日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2010年9月の記事一覧


 33件中1~10件表示  次のページ
        -このブログ記事内容は【2010年9月30日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

費用はどれくらい?日本語教師派遣と組合せ編
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、昨日お知らせした、日本語教師海外派遣プログラムで生活費含めて掛かる費用の続編を今日はお知らせしたいと思います。昨日お伝えしたのは、オーストラリアで3学期間参加したときのお話。

 > 全部でいくら?日本語教師派遣プログラム

このブログの中では、普通に3学期間参加するときのプログラム費用、現地の滞在費やお小遣いなど含めて全体の費用がどれくらいかかるかを紹介していますが、合わせて、海外派遣プログラムの割引(学割、資格割、WH割、英語割)の適用を受けたときの費用も紹介しています。

また2011年は、ラッキーセブン特別価格としてオーストラリアで活動する場合のキャンペーン費用を活用することもできますので、結構お得です!



【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


ご興味のある方はぜひ上記のページをクリックしてみて下さい。

そして、今日はその続報と言うことで、この海外派遣プログラムと組合せのプログラムをするときの費用をお知らせしたいと思います。その際には、もちろんBBIの組み合わせ割引も適用となります。


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2011年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月31日(月)~2月4日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月7日(月)
募集締切日 : 
2010年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月20日まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年4月(応募締切1月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら


↑お申し込む前に必ず必要な日本語教師海外派遣プログラムの派遣インタビューお申込フォームです


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

今日のお題:
『続編!費用は全部でどれくらいかかるのですか?日本語教師海外派遣プログラム』

今回のブログでは、オーストラリアで日本語教師派遣プログラムに参加した場合で、組合せとして他にプログラムを組合わせて対応した時の費用をお知らせします。

人気のある児童英語教師との組合せの場合をお知らせします。

◎2011年3月から児童英語教師⇒4月から2学期間参加の場合

この児童英語教師と組合せは、将来小学校や民間英会話学校で、英語の先生になりたい!と思っている方に大変お薦めな組合せプランです!

特に児童英語教師の講座は、子供たちに英語を教えられる資格が取れるコースでお薦めですし、また、日本語教師派遣プログラムの活動の中で小学校での活動をすると『資格取得+現場経験』が実現でき、将来の仕事や活動にとても役立つ経験が積めます。

小学校で日本語教師派遣プログラムは、日本語や日本文化を教えますが、英語を使って小学生に指導するので、まさしく将来あるべき姿で活動できます。

よって、その目的のある方には、BBIでもイチオシの組合せプランです!

それでは、そのプランを進めるにあたって以下の通り総費用を算出してみたいと思います。

この児童英語教師と海外派遣プログラムの順番はどちらでもいいですが、以下の例は、まず先に児童英語教師の資格を取得しその後4月より海外派遣プログラムに参加する場合の例でお伝えします。

【予定スケジュール】

児童英語教師: 2011年3月14日(月)~4月22日(金)
準備研修: 4月26日(火)~29日(金)
派遣校への移動日: 4月30日(土)
活動開始日: 5月2日(月)
※効率のいいサンプルスケジュールです
※準備研修日程は決まっていますが、児童英語教師は上記サンプル以前のスタートコースでも問題ありません

児童英語教師の費用

児童英語教師: 2100豪ドル
ホームステイアレンジ費用: 176豪ドル
ホームステイ費用: 250ドル/週×6週間=1500豪ドル
初日空港お出迎え費: 110豪ドル
ランチ代: 平均8ドル×5日間×6週間=320豪ドル
通学費: 平均20ドル/週×6週間=120豪ドル
お小遣い: 平均50豪ドル/週×6週間=300豪ドル

小計 4626豪ドル(約370000円 1豪ドル=80円で計算) ・・・ ①
※児童英語教師は、日本語版で入学金、授業料含み10月のキャンペーン適用の費用
※滞在方法はホームステイで計算
※ホームステイは平日2食週末3食
※初日空港お出迎えは手配なしも可能
※ランチ代、通学費はおおよその費用
※お小遣いも個々で異なる

日本語教師海外派遣プログラムの費用

2学期間プログラム費用: 470000円 ⇒ 338000円
現地滞在費: 120豪ドル/週×10週間×2学期=2400豪ドル
          (約192000円、1豪ドル=80円で計算)
お小遣い: 20000円/月×6ヶ月間=120000円

小計 650000円 ・・・ ②
※プログラム費用はラッキーセブン特別価格を適用
※現地滞在先はホームステイ。平均して120豪ドル/週(毎日3食付)ですのでそれで計算
※1学期の週数は8~11週間程度ですが、10週間で計算
※お小遣いは個々によって異なる

その他の費用

国際線チケット費用: 150000円(往復)
海外旅行傷害保険費用: 100000円

小計 250000円 ・・・ ③
※国際線チケット、保険費用は、航空会社、時期、保険のタイプ等により異なりますのであくまでも参考費用としてご覧ください

合計 ①+②+③= 1270000円 ・・・ ④

BBI組合せ割引: 児童英語教師+日本語教師= -20000円 ・・・ ⑤

総費用 ④-⑤= 1250000円

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

いかがでしょうか。上記は、児童英語教師を受講した後に2学期間参加する場合の国際線やお小遣い等入れた総費用です。

125万円と言う費用は決して安くはありませんが、語学留学等で半年間以上参加した場合の滞在費含めた総費用を考えたときには、決して高くない、逆に言うとこの費用でここまで充実して参加できるプランとなります!

もちろんここから、参加時に、学生であったり、日本語教師関連の資格をお持ちであったり、ワーキングホリデービザでご参加されたりする場合は、以下の日本語教師海外派遣プログラムの各割引が適用となります。

※学割 -3万円
※資格割 -3万円
※英語割 -1万円
※WH割 -1万円

もし全部の割引が適用となる場合は更に-8万円となり

1170000円

で参加することもできます。

昨日もお伝えしましたが、語学学校で約9ヶ月間通学された場合はおそらくこの倍はかかると思いますので、ずっとリーズナブルに、そして英語の環境で活動ができると思います。

例)語学学校に9ヶ月間通学する場合
授業料: 300ドル/週×32週=9600豪ドル
ホームステイ費用: 250ドル/週×32週=8000豪ドル

計 17600豪ドル(約1408000円、1豪ドル=80円で計算) ・・・ ①
国際線チケット費用: 150000円(往復) ・・・ ②
海外旅行傷害保険費用: 100000円 ・・・ ③
お小遣い:40000円/月×9ヶ月間=360000円 ・・・ ④

①+②+③+④=2018000円

お小遣いは、ホームステイの費用が語学学校の場合は、平日2食週末3食なので、ランチ代がかさむのと毎日の通学費がかかるためにその分を加味して計算しています。もしかしたら都会なので、もう少しかかるかもしれませんので、こちらもあくまでも参考としてご覧下さい。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

いかがでしょう。目的も違うでしょうから、上記を単純に比較することはできませんが、英語にどっぷりと浸った環境で、本物の海外生活を送りながら活動していき、なおかつ関連する資格が取得できるので、決して悪くはない内容かと思います。

実際に、BBIでもできるだけ活動のしやすい厳選したいい派遣校をプレースメントしていますので、内容のあるいい活動ができると思っています。

以上、よく質問される内容の費用に関してのお知らせです。どうぞご参考ください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆


 > 日本語教師海外派遣プログラムプロモーションビデオ(全体の概要) NEW

こちらで、学校の活動の様子や、参加者の気持ちや体験などを目にすることができますので、どうぞとくとご覧くださいませ。

1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2010/09/30 18:29
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年9月29日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

費用はどれくらいかかるのですか?日本語教師海外派遣
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、来年に向けて、日本語教師海外派遣プログラムのお問い合わせや派遣インタビューお申し込みが、最近とても多いです。

昨年などもひも解いてみると、この時期は次年度の1月、3月、4月ご出発の方々のご連絡が多い時期でしたが、今年も同様の傾向と言えるようです。

それぞれの出発月には、派遣国毎のお申し込み締切日もありますので、どうぞそちらには注意をしながら、期日までには、必ず派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします。またそれまでに何か疑問点等ございましたら、メール、カウンセリング、説明会などでしっかり情報を入手されてください。

さて、皆さんからご質問される中で結構多い質問の一つに、
『結局費用はどれくらいかかるのですか?』ということがあります。

渡航費、海外旅行傷害保険費、プログラム参加費、現地の費用、お小遣いなどひっくるめてどれくらいかかるのか、その辺が皆さん気になられる様です。

今日は、そういったリクエストも多かったことから、実際にかかる費用に関してお知らせしたいと思います。

今日も申し訳ないのですが、サンプルとしてはとてもいいですし、実際人気が一番ありますので、オーストラリアの例で紹介をしていきます。どうぞご参考にされてみて下さい。


↑最近Upした現地情報盛りだくさんの動画のページです!


↑お申し込む前に必ず必要な日本語教師海外派遣プログラムの派遣インタビューお申込フォームです


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2011年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月31日(月)~2月4日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月7日(月)
募集締切日 : 
2010年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月20日まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年4月(応募締切1月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

今日のお題: 『費用は全部でどれくらいかかるのですか?日本語教師海外派遣プログラム』

今回のブログでは、オーストラリアで日本語教師派遣プログラムに参加した場合の費用となります。従って、先日から発表している、ラッキーセブン特別価格♪も反映した費用として紹介したいと思います。詳細は以下をご参考ください。

BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師



【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

◎2011年4月から3学期間参加の場合

3学期間プログラム費用: 510000円 ⇒ 368000円 ・・・ ①

現地滞在費: 120豪ドル/週×10週間×3学期=3600豪ドル
          (約288000円、1豪ドル=80円で計算) ・・・ ②

国際線チケット費用: 150000円(往復) ・・・ ③

海外旅行傷害保険費用: 100000円 ・・・ ④

お小遣い: 20000円/月×9ヶ月間=180000円 ・・・ ⑤

①+②+③+④+⑤= 1086000円 ・・・ ⑥

※プログラム費用は2011年ラッキーセブン特別価格適用
※現地滞在先はホームステイ。平均して120豪ドル/週(毎日3食付)ですのでそれで計算
※1学期の週数は8~11週間程度ですが、10週間で計算
※国際線チケット、保険費用は、航空会社、時期、保険のタイプ等により異なりますのであくまでも参考費用としてご覧ください
※お小遣いも平均の費用から算出。基本的に滞在先、食費がカバーされているので、嗜好品やレジャーでの出費が中心となります

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

上記は3学期間(約9ヶ月間)に参加した際のおおよそのサンプル費用となります。

尚、参加時に、学生であったり、日本語教師関連の資格をお持ちであったり、ワーキングホリデービザでご参加されたりする場合は、日本語教師海外派遣プログラムの書く割引が適用となります。

※学割 -3万円
※資格割 -3万円
※英語割 -1万円
※WH割 -1万円

もし全部の割引が適用となる場合は-8万円となり

⑥-8万円=1006000円

となります。

この費用で約9ヶ月間のプログラム費用及び滞在費、渡航費そしてお小遣い等が含まれることとなります。

もちろん、渡航費、保険費、お小遣い等は個人差がありますので、あくまでも目安の費用となりますが、9ヶ月間、海外で生活でき渡航費用やお小遣いも含まれているのならこの約100万円と言うのは、いかがでしょうかね?

語学学校で約9ヶ月間通学された場合はおそらくこの倍はかかると思いますので、ずっとリーズナブルに、そして英語の環境で活動ができると思います。

例)語学学校に9ヶ月間通学する場合
授業料: 300ドル/週×32週=9600豪ドル
ホームステイ費用: 250ドル/週×32週=8000豪ドル

計 17600豪ドル(約1408000円、1豪ドル=80円で計算) ・・・ ①

国際線チケット費用: 150000円(往復) ・・・ ②

海外旅行傷害保険費用: 100000円 ・・・ ③

お小遣い:40000円/月×9ヶ月間=360000円 ・・・ ④

①+②+③+④=2018000円

お小遣いは、ホームステイの費用が語学学校の場合は、平日2食週末3食なので、ランチ代がかさむのと毎日の通学費がかかるためにその分を加味して計算しています。もしかしたら都会なので、もう少しかかるかもしれませんので、こちらもあくまでも参考としてご覧下さい。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

いかがでしょうか。語学学校に通学する場合は、上記のとおり9ヶ月間で約200万円くらいかかる感じになります。それに比べると日本語教師派遣プログラムに参加の場合はその約半分で参加できることとなります。

もちろん、目的も違うでしょうから、単純に比較することはできませんが、英語にどっぷりと浸った環境で、本物の海外生活を送りながら活動していくので、決して悪くはない内容かと思います。

実際に、BBIでもできるだけ活動のしやすい厳選したいい派遣校をプレースメントしていますので、内容のあるいい活動ができると思っています。

以上、よく質問される内容の費用に関してのお知らせです。どうぞご参考ください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆


 > 日本語教師海外派遣プログラムプロモーションビデオ(全体の概要) NEW

こちらで、学校の活動の様子や、参加者の気持ちや体験などを目にすることができますので、どうぞとくとご覧くださいませ。

1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2010/09/29 14:47
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年9月29日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


体験談紹介!台湾で日本語教師派遣プログラム
-台湾で日本語教師派遣プログラムは基本年中いつでも参加が可能(旧正月除く)!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、台湾で日本語教師派遣プログラムに、最近参加されていた方からホットな研修修了アンケートが届きましたので、今日はそれを紹介させて頂ければと思います。台湾への派遣に興味のある方はこちらをご参考ください。

尚、台湾は、1週間からの参加ができますので(1週間では活動内容が制限されるので、お薦めは2週間以上)、これからであれば冬休みの期間に参加することも可能です。

ただ、一度に多くの方の受付をすることができませんので、希望される時期に他の活動者がいる場合は、参加できない場合もありますので、活動時期の確保ではありませんが、日程が決まっていらっしゃる場合は、なるべくお早めにアクションを起こしてください。

さて、まずはおさらいから、台湾で日本語教師の募集情報をお知らせします。

直接法で教える 屈指の親日家の国 台湾
*******************************************************************
■最新!台湾2010年10月以降の活動 
準備研修 : 現地にて行います
対象 : 2010年10月以降の活動をする方
活動開始日 : 通常、週末に到着し翌月曜日から
募集締切日 : 各回定員に達し次第

募集条件 : 20歳以上、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1~12週間(4週間程度までをお薦めしています)
特典 : 学割、資格割あり

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 台湾で日本語教師派遣プログラムの詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

それでは今日のコンテンツ、台湾で日本語教師派遣プログラムに参加された方からの研修修了アンケートを紹介します。

【研修修了アンケート 2010年9月から3週間参加 女性】

教えた派遣先: 民間語学学校、高校、託児所
1週間の平均授業数: プライベートレッスン2日/週、授業見学・アシスタント毎日

①行った授業内容を教えて下さい

プライベート: 初級の学生さんへ、テキストを用いた文法・会話の学習
アシスタント: 各課の文法の導入と応用練習、高校では『テーマ』を日本語で表現するゲーム


②授業を一人で任されましたか

はい、任されました。
1回に1~2つの文法を導入し、テキストと発話で反復練習。カード教材を作り、授業内で活用しました。言葉カードは学校の教材をお借りしました。

③費用は全部でおおよそいくらかかりましたか

生活費として、2500元くらい。
外食も安く、寮生活であることから、特に買い足すものもありませんでした。

④派遣地の地域はどんなところでしたか

台北と比べ小さな街ですが、環境は良いと思いました。来台目的が実習と言うことであれば文句なしのエリアだと思います。

⑤日本出発前にしておけばよかったことは何ですか

いろいろとレベルを想定した教材準備。中国語の基本文、単語の事前学習。

⑥このプログラムに参加した目的は何でしたか

現地(海外)での日本語教育現場を見たかったことと、今後日本で教師活動をしたいと考えているため、現場体験をしたかったため。

⑦この経験を今後どのように繋げていこうと思っていますか

地元のボランティアに参加登録しているので、その日本語のクラスでまた教師活動を行いたいです。

⑧出発前と比べて中国語ろくに変化はありますか

中国語はゼロスタートでしたが、スタッフの皆さんに聞きながらまた、簡単なテキストで学習しつつ、単語を並べながらですが、四苦八苦しながらも買い物を楽しめるようになりました。

⑨このプログラムの満足度を教えて下さい

100点/100点
実際に授業をさせて頂いた内容としては、決して満点ではないのですが、事前の打ち合わせ、説明、相談の時間を頂いたうえで、務めさせて頂けたので、個人としては必要な準備の上で臨めたと思います。また、既存のクラスでの実習と言うことで担当の先生方にリスクのあるものだと痛感しました。ですから、事前に1~2度授業に参加してから、実習できたことは多少でもリラックスできた理由だと思います。月並みですが学生さんが、『わかった。』という顔をされた一瞬が本当に嬉しいことでした。

⑩現地のサポートはいかがでしたか

スタッフの皆様がお気遣い下さり、生活に不備を感じることは全くありませんでした。『教師体験』も目的の一つでしたので、毎日学校に通うこともとても楽しく良い経験となりました。

⑪現地準備研修中のオリエンテーションはいかがでしたか

見学するクラス(全レベル)への指導ポイントを教えて下さったので、見学参加導入展開を行う際の参考となりました。


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


台湾で日本語教師派遣プログラムは、

 ◇ 1週間~の短期で参加できる
 ◇ 日本語を使って指導する直接法採用
 ◇ 中国語を話す生徒なので中国語での指導も可能
 ◇ 民間日本語学校を中心に企業、高校、幼稚園など複数で指導可能
 ◇ 空港出迎え、現地滞在先がプログラム費用に含まれる
 ◇ 充実したそして満足度の高いプログラム内容
 ◇ ベースの受け入れ先の先生から参加者の能力に応じた懇切丁寧な指導、アドバイス
 ◇ 就職サポート(オプション)あり

等が特長として挙げられとても人気です。

また、同時期に複数の方をなるべく受けないように、できるだけ参加される方に充実した活動をして頂けるように配慮もしており、とてもお薦めな活動環境です。

従って、

 ◎ 日本語教師の活動が初めての方
 ◎ 日本語教師関連の資格を持っていない方
 ◎ 中国語が話せない方
 ◎ 海外に出るのが始めての方


等の留学や海外などが初めての方から

 ◎ 日本語教師の資格保持者で海外で経験を積みたい方
 ◎ 直接法の日本語教師を目指している方
 ◎ 中国語をブラッシュアップしたい方
 ◎ 将来台湾で就職を考えている方


等、日本語教師、中国語、台湾で就職などを考えている方などにも向いた派遣先です。

この様にどういった方でも向いている派遣国ですが、同時に参加者の満足度が高いのもこの派遣先の特長です。

この満足度は、それこそ上記の様などのようなタイプの方からも一様に挙げられている内容ですが、すべては、ベースの受け入れ先である、日本語学校の先生のアレンジにもよるところが大きいです。

派遣インタビューなど皆さんが希望されている内容や皆さんの日本語教師に対する状況を鑑みて、活動内容を工夫していることがこの背景にあります。

また、どのような方でも必ずご自身で授業をして頂けるように対応もしています。経験者であればなおの事、できるだけそれができる様に対応しています。

あくまでもボランティアの経験となりますが、

 ● 日本語教育環境の高い台湾であること
 ● 日本語教育に熱心な生徒が多いこと
 ● 世界屈指の親日国である

なども大きな背景となり、参加される方々によって充実した、満足度の高い活動内容を提供できているのではと思います。

先述の様に、この台湾、恐らく世界で一番の親日国(地域)かと思います。英語圏ではオーストラリアやニュージーランドが日本語教育としてとても盛んですが、台湾での日本語ブームやその教育環境はとても高く、またもともと親日国であることが、活動者にとても良い影響を及ぼします。それは、

 ○ 学習者がとても熱心
 ○ アイドル、ファッションなど日本のポップカルチャーに憧れている人が多い
 ○ 日本語を学ぶことが、台湾でのステータス
 ○ 日本人や日本語がとても好きなので、活動しやすい生活しやすい


等が挙げられます。また、繰り返しとなりますが、この台湾への派遣の特長として、

 ○ 民間日本語学校での活動
 ○ 企業での活動も可能
 ○ 幼稚園、高校等での活動も可能

等、複数の派遣先で活動することが可能です(派遣先は時期により異なります)。

また日本語を使って日本語を教える直接法での指導ですので、420時間の資格保持者など、本格的に将来日本語教師として活動をしたい方にも適した派遣国です。

更に、中国語を勉強したい方、台湾での就職活動をしたい方(オプション)にもそれが叶えられる環境下です。

ですので、BBIとしても、
現在9カ国に派遣をしていますが、この本部のあるオーストラリアと並んで、自信を持って送り出すことができるそして、良い活動が期待できる国の一つがこの台湾となります!

【台湾で短期日本語教師体験 お薦めな方】

 ○ 日本語教師の活動をちょっとかじってみたい方
 ○ 将来本格的に日本語教師を目指している方
 ○ 短期間しか参加ができない方
 ○ 中国語をブラッシュアップしたい方
 ○ 民間学校等でしっかりしどうして見たい方

以上どうぞご参考下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 台湾で日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合(メール、オフィスでカウンセリング)
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/09/29 14:08
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年9月28日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

タイプ別派遣校の選び方!日本語教師海外派遣その2
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、昨日に引き続き、タイプ別派遣校の選び方について、お知らせします。

もう9月の末ですので来年、日本語アシスタント教師派遣プログラムで、海外で活躍をしたい方は、必見です。どうぞお見逃しなく。特に来年2011年にこの活動をしたいと考えていらっしゃる方は、

 ◎ 英語のコミュニケーション能力のブラッシュアップ
 ◎ 日本のことをよく知ること
 ◎ それを英語など現地の言葉で説明できること
 ◎ 日本に係ることの写真やイラストの準備


などを丹念に少しずつでもいいのでされると良いかもしれないですね。


↑現地情報盛りだくさんの動画のページです!

今日は昨日に引き続き、タイプ別派遣校の選び方について紹介しますが、そのうち、オーストラリアの派遣校はどの派遣国の派遣校より

 数、質、種類、地域制

等において、群を抜いて多く、環境も整っています。これは、オーストラリアが、韓国、中国に次いで世界第3位の日本語学習者数を誇っている結果からもわかるとおり、とても日本語が勉強されている地域だからです。

そして、オーストラリアは日本語が第一外国語であると知っていますか?厳密には、教育省指定の第一外国語群があり、その中で一番日本語が学習されているということなので、日本で言う英語が第一外国語と言うことと微妙に異なりますが、それでも小中高校で一番に選択をされている外国語であることは事実なのです。

そんなこともあって、オーストラリアは、この日本語教師派遣プログラムに対してとても、
人気・実績・環境No.1の派遣国と言うことができます。

従って、派遣校の数もとても多く、全土にわたっての派遣も可能で、更に、小学校への派遣、中高校への派遣、一貫校への派遣、都会への派遣、田舎への派遣、海沿いの地域への派遣、内陸部の地域への派遣、暖かい地域への派遣、涼しい地域への派遣、日本人講師のいる派遣校、日本語がペラペラな日本語講師のいる派遣校、英語を主体にコミュニケーションをとる日本語講師のいる派遣校、寮のある派遣校など、本当にさまざまの多くの派遣校が存在しています。

また、基本的にBBIが派遣をしている学校は、BBIと長い付き合いのある歴史のある派遣校がほとんどです。

BBIでは、これまでも多くの派遣校と付き合ってきましたが、その中でできるだけ環境のいい、満足度の高い派遣校にプレースメントをしています。

さて、そんな環境の中、

『タイプ別派遣校の選び方!』と題して、今日もブログを紹介していければと思いますが、まずその前に直近の募集要項から。これから先で一番最初に活動できるのは2010年1月スタートとなります。その次は一番人気の4月出発へのつながります。

いずれも、事前に派遣インタビューに合格されることが条件となりますが、お申し込み順に派遣校へのプレースメントをしていますので、こういった派遣校に行きたいなどの希望がある方は、早い者勝ちですので、できるだけ早くに派遣インタビューを受けてみてください。



尚、この1月スタートの方から2011年一杯、
BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師

のキャンペーン価格を利用することができます!是非是非ご利用下さい!



【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2011年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月31日(月)~2月4日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月7日(月)
募集締切日 : 
2010年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月20日まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年4月(応募締切1月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

今日のお題: 『タイプ別派遣校の選び方!』

さて、昨日に引き続き今日のお題の、タイプ別派遣校の選び方です。今日は具体的にご希望のタイプを列挙してその方に合った派遣校を紹介してみたいと思います。

尚、昨日も申し上げましたが、タイプ別派遣校の選び方と紹介していますが、最終的にはBBIにてアレンジをさせて頂きます。

それは、皆さんのご希望もあると同時に学校側にもこういった方に来てほしいというご要望があるためです。100%両者が叶えられればいいのですが、そうでない場合もありますので、この件は予めご了承ください。

ただ、ご希望がある場合は、派遣インタビュー時にも参加申し込み時にもできるだけお伝えください。そしてBBIではなるべくそれに沿えるように対応していきます。

では、早速ですが以下に具体的なタイプを列挙していきたいと思います。

◎将来子供たちに英語を教えたい!

この志望動機の方で参加される方はとても多いです。それは2011年4月から日本の小学校でも英語を必須として教えることが決まっているという背景もあると思います。一方で、小学校で英語を教えることができる人やその資格を持っている人は不足しています。よって、上記のような志望動機の方が、将来を見据えてご参加されるのだと思います。

活動される場所は小学校をお薦めします。教えることは日本語ですが英語を使って、子供たちに、歌やゲームを使いながらアクティブに授業をするので、まさしく日本の子供たちへの英語の授業そのものが経験できるからです。

オーストラリアは他の派遣国と比べて小学校での受け入れが多いです。環境も整っていますし、小学校で英語を教えたい人に限らず民間の英会話学校で子供たちに英語を教えたいという方は、是非この活動を通じて実践経験を積んでください。

尚、この活動の前後で児童英語教師の資格取得をされる方も多いです。この資格取得および現場での実践経験は、間違いなく将来の就職や活動に生きてくると思います。

是非、そういった目的でご利用されると良いと思います!

◎英語が苦手だけどペラペラになりたい!

この志望動機もとても多いです。オーストラリアは、目安といて出発前にTOEIC400点程度を持っていらっしゃることとしていますが、これまでTOEIC350点で1年間きちんと全うされた方もいらっしゃいます。

英語力はこの活動をする上で、また、その伸び率において、出発前にあるに越したことはありませんが、活動に当たっては、それよりも日本を伝えたい!という気持ちや前向き、明るさ、どんなところでも溶け込んでいける力などの性格の持ち主である事の方が必要です。

溶け込める力がある人は、たとえ最初は英語力がなくても本当に心配いりません。どんどん伸びていっています!

さて、こういった志望動機や英語力の中で、最適な環境は、日本人の日本語の先生か日本語がペラペラのネイティブの日本語の先生のいる派遣校がお薦めです。

この環境下だと、例えば授業の打ち合わせで英語のみでは理解が不十分だったところを日本語で補ってもらうこともできたり、しっかりと準備をして授業に臨むことができるので、英語をうまく使える度合いが高くなります。

また、授業中の疑問点などは、日本語でも確認することができ、知識を深めたうえで次回に生かすことができます。

よって、英語が苦手だけどなんとか英語をモノにしたいと思っていらっしゃる方はなどは、こういった環境で活動されるのがいいと思います。

◎できるだけ英語のみの環境で活動したい!

この志望動機の方も多いです。英語のみの環境を希望される方は、上記とは反対の環境で、あまり日本語が得意ではない先生のもとで活動すると良いと思います。

授業の打ち合わせ等もすべて基本的に英語ですので、英語に頼りながら活動も生活もしていかなければなりません。なお、この環境で活動される方は、ある程度の英語力があらかじめ必要であることが多いです。

ちなみにこんな例もありました。全校生徒30名くらいの小学校に派遣された方の例です。この方の活動は、日本語の授業以外に、算数や社会まで任されました。もちろん、その方のお持ちの能力に応じての対応となるので、必ずしなければならないということではありませんでしたが、結果的にこの方は塾の先生の経験者だったので、そういった活動までもしました。もちろん基本、英語でです。

これは全校生徒が30名のとても小さい学校なので、校長先生と担当の先生と自分しか先生がいなく、小学校での行事など含めて本当に一先生として多くのことで活躍をされました。

こうなると、基本、英語ばかりでの活動となり、おのずと使える実践的な英語力が身に付く環境となります。こんなこともこの活動ではできる派遣校もあります。

◎海が好き、サーフィンがしたい!本物の海外環境で生活したい!

実はこういった志望動機の方も少なからずいます。そしてBBIも学校も、そんな志望動機の方だって大歓迎です。

何も、将来日本語教師になりたい、英語教師になりたい、英語をブラッシュアップして将来の就職につなげたいという動機ばかりでなくてもいいのです。

活動さえしっかりして頂ければ、そういった志望動機で参加することだって可能なのです。

この活動は、語学学校では味わえない環境で活動します。ネイティブばかりに囲まれて、その地域で、地域に溶け込んで活動と生活をするからです。

観光では行かない様な地域や、その地域では日本人ゼロの地域だって派遣されることもあります。

そして、週末などはマリンスポーツ三昧をしながら活動をすることだって不可能ではありません。オーストラリアは、海で囲まれた国なので、海沿いの地域に派遣校もたくさんあります。そういったところに派遣された場合は、サーフィンも楽しみながら対応することも可能です。派遣校の中には海洋専門学校もあり、そこでは、学校の授業としてマリンスポーツを一先生として活動できる派遣校まであります。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

以上、タイプ別に一例をあげてみました。もちろん志望動機などは千差万別で、適した派遣校は様々ですが、できるだけ皆さんの目的が叶えられるようにBBIでも対応していきますので、まずは、想いを大いにお伝えくださいね!


 > 日本語教師海外派遣プログラムプロモーションビデオ(全体の概要) NEW

こちらで、学校の活動の様子や、参加者の気持ちや体験などを目にすることができますので、どうぞとくとご覧くださいませ。

1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2010/09/28 18:03
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年9月27日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

タイプ別派遣校の選び方!日本語教師海外派遣
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、9月も最終週に入りましたね。今年も、あと10、11、12月を残すばかりとなりました。あと3ヶ月間ですから、本当にあっという間に今年も過ぎていきそうです。

今年の内にしなければいけないことは、ラストスパートでどうぞ頑張って達成してください。そして来年に向けて何かをしたい方は、この残り3ヶ月間の準備期間はとても重要です。

何事も準備にどれくらい時間がかけられたかによって成果も異なりますので、大事にこの3ヶ月間を使ってみてくださいね。

日本語教師海外派遣プログラムを利用して、来年行きたいと思っている方は、

 ◎ 英語のコミュニケーション能力のブラッシュアップ
 ◎ 日本のことをよく知ること
 ◎ それを英語など現地の言葉で説明できること
 ◎ 日本に係ることの写真やイラストの準備


などを丹念に少しずつでもいいのでされると良いかもしれないですね。

さて、先週に、日本語教師海外派遣プログラム関連の動画に関してドンドンと紹介をしてきました。


↑先生からのメッセージ、活動状況、インタビュー、クラスの様子など

取材は、本社がオーストラリアにあることから、オーストラリアで行われていたのですが、オーストラリアの派遣校はどの派遣国の派遣校より

 数、質、種類、地域制

等において、群を抜いて多く、環境も整っています。これは、オーストラリアが、韓国、中国に次いで世界第3位の日本語学習者数を誇っている結果からもわかるとおり、とても日本語が勉強されている地域だからです。

しかも、約38万人程度の方が日本語を学習していますが、人口約2000万人に対して、それくらい勉強をしてくれています。第二位の中国も実は同じ38万人程度の学習者ですが、総人口は、確か14億くらいだったと思いますが、そのうちの38万人です。

オーストラリアと比較すると、オーストラリアはかなりの確率で日本語を勉強してくれている国なのだなと理解できます。

そんなこともあって、オーストラリアは、この日本語教師派遣プログラムに対してとても、
人気・実績・環境No.1の派遣国と言うことができます。

従って、派遣校の数もとても多く、全土にわたっての派遣も可能で、更に、小学校への派遣、中高校への派遣、一貫校への派遣、都会への派遣、田舎への派遣、海沿いの地域への派遣、内陸部の地域への派遣、暖かい地域への派遣、涼しい地域への派遣、日本人講師のいる派遣校、日本語がペラペラな日本語講師のいる派遣校、英語を主体にコミュニケーションをとる日本語講師のいる派遣校、寮のある派遣校など、本当にさまざまの多くの派遣校が存在しています。

また、基本的にBBIが派遣をしている学校は、BBIと長い付き合いのある歴史のある派遣校がほとんどです。

BBIでは、これまでも多くの派遣校と付き合ってきましたが、その中でできるだけ環境のいい、満足度の高い派遣校にプレースメントをしています。

これまでの参加者からの感想や満足度なども鑑みて厳選して良い派遣校とお付き合いをさせて頂いています。派遣校の種類やその質に関しては、従ってとても自信を持って対応をさせて頂いています。

さて、そんな環境の中、

『タイプ別派遣校の選び方!』と題して、今日のブログを紹介していければと思います。

ではまずその前に直近の募集要項から。これから先で一番最初に活動できるのは2010年1月スタートとなります。その次は一番人気の4月出発へのつながります。

いずれも、事前に派遣インタビューに合格されることが条件となりますが、お申し込み順に派遣校へのプレースメントをしていますので、こういった派遣校に行きたいなどの希望がある方は、早い者勝ちですので、できるだけ早くに派遣インタビューを受けてみてください。



尚、この1月スタートの方から2011年一杯、
BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師

のキャンペーン価格を利用することができます!是非是非ご利用下さい!



【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2011年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月31日(月)~2月4日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月7日(月)
募集締切日 : 
2010年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月20日まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年4月(応募締切1月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

今日のお題: 『タイプ別派遣校の選び方!』

さて、今日のお題の、タイプ別派遣校の選び方ですが、選び方と言っても、すみません、派遣校の最終的な決定権は、残念ながらBBIにあります。大事なことなのでこの件は最初にお話をしておきますね。

これは、オーストラリアに限らずどの派遣国に対してもです。

それは、皆さんがこういった学校で活動したいなどの希望があると同時に派遣校にもこういったアシスタント教師にきてほしいという希望があるため、100%両者の思いがマッチするとは限らないためです。

BBIでは、もちろんのこと皆さんの要望等をできるだけ叶えられるように動いていきます。ところが皆さんの希望通りの学校が

 ● 皆さん自身を希望されない場合
 ● すでにご希望の出発月に他のアシスタント教師がいる場合
 ● ご希望の出発月では募集をしていない場合

などの理由によりプレースメントが難しい場合がどうしてもあります。

従って、BBIでは、まずは皆さんのご希望通りに派遣校を探していきますが、それが難しい場合、できるだけご希望に沿う形で対応をしていきます。つまりご希望が例えば3つあったとすると、3つが叶えられるように動いていきますが、それが難しい場合はそのうちの2つが叶えられる派遣校をプレースメントするという意味となります。

また、BBIでは長年の経験から、志望動機やその方の資質、また持っている資格や英語力などを鑑みてお薦めの派遣校にプレースメントをすることもあります。もちろんそれも基本は皆さんのご希望に沿う形で対応しますが、その際により皆さんがいい活動ができるようにアレンジをさせて頂く場合もあります。

いずれにしても何かご希望がある場合は、どうぞお気軽に派遣インタビュー時、お申し込み時にお知らせください。

例えば、海沿いの中高校が希望などとなります。

さて、ちょっと前置きが長くなってしまいましたね。この続きは次回以降のブログでまた紹介します。すみません。。。

でも、乞うご期待下さい!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

 > 日本語教師海外派遣プログラムプロモーションビデオ(全体の概要) NEW

こちらで、学校の活動の様子や、参加者の気持ちや体験などを目にすることができますので、どうぞとくとご覧くださいませ。

1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆
posted by BBI at 2010/09/27 12:34
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年9月25日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

急いで!今月9月末が締切!1月出発カナダ日本語教師!
-2011年1月出発カナダで日本語教師派遣プログラム!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、もう9月も終盤です。そして今月9月末には、来年1月出発カナダで日本語教師派遣プログラムの応募締め切りがきます。

ワーキングホリデービザでカナダに参加できる方が対象となりますが、来年1月から出発したい方は、大至急派遣インタビューを受けて下さい。



カナダは9月から新年度が始まります。従って、この1月出発は2学期目からとなります。2学期ですので、日本語の授業含めて、ちょうど学校では中盤に差し掛かり、日本語の授業も脂がのってきている頃となります。

よって、この学期は、そういった環境のところからスタートすることが可能となります。カナダは3学期制なので、次の3学期(3月末ころスタート)は、日本語の授業に限らず、学年末試験などがあり、授業の数も抑えられる傾向があります。従って、そういう意味では、2学期から行けるのであれば、行った方がいいと思います。

尚、カナダの手配には、学校の手配、無犯罪証明書の手配など含めて、ワーキングホリデービザの方でも3ヶ月間くらいは時間を要します。従って、9月末を締め切りとしていますので、来年1月から行きたい方は、どうぞ今月中に必ず、派遣インタビューにお申し込み頂きますようにご協力お願い致します。

ではまずおさらいです。1月出発の募集要項を見てください。

プログラム2番人気!英語が伸びる国カナダ
*******************************************************************
■カナダ2011年1月出発概要 応募締切り8月末!
準備研修 : バンクーバー
準備研修日程: 2011年1月3日~1月7日(予定)
活動開始日 : 1月10日から
派遣先  : 全土に亘って派遣しています
募集条件 : 20歳以上、TOEIC500点以上程度(目安)
ビザ : 就労ビザ、ワーキングホリデービザ
募集締切日 : 2010年8月末日まで(WHビザで行かれる方は9月末までが締切)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ カナダで日本語教師派遣プログラム詳細
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

 > 2011年3月カナダで日本語教師の募集要項はこちら

基本情報は以下のご覧下さい。

 > カナダで日本語教師派遣プログラム概要
 > カナダワーキングホリデービザの活用方法
 > 2010年ワーキングホリデー受付開始とその概要
 > カナダの健康診断と無犯罪証明書について
 
【カナダで日本語教師、派遣校サンプルはこちら】


  英語が鍛えられる派遣校一覧
  英語が苦手でも活動できる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧②(バンクーバー市内編)


 
↑日本語教師派遣の割引とBBI組合せ割引で最大10万円オフ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【カナダへ派遣の特徴】

◎ 英語が伸びる派遣国(TOEICの伸び幅が2番目 BBI調べ)
◎ 日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がまだ発展途上の派遣校もあり
◎ 従って、パイオニア精神をお持ちの方にお薦め
◎ その分、メインとして任されたり
やりがいのある環境
◎ カナダ全土に亘って派遣可能。ただし、BC州、オンタリオ州中心
◎ 派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣もあり
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なカナディアン先生、英語が主体のカナディアン先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 一般的に、参加にはある程度の英語力が必要
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均756加ドル/月(約63000円/月)・・・毎日3食付いているのでお得!


その他、2011年1月スタート日本語教師派遣プログラム

 ◇ オーストラリア: 一般締切10月末、WHビザは11月20日まで
 ◇ ニュージーランド: 一般締切10月末、WHビザは11月20日まで
 ◇ カナダ: 一般締切8月末、WHビザは9月末まで
 ◇ アメリカ: 一般締切8月末、1学期間までの観光ビザは9月末程度まで
 ◇ イギリス: すでにイギリスのWHビザ保持者か2011年度のWHビザ発給者は対象

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ カナダの派遣校紹介
◇ カナダの派遣の特徴
◇ カナダワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ カナダ就労ビザ(ボランティア用)申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について
◇ カナダ健康診断受診病院の詳細
◇ 2010年カナダワーキングホリデービザ概要
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/09/25 15:12
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年9月24日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

ケント先生からのメッセージ!期待していることは?
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今月に入ってから、ドンドン、BBIのプログラムに関連する動画をアップしていますが、皆さんもうご覧になられたでしょうか。

今日も昨日に引き続き、アップされた動画の紹介をしていきたいと思います。

今日紹介するのは、日本語アシスタント教師として活動する学校の先生からのメッセージです。

この先生は、ケント先生とおっしゃって、長年BBIと一緒にこのプログラムを盛りたててくれています。過去の参加者からは、『仏のケント先生』と呼ばれていたこともあり、とっても優しく、アシスタント教師の立場や状況をとてもよく理解してくれていて、何かあればいつも助けてくれる存在です。

日本語もとてもお上手なので、英語が苦手な方でもとても有意義に活動や生活ができる学校の一つでもあります。

そのケント先生から、活動中に皆さんに期待していることや、指導経験・英語力の有無、日本で準備してくることなどのアドバイスが聞けます。また、先生にとって一番大事なことも番外編で^^;お話されています。

7分くらいの動画ですので、どうぞご覧ください。学校のある地域の様子など含めて、ああこういった場所で活動するのか、学校はどんな感じなのか、その辺も見て取れると思います。

さて、その前に、1月出発のおさらいを。以下の募集要項のとおりです。416ビザにて参加する場合は、手配の関係上、10月末までに必ず派遣インタビューを受けて下さい。

尚、この1月スタートの方から2011年一杯、
BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師

のキャンペーン価格を利用することができます!是非是非ご利用下さい!



【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2011年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月31日(月)~2月4日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月7日(月)
募集締切日 : 
2010年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月20日まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年4月(応募締切1月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

さて、ケント先生の動画のお話を。まずは、最近アップした、BBIの動画のページを以下のバナーでクリックしてみてください!



また、ケント先生の動画はこちらでもご覧いただけます。

 > ケント先生からのメッセージ!

このケント先生の学校は、サウスオーストラリア州にある私立の小中高一貫校です。キャンパスが2つあって、いつもアシスタント教師をその両方のキャンパスで、受け入れをしています。

小学生には、日本の文化紹介を高校生には、特に12年生(高校3年生)には大学受験に備えて会話の練習などを期待されているようです。

この学校は一貫校なので、このように小学生から高校生までを見て頂くこともでき、週当たりの授業数は20コマの様です、かなり多いですね!

ご覧頂ければ、お分かりとなりますが、ケント先生は、日本語がとてもお上手です。従って、英語が苦手な方、教えたい経験がない方でもいざとなったら先生が日本語でサポートしてくれるので安心です。(ちなみに日本語の先生全員がこのよう日本語をお話しできるとは限りません。たくさんの英語環境にて活動したい方は、あまり日本語が得意でない先生の学校で活動することも一つの手です)

また、小学校から高校までの生徒を見れることもこの学校の特徴ですね。

そういったご希望のある方や、英語力にちょっと不安な方はこの学校がとてもお薦めです。でもどういった人でも、英語力が高い方でも、420時間の資格を持った方でも多くの方がこの学校には参加していますが、全員満足度が高い学校です!

この学校は人気校でもありますので、もしこの学校で活動をされたい方は、お早めに派遣インタビューを受けて下さいね。早いもの順にプレースメントをしていきますので。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

 > 日本語教師海外派遣プログラムプロモーションビデオ(全体の概要) NEW

こちらで、学校の活動の様子や、参加者の気持ちや体験などを目にすることができますので、どうぞとくとご覧くださいませ。

1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2010/09/24 19:46
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年9月23日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


動画で見る!杏子先生、教室の紹介編!
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今月に入ってから、ドンドン、BBIのプログラムに関連する動画をアップしていますが、皆さんもうご覧になられたでしょうか。

日本語教師派遣プログラムの現地での活動の様子はもちろん、日本語教師養成講座の授業風景、児童英語教師の授業風景など、いろいろと動画で見ることができます。どうぞ以下のバナーをクリックして、動画専用ページでこの件ご確認ください。



さて、この動画のページでは、最近、日本語教師派遣プログラムにおいて、日本語アシスタント教師の活動の様子をさらにアップしました。それが今日紹介する杏子先生編です。

杏子先生編としては以下の動画をアップしました。それぞれYouTubeで見ることができます。

 > 教室の紹介編
 > オリジナル曲『ポイ捨てダメ』編
 > 杏子先生の活動編



人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2011年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月31日(月)~2月4日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月7日(月)
募集締切日 : 
2010年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月20日まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年4月(応募締切1月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

尚、この1月スタートの方から、
BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師

のキャンペーン価格を利用することができます!



【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
杏子先生、教室の紹介編

上記の動画の教室紹介編をご覧になると、おおよそ海外の教室の様子がわかります。

杏子先生の学校は、オーストラリアの学校ですが、おおよそこのような感じです。何か日本の学校や教室と違うかと言うと、ここが日本語の教室となっていますので、日本語を学習する生徒さんたちは、その時間になるとこの教室にやってきます。

日本の中学校や高校だと、普通は自分のクラスにいろいろな科目の先生がやってくるような形で授業が進んだと思いますが、海外の学校では、日本の大学の様に生徒が動いて、その教室に行きます。

この杏子先生の学校の教室は、教室に先生方のスタッフルームもある様で、その辺は、他の学校ともしかしたら違うかもしれませんが、教室の中の、いろいろな掲示物などは、どの学校でも見られる風景ですね。

このような掲示物は、教室紹介の動画内でも杏子先生がおっしゃっていますが、手作りで皆さんが作られることが多いです。こういった作業もアシスタント教師の仕事の一つとなります。

また、その他には、オリジナル曲『ポイ捨てはダメ』編もありましたが、こちらは、日本でよく言われるポイ捨てはダメということをオリジナルの歌を作って、生徒たちと一緒に歌っている様子が出ています。

ポイ捨て自体を覚えることも勿論ですが、出てくる言葉やフレーズも楽しく歌を歌いながら、覚えてもらう、親しんでもらうそういったことがこの授業の目的だと思います。

こんな風に、オリジナル曲を歌いながら、もちろん日本で流行っている歌を歌いながら、または童謡を歌いながら、日本語や日本のことを伝えていく授業はよくやります。

アシスタント教師の方は、恥ずかしがらずに一緒に大きな声で歌えるようにもしていく必要があります。

どうぞこういった動画を見ながら、現地の活動の様子を想像してみてくださいね。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

 > 日本語教師海外派遣プログラムプロモーションビデオ(全体の概要) NEW

こちらで、学校の活動の様子や、参加者の気持ちや体験などを目にすることができますので、どうぞとくとご覧くださいませ。

1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2010/09/23 16:29
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年9月23日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


はっきりと英語の先生になりたい!と思うようになった
-1月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラム 体験談紹介!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、BBIでは、できるだけ現場の様子が分かりやすいように研修修了アンケートや体験談を紹介しています。

BBIでの経験を積むプログラムとして日本語教師海外派遣プログラムがありますが、先日この活動を終了された方から、修了アンケートが届きましたので、今日はそちらを紹介したいと思います。

尚、活動の様子や先生からのメッセージは以下の動画のページでも見ることができます。どうぞご参考ください。



このプログラムでは、

 ○ 将来日本語教師になりたい
 ○ 将来(英語)教師になるので海外の教育現場を経験したい
 ○ 実践的な英語を習得したい
 ○ 英語の環境にドップリと浸りたい
 ○ 観光ではいけないような地域に浸り真の海外生活をしてみたい
 ○ 海外で日本人スキルを生かして何かしてみたい


などとお考えの方にお薦めのプログラムですが、

今日、紹介する方は、将来先生になれたらいいなぁと思って参加したのですが、活動を終了するにあたって、はっきりと英語の先生になることを決めたようです!

このように、このプログラムは、上記に挙げた様な目的が叶えられるプログラムです。日本語教師派遣プログラムなので、日本語教師になることが目につきますが、実は、このように実践的な英語を身につけたい、英語教師になりたい、というような志望動機の方も大変、多く参加されています。

そういった目的の方もぜひ、このプログラムをご利用下さい。さて、体験談紹介に入る前に、まずは来年1月の募集要項から紹介します。

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2011年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月31日(月)~2月4日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月7日(月)
募集締切日 : 
2010年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月20日まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年4月(応募締切1月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

尚、この1月スタートの方から、
BBI7周年記念!ラッキーセブン特別価格♪で日本語教師

のキャンペーン価格を利用することができます!



【ラッキーセブン特別価格♪】
1学期間: 400000円 ⇒ 308000円
2学期間: 470000円 ⇒ 338000円
3学期間: 510000円 ⇒ 368000円
1学年間: 550000円 ⇒ 398000円

※学割(-3万円)、資格割(-3万円)、英語割(-1万円)、WH割(-1万円)は通常通り適用します
※BBI組み合わせ割引もそのまま適用


↑ 更に使えるBBIの組み合わせ割引、1学年間で298000円にも!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム 体験談

『はっきりと英語の先生になりたいと思うようになった!』

 活動者: 女性 大学在学中(教職も習得中)に休学して参加
 参加期間: 4月から6ヶ月間
 活動場所: ヴィクトリア州 私立中高校
 日本語講師: ネイティブ日本語講師
 教えた学年: Year7~Year12(中学校1年生~高校3年生)
 教えたコマ数: 1週間18コマ程度

◎行った授業内容を教えてください

基本的にどの学年でも日本語の先生が教科書に沿って行う授業のアシスタントをしました。Year7year8ではビンゴをしたりポスターをつくったり、生徒たちが楽しめるような授業が多くありました。Year11year12では文法中心の授業で、エッセーやリスニングの練習をしたり、時にはカルタやすごろくを使って漢字や文法の復習をしました。どの学年の授業でも、日本とオーストラリアの違いを扱うことが多く、日本ではどうか、ということをよく聞かれました。また、year12では週に一度、一対一で会話練習をしました。

授業をすすめるのは日本語の先生で、私は文章を読み上げたり、課題をしたりエッセーを書いたりしている生徒を見て回って手伝ったり、板書したりしました。また、テストやエッセーを添削したり、上のほうの学年ではテストや練習問題を作ったりしました。

◎授業を一人で任されましたか

いいえ、任されませんでした。ただ、自分で授業の内容を考えて、ということはありませんでしたが、先生がお休みのときはその先生が作ったワークシートを生徒がするのを手伝ったり、オーラルテストのための練習をしたりエッセーを手伝ったりしました。Year12の授業で先生がいないときは一人でしましたが、他の学年の授業では監督の先生が来てくれたので、指示が伝わらない、生徒がうるさくして困るということはありませんでした。

◎費用は全部でどれくらいでしたでしょうか

参加費、ホームステイ代、ホリデー中の旅行やその他出費をあわせて85万円ぐらいだと思います。

◎派遣地はどんなところでしたか

この学校はMelbournecityから電車で約一時間のLilydaleという町にあります。学校からはきれいな景色が見られ、スクールバスからはたくさんの羊や馬も見られました。冬だったので雨の日が続き、日差しが恋しくなりました。

◎日本出発前にしておけば良かったことは何ですか

英語の勉強はもちろんですが、日本のことをもっと知っておいたほうがよかったと思いました。英語については、ホームステイ、学校、そのほかの場所でも、皆私のつたない英語をがんばって理解してくれて助かったのですが、英語が分かればもっと楽しめるんだろうなーと思うことが何度もありました。日本については、自分の出身地の人口などの基本的なことから、ひな人形の値段、どうして侍は切腹するのかなど、いろいろなことを聞かれてすぐに答えられない、うまく説明できないということがたくさんありました。あとは料理です。料理が上手だったらホームステイ先で和食をつくりたかったのですが、人に食べてもらうようなものをつくる自信がなく、おすしだけしか作れませんでした。情けないです。。

◎この経験を今後どのように繋げていこうと思っていますか

あと半年はオーストラリアで過ごす予定なので、この半年で少しは伸びた英語を、使いこなせるまでになりたいです。私がこのプログラムを選んだ理由は、将来の選択肢の一つとして英語の先生もいいなあと考えていたからなのですが、半年が終わった今、はっきりと英語の先生になりたいと思うようになりました。この半年で学んだことを将来にいかしたいと思います。また、日本語を教える楽しさを実感したので、日本に帰って大学を卒業するまでの間に、日本で日本語を教えるボランティアか何かできたらなあと漠然と考えています。あと、この半年で出会った素敵な人たち、特に新しい環境にとまどう私によく声をかけてくれたホストファミリーや先生たち、生徒たちを見習って、今後の私の行動に反映させていきたいと思います。

◎出発前と今の英語力は何が違いますか

やはりリスニングが一番伸びたと思います。半年前は小さい子どもや初対面の人はもちろん、ホストファミリーや日本語の先生の簡単な英語も聞き取るのに苦労していましたが、今ではいろいろな人の英語を聞き取れるようになったと思います。スピーキングについては、発音や流暢さはまだまだですが、英語を話すことの抵抗はなくなりました。語彙も、高校では学ばないような日常生活に関するものが増えたと思います。

◎このプログラムの満足度を教えてください

100点/100点

半年間のアシスタントとしての活動を終えて、このプログラムに参加して本当によかったと思いました。海外に長期間滞在するのは初めてで、英語もたいして話せないのに学校でアシスタントなんかできるのかと学校に来る前は不安に思っていました。しかし、生徒、先生、ホストファミリーはあたたかく迎えてくれて、そのような不安もすぐになくなりました。私の授業はyear11year12が多く、他の学年ではいろいろなクラスに行っており、週に一度しか行けないクラスがほとんどで、二週間に一度だけしか行けないクラスもありました。しかしそんなクラスの生徒たちも遠くから私を見かけると「こんにちはー」や「Hiあさみー」と声をかけてくれ、授業で教室に入ると嬉しそうに名前を呼んだり日本語であいさつしたりしてくれました。また、このプログラムは英語の上達にぴったりでした。日本人がいない環境で、日本語の先生とも日本語で話すことはありませんでした。自分の英語が問題で生徒の質問に答えられないということも多々ありましたが、それがまた英語をがんばろうという気にさせてくれました。また、ホームステイをすることができたのもよかったです。ホストファミリーと一緒に過ごした時間は、学校で生徒と過ごした時間と同じぐらい心に残っています。学校以外では、地域の柔道クラブに週に一回参加して、スポーツを通していろいろな人とかかわることができました。

しかし、半年を終えてまだまだ自分はひかえめだなと感じます。他の授業に参加させてもらったり、学校以外の活動にもっと積極的に参加したりしてもよかったんじゃないかなと思います。あと半年のオーストラリアの滞在や、日本に帰ってからの生活に、この半年での反省点をいかしたと思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

(その他の体験談はこちら)

 ◇ 変化は2ヶ月目に現れました!英語が聞き取れるねって。
 ◇ ホント素敵な先生ばかりで私もこんな先生になりたい!
 ◇ 学校でもプライベートでもいかに自分が動くかが鍵!
 ◇ 英語は確実に伸びた!遠慮していたらもったいない!!



1月出発は10月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
 

posted by BBI at 2010/09/23 15:17
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年9月21日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


体験談紹介!台湾で日本語教師派遣プログラム
-次回は9月27日以降であれば参加が可能!台湾で日本語教師派遣プログラム!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、8月から台湾で日本語教師派遣プログラムに参加されていた方からホットな体験談が届きましたので、今日はそれを紹介させて頂ければと思います。

写真も多く送っていただけましたので、こちらの方は後日、BBIのサイトの体験談の中でアップしたいと思いますので、どうぞそちらもご参考くださいね。

尚、台湾で日本語教師派遣プログラムは、次回は10月以降であれば今のところ参加が可能です!ちなみに、台湾は、台湾の旧正月(毎年2月初旬ころ)以外の日程は、基本的に年末年始であっても受付が可能で、活動を頂くことができます。

また台湾は、1週間からの参加ができますので(1週間では活動内容が制限されるので、お薦めは2週間以上)、これからであれば冬休みの期間に参加することも可能です。

ただ、一度に多くの方の受付をすることができませんので、希望される時期に他の活動者がいる場合は、参加できない場合もありますので、活動時期の確保ではありませんが、日程が決まっていらっしゃる場合は、なるべくお早めにアクションを起こしてください。

さて、まずはおさらいから、直近の台湾で日本語教師の募集情報をお知らせします。

直接法で教える 屈指の親日家の国 台湾
*******************************************************************
■最新!台湾2010年10月以降の活動 
準備研修 : 現地にて行います
対象 : 2010年10月以降の活動をする方
活動開始日 : 通常、週末に到着し翌月曜日から
募集締切日 : 各回定員に達し次第

募集条件 : 20歳以上、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1~12週間(4週間程度までをお薦めしています)
特典 : 学割、資格割あり

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 台湾で日本語教師派遣プログラムの詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

それでは今日のコンテンツ、台湾で日本語教師派遣プログラムに参加された方からの体験談を紹介します。

【研修修了アンケート 2010年8月から2週間参加 女性】

教えた派遣先: 民間語学学校、日系企業 対象は高校3年生~30代後半(初級・中級・上級)
1週間の平均授業数: 7クラス

①このプログラムを選んだポイントは何でしたか


もともと日本で外国の子供に日本語を教えるボランティアをしていて、海外でやってみたいと思い参加しました。大学3年の夏休みに企業にインターンシップに行く学生が多いと思いますが、私はもっと違うことがしたいと思いこのプログラムを選びました。

大学では中国語を専攻しており、台湾だったら自分の語学力も生かせれるのではないかと思ったからです。

②体験談をお聞かせ下さい
私は大学で中国語を勉強していて、たくさんの友達が留学に行っている中、人とは違ったことがしたい!と思い留学ではなくこの日本語教師のインターンシップ参加を決めました。

この体験を始める前に一人で台湾1周旅をしていました。台湾に着いた日はバイクの多さにびっくりし、日本と同じように横断歩道を歩いているとバイクも車も突っ込んでくるのでとても怖かったのが台湾の第一印象です。

以前から台湾の人たちは親切だと聞いており、一人で行ってみようと思っていました。やはり、みなさん気軽に話しかけてくれ、道を教えてくれ、友達になり、ますます実習が楽しみになりました。

実習先の生徒さんたちは私と同じ年の子から30代の会社員と幅広く、もともと私は台湾の芸能人やドラマが好きなので、その話で盛り上がったりして、とても話が弾み楽しかったです。ある子とはバイクに乗せてもらい遊びに行ったりもしました。
上級クラスの生徒さんたちは、本当に日本語が上手で冗談を言い合ったりしてとても楽しいクラスでした。毎回いろいろなクラスに参加していて、会う度にみなさん話しかけてくれ、外では中国語で話しかけてくれました。

最後の日は1時間私のクラスを設けていただき、1週間前からどんな授業をするのかなど考え始めました。しかしそれがなかなか難しく、日本語教師の仕事は発想力がいるものだと感じました。

2週間の参加でしたが、学んだものはたくさんありとても充実した実習でした。先生方が丁寧に教えてくださったので、経験のない私でも授業をすることができました。

そしてこの滞在中に私の好きな芸能人のサイン会が2回もあり参加することができました!台湾では頻繁に街中や百貨店で芸能人が無料でサイン会を開催しているそうです。林依晨という女優は無料で飛輪海というアイドルグループは有料だったのですが。どちらもたまたま知ったもので、日本みたいに警備が固くなくそこでも中国語で話す機会がありいい思い出になりました。

旅と実習を合わせると約1カ月台湾に滞在していました。しかし帰る時まだ台湾に居たいなーという気持ちがありさみしかったです。

BBIさんいろいろありがとうございました。

③これから参加される方にアドバイスお願いします
台湾の学生は日本の音楽やドラマ、芸能人にとても興味があります。私はもともと台湾の音楽やドラマが好きなので学生と話が弾んだりしました。台湾の芸能関係にすこし興味をもってから参加すると学生との会話が楽しくなると思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


台湾で日本語教師派遣プログラムは、

 ◇ 1週間~の短期で参加できる
 ◇ 日本語を使って指導する直接法採用
 ◇ 中国語を話す生徒なので中国語での指導も可能
 ◇ 民間日本語学校を中心に企業、高校、幼稚園など複数で指導可能
 ◇ 空港出迎え、現地滞在先がプログラム費用に含まれる
 ◇ 充実したそして満足度の高いプログラム内容
 ◇ ベースの受け入れ先の先生から参加者の能力に応じた懇切丁寧な指導、アドバイス
 ◇ 就職サポート(オプション)あり

等が特長として挙げられとても人気です。

また、同時期に複数の方をなるべく受けないように、できるだけ参加される方に充実した活動をして頂けるように配慮もしており、とてもお薦めな活動環境です。

従って、

 ◎ 日本語教師の活動が初めての方
 ◎ 日本語教師関連の資格を持っていない方
 ◎ 中国語が話せない方
 ◎ 海外に出るのが始めての方


等の留学や海外などが初めての方から

 ◎ 日本語教師の資格保持者で海外で経験を積みたい方
 ◎ 直接法の日本語教師を目指している方
 ◎ 中国語をブラッシュアップしたい方
 ◎ 将来台湾で就職を考えている方


等、日本語教師、中国語、台湾で就職などを考えている方などにも向いた派遣先です。

この様にどういった方でも向いている派遣国ですが、同時に参加者の満足度が高いのもこの派遣先の特長です。

この満足度は、それこそ上記の様などのようなタイプの方からも一様に挙げられている内容ですが、すべては、ベースの受け入れ先である、日本語学校の先生のアレンジにもよるところが大きいです。

派遣インタビューなど皆さんが希望されている内容や皆さんの日本語教師に対する状況を鑑みて、活動内容を工夫していることがこの背景にあります。

また、どのような方でも必ずご自身で授業をして頂けるように対応もしています。経験者であればなおの事、できるだけそれができる様に対応しています。

あくまでもボランティアの経験となりますが、

 ● 日本語教育環境の高い台湾であること
 ● 日本語教育に熱心な生徒が多いこと
 ● 世界屈指の親日国である

なども大きな背景となり、参加される方々によって充実した、満足度の高い活動内容を提供できているのではと思います。

先述の様に、この台湾、恐らく世界で一番の親日国(地域)かと思います。英語圏ではオーストラリアやニュージーランドが日本語教育としてとても盛んですが、台湾での日本語ブームやその教育環境はとても高く、またもともと親日国であることが、活動者にとても良い影響を及ぼします。それは、

 ○ 学習者がとても熱心
 ○ アイドル、ファッションなど日本のポップカルチャーに憧れている人が多い
 ○ 日本語を学ぶことが、台湾でのステータス
 ○ 日本人や日本語がとても好きなので、活動しやすい生活しやすい


等が挙げられます。また、繰り返しとなりますが、この台湾への派遣の特長として、

 ○ 民間日本語学校での活動
 ○ 企業での活動も可能
 ○ 幼稚園、高校等での活動も可能

等、複数の派遣先で活動することが可能です(派遣先は時期により異なります)。

また日本語を使って日本語を教える直接法での指導ですので、420時間の資格保持者など、本格的に将来日本語教師として活動をしたい方にも適した派遣国です。

更に、中国語を勉強したい方、台湾での就職活動をしたい方(オプション)にもそれが叶えられる環境下です。

ですので、BBIとしても、
現在9カ国に派遣をしていますが、この本部のあるオーストラリアと並んで、自信を持って送り出すことができるそして、良い活動が期待できる国の一つがこの台湾となります!

【台湾で短期日本語教師体験 お薦めな方】

 ○ 日本語教師の活動をちょっとかじってみたい方
 ○ 将来本格的に日本語教師を目指している方
 ○ 短期間しか参加ができない方
 ○ 中国語をブラッシュアップしたい方
 ○ 民間学校等でしっかりしどうして見たい方

以上どうぞご参考下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 台湾で日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合(メール、オフィスでカウンセリング)
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/09/21 12:30
コメント()  トラックバック(0)
 33件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.