの教える自信がほぼない人は、オーストラリアでしっかりとトレーニング期間を利用して研修し、そして自信を持って本格的に日本語教師になれるようにその環境を利用したほうが良いと思います。

オーストラリアは唯一毎月出発ができることや、ワーキングホリデービザなので、他の国よりは取得しやすい環境下であることも追い風な部分です。また、オーストラリアのワーホリビザはセカンドワーキングホリデービザも取れますが、それを取ることで最大15ヶ月間以上の活動もできることも他の派遣先とは違うところになると思います。

モンゴルに関しては、一番、有給インターンシップの環境としてふさわしい環境かもしれません。最初から給料は発生しますし、アドバイスをくれる同僚の日本語教師がいるからです。従って、寒さなどあまり気にされない方は、結構お薦めな派遣先です。因みに学校提供の滞在先、寮があることも特徴的です。

タイに関しては、一定の教える自信がある方が、自分に任されて全てを切り盛りしてみたいと考えている方に合っています。アドバイスする日本語教師がいないので、乱暴な環境といえばそうなのですが、自分で仕切ってやって見たいと思っている方には恐らくもってこいの環境だと思います。

以上のようにそれぞれに特長がありますので、自分を客観視して、どこに合っているか、何を目指しているかによって、選択をされてみてください。以上ご参考くださいませ。



↑各派遣国の現地の活動の様子、生活の様子など生の声!


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2015/10/27 11:55
コメント()  トラックバック(0)

2016年9月出発モンゴルで有給日本語教師インターンシップの募集要項発表!かなり良い環境での活動です。

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月26日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

2016年9月出発モンゴル有給日本語教師インターンシップ
-9月モンゴルで有給日本語教師インターンシップ!募集要項

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  モンゴルで有給日本語教師(6ヶ月間、1年間)
  モンゴルで日本語教師ボランティア(2~4週間、3ヶ月間)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほどのタイに続いて、BBIの有給日本語教師のプログラムの一つモンゴルについて、今回はお知らせします。

モンゴルも年1回の出発月で、それは9月なのですが、2016年の募集要項が出ましたので、お知らせします。モンゴルで活躍をしたいと考えている方は、どうぞご参考ください。

3つの有給日本語教師の中から、このモンゴルへの有給日本語教師は、一定の教える事に自信がある方でも、指導方法などを確認したいし、できればアドバイスもいただける環境化で働きたいと思う方も多いと思います。いわゆるインターンシップですから、そういった環境を求めることは自然であり、その方のステップアップとしては格好の環境になると思います。

モンゴルの有給日本語教師は、そういった環境が一番得れる環境です。派遣先には日本人の日本語教師含めて複数の日本語教師がおり、担当コマを与えられますが、その指導内容や方法に関してある程度のアドバイスが受けられる環境です。

よって、そういった環境が良いのであれば、このモンゴルは一番お薦めの派遣先となります。

尚、派遣先はウランバートルにある大学となります。



:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

さて、以下に2016年9月モンゴルで有給日本語教師の募集要項を発表します。ご興味のある方はご参考ください。


モンゴルの大学で日本語有給インターンシップ
*******************************************************************
■モンゴル2016年9月出発概要
研修地 : モンゴル ウランバートル 
活動開始日程 : 9月上旬の予定(渡航は8月下旬頃)
募集人数: 1~2名
募集締切日 : 2016年3月末締切(受付順に決定次第締切)
募集条件 : 22歳以上、4年生大学卒業以上、日本語教師関連の資格保持
ビザ : 就労ビザ
待遇 : 給料(44万トグルック)を支給します、また滞在先を提供
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提




 ⇒ モンゴルで日本語教師有給インターンシップ
  
日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

【派遣校の詳細】

設立年月日: 1993年設立の私立大学
日本語教師数 : 14
生徒数: 630
日本語授業時間: 週12コマ
給与: 400,000トッグルグ(約400$) ・・・生活するに十分な費用です
他手当て: 40,000トグルッグ(約40$)
就労時間: 授業時間範囲内
休日・休暇: 土、日
滞在先のサポート: 寮無料提供
ビザ取得のサポート: 就労ビザを取得します

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆° 

【モンゴルへ派遣の特徴】

◎ 有給のプログラムに参加には日本語教師関連の資格保持が必要
◎ 3ヶ月間未満の参加の場合は日本語教師関連の資格がなくても参加可能
◎ いずれの場合も基本的に滞在先の適用あり
◎ モンゴルは日本語熱が高い派遣国
◎ 指導方法は、直接法(日本語で日本語を指導)
◎ 従って、モンゴル語ができなくても活動可能
◎ 但し、モンゴル語を勉強したい方にはもちろん良い環境
◎ 現地活動場所には日本人先生、日本語が流暢な先生もいらっしゃるので安心
◎ 有給の場合は、最初の月から給料の支給あり!

 > モンゴルで有給インターンシップ体験談、その後就職へ
 > 将来日本語教師になる!日本語教師養成講座から有給インターンシップへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇ モンゴルで日本語教師海外派遣プログラム
◇ モンゴルの治安について
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2015/10/26 11:26
コメント()  トラックバック(0)

2016年5月出発タイで有給日本語教師インターンシップ、自分自身で教えたい方、開拓精神が旺盛な方、ある程度教えることに自信のある方には適した環境!

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月26日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

【募集要項】 2016年5月出発タイ有給日本語教師!
-タイで有給日本語教師インターンシッププログラム-

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、有給日本語教師インターンシッププログラムの中で
来年2016年の5月出発、タイで有給日本語教師の募集要項が出ましたので、お知らせします。

タイで有給日本語教師で頑張りたい方は、どうぞご参考ください。

さて、このタイでの有給日本語教師プログラムの特長としては、派遣当初から専任講師として活動する事ができるということです。つまり最初から全てを任されることとなります。これは、もっと言うと、サポートをしてくれる他の日本語教師などがおらず、学校から全てのことを任されて、いきなり対応をしていくということです。

BBIの有給日本語教師は3つの派遣先がありますが、このタイが、一番本人に任され度が高い環境です。従って、参加されるに当たっては

 ○ ある程度教えることに自信がある、経験がある
 ○ その上で、自分が中心となる環境を利用して更なる経験を積みたい
 ○ 開拓精神にあふれている


等の方にとても向いた派遣先です。

給料は当然かもしれませんが、最初から支給され、本当に一日本語教師としての活動を期待されています。尚、保証するものでも何でもありませんが、過去の参加者で、活動状況がよかったことやその受け入れ期間で次年度も日本語教師を募集していたことから、インターンシップで参加された翌年に正式にオファーをもらって日本語教師として就職をされた方もいます。

これはいろいろな要素が重ならないと実現できないことですが、タイでの就職も念頭においている方も実現できるように挑戦しても良いかもしれません。少なくともタイの日本語教育環境が経験できるので、どうやってタイ人をやる気にさせるか、どう興味を持ってもらうか、どう学習してもらうかなど、その後の活動にとても役立つ経験も積めると思います。

さて、そのタイで有給日本語教師ですが、毎年5月のみの出発です。従って、2016年を逃すと2017年となりますので、ご興味のある方はどうぞお見逃し無く対応されてください。

もちろん、タイでの活動は直接法です。直接法での教えるスキルのキャリアアップを計りたい方に本当にお薦めのプランです。

なお、重要なこととして、4年生大学卒業以上というビザ取得に当たっての条件がありますので、この点はご注意くださいませ。

それでは以下に、このタイの募集要項を紹介します。

給料が支給されます 2016年5月有給で働くタイ
*******************************************************************
◇タイ有給インターンシップ概要

活動開始日 : 2016年5月スタート
活動期間 : 1年間(1学年間) ※更新可能
プログラム費用: 465000円
募集人数 : 1~2名
募集条件 : 日本語教師関連の資格保持
ビザ : ノンイミグラントBビザ(4年生大学卒業が基本の条件)
募集締切日 : 2016年2月末まで!
待遇 : 1~2万バーツ/月支給+滞在先提供
     ※上記は例、待遇は派遣先による

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提


 ⇒ タイ有給でインターンシップ概要
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

 > タイ有給お申込み後の流れ(ビザ必要書類など)
 > タイでの給料額、1万バーツでどこまで生活できるか
 > タイ現地活動報告、現地からの便り

早い方からインタビューを行ない、決定次第締切をします。

  
日本語教師海外派遣インタビュー


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

このタイでの有給インターンシップの注意点を以下に列挙しますので、ご希望者は良くお読み下さい。

○ビザ取得上、基本的に4年生大学卒業以上の学歴が必要
○1年間のインターンシップ修了後、両者が合意に達すれば延長が可能(特に延長費用は掛かりません)
○勉強したがらない、勤勉でない生徒のいる環境である事を理解する必要がある
○タイの生活に慣れる必要がある(例:温水のシャワーがあまりないことなど)

タイでは、上記の通り、授業に熱心でない生徒もおり、如何に彼らに勉強させるか、と言うところも大事なポイントとなります。彼らが興味を持つ内容、持たせる内容を常に考え、授業を進めていく必要があります。

ただ、上記は、実はタイに限らず、日本にある、世界からの留学生を抱える日本語学校でもよくある話です。

従って、将来日本語教師になるために、スキルそのもののみではなく、『如何に勉強させるか』と言うことは、日本語教師に常に関わる課題となると思いますので、そういったことも含めて、活動をしていただくと将来に役立つと思います、是非頑張ってさい。

日本語教師としての指導に自信がない方は、是非、ご自身のキャリアアップに利用し、将来の正式な就職に結び付けてください!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ タイで有給インターンシップ
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ 
モンゴルで有給インターンシップ

◇ タイの派遣校詳細
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ タイで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ タイ、ノンイミグラントBビザの申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2015/10/26 11:03
コメント()  トラックバック(0)

2016年年間スケジュール決定!オーストラリアで有給日本語教師インターンシップ。資格を取ったら有給インターンシップでキャリアをアップしよう、そして自信を持って日本語教師になろう!

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月24日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

2016年スケジュール発表!オーストラリアで有給日本語教師

-2016年のオーストラリア有給で日本語教師は毎月出発あり!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、オーストラリアで有給日本語教師派遣プログラムの2016年の年間スケジュールが決定しましたので、そちらを発表します。

オーストラリアで有給日本語教師は、初日のオリエンテーションをしてからトレーニングに入って行きます。そしてそのオリエンテーションをする日は、年間で決まっています。今日はそれが発表されたので、そちらをお知らせします。

従って、今後このプログラムにご参加の方は、そのオリエンテーション対応日に合わせて、渡航をして頂くようになると思いますので、ご参考ください。ほぼ毎月スタート日があります。また、毎回1~2名の受付が可能です。

尚、このオーストラリアで有給インターンシップは、資格があるものの教える事に自信がない方に一番お薦めのプログラムです。

それは、有給日本語教師のプログラムですが、最初の約3ヶ月間は、専任講師が付いてしっかりとトレーニングがされる方です。模擬授業の実施とその評価、みんなの日本語の全50課の教案作成など、日本語教師としてとても必要なことが、指導されていきます。そしてそれを受けて、有給に移行し実践をしていきます。

420時間を終了しても教える事に自信がない方が多いような気がします。それは、講座自身で実践練習をしている時間がそう多くないからだと思います。よって、将来本格的に日本語教師になりたいものの、現時点では教える自信がない方は、お薦めのプログラムになります。

因みに、このプログラム修了者ですが、たまたまですが、全員その後、正規な日本語教師としていずれかの日本語教育機関で採用が決定しています。この辺はとても嬉しいニュースなのですが、このプログラムを経験すると、当初は教える事に自信のなかった方が、きちんと、日本語教師としてデビューしているので、このプログラムを設定している効果が少なくともあるのかなと思います。

是非、そこを目指して、真剣に本格的に日本語教師になりたいと思っている方は、是非、このプログラムをご利用ください!


それでは、2016年の年間スケジュールを発表したいと思います、ご興味のある方はご参考ください。

【オーストラリアで有給日本語教師2016年コーススタート日】

【2016年】
 ○ 1月4日(月)
 ○ 1月29日(金) 
 ○ 2月26日(金)
 ○ 4月1日(金) 
 ○ 4月29日(金)
 ○ 5月27日(金) 
 ○ 7月1日(金)
 ○ 7月29日(金) 
 ○ 9月2日(金)
 ○ 9月30日(金)
 ○ 11月4日(金)
 ○ 12月2日(金)
コーススタート日は現地オリエンテーション日

となります。満席になり次第締め切りますので、ご希望のスタート日がある方は、どうぞお早めにご対応下さい。

また、以下に、オーストラリアで有給日本語教師の募集要項もお知らせします。

2016年オーストラリア有給インターンシップ!
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います 
募集時期 : 上記参照(渡航日程は学校と調整して決定します)
募集人数 : 1~2名(毎回少人数のため、お申込順早い者勝ちです!)
活動期間 : 6~15ヶ月間以上
指導方法 : 直接法
募集締切日 : 定員になり次第締切ます
募集条件 : ○日本語教師関連の資格保持要
         ○社会経験がある方が望ましい
         ○ワーキングホリデービザが取得できること
※派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提



 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
  オーストラリアで有給日本語教師インターンシップの体験談
*******************************************************************



特長をまとめると以下です。

 ◎ 有給日本語教師で唯一英語圏の派遣先
 ◎ 最初の3ヶ月間は経験を積みながら実地訓練指導を受けるので無給
 ◎ 3ヶ月間の無給活動修了後、有給へ移行
 ◎ オーストラリアのワーキングホリデービザが取得できる事が条件
 ◎ トータルで6ヶ月間、9ヶ月間、12ヶ月間、15ヶ月間以上のコース設定


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
 ◇ 派遣インタビュー
 ◇ お問合せ

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2015/10/24 12:00
コメント()  トラックバック(0)

オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの1月出発、4月出発の派遣校候補を紹介します。1月出発の応募締切は11月6日まで!

**************************************************************************************************
このブログは2015年10月23日時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

派遣校候補紹介② 1月出発オーストラリアで日本語教師
-2016年1学期からの活動、1月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラム-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ブログ記事トップ +++
 このブログに関連するページは以下をご覧ください
  最新オーストラリア派遣校詳細(こんな学校が皆さんを待っています!)
  現地からの活動報告・体験談 『楽しかった事、辛かった事いろいろ』

  オーストラリアで日本語教師ボランティア(3ヶ月間~1年間)
  オーストラリアで短期日本語教師ボランティア体験(1~4週間)
  有給とボランティアで経験を積む!日本語教師海外派遣
  オーストラリアで有給日本語教師(6ヶ月間、9ヶ月間)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは、BBI日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先ほどに続いて、現在募集中の1月出発及び4月出発のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムの派遣校候補に関してお知らせをします。

今後、ご参加を予定される方で、下記に挙げている派遣校候補で希望される方がいらっしゃいましたら、派遣インタビューのときにお知らせ下さい。但し、現時点での派遣校状況ですので、お申込時点でその派遣校が埋まっている場合もありますので、その場合は予めご了承下さい。

’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

それでは、以下に1月、4月出発の派遣校候補をお知らせしますので、ご興味のある方は派遣インタビューの際にお知らせ下さい。

【派遣校候補②!1月4月出発オーストラリアで日本語教師派遣】

≪ 海洋専門学校!パース郊外のセカンダリー(中高校)で活動したいのなら ≫
派遣地: パース郊外
学校形態: 公立中高校又は一貫校
活動開始予定: 2016年1月~
日本語講師: オーストラリア人講師

日本語教育にとても熱心な派遣校で、日本語教育に歴史のある学校です。オーストラリア人先生の下、これまでも多くの方が活動したとても環境のいい派遣先です。また、他の派遣先と違うところは、数少ないWA州の派遣先であることと、何と言っても海洋専門学校と言うところです。生徒は船の実習がある学校ですが、アシスタント教師の方も一先生としてその実習に参加することも可能です。オーストラリアといえば海と言うイメージですが、こんな船での実習の活動にも参加できることはそう無いことですので、とてもお薦めな派遣先です。

≪ キャンベラ近くの中高校で活動したいなら ≫ 
派遣地: キャンベラ近郊
学校形態: 公立小中高校
活動開始予定: 2016年1月~
日本語講師: オーストラリア人講師

日本語教育はまだ5年と新しいですが、担当の先生含めてとても熱心に指導されている学校です。特長としては公立でありながら小中高校一貫校でどの学年でも日本語の授業が行われています。従って、いろいろな学年で活動をしてみたい方にとてもあった派遣先です。また、住所はNSW州内ですが、首都キャンベラに近く、その地域に興味がある方にもお薦めな派遣先です。基本的な田舎の郊外の地域ですので、のんびりと日本人のいない環境の中での活動したい方にもお薦めの派遣先です。

≪ ケアンズ郊外の小学校で活動したいなら ≫ 
派遣地: ケアンズ郊外
学校形態: 公立小学校
活動開始予定: 2016年1月~
日本語講師: オーストラリア人講師

日本語教育にとても熱心な学校で、長いことBBIからの受入をして頂いている学校です。従って受け入れ態勢もとても慣れていて、満足度も高い派遣校です。オーストラリア人日本語教師の下、活動をしていきますが、小学校で英語を使っての活動となるので、将来児童英語教師など目指している方にもとてもお薦めd瀬宇。また、地域では、これまでバレーボール、バトミントンなどのスポーツサークルで地元の人と混ざって活動をされていた方々も多く、日本語教師以外の活動も盛んにできる環境です。この活動を通じて思いっきり地域に深く入ってみたい方にもお薦めな派遣先です。

≪ シドニー市内の中高校で活動したいなら ≫ 
派遣地: シドニー市内
学校形態: 私立中高校
活動開始予定: 2016年1月~
日本語講師: オーストラリア人講師

日本語教育を長年行っているこちらもとても熱心な学校です。お坊ちゃん学校でとても良い立地にあり、学校の環境もとても良い学校です。主に高校2,3年生の大学受験に向けてのサポートを依頼される責任ある仕事を任されることが多いです。また、シドニーと言う都会での活動を希望されている方にもお薦めです。田舎の環境ではなく、刺激のある地域での活動を期待されている方にはとても良い派遣先です。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

以上、1月4月からの派遣校候補の情報をお知らせしました。何かあればどうぞお気軽にお知らせ下さい。以下には1月出発の募集要項を掲載します。

2016年1月出発 オーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集要項
*******************************************************************
プログラム名 : オーストラリアで日本語教師派遣プログラム
参加形態 : ボランティア
派遣地 : オーストラリア全土の小中高校
準備研修地 : シドニー 
準備研修日程 : 2016年1月27日(水)~1月29日(金)(予定)
 ※準備研修日程は開始の約2か月前程度に正式に決定します
 ※従ってそれまでは国際線チケットの手配はお控えください
 ※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2016年2月1日(月)、学校によって異なる 
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで
ビザについて : ワーキングホリデービザが対象

募集条件 : 20歳以上
         TOEIC400点以上程度(目安)
         日本語教師関連の資格有無は全く問いません
         BBI派遣インタビューに合格する事
募集締切日 : 
2015年11月6日(金)迄
 ※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事
 ※ワーホリビザの方はビザ申請費用が移民局に対して別途かかります



 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 1~4週間までのオーストラリアで短期日本語教師体験はこちら
 ⇒ 
日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ 

次回出発月 : 2016年4月(応募締切2016年1月31日まで)
*******************************************************************

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約10000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

↓BBIラッキーセブン特別価格はこちら(2014年も継続!)


【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑活動の様子生活の様子など生の声!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2015/10/23 11:38
コメント()  トラックバック(0)
 50件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.