日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2010年7月の記事一覧


 38件中1~10件表示  次のページ

       -このブログ記事内容は【2010年7月31日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

英語教師養成講座TESOL体験談!PGI 編
-徹底した英語オンリーの学校で今注目のTESOLを学ぼう!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、BBIでは、日本語教師養成講座の資格以外に英語教師養成講座の資格取得のコースを紹介しています。

このBBIで紹介する英語教師養成講座には、2種類あって

 ① 児童英語教師養成講座
 ② 英語教師養成講座TESOL

とあり、前者は12歳までの子供に英語を教えることができる資格です。

また、②に関しては、12歳以上の大人に対して英語を教えられる資格で、現在日本の中高校の英語の先生に特に必要とされている、英語を使ってコミュニカティブに指導できる英語教師のスキルが習得できる資格コースです。

BBIではいずれも日本語教師派遣プログラムとの組合せプランにより、

 『資格取得』+『現場での実践経験』

を効果的なプランとして紹介しています。
念のため申し上げますが、日本語教師派遣プログラムは、教えるものは日本語であり日本文化等ですが、英語で生徒に対して教えるので、正に将来の英語教師になる人に打ってつけの現場環境となります。

これらのコースはもちろん単体でも受講可能ですので、ご本人の目的に沿って選択されてみてください。

さて、今日は、そのTESOLコースで最近受講が終了された方から体験談が届きましたので、それを紹介したいと思います。

このBBIが紹介するTESOLコースは、

 ○ TESOL専門の語学学校グリニッチカレッジ
 ○ 徹底した英語オンリーの語学学校PGI
 ○ シドニーの老舗マンモス語学学校ACE

とあります。

このうちPGIで受講された方からの体験談が届きましたので以下に紹介をさせて頂きます。

【体験談 TESOL英語教師養成講座 ~PGI編~】

野村将之 さん 2010年4月から参加
PacificGateway International

◎このプログラムを選んだポイントは

・英語を学ぶだけではなく、英語を使って何かを学びたかったから
・Englishi Onlyの環境と直接法での教育法に興味があったから
・Certificateをもらえる可能性があったから

◎体験談紹介

学校jの立地条件として、シティーにあり、交通の便も良く通学しやすい学校だと思った。周囲には数多くのショップやレストランもあり、非常に便利な場所だと感じた。ただ、TESOL受講中は、ほぼ一切遊ぶ時間がなく、毎日課題をこなして、バイトとの両立をするので大変だった。コースの特長として、10週間(+猶予2週間)で大きな課題が15、16個あり、重なったときは、同じ提出期限のものが4つあるといったときもあった。量だけでなく質も非常にレベル高く、自ら考えさせる課題がほとんどだった。最大の特徴はプラクティカム(教育実習)で実際の語学学校に通っている生徒を相手に、準備・授業・アセスメント・フィードバックまで、すべて一人でこなさなければ行けないことだと思う。この集中的なコースを受講したことによって、自己管理と時間管理も学んだ。今、自分が何をすべきでなのか、優先順位を考えて行動できる様になった。また、自ら考える力、問題解決能力も付いたと思う。非常に忙しく大変な10週間だったけど、充実していて楽しく過ごせたと思う。自分の自信にもつながり、人生の中での一つの良い思い出になると思う。

◎これから参加される方へのアドバイスをお願いします

受講するなら、それなりの覚悟をしたほうが良いと思います。ただ、諦めずに最後までやりきったら、自分の中で何か得れるものが必ずあるコースだと思います。自分に厳しく甘えないように頑張ってください。興味があれば実際はとても楽しいコースです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

TESOL、英語教師養成講座はBBIの中でとてもお薦めしている資格取得コースです。

それは、現役の英語教師や、将来英語教師になろうとしている方、使える英語を習得したい方にとって、本当に質の高いレベルの高い講座だからです。

真剣にその道を目指すかたには本当に取った方が良いと思いますし、これからの日本の英語教師に必要な資格で、それを持っている、そのスキルがあるというのは間違いなく学校で必要とされる英語教師になりえると思います。

実際に、国を挙げて、『英語が使える日本人計画』の中で、英語を教える教師自身を鍛えるという計画があるのですが、まさしくその内容に即したのがこの英語教師養成講座TESOLとなります。

したがって、とても勝ちのある資格だとBBIとしては認識しています。ある程度の英語力が受講には必要となりますが、是非挑戦して頂きたい講座だと思っています。

今回は、PGIという語学学校の講座での紹介でしたが、他の学校含めて、ご自身に合った講座をどうぞ選択し、頑張って頂ければと思っています!




∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ TESOL英語教師のご質問は ・・・ お問合せ
◇ 英語教師余生講座のお申込みは ・・・ 仮お申込 

◇ 英語教師養成講座とは
◇ TESOL英語教師とは
◇ TECSOL児童英語教師とは
◇ 児童英語教師体験談

◎英語を鍛える身に付けるプログラム


 ○ 実生活英会話
 ○ 英語教師養成講座TESOL
 ○ 児童英語教師養成講座TECSOL
 ○ お薦め語学学校一覧

更に鍛えて実践を踏むには

 ○ 日本語教師派遣プログラム(英語圏がお薦めです!)
 ※ここから各国のプログラムを見てください

 ◇ キャンペーン情報・割引情報の記事一覧
 ◇ 今月のキャンペーン・割引情報

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

posted by BBI at 2010/07/31 13:20
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年7月29日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

どれが一番自分に合う講座?日本語教師養成講座!
-日本語教師養成講座420時間の選択!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。



さて、先ほど、BBIの扱う全3コースの日本語教師養成講座420時間の2011年の開講スケジュールを発表しました。

こちらに関係して、ではどの講座を選択したらいいのかそのヒントとなることを以下に紹介してみたいと思います。

端的に言うと、ご参加される皆さんの目的によって環境によって選択するコースは変わってきます。

それは、いずれも日本語教師養成講座420時間なので、どの選択肢でも必ず420時間の資格が取得できることにもつながります。

よって、どれを選択しても420時間が取得できるのですから、どれでも良いといえばどれでもいいのですが、せっかくお金を掛けて資格を取得するのであれば、できれば、ご自身の目的に沿った講座を選んで受講された方が良いと思います。

目的には以下があると思います。

 ○ 日本語教育能力検定試験も合格したい
 ○ 教える実践力をつけたい
 ○ 間接法も身に付けたい
 ○ できるだけ安く取得したい
 ○ 自分のペースで受講したい
 ○ 講師の前で模擬授業の評価をしてほしい
 ○ できれば修了後就職に実績のある講座を受講したい
 ○ できるだけ短期間で修了したい


等などいろいろな目的が皆さんあると思います。その目的に沿って、実はBBIがお薦めする講座は異なります。

以下の内容を鑑みて、どれが自分に合っている講座であるのかどうぞ判断する一つの目安としてご参考下さい。

 > 2011年の日本語教師養成講座 全開講スケジュール


【どれが自分に合う講座?日本語教師養成講座】

現在、日本語教師ネットワークでは、4つの日本語教師養成講座を紹介しています。
大きく分けると、通学コースか、通信コースか、通学と通信の混成コースかになります。

通学コースとしては

 ◇ シドニーで日本語教師養成講座
 ◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座

通信コースとしては

 ◇ 世界どこでも日本語教師養成講座(オール通信)

通学と通信の混成コースとしては

 ◇ 通信講座を通学で(このページの中段以降に詳細

となります。それぞれの講座は受講内容や受講方法が異なるので、単純に比較することはできませんが、それぞれの特徴を把握することにより、どの養成講座が自分にあっているか変わってくると思います。

今日はそんな切り口から、4つの日本語教師養成講座のうち、どの講座が自分に合っているのか!?、どの講座をチョイスしていけばいいのかなど、紹介してみたいと思います。講座選びで悩んでいる方、是非参考にしてみて下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

そもそも日本語教師養成講座420時間はどれも一緒なのか

BBIで紹介している日本語教師養成講座は、全てオーストラリアにある日本語教師養成講座機関です。

ご存知のとおり、日本国内には多くの日本語教師養成講座機関が存在していますが、それらの講座とオーストラリアにあるものとで違いはあるのでしょうか。

答えはYes&Noです。

そもそも、日本語教師養成講座は公には唯一文化庁がその講座内容に関して指針を示しています。各養成講座を行っている機関は、その指針に沿って講座内容を決めて講座を提供しています。指針があるので大幅にずれることはありませんが、講座内容自身は各養成講座機関が決定しているため、内容はそれぞれ異なり、各養成講座機関のオリジナルの講座内容となっています。

また、文化庁は指針を示しているのみで、各養成講座機関の講座内容のチェック機関は持ち合わせていなくまた、それぞれを確認することもしていないため、そもそもが日本語教師養成講座の内容は各機関によって異なることは当然のこととなります。

それは、日本国内であってもそうですし、海外にある機関であってもそうですし、通信であっても然りです。

従って、この日本語教師養成講座420時間は、文化庁が掲げる指針に沿っていれば、どの養成講座機関のものでも『日本語教師養成講座420時間』というくくりで同じものでありますが、あとは個々の養成講座機関によって、特性や重きを置きたいポイントを加味して講座内容が決定されているので、個々の養成講座機関の講座内容は厳密には異なるということとなります。

従って、個々に合った、個々が希望する講座を選択することはとても大事なこととなります。

ただ、一点間違ってはいけないこととして、きちんと420時間の講座になっているかどうかということです。

日本語教師の養成講座には、多数ありますが、420時間になっていない講座もあります。一般的に日本語教師になるための資格のひとつとして日本語教師養成講座はありますが、420時間(以上)の講座でないと当てはまりませんので、この点はどうぞお気をつけ下さい。

もちろん、BBIで紹介している講座は全て420時間の講座ですのでどうぞご安心下さい。

余談ですが、日振協(日本語教育振興協会)という団体がありますが、この団体の認定校であるかどうかがポイントであるとインターネットやいろいろな情報ソースで言われている事が良くあります。

日振協にご確認頂ければいいのですが、そもそもこの日振協は、日本語教師養成講座機関に関して、それが正しい講座であるかどうかをチェックする機関ではありません。先に述べたように公にチェックができる機関と言うのは存在しないのです。

この日振協は、日本にある日本語学校が正しく運営できているかどうかをチェックする団体ではありますが、養成講座とは全く関係ない団体となります。

勘違いされる理由はあるのですが長くなるのでここでは端折りますが、良く耳にするこの内容、

『日振協に認められない日本語教師養成講座は認められる養成講座ではない』

という内容は全く根拠のない間違った情報ですので、どうぞその情報に振り回されないようにしてください。

くどいようですが、文化庁の指針に沿っていて420時間のコース内容にしていれば、日本語教師養成講座420時間の資格となります。

だから各養成講座機関の講座内容が異なるのか

そうです、日本であろうと海外であろうと通信であろうと、上記のとおりそれぞれの養成講座機関の講座内容は、指針に沿っている部分以外は厳密には異なります。よって、各個人に合った、または各個人が身に着けたい講座内容は同じ420時間のコースでも異なるのです。

良く、このブログで、オーストラリアの養成講座は実践重視などと書いていますが、この辺は、日本にある他の養成講座機関の講座内容とは顕著に異なっている点で、同じ日本語教師養成講座420時間ですが、修了時に身についているスキルや知識は、異なってきます。

なので、自分に合ったまたは身に着けたいスキルは何なのかというところにポイントを置いて、どの講座が適切であるのか判断することがとても大事だと思います。せっかく、この資格を取るのですから、ただ漫然と受講するのではなく、入念に適した講座を選択したいですね、受講費用も掛かるわけですから。

BBIが紹介する日本語教師養成講座のそれぞれの違いは

以上のように各日本語教師養成講座は、講座内容が異なると伝えてきましたが、ここでBBIが紹介している4種類の講座の特徴を紹介したいと思います。いずれもきちんとした、日本語教師養成講座420時間の資格取得コースとなります。

どうぞ自分が求めるもの、適している講座はどれなのか十分に検討してみてください。それぞれ特徴を箇条書きしてお伝えします。

【通学コース】
シドニーで日本語教師養成講座
○ オーストラリアシドニーで行う通学のコース
○ 11週間の講座スケジュール
○ 月~金曜日まで毎日午前9時より午後4時まで
○ 受講費 4500豪ドル
○ いかに教壇で教えるか、実践重視の講座内容
○ 毎日模擬授業が課される
○ 授業の導入から本番まで全て一人で行う模擬授業
○ よって、一つの授業を行うために教案の作成、教材の準備、練習、披露を毎回行う
○ 模擬授業内容に関してクラスメイトとディスカッション(良い点、改善点の議論)
○ よっていろいろなアイデア、視点がそれぞれ吸収される
○ 全養協認定校

ゴールドコーストで日本語教師養成講座
○ オーストラリアゴールドコーストで行う通学のコース
○ 8週間の講座スケジュール
○ 月~金曜日まで毎日午前9時30分より午後3時まで
○ 受講費 4400豪ドル
○ 実践重視の講座内容
○ 毎日模擬授業が課される
○ 一つの授業を分担するリレー形式の模擬授業
○ みんなの日本語全50課に対する教案の作成提出が必要
○ 全てを提出することによって初級日本ご教授方の全ての分野においてオリジナルの教案が完成
○ 日本語教育能力検定試験対策講座及び対策模擬試験実施
○ 併設日本語学校にてアシスタント研修あり
○ 修了後に有給で働く道もあり

【通信コース】
世界どこでも日本語教師養成講座(オール通信)
○ 世界どこでも受講可能な通信コース
○ 平均して半年から1年間で修了するスケジュール
○ 計20回の記述式課題提出及び1回当たり10問の設問あり
○ 全てを記述式にしているのは、真の理解度を評価できるため、また自分で記述した例文などは将来日本語教師として活躍する際に使用が可能
○ 受講費 1740豪ドル
○ 直接法と間接法の教授法が学べる
○ 講師の目の前で模擬授業など実践練習はできないが、DVD教材など目で見て覚える教材もあり
○ 懇切丁寧な添削結果。添削内容を十分に復習することで更なる知識を身に着けられる
○ 日本語教育能力検定試験対策講座実施
○ 通信でありながら驚異の修了率(80%以上が修了)
○ 日本語学習者用の教材もあるので、修了後すぐに日本語教師として活動できる

【通学と通信の混成コース】
通信講座の一部を通学で
○ 世界どこでも通信コースの一部を通学で受講
○ 通学部分は講座の前半部分を行う
○ 通学部分は、オーストラリアシドニーで行う
○ 通学部分は2週間のスケジュール
○ 月~金曜日まで毎日午後1時より午後5時30分まで
○ 通学コース期間中には模擬授業も課される
○ 従って、通信コースのみでは味わえない実践部分も講師の目の前で研修できる
○ 通学コース修了後は後半部分を通信で受講
○ 通信部分は平均して半年程度で修了するスケジュール
○ 通信の後半部分は計10回の記述式課題提出及び1回当たり10問の設問あり
○ 受講費 1740豪ドル
○ 直接法と間接法の教授法が学べる
○ DVD教材など目で見て覚える教材付き
○ 懇切丁寧な添削結果。添削内容を十分に復習することで更なる知識を身に着けられる
○ 日本語教育能力検定試験対策講座実施
○ 通信でありながら驚異の修了率(80%以上が修了)
○ 日本語学習者用の教材もあるので、修了後すぐに日本語教師として活動できる
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

以上がそれぞれの講座の特徴です。ご自身が希望する講座内容は、身に着けたいスキルが学べる講座はどれなのか、費用、現実的な受講方法などいろいろなポイントによって、チョイスする最適な講座は異なると思います。

是非是非ご参考頂き、決定してみて下さい。


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

■その他プログラム毎お薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座

 日本語教師養成講座専門サイト 日本語教師になる。
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/30 12:51
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年7月29日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


2011年スケジュール日本語教師養成講座+残席状況!

-2011年の開講スケジュールが整いました!!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先日ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間の2011年の開講スケジュールが出ました。

これによって、BBIで紹介している日本語教師養成講座420時間、全3コース4講座の来年の開講スケジュールが整いましたので、併せて紹介をしたいと思います。

以下に、現時点の残席状況を今年の分含めて、紹介しますので、どうぞご参考下さい。


【オーストラリアで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (7/29現在)

≪2010年≫
(8月)
 ○ 8月16日~11月5日 ・・・  残6席 シドニー)
(9月)
 ○ 9月20日~10月1日 ・・・  残3席 (通信で通学
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  満席 シドニー)
(10月)
 ○ 10月4日~11月26日 ・・・ 残4席 (ゴールドコースト
(11月)
 ○ 11月8日~2月25日 ・・・  残10席 シドニー、年越しコース)
 ○ 11月15日~11月26日 ・・・  残6席 (通信で通学
≪2011年≫
(1月)
 ○ 1月10日~1月21日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ※ 1月10日~1月14日 ・・・ 全養協日本語教師テスト対策講座
 ○ 1月17日~4月8日 ・・・  残8席 シドニー)
 ※ 1月23日(日) ・・・ 全養協日本語教師テスト試験日
 ○ 1月31日~3月25日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(3月)
 ○ 3月7日~5月20日 ・・・ 残10席 シドニー)
 ○ 3月14日~3月25日 ・・・  残6席 (通信で通学
(4月)
 ○ 4月11日~7月1日  ・・・ 残10席 シドニー)
 ○ 4月26日~6月21日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(5月)
 ○ 5月9日~5月20日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 5月30日~8月12日 ・・・ 残10席 シドニー)
(7月)
 ○ 7月4日~7月15日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 7月4日~9月23日 ・・・ 残10席 シドニー)
 ○ 7月18日~9月9日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(8月)
 ○ 8月22日~11月4日 ・・・ 残10席 シドニー)
(9月)
 ○ 9月19日~9月30日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 9月26日~12月16日 ・・・ 残10席 シドニー)
(10月)
 ○ 10月3日~11月25日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(11月)

 ○ 11月14日~11月25日 ・・・  残6席 (通信で通学

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります
※シドニーの講座は全11週間(間に1週間ホリデーのあるコースもあり)
※シドニーの講座で年越しコースは11週間の講座ですが途中に年末年始の休暇があるため全16週間の滞在期間となります
※ゴールドコーストの講座は全8週間
※2011年1月の全養協日本語教師検定試験対策はシドニーで行われ、通常のコースとは別の内容となります(費用:外部生300豪ドル、内部生250豪ドル。但し年越しコース参加の場合は、このコースも無料で受講可能)
※2011年1月23日の全養協日本語教師検定試験はシドニーの学校で行う


お申し込みは便利なオンラインで

 > 
シドニーで日本語教師養成講座 お申込み
 > ゴールドコーストで日本語教師養成講座 お申込み 
 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

上記のように2011年の全3コースの開講日を発表しました。

実は上記の通り既に2011年の一部のコースでは、お申込みが入っています。毎年の事ですが、この8月くらいには来年の1月のコースが埋まってしまうことも過去にありました。

まだ今年も5ヶ月くらいありますが、希望されている場合は、BBIにて発表している残席状況に注意して残りが3席程度となりましたら、いつ満席になってもおかしくない状態ですので、気をつけて対応されてください。

逆に行くことを決めている方は、残席があるうちにお申し込みをされた方が、希望の日程で受講できますのでお薦めです。

尚、今年2010年に関してもあといくつか講座があります。今年中に420時間が取得できるコースは、8月のシドニーのコースと、10月のゴールドコーストのコースのみです。今年中に420時間を取得し、来年から日本語教師として活動したいと計画を立てられている方は、どちらかで必ず受講ください。

また、シドニーの講座には、年越しコースといって年をまたいでのコース設定もあります。年末年始をシドニーで過ごす事ができるこの設定は、先の全養協日本語教師検定試験の対策講座が無料で付いているという特典付きですので、そのことも目的に入れている方にはとてもお薦めです!

詳しい年越しコースの案内はこちらでご覧下さい



■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

  :’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

■その他プログラム毎お薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/30 12:00
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年7月29日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

カナダ日本語教師、スムーズに話すことができず悪戦苦闘!
-2011年1月出発カナダ8月末日が応募締切!WHビザは9月末まで!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、BBIでは、できるだけ現場の様子が分かりやすいように研修修了アンケートや体験談を紹介しています。

今回のブログでは、カナダで日本語教師派遣プログラムの体験談に関してお届けします。

今回、紹介するのは、カナダの私立小中高一貫校で活動された方からの活動体験談です。この方は、日本で小中学校で教師のご経験があり、外国人に日本語や日本文化を紹介したいことからこのプログラムに参加されました。

この方は、教師のご経験があったので、メインで授業を任されることが現地ではありました。ただ、日本ではもちろん日本語を使って指導をしていたので、カナダでの間接法(英語を使って指導する)に苦労された場面もあったようです。

このプログラムでは、

 ○ 将来日本語教師、英語教師になりたい
 ○ 将来教師になるので海外の教育現場を経験したい
 ○ 実践的な英語を習得したい
 ○ 英語の環境にドップリと浸りたい
 ○ 観光ではいけないような地域に浸り真の海外生活をしてみたい
 ○ 海外で日本人スキルを生かして何かしてみたい


などとお考えの方にお薦めのプログラムです。これまでのご経験から、そして将来にどうしたいかを考えた際にこのプログラムの利用価値を見出した方は、どうぞふるってご利用下さい。

日本では、また語学学校等の他の留学では経験できない、味わえない内容がド~ンと詰まっています!日本人であることを生かすので、生徒も学校も皆さんを頼ってきます。そしてその環境で英語を使って生徒をクラスを引っ張っていくこととなります。

必要とされている皆さんが、日本人であることを生かして、英語を使わざるを得ない環境で、対応して行きます。

こういった内容は、本当に他にはないので、この環境で活動してみたい方には最高の環境です!是非、利用して今後のキャリアアップにつなげてください!!

さて、クイックで来年1月出発のカナダのこのプログラムの最終募集要項を以下に紹介します、8月末が締切となりますので、ご希望の方はそれまでに派遣インタビューをお受け下さい!

プログラム2番人気!英語が伸びる国カナダ
*******************************************************************
■カナダ2011年1月出発概要 応募締切り8月末!
準備研修 : バンクーバー
準備研修日程: 2011年1月3日~1月7日(予定)
活動開始日 : 1月10日から
派遣先  : 全土に亘って派遣しています
募集条件 : 20歳以上、TOEIC500点以上程度(目安)
ビザ : 就労ビザ、ワーキングホリデービザ
募集締切日 : 2010年8月末日まで(WHビザで行かれる方は9月末までが締切)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ カナダで日本語教師派遣プログラム詳細
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

基本情報は以下のご覧下さい。

 > カナダで日本語教師派遣プログラム概要
 > カナダワーキングホリデービザの活用方法
 > 2010年ワーキングホリデー受付開始とその概要
 > カナダの健康診断と無犯罪証明書について
 
【カナダで日本語教師、派遣校はこちら】


  英語が鍛えられる派遣校一覧
  英語が苦手でも活動できる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧②(バンクーバー市内編)


【今日のコンテンツ】
カナダで日本語教師派遣プログラム 体験談

スムーズに話すことができず悪戦苦闘!☆

 活動者: 女性 大学卒業後、小中学校で教師として活動
 参加期間: 9月から1学年間
 活動場所: BC州 クランブルック近郊 私立小中高校一貫校
 教えた学年: Kindergarten~Grade7
 教えたコマ数: 日本語の授業以外に他科目の補助

◎このプログラムを選んだポイント、カナダを選んだポイントは?

カナダが大好きで毎年のように出かけていました。しかし、いつも10日間ほどの短期の旅行しかできなかったので、カナダに長期滞在をしてみたいとずっと思っていました。

◎行った授業内容を教えて下さい

日本についての概説  習字  日本の学校生活  折り紙
日本のお正月  雛人形作り  日本の生活について  箸  2人3脚
日本の伝統的な遊び(あやとり、けんだま、だるま落とし、おはじき、坊主めくりなど)

◎私の体験談

派遣先の学校は幼稚園から高校まである私立校で、全校生徒でも190人ほどで小ぢんまりとしていました。どの先生もすべての生徒を知っていてとてもアットホームな感じでした。わたしは、午前中はGrade3の教室で、担任の先生のお手伝いをしました。算数の問題の簡単な説明や答え合わせをしたのですが、とっさに数字が英語で言えず、よく間違えて子どもたちに訂正されていました。それでも、子どもたちはわたしのつたない英語の説明を聞いて、理解しようと努力してくれました。子どもたちはわたしの電子辞書に興味津々で、作文をするときなどよくスペリングを聞かれました。ネイティブの子どもにスペリングを教えるのは不思議な感じでした。午後は、Grade1~5までの美術のお手伝いをしました。準備や片付け、子どものヘルプが主な仕事でしたが、時々一緒に作品を作らせてもらうこともありました。

この学校は日本語クラスがないので、わたしの受けもった授業はひと月に1回の「日本文化紹介」の授業です。幼稚園児~Grade7のすべての子どもたちが対象だったので、学年ごとに教え方を変える必要がありたいへんでした。説明することをすべて下書きをし、何度も読んで覚えて、話す練習をして授業に臨みました。なかなかスムーズに話すことができず悪戦苦闘しましたが、子どもたちは一生懸命聞いてくれました。折り紙や箸、書道といった日本の伝統的なものだけでなく、日本で撮ってきた街や家の写真をプロジェクターで映したり、広告を見せたりしながら日常生活や学校生活の様子を紹介しました。子どもたちは日本についてとても興味をもっていて、「次の日本文化の授業はいつ?」と楽しみにしてくれ、わたしもとてもうれしかったし、やりがいもありました。

この町ファーニーでは、学校の先生宅の一部屋を借りて生活していました。ホストファミリーというより「ハウスメイト」で、パーティーに誘ってくれたり一緒にハイキングに出かけたり、本当に友達のように接してくれました。わたしの作る日本料理にとても興味をもって、何を食べてもおいしいと言ってくれました。飼っている犬も猫も懐いて、本当に家族の一員のようでした。授業が終わってから、ヨガや大学の英会話講座に通ったこともあります。冬にはスキーを楽しみました。本当に毎日が充実していました。

このプログラムに参加して、旅行では経験できないことをいくつも体験したし、数日の滞在ではわからないことにもたくさん気づきました。「旅行すること」と「生活すること」は違うんだということも改めて実感しました。そのおかげで、言葉の苦労も含めて、ますますカナダが好きになりました。

◎これから参加される方にアドバイス願います

伝統的なことばかりでなく、現代の日本を紹介できるような準備をしていくといいと思います。わたしは「日本で一番有名なミュージシャンは誰?」という些細な質問に答えられなかったので、自分なりの「日本」についての考えをもっていったほうがいいです。

 更に詳しいこの方の体験談はこちらをクリック


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

(その他の体験談はこちらもチェック!)

 ◇ 生徒と笑い転げた思い出は山のよう!
 ◇ 変化は2ヶ月目に現れました!英語が聞き取れるねって。
 ◇ ホント素敵な先生ばかりで私もこんな先生になりたい!
 ◇ 学校でもプライベートでもいかに自分が動くかが鍵!
 ◇ 英語は確実に伸びた!遠慮していたらもったいない!!


********************************************************************************************
☆今後のカナダで日本語教師派遣プログラム募集情報一覧

>2011年1月出発 カナダで日本語教師派遣プログラム
>2011年3月出発 カナダで日本語教師派遣プログラム募集概要

********************************************************************************************

 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【カナダへ派遣の特徴】

◎ 英語が伸びる派遣国(TOEICの伸び幅が2番目 BBI調べ)
◎ 日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がまだ発展途上の派遣校もあり
◎ 従って、パイオニア精神をお持ちの方にお薦め
◎ その分、メインとして任されたり
やりがいのある環境
◎ カナダ全土に亘って派遣可能。ただし、BC州、オンタリオ州中心
◎ 派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣もあり
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なカナディアン先生、英語が主体のカナディアン先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 一般的に、参加にはある程度の英語力が必要
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均756加ドル/月(約63000円/月)・・・毎日3食付いているのでお得!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ カナダの派遣校紹介
◇ カナダの派遣の特徴
◇ カナダワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ カナダ就労ビザ(ボランティア用)申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について
◇ カナダ健康診断受診病院の詳細
◇ 2010年カナダワーキングホリデービザ概要
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/29 10:31
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年7月29日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

カナダ日本語教師活動報告!次回募集は1月出発
-8月末日が応募締切!WHビザの場合は9月末まで!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、昨日に引き続き、カナダで日本語教師派遣プログラムの現地の活動の様子に関してお知らせします。カナダで活動を希望の方は、どうぞご参考下さい。

********************************************************************************************
☆今後のカナダで日本語教師派遣プログラム募集情報一覧

>2011年1月出発 カナダで日本語教師派遣プログラム
>2011年3月出発 カナダで日本語教師派遣プログラム募集概要

********************************************************************************************

いろいろな角度からカナダの派遣に向いている方は

 ◇ 31歳以上の方もOK(ビザ取得上問題ない派遣国
 ◇ 実践的な英語をばっちり鍛えたい(TOEICアップ率が第二位-BBI調べ-)
 ◇ 英語の環境で自分を生かして活動したい!
 ◇ 積極的な方、開拓精神のある方(カナダの日本語教育環境がまだまだ発展途上のため)
 ◇ カナダやカナダの自然が大好きな方
 ◇ WHビザを取って児童英語教師など資格取得と組合せを考えている方

が向いていると思います。

BBIでは基本的にできるだけ日本語教育環境が良いところ、または活動のしやすいところへのアレンジをしていますので、ご安心いただければと思いますが、例えば環境の整ったオーストラリアなどと比べるとカナダの日本語環境は受入れ環境はまだまだまだなところがあります。

従って、そういった環境でも自分自身である程度切り開いて対応できる力が、整った他の派遣国よりは必要なところがあります。

また、怪我の功名ではないですが、その分、英語を屈指する必要性も出てきますので、自然、実践的な英語力が伸びる傾向があります。

相対的に現在では、過去の経験からそれでも活動環境の良い派遣校にプレースメントをしていますので、『日本語教育環境』に対して充実した派遣校も多いですが、カナダの一般的なこういった環境は理解をして参加した方が良いです。


プログラム2番人気!英語が伸びる国カナダ
*******************************************************************
■カナダ2011年1月出発概要 応募締切り8月末!
準備研修 : バンクーバー
準備研修日程: 2011年1月3日~1月7日(予定)
活動開始日 : 1月10日から
派遣先  : 全土に亘って派遣しています
募集条件 : 20歳以上、TOEIC500点以上程度(目安)
ビザ : 就労ビザ、ワーキングホリデービザ
募集締切日 : 2010年8月末日まで(WHビザで行かれる方は9月末までが締切)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ カナダで日本語教師派遣プログラム詳細
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

カナダ派遣の基本情報は以下のご覧下さい。

 > カナダで日本語教師派遣プログラム概要
 > カナダワーキングホリデービザの活用方法
 > 2010年ワーキングホリデー受付開始とその概要
 > カナダの健康診断と無犯罪証明書について
 
【カナダで日本語教師、派遣校サンプルはこちら】


  英語が鍛えられる派遣校一覧
  英語が苦手でも活動できる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧②(バンクーバー市内編)

 > カナダ就労ビザ(ボランティア用)取得概要はこちら
 > 1月出発カナダ日本語教師派遣との組合せプラン

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

さて、今日のコンテンツ、カナダで日本語教師派遣プログラムの現地活動報告に関してお知らせします。

【カナダで日本語教師派遣、現地からの活動報告】 

○ 学校での活動で特に印象に残ったことは何ですか

イングランドから転校生が来ました。転校生への好奇心と興奮は日本の子供たちと全く同じでした。また、EARTH DAYにごみ拾いを行いました。これも日本と変わらない行事だなぁと思いました。競ってたくさんごみを集める姿は微笑ましかったです。大きなごみだけでなく、タバコの吸殻がたくさん落ちていることにも気付いてほしかったです。

Grage5~7の生徒と一緒にキャンプに行きました。3学年といっても参加生徒はたったの39人です。基本的に生徒を連れてのキャンプというのは、日本と変わりがないものでしたが、活動内容の一つ一つ、雰囲気は全く異なるものでした。まずはキャンプ場へは親が分担して子供を車で連れてきます。帰りも親が迎えに来た準に三々五々帰って行きます。キャンプ終わりのセレモニー、いわゆる閉村式というものがないのには驚きました。泊りはキャビンで二段ベッドですが、本当にベッドだけなので、寝袋と枕持参で行きました。日本では野外教室(キャンプ)に行くときには先生たちが綿密な計画を立てて何度も会議を開いて打ち合わせをしますが、今回のキャンプはこのキャンプ場のカウンセラーがすべてを取り仕切ってくれました。たった39人の集団にキャンプカウンセラーが5人ついたのはうらやましい限りです。また、日本での野外教室は、山登りやハイキングといった大きなイベントが組み込まれているものですが、カナダのキャンプは、いろんなゲームを通して協力や助け合いというものを学んだり、木や岩や土等の自然の資源に付いての学習をしたりしました。いわゆる、自然の中で体験を通して、自然についての学習をするといった感じです。一番楽しかったのは、キャンプファイヤーです。ほとんどシンギング・ゲームでしたが、とてもノリが良く言葉が分からない私でもすごく楽しめました。明るいキャンプファイヤーというものも初めての経験でした。とても貴重な体験ができたと思います。

学校最終日には年度末の修了式なるものはなく、通常通りの授業日でしたが、各教室で親のみている中、校長先生と担任の先生から、「この1年間で頑張ったこと」を証明する写真つきの修了証を受け取るセレモニーの様なものがありました。成績表は後日渡されるとのことで、先生たちは夏休みに入ってから成績表作りができるシステムがうらやましいと思いました。

○ 効果のあった授業内容を教えて下さい

今回は、箸を取り上げました。まず、日本人にとっての箸やマナーに付いて説明しました。それから一人一膳ずつ割り箸を配り、持ち方の練習をしたあと、30秒内にカウンター(1cm立方体)やおはじきをいくつ移動させるられるかの競争をしました。驚くほど上手に箸を使える子もいて、その子が全部移動できそうだったのをみんなで応援するなど大いに盛り上がりました。景品のポケモンカードや富士山の絵葉書も好評でした。

今回は屋外で二人三脚に挑戦しました。まず、日本の運動会では良く行われる競技だと言う事、「ワンツーワンツー」と声を掛け合ってできるだけ速く走ること、足を結ぶのに使う手ぬぐいはタオルやバンダナのように使うということを説明しました。ペアを作って少し練習したあと、2回戦リレーを行いました。勝利チームには、GR2、3にはシール、GR4~7はつぬぐいを景品としてあげました。Gr4・5みんなで声をそろえて、走っているペアーに向かって「ワンツーワンツー」と声援を送っていました。GR6・7は接線でダイブレークにもちこみ、3回戦目で決着をつけました。3回戦目もギリギリの攻防で、両チームからの「Go!Go!」の大声援で大変盛り上がりました。

○ 効果のなかった授業内容を教えて下さい。

箸を使っての競争は、6セットしかなかったので順番に行いました。待っている間に、箸をドラムのスティックのように扱ったり、折ってしまったりする子がいたので、箸はおもちゃではないこと、人に向けると危険なことなども予め注意しておくべきでした。

○ ホームステイの様子はいかがですか

とても快適に暮らしています。ホストは優しいし、犬も猫もなついてかわいいです。一緒に散歩に行ったりDVDを見たり、友達のように接してくれてます。

○ 英語力向上のためにどんなことをしていますか

大学の英会話講座が終了してしまいましたが、講座で知り合った友人たちと集って、英語での会話を楽しむ計画を立てています。本もたくさん読むようにしています。

気になった単語(特に副詞と助動詞の使い方)をノートの書き出して、ネイティブの方が使っているように、自分も話す時に意識するようにしています。



 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【カナダへ派遣の特徴】

◎ 英語が伸びる派遣国(TOEICの伸び幅が2番目 BBI調べ)
◎ 日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がまだ発展途上の派遣校もあり
◎ 従って、パイオニア精神をお持ちの方にお薦め
◎ その分、メインとして任されたり
やりがいのある環境
◎ カナダ全土に亘って派遣可能。ただし、BC州、オンタリオ州中心
◎ 派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣もあり
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なカナディアン先生、英語が主体のカナディアン先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 一般的に、参加にはある程度の英語力が必要
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均756加ドル/月(約63000円/月)・・・毎日3食付いているのでお得!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ カナダの派遣校紹介
◇ カナダの派遣の特徴
◇ カナダワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ カナダ就労ビザ(ボランティア用)申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について
◇ カナダ健康診断受診病院の詳細
◇ 2010年カナダワーキングホリデービザ概要
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/29 08:53
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年7月28日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

最終募集、8月末締切!1月出発カナダで日本語教師派遣
-8月末日が応募締切!WHビザの場合は9月末まで!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今回のブログは、
8月末で応募締切となる2011年1月出発カナダで日本語教師派遣プログラム
の最終募集と現地から活動報告が届きましたのでそれに関してお知らせします。

カナダで来年1月からこの活動をされることを希望されている方は、来月中には必ず派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします

カナダの場合は、ご参加に当たっては、就労ビザ(ボランティア用)又はワーキングホリデービザにてご参加頂くこととなります。ワーキングホリデービザの場合は締切は9月末ですが、就労ビザの場合はその手続き上来月8月末までとなります。

 > カナダ就労ビザ(ボランティア用)取得概要はこちら
 > 1月出発カナダ日本語教師派遣との組合せプラン

********************************************************************************************
☆その後のカナダで日本語教師派遣プログラム募集情報一覧

>2011年3月出発 カナダで日本語教師派遣プログラム募集概要

********************************************************************************************


以下にこの来年1月出発カナダで日本語教師派遣プログラムの募集要項に関してお知らせします。

プログラム2番人気!英語が伸びる国カナダ
*******************************************************************
■カナダ2011年1月出発概要 応募締切り8月末!
準備研修 : バンクーバー
準備研修日程: 2011年1月3日~1月7日(予定)
活動開始日 : 1月10日から
派遣先  : 全土に亘って派遣しています
募集条件 : 20歳以上、TOEIC500点以上程度(目安)
ビザ : 就労ビザ、ワーキングホリデービザ
募集締切日 : 2010年8月末日まで(WHビザで行かれる方は9月末までが締切)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ カナダで日本語教師派遣プログラム詳細
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

この募集要項は、基本的に、
カナダの就労ビザ(ボランティア用)を取得されてご参加の方の締切となります。

尚、カナダ移民局では、このプログラムに参加するにはこの就労ビザを薦めています。

また、この就労ビザでご参加される方というのは

 ○ 参加に当たってどのビザでも良い方
 ○ ご年齢が31歳以上の方
 ○ 過去にカナダのワーキングホリデービザを取得した方
 ○ カナダのワーキングホリデービザを今後に残しておきたい方


が、対象となると思います。

以上に該当される方は、上記のの期日までに必ず派遣インタビューにお申込み下さい。

尚、カナダのワーキングホリデービザにてご参加をご希望の方は、9月末まで受付が可能です。但しその場合は9月末までに派遣インタビューを受け、合格され、正式にお申し込みをされる場合に限ります。

WHビザの場合はビザ取得上には時間をあまり要しませんが、派遣校手配には通常通りの時間を要します。

その手配は、通常2ヶ月間程度は掛かりますので、9月末には手配が開始できる様に対応しないといけません。従って、WHビザでご参加の場合は上記の流れに沿ってご対応方お願いします。

以上、来年1月出発カナダで日本語教師派遣プログラムの最終募集情報に関してお知らせします。

こちらにご参加される場合で就労ビザを取得される予定の方は、8月末までに必ずお申込み下さい!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

カナダ派遣の基本情報は以下のご覧下さい。

 > カナダで日本語教師派遣プログラム概要
 > カナダワーキングホリデービザの活用方法
 > 2010年ワーキングホリデー受付開始とその概要
 > カナダの健康診断と無犯罪証明書について
 
【カナダで日本語教師、派遣校サンプルはこちら】


  英語が鍛えられる派遣校一覧
  英語が苦手でも活動できる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧②(バンクーバー市内編)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

最後に、カナダでの活動結果として、全体的に英語力が上がると言う事がいえます。BBIでは世界各国でこの日本語教師派遣プログラムを開催していますが、カナダは英国に次いで英語力が上がる派遣国です。

これは、BBIでこのプログラムにご参加された方々の出発前と帰国後にTOEICのテストを無料で受けて頂いていますが(2学期間以上参加の場合)、その結果からの報告です。

実際の英語力とは広い意味となるので、このTOEICの点数のみではなんとも言い切れませんが、その伸び率が、他国と比べたときに第2位の位置にいます。

想像するに、カナダの日本語教育環境はまだ発展途上のため、英語を使って指導しなければならない、英語を使ってのコミュニケーション比率などが、環境の整ったオーストラリアなどと比べると高いのではないかと想像でき、その結果として英語力が高くなるのかなと感じます。

その分もちろん活動は大変なところもあり、スムーズに行かないことにも出くわす可能性も高いですが、これまでの蓄積からなるべく活動のしやすい派遣校を紹介させて頂いています。

従って、

 ◇ カナダが大好き
 ◇ 実践的な英語をばっちり鍛えたい
 ◇ 英語の環境で自分を生かして活動したい!
 ◇ カナダの日本語教育環境で活躍したい!


などと考えている方は、このプログラムはお薦めで、あとは目的によって、この活動の前後に上記の様な児童英語教師や語学学校をつけてもいいかもしれません。

せっかく留学に行くのであれば、ご自身の目的にあったプランをどうぞ考えてみてください。

なお、もし組合せをする場合、BBIの割引が受けられます。また、日本語教師派遣プログラム自身にも割引がありますので、最大で10万円オフの割引も受けることができますので、該当される方はどうぞご利用下さいませ。

 

尚、就労ビザ(ボランティア用)を取得しての組合せの場合は、活動が修了後に現地にて観光ビザに切り替えてそして例えば語学学校などに通学する等は可能ですが、活動の前に組み合わせることは基本的にできません。

従って、上記の様な組合せをお考えの場合は、WHビザでご参加されるほうがスムーズに進みます。

また、通信講座に関しては、もちろん就労ビザで参加されていても対応できます。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【カナダへ派遣の特徴】

◎ 英語が伸びる派遣国(TOEICの伸び幅が2番目 BBI調べ)
◎ 日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がまだ発展途上の派遣校もあり
◎ 従って、パイオニア精神をお持ちの方にお薦め
◎ その分、メインとして任されたり
やりがいのある環境
◎ カナダ全土に亘って派遣可能。ただし、BC州、オンタリオ州中心
◎ 派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣もあり
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なカナディアン先生、英語が主体のカナディアン先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 一般的に、参加にはある程度の英語力が必要
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均756加ドル/月(約63000円/月)・・・毎日3食付いているのでお得!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ カナダの派遣校紹介
◇ カナダの派遣の特徴
◇ カナダワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ カナダ就労ビザ(ボランティア用)申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について
◇ カナダ健康診断受診病院の詳細
◇ 2010年カナダワーキングホリデービザ概要
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/28 12:26
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年7月27日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


最終募集今月7月末締切!10月出発Austで日本語教師
-通常の416ビザで参加の場合は、今月7月末日が締切となります!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今月7月末の締切のもう一つの日本語教師派遣プログラムの最終募集情報をお伝えします。

それはオーストラリアで日本語教師派遣プログラムとなります。

このオーストラリアにおいても
今月末が、オーストラリアで日本語教師派遣プログラム10月出発の募集締切日となります!

オーストラリアで10月からこの活動をされることを希望されている方は、今週末までに必ず派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします

こちらは、実質ご出発まであと2ヶ月ちょっととなりますが、派遣校の手配、416ビザの手配などに少なくともそれだけの期間を要すためです。

 > オーストラリア416スペシャルプログラム取得概要はこちら
 > 10月出発オーストラリア効率的な組合せプラン

********************************************************************************************
☆今後のオーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集情報一覧

>2010年『BBI夏の留学』短期日本語教師体験20%オフ
>2010年10月出発 オーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集概要 
>2011年1月出発 オーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集概要 
>2011年4月出発 オーストラリアで日本語教師派遣プログラム募集概要
**************************************************************************************************

以下にこの10月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの募集要項に関してお知らせします。

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2010年10月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 10月5日(火)~10月8日(金)予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 10月11日(月)
募集締切日 : 
2010年7月末迄(WHビザでご参加の場合は8月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年1月(応募締切10月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

この募集要項は、基本的に、オーストラリアの416スペシャルプログラムビザを取得されてご参加の方の締切となります。

尚、オーストラリア移民局では、このプログラムに参加するにはこの416のスペシャルプログラムビザを薦めています。このビザは、日本人にとってはほぼこのプログラム用のビザとして利用をされているビザですが、移民局サイドとすると、一番お薦めしているビザです。

また、この416ビザでご参加される方というのは

 ○ 参加に当たってどのビザでも良い方
 ○ ご年齢が30歳までの方(申請時に31歳の誕生日の前まで申請可能)
 ○ 過去にオーストラリアのワーキングホリデービザを取得した方
 ○ オーストラリアのワーキングホリデービザを今後に残しておきたい方


が、対象となると思います。

以上に該当される方は、この期日までに必ず派遣インタビューにお申込み下さい。

尚、オーストラリアのワーキングホリデービザにてご参加をご希望の方は、8月末まで受付が可能です。但しその場合は8月末までに派遣インタビューを受け、合格され、正式にお申し込みをされる場合に限ります。

WHビザの場合はビザ取得上には時間をあまり要しませんが、派遣校手配には通常通りの時間を要します。

その手配は、通常1ヶ月間程度は掛かりますので、8月末には手配が開始できる様に対応しないといけません。従って、WHビザでご参加の場合は上記の流れに沿ってご対応方お願いします。

以上、10月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラムにご参加される場合で就労ビザを取得される予定の方は、今月末までに必ずお申込み下さい!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

また、短期しか参加できない、短期で何とかこのプログラムに参加したい!という方は以下の情報をご参考下さいませ。

オーストラリア短期日本語教師体験(1週間~参加可能)

 ◎ 会社を辞めることができない
 ◎ 費用的に安く済ませたい
 ◎ それでも海外の現場で活動してみたい
 ◎ できるだけネイティブや英語と触れたい

このプログラムは上記の様な方にぴったりのプログラムです。

以上、ご都合のよろしい方をどうぞご選択下さい。いずれの場合もオーストラリアは他の派遣国と比べて、派遣校での活動内容や状況が充実していますので、一番にお薦めの派遣先となります!

【短期オーストラリアプログラム参加費用】

1週間
:158000円
2週間
:178000円
3週間:198000円
4週間:218000円

費用に含まれるもの
1
) プログラム運営費
2) 出発までのサポート
3) オリジナル教材費
4) お電話による準備研修費
5) 現地サポート費(緊急時24時間含む)
6) 事前英語無料レッスン費
7) 修了証の発行
8) 帰国後の就職サポート
9) 最寄りの空港等までのお出迎え

※その他費用としてホームステイ費用(120ドル/週~)、通勤費、お小遣いなど

現在日本の夏休み期間中限定で

> 9月までプログラム費用20%オフのBBI夏の留学

も同時受付中です!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

他のプログラムとの組合せ

単独で参加してももちろん良いですが、以下のプログラムと組合わせることも可能で、それによりいろいろな目的が達せられます。オーストラリアの場合はいろいろと考えられます。

 ◇ 日本語教師養成講座420時間
 ◇ 英語教師TESOL
 ◇ 児童英語教師TECSOL
 ◇ 語学(英語)学校通学


などが対応可能です。それぞれの組合せには、それぞれ目的も異なりますので、ご自身にあった内容のもので組合せをどうぞされてみて下さい。

なお、BBI日本語教師ネットワークでは、この組合せをすることによって組合せ割引が適用となります。


 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約10000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/27 11:48
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年7月27日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


最終募集今月7月末締切!10月出発NZで日本語教師
-通常の就労ビザ(ボランティア用)で参加の場合は、今月7月末日が締切となります!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今週末で7月末日が迫ってきましたが、
今月末には、ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム10月出発の募集締切日となります!

NZで10月からこの活動をされることを希望されている方は、今週末までに必ず派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします

こちらは、実質ご出発まであと2ヶ月ちょっととなりますが、派遣校の手配、就労ビザの手配などに少なくともそれだけの期間を要すためです。

 > NZ就労ビザの取得概要はこちら

**************************************************************************************************
☆今後のニュージーランドで日本語教師派遣プログラム募集情報一覧

>2010年『BBI夏の留学』短期NZ日本語教師体験
>2010年10月出発 ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム募集概要 
>2011年1月出発 ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム募集概要
>2011年4月出発 ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム募集概要
**************************************************************************************************

以下にこの10月出発ニュージーランドで日本語教師派遣プログラムの募集要項に関してお知らせします。

日本と似ている国 ホッとするニュージーランド
*******************************************************************
■ニュージーランド2010年10月出発概要 
準備研修地 : オークランド
準備研修日程 : 10月6日~8日(予定)
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 10月11日から
募集締切日 : 2010年7月末迄WHビザでご参加の場合は8月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC450点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2011年1月(応募締切10月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

この募集要項は、基本的に、NZの就労ビザ(ボランティア用)を取得されてご参加の方の締切となります。

この就労ビザでご参加される方というのは

 ○ 参加に当たってどのビザでも良い方
 ○ ご年齢が31歳以上の方
 ○ 過去にNZのワーキングホリデービザを取得した方
 ○ NZのワーキングホリデービザを今後に残しておきたい方


が、対象となると思います。

以上に該当される方は、この期日までに必ず派遣インタビューにお申込み下さい。

尚、NZのワーキングホリデービザにてご参加をご希望の方は、8月末まで受付が可能です。但しその場合は8月末までに派遣インタビューを受け、合格され、正式にお申し込みをされる場合に限ります。

WHビザの場合はビザ取得上には時間をあまり要しませんが、派遣校手配には通常通りの時間を要します。

その手配は、通常1ヶ月間程度は掛かりますので、8月末には手配が開始できる様に対応しないといけません。従って、WHビザでご参加の場合は上記の流れに沿ってご対応方お願いします。

以上、10月出発ニュージーランドで日本語教師派遣プログラムにご参加される場合で就労ビザを取得される予定の方は、今月末までに必ずお申込み下さい!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 > 
NZ派遣校紹介①
 > NZ派遣校紹介②
 > お薦め組合せ7月NZで日本語教師と組合せ
 > シニアの方に人気のニュージーランドの秘密
 > 英語環境を利用せよ!NZで日本語教師

 NZワーキングホリデービザ同一雇用主期間制限撤廃
 BBI夏の留学 夏休みニュージーランド日本語教師体験!早割あり

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【ニュージーランドへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で二番の日本語教育環境
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境が秀でている
◎ ニュージーランド全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で
多い
◎ ただし、派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣はあまりない
◎ 従って、文化紹介以外にアカデミックな授業も多く取り入れている環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なキウィ先生(NZの先生)、英語が主体のキウィ先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均180NZ豪ドル/週(約11000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用より安い!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
◇ ニュージーランドの派遣校紹介
◇ ニュージーランドの派遣の特徴
◇ ニュージーランド現地活動報告(マンスリーレポート)
◇ NZワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/27 10:37
コメント()  トラックバック(0)

     -このブログ記事内容は【2010年7月26日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


2011年スケジュール発表!ゴールドコーストで養成講座!
-ゴールドコーストで日本語教師養成講座の2011年のスケジュールを紹介!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今週も始まりました、どうぞよろしくお願いします。日本は夏真っ盛りで、思いっきり夏休みのシーズンですね!水の事故が相次いでいるようですので、どうぞお気をつけの上、楽しい夏を満喫下さい(^o^)/

さて、日本語教師養成講座420時間において、2011年の開講スケジュールを先週、先々週と発表してきましたが、今日は残りの講座、ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間の2011年の開講スケジュール情報が届きましたので、そちらを紹介したいと思います。

こちらの講座に興味のある方は、以下どうぞご参考下さい。ゴールドコーストの日本語教師養成講座もいろいろな特長がありますが、

 ◇ 短期8週間で420時間が取得できる通学コース!
 ◇ 模擬試験など日本語教育能力検定試験対策を行っている


が、代表的な特長かと思います。他校との比較の中で、この事に重きを置いていらっしゃる方は、要チェックな講座だと思います!

いろいろとご検討の上、また弊社にお気軽にご相談の上、どうぞ決定されてください。

弊社ではあくまでも第三者的に、この講座の良い点、ご希望に適さない点などを紹介させて頂いています。

それでは、以下に『ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間』の2011年のスケジュールを最新の残席状況と共にお知らせします。

【ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 
(7/26現在)

≪2010年≫
 ○ 10月4日~11月26日 ・・・ 残6席
≪2011年≫
 ○ 1月31日~3月25日 ・・・ 残8席
 ○ 4月26日~6月21日 ・・・ 残8席
 ○ 7月18日~9月9日 ・・・ 残8席
 ○ 10月3日~11月25日 ・・・ 残8席

※上記講座は、基本全8週間の講義となります
※4月26日(火)スタートコースは、途中に祝日が入る為6月21日(火)を受講終了日としています
※最終週は日本語教育能力検定試験模擬試験週間となります(2回の試験及びその解答解説)
※この試験による合否は特にありません
※受講時間:毎週、月曜日~金曜日、毎日9時15分~2時45分まで(祝日除く)

お申し込みは便利なオンラインで

 > ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間の特長】

  全日程8週間で修了(約2ヶ月間)
  みんなの日本語全50課にそれぞれ対応する教案作成
  日本語教育能力検定試験対策および模擬試験実施
  実践重視の講座内容
  併設日本語学校の授業に参加できるアシスタント研修制度
  少人数制で徹底指導(最大8人まで)
  直接法の指導方法採用
 ◇ 将来日本語教師として役立つ異文化経験
  生活は英語環境
  日本の費用よりも安い
  文化庁の新シラバスに準拠した直接法の養成講座420時間
  講座修了後には本校にて一日本語講師としての研修制度あり(有給)
  オーストラリアの小中高校で日本語アシスタント教師活動と組合わせること可能
  語学学校との組み合わせも可能

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

この講座も指導することに焦点を当てた講座内容としています。その関係で模擬授業も多く行います。

ところがそのことばかりに焦点を当てている内容ではありません。日本語教育能力検定試験合格に向けての対策が含まれています(こちらはシドニーにはありません)。

具体的には、最終週に教育能力検定試験用の模擬試験を2回行います。そしてそれに対する答え合わせや説明を行います。最後の週は従って、日本語教育能力検定試験合格に向けての対策週間となります。

他には、みんなの日本語の全50課に対する教案の作成などもありますので、本当に充実というか、ハードな日々をこなして頂きながら、講座を修了して頂きます。

もちろんその分、約2ヶ月間で修了しますので、早くに取得できる、その後の時間を自由に使えるなどのメリットもあります。

以上のとおり、ゴールドコーストの日本語教師養成講座をお薦めな方は、

 ◎ 短期間で取得したい
 ◎ オーストラリアで他のことにも挑戦してみたい
 ◎ WHで来ているけど、帰国前に何か資格を取得したい
 ◎ 日本語教育能力検定試験対策もしたい


という方などにお薦めの講座となります。

ちなみに、学校によると、この日本語教育能力検定試験に関して、この学校の卒業生で70%以上の合格率とのことです。

まだまだサンプルも少ない中での数字だと思いますのうで恒常的な数字ではないと思いますが、通常この試験は20%前後が毎年の合格率と言われていますので、そういう意味では、きちんと対策が施された内容になっていると思います。従って、こちらの試験にも興味がある方にはお薦めの講座となります。

わざわざゴールドコーストまで出かけて受講する価値がいろいろなところにありますので、自分が希望する、または適した講座と思ったらどうぞご利用下さい。


◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座詳細
◇ お申込 ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ シドニーとゴールドコーストの違い 自分に合った講座選びを
◇ どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■日本語教師養成講座に関するお薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座講座内容リニューアルのお知らせ
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座Q&A
◇ 間接法も学べる世界どこでも通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

◇ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャンプ!
◇ オーストラリアで受講する意義
◇ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/26 14:25
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年7月24日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


2011年スケジュール発表!通信で通学コース日程

-通信で日本語教師養成講座420時間の通学コースの空席状況

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、世界どこでも日本語教師養成講座420時間において、前半部分を通学で受講できる、
『通信で通学コース』の来年2011年のスケジュールが発表となりました。

こちらのコースも人気で、毎回満席となっています。

2011年ですのでまだまだ先ですが、確実な席の確保には、すぐに動き出し方がいいかもしれません。

現に、シドニーで日本語教師養成講座ですが、既に来年1月スタートコースは、この日程が発表されるや否やお申込みが続いています(既に2名お申込み)。

ですので、ご希望の方は残席情報を確認しつつ、タイミングよくお申込み下さい。

それでは、以下に『通信で通学コースの日本語教師養成講座420時間』の2011年のスケジュールを最新の残席状況と共にお知らせします。

【通信で通学コース 日本語教師養成講座420時間スケジュール】 
(7/24現在)

≪2010年≫
 ○ 9月20日~10月1日 ・・・  残3席 (通信で通学
 ○ 11月15日~11月26日 ・・・  残6席 (通信で通学
≪2011年≫
 ○ 1月10日~1月21日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
3月14日~3月25日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
5月  9日~5月20日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
7月  4日~7月15日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
9月19日~9月30日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
11月14日~11月25日 ・・・  残6席 (通信で通学

お申し込みは便利なオンラインで

 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります

【通信で通学の日本語教師養成講座コースの魅力】

そもそも、通信講座なのに通学って??とちょっと変な感じがするかもしれませんが、実際に存在し開講しています。通信講座のメリットと通学コースのメリットをあわせたようなコース作りとしています。

その通信講座の通学コースの特徴は以下のとおりです。

 ◎ 通信の前半部分の基礎部分を通学で受講できる
 ◎ 通学期間は2週間の短期間(1日4.5時間の受講)で、残りの後半部分は通信にて受講する
 ◎ 講師から直接指導を受ける事ができる
 ◎ 実践部分を実践する事ができる
 ◎ 前半が通学でも費用は変わらず1740豪ドル
 ◎ 同じく日本語教師養成講座420時間の資格が取得できる
 ◎ ついでに英語ブラッシュアップのために語学学校に通学することも出来る(同日程の午前中に通学可)

そもそも紹介している『通信で日本語教師養成講座420時間』は、通学しなくても特に実践部分で通学と見劣りがないように講座仕立てをしていますが、それでもどうしても通学にて実践部分を勉強してみたい方に、この通信の通学コースは、提供するコースとなり、その方法となります。そして前述の様に、前半部分を通学で、後半部分を通信で受講する事となります。

 ○ せっかくなので学校に通学してみたい
 ○ 短期2週間なので何とか休みが取れる
 ○ 日本では味わうことのできない異文化体験をしたい
 ○ 実践経験を積みたい
 ○ 語学学校もついでに通って英語を鍛えたい


などとお考えの方にはぴったりのコースです!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 > リニューアルされた通信で日本語教師養成講座のページ

尚、世界どこでも通信で日本語教師養成講座420時間は上記の『通信で通学コース』と、

 ① オール通信
 ② 前半通学+後半通信


の2種類の受講方法があります。いずれも420時間が取得できるコースですが、ご自身のご希望によって、もちろんオール通信でも受講することができ、ほとんどの方はこちらの受講方法を選択されています。

ただ、通信のみでは不安である、講師から直接に指導受けたい、模擬授業を講師に見てもらいたいと思っている方は、この『通信で通学コース』がお薦めです。

> どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/07/24 11:33
コメント()  トラックバック(0)
 38件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.