日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2010年5月の記事一覧


 37件中1~10件表示  次のページ
        -このブログ記事内容は【2010年5月31日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


台湾で日本語教師派遣プログラム!体験談紹介
-BBI夏の留学 台湾で日本語教師体験、早割りあり(9月まで活動する方対象)!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。今日で5月が終わりで明日から6月ですね。もう1年の半分くらいが過ぎようとしているので、恐ろしいです。

いつもいつも思うのが、本当にあっという間にたってしまうので、毎日毎日を充実させないとと思うことなのですが、いつもいつもそのまま流されてしまいます。。。なかなか難しいですね。

さて、今日一日が少しでも充実するように、今日もこのブログは充実した良い内容をお届けしたいと思います。

今日お伝えするのは、台湾で日本語教師派遣プログラムの体験談です。

BBIでは現在9カ国に派遣をしていますが、この本部のあるオーストラリアと並んで、自信を持って良い活動が期待できる国の一つにこの台湾があります。

現地でのサポートや活動内容の充実が、その要因となっていると思いますが、総じて皆さん、良い感想を頂ける派遣先です。

今回ご紹介するものも同様に良い感想を頂けました!弊社としては本当にありがたいことですが、より自信を持ってお薦めできる派遣国だなぁとつくづく感じています。

この台湾ですが、短期1週間~参加もできる事から、仕事を辞めずにプチ留学できる内容です。本音を言うと1週間では、本当にあっという間に経ってしまい、積極的に自ら活動できる時間にどうしても制限が出てしまうので、少なくとも2週間以上をお薦めはしますが、もちろん1週間でも可能です。今日紹介する方もその1週間での活動でした。

尚、現在この台湾で日本語教師は『BBI夏の留学』と言う事で早割キャンペーンを行っています!お申込み時期とご出発時期との関係で、早割を受けられますのでどうぞご利用下さい、詳しくは以下でご確認下さい。

 >>> BBI夏の留学 夏休み台湾日本語教師体験!

この『夏休み台湾日本語教師体験』プログラムの募集要項は以下のとおりです。

直接法で教える 屈指の親日家の国 台湾
*******************************************************************
■夏休み!台湾2010年9月中の活動まで 
準備研修 : 現地にて行います
対象 : 2010年6、7、8、9月に活動をする方
活動開始日 : 週末に到着し翌月曜日から
募集締切日 : 各回定員に達し次第

募集条件 : 20歳以上、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1~12週間
特典 : 早割あり
      ご出発の4ヶ月前までにお申込み: 
プログラム費用から1万円引き
      ご出発の3ヶ月前までにお申込み: プログラム費用から5千円引き

☆学割、資格割は通常通り適用します

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 台湾で日本語教師派遣プログラムの詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【今日のコンテンツ】
台湾で日本語教師派遣プログラム 体験談

『生徒と長期間携わる事ができたらどんなに達成感があるだろう!』

 活動者: 男性 社会人、製薬会社に勤務
 参加期間: 1週間
 日本語教師関連の資格や経験: なし
 活動場所: 台湾新竹市 日本語学校、高校、幼稚園
 教えたコマ数: 14回

【志望動機】
外国の人と接する事が好きで、以前より日本語教師という職業に興味を持っていました。この機会に日本語教師の仕事を少しでも体験して、自分の興味が本物かどうかを感じたいと思い志望しました。

①行った授業内容は
初級から高級レベルの生徒さんに対して、みんなの日本語や独自教材を使用し、生徒さんの発言を促した。

②授業を一人で任されましたか
はい、任されました。私が今までに行った国の写真をプロジェクターで写して紹介し生徒さんに質問や感想を言ってもらい会話した。

③派遣地の地域はどんなところでしたか
外国にいるという感覚をあまり感じさせない地域で、日本人が生活するにしてもすぐに馴染めるところだと感じた。

④このプログラムに参加した目的は
日本語教師に転職するかどうかずっと考えており、実際に経験をして結論を出したいと思ったため。ただ、転職するかどうかの結論はまだ出ていないが、今回の経験を最終的な判断材料の一つとしたい。

⑤日本出発前にしておけば良かったことは何ですか
中国語ブラッシュアップ他のために参加ではなかったが、簡単な自己紹介ができる程度の中国語の勉強をしていれば良かった。

⑥このプログラムの満足度を教えてください
100点中100点満点です!
初級クラスに参加さえて頂いた際に、この生徒さんたちと長期間お付き合いをし日本語の上達に関わることができたらどんなにか達成感があるだろうと感じました。また、高校で授業をさせて頂き帰ってから沸きあがった充実感は忘れられないです!他にもいろいろと心に残った事はあるが、こちらの学校の校長先生に様な日本語教師等仕事に対して情熱をもたれている方と直接にお話ができたことが一番良かった点と感じています。また、現地でお会いした方々全てに本当に良くして頂き感謝しています。

⑦現地のオリエンテーションについて
日本語教師の良い面のみでなく、問題点等もご説明頂き本当に参考となった、とても良かったです。また、研修中のホテルも不便な思いをすることなく快適に過ごせて良かったです。

⑧BBIに何かございますか
派遣校詳細の送付が若干遅れていたのでその際に少しだけ不安になったが、それ以外の対応はきちんとしていただけた。また、このBBIのプログラムは、1週間から参加可能なので、私の様な現役のサラリーマンには都合がとても良かったです。尚、今回は、大変貴重な経験ができ、感謝しております。今後も日本語教師に関する情報を頂けますと幸いです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、体験談を紹介しますね。

ご存知の方も多いと思いますが、この台湾、恐らく世界で一番の親日国(地域)かと思います。英語圏ではオーストラリアやニュージーランドが日本語教育としてとても盛んですが、台湾での日本語ブームやその教育環境はとても高く、またもともと親日国であることが、活動者にとても良い影響を及ぼします。それは、

 ○ 学習者がとても熱心
 ○ アイドル、ファッションなど日本のポップカルチャーに憧れている人が多い
 ○ 日本語を学ぶことが、台湾でのステータス
 ○ 日本人や日本語がとても好きなので、活動しやすい生活しやすい


等が挙げられます。また、この台湾への派遣の特長として、

 ○ 民間日本語学校での活動
 ○ 企業での活動も可能
 ○ 幼稚園、高校等での活動も可能

等、複数の派遣先で活動することが可能です(派遣先は時期により異なります)。

また日本語を使って日本語を教える直接法での指導ですので、420時間の資格保持者など、本格的に将来日本語教師として活動をしたい方にも適した派遣国です。

更に、中国語を勉強したい方、台湾での就職活動をしたい方(オプション)にもそれが叶えられる環境下です。

【台湾で短期日本語教師体験 お薦めな方】

 ○ 日本語教師の活動をちょっとかじってみたい方
 ○ 将来本格的に日本語教師を目指している方
 ○ 短期間しか参加ができない方
 ○ 中国語をブラッシュアップしたい方
 ○ 民間学校等でしっかりしどうして見たい方

以上どうぞご参考下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 台湾で日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合(メール、オフィスでカウンセリング)
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/05/31 10:48
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年5月28日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


募集開始!2011年1月出発、豪で有給日本語教師

-来年2011年のオーストラリアで有給日本語教師インターシップの受付開始!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日はまだ5月ですが、来年のオーストラリアで有給インターンシップの募集要項をお知らせします。

今年のこのオーストラリアで有給インターンシップですが、既に受入れ人数の定員に達しつつあるので、受付が段々難しい状況になってきています。引き続き10月出発以降に関して募集もしていますが、採用されたとしてもわずかの状況となりそうです。

尚、オーストラリアは12月中旬くらいからはちょうど夏休みの時期となり(日本と反対!)、小中高校は来年1月末くらいから新年度がスタートするようになります。活動する学校は民間の日本語学校なので、同じ期間の夏休みとなるわけではありませんが、例年1月中旬くらいからの活動スタートとなります。

さて、その関係で早くも以下に2011年1月のオーストラリアで有給インターンシップの募集要項をお知らせします。

来年からオーストラリアで活動を開始するんだ!という方は、以下の情報をご参考下さい!

2011年1月出発オーストラリア有給インターンシップ!
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ1月スタート
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
活動開始日 : 1月中旬頃 活動開始前日までに現地に到着いただきます
活動期間 : 半年間又は9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集人数 : 1~2名!
募集締切日 : 決定次第締切ます
募集条件 : 24歳以上、日本語教師関連の資格保持要、社会経験がある方が望ましい、またワーキングホリデービザが取得できること
※年齢は24歳以上としていますが、能力ややる気に応じてその限りではありません、どうぞ24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【2010年スケジュール オーストラリアで有給インターンシップ】

2010年インターンシップスタート月(受入れ時期): 
 6月 ・・・ 受付終了
 8月 ・・・ 受付終了
 9月 ・・・ 受付終了
 10月 ・・・ 1~2名
2011年1月 ・・・ 1~2名

※上記は現時点でのスケジュールですので、変更の可能性があります
※各スタート日はおおよそ毎月月初の月曜日ですが、お申し込み後に最終的に決定されます


【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導を経験することも
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

オーストラリアで有給インターンシップは、BBIが行っている有給インターンシップの中で、唯一、最初の約3ヶ月間をインターン生のスキルアップと指導の時間として組み込んでいます。

しっかりそこで教え方を学習して、その後の有給での活動時に役立てて頂ければと思います。

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
 ◇ 派遣インタビュー
 ◇ お問合せ

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/28 12:50
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年5月26日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


BBI夏の留学!オーストラリア幼稚園ボランティアQ&A
-全コース早割り対象、日本出発前の英語レッスンも格安で提供!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、夏休みの留学『BBI夏の留学』について皆さんにお伝えしていますが、そのうちの一つに、オーストラリアで幼稚園ボランティアがあります。

このプログラムは、オーストラリアシドニーのローカルの幼稚園で活動いただくものですので、基本的に、先生も生徒もネイティブ、オーストラリア人の中で活動頂くものとなります。

夏休みや春休み時期にとても人気がありピークとなりますが、通年でコンスタントにご参加頂いています。そこで今日は、この幼稚園ボランティアプログラムのQ&Aを紹介したいと思います。このプログラムにご興味のある方は、どうぞご参考下さいませ。

さて、その前に現在募集中のBBI夏の留学幼稚園ボランティアの詳細をお知らせします。早割など特典があるので、ぜひご利用下さい!


夏休みオーストラリアで幼稚園ボランティア募集要項
*******************************************************************
活動場所 : シドニー近郊のローカル幼稚園
対象 : 2010年6、7、8、9月に活動をする方
出発日 : 各週末にシドニーに到着
オリエンテーション : 週末明けの月曜日にオフィスにて実施
活動開始 : オリエンテーション終了後、スタート
活動期間 : 1週間単位、最大12週間まで
募集締切日 : 
随時募集
(渡航予定日の1ヵ月半前程度まで
募集条件 : 18歳以上、簡単な英会話ができる方、積極的な方
特典 : 早割あり
      ご出発の4ヶ月前までにお申込み: 
プログラム費用から1万円引き
      ご出発の3ヶ月前までにお申込み: プログラム費用から5千円引き

☆更に、日本出発前に英語を練習してから行きたい人に
         +5千円で計5回までの英会話レッスン受講可能

 ⇒ 
オーストラリアで幼稚園ボランティアプログラム詳細
 ⇒ 幼稚園ボランティアオンライン仮お申込
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

★プログラム費用を値下げしました!★
2010年4月以降のプログラム費用を値下げしています! 詳しくはこちら


【オーストラリア幼稚園ボランティアよくあるご質問Q&A】

◎幼稚園ボランティアの派遣先はどんなところですか
シドニー中心部から近郊の現地ローカル幼稚園です。基本的に先生も園児もネイティブスピーカーなので英語の環境での活動となりますが、日本人の受入れに慣れているので安心して活動頂けます。園児の年齢は園によって異なりますが、0歳から受入れをしている園や3歳程度から受入れをしている園など様々で、おおよそ50名程度の園児が通う園に派遣されます。また、ローカルの幼稚園ですが、日本人園長先生のいる幼稚園にも派遣しています。

◎英語が苦手なのですが参加できますか
これまで多くの方が参加してきていますが、派遣先は日本人の受け入れに慣れていますので英語が苦手でも問題はありません。でももちろん英語環境ですので、少なくともお話をしたいという意思表示は示してみて下さい。それによって活動がスムーズに行きます。ただ、より多く現地で吸収をするためには、日本にいる時に英語をできるだけ勉強して渡航すると良いと思います。

◎幼稚園ボランティアの前に語学学校に行きたいのですが。。。

どうしても英語に自信がない、又はせっかく行くので事前に英語も勉強したいという方は、語学学校をアレンジすることも可能です。BBIでは一般英語、実生活英会話、カランメソッドなどご希望に併せてアレンジが可能で、また一つ一つBBIスタッフにて訪問したお薦めの学校を紹介します。尚、語学学校は1週間~アレンジできますが、4週間以上のフルタイムのお申込みの場合は、BBI組合せ割引が適用となりますのでどうぞご利用下さい。

 > BBIのお薦め語学学校
 > お得なBBIの割引

◎1日のスケジュールを教えて下さい
幼稚園は通常朝7時頃から夕方6時くらいまでオープンしています。皆さんはそのうち、朝9時くらいから午後5時くらいまでの間で活動頂きます。以下サンプルを紹介します。

6時45分: 起床
7時45分: 朝食(トーストなど)
8時55分: 幼稚園到着
9時00分: 午前の活動、モーニングティー、自由遊び製作(粘土、パズル、お絵かき、コンピューターなど)
11時00分: 朝の活動(子供たちのニュース紹介、絵本読み)
11時30分: 昼食 グラタンと果物
12時00分: 午後の活動(お昼ね、自由遊びなど)
14時00分: アフターヌーンティー
14時30分: 自由遊び、日本文化紹介(日本の歌など一緒に歌う)
16時30分: 今日の活動終了、その後帰宅
17時00分: ホストとおしゃべり、TV、ビデオ鑑賞など
19時30分: 夕食 パスタ、スープ、サラダ
20時45分: 就寝

尚、園での活動は基本的に校長先生の指示に従って行ってください。また、早引きやお休みなどは事前に校長先生に許可を取って頂けたら対応可能です。

◎どうやった通勤したらいいのですか
通常滞在先は、幼稚園近くの場所で手配をします。徒歩圏内か、公共交通機関1本でいける程度のところで手配をします。毎日決まった時間にご自身で幼稚園まで通勤頂き、活動終了後は帰宅します。慣れないうちはお渡しする地図を携行して通勤しましょう。尚、公共交通機関を利用する場合はお得な定期券の案内などもオリエンテーション中にお話させて頂いています。

◎週末は皆さんどうしているのですか
週末はホストファミリーと過ごしたり、ご自身で観光やショッピングに行かれたりと様々です。平日の活動時間以外も自由に行動できますし、事前に校長先生の許可をいただければ平日であっても例えば午後からフリーにすることも可能です。せっかくの機会なので観光したりお土産を買いたいなどご希望もあると思います。そういった時間や週末を利用して大いにお過ごし下さい。

◎日本出発前に準備しておくことはありますか
ご参加後にBBIより準備しておいた方が良いリストなど詳細をお知らせしますが、例えば、英語の勉強、自己紹介カードの作成、帽子、日焼け止め、サングラス、園児たちに紹介したいものやそのツールなどは用意した方がいいでしょう。尚、自己紹介カードは、お申込み後にサンプルをご案内します。このカードは、通常幼稚園の入り口などに掲載されるもので、その園で活動するスタッフ全員が掲載をしなければいけないものです。簡単な自己紹介文と共に写真つきでA4サイズくらいの用紙に作成するものですが、どうぞいいもの作成して持参下さい。

◎活動中の注意点を教えて下さい
まず、上記の通り、オーストラリアは日差しが強いので、それから守る帽子などのツールは必要です。活動中の服装ですが、動きやすい服装で、アクセサリーをたくさんつけたり、先のとがった靴を履いたりするのはご遠慮下さい。また、園児のナッツアレルギーなどがあるので、お弁当にそういったものなどを持ち込むことや子供たちの写真撮影も基本的には禁止されています。尚、細かい注意点等はオリエンテーション中にも案内しています。

◎これまでどんな人が参加をされていますか
子供好きの方が多く参加されています。参加目的も様々で、将来幼稚園の先生を目指している人、現役の幼稚園の先生のキャリアアップとして、英語の環境で何かしてみたい、大学でチャイルドケアーを専攻している、児童英語教師を目指している、そんな方々参加されています。また女性が圧倒的に多く大学在学中の方、社会人で夏休みを利用してなどで参加される方が多いようです。

◎日本の文化等を紹介できるって本当ですか
はい、できます。BBIではせっかく日本人のボランティアが活動するので、日本人らしいことが提供できる園を中心に対応しています。従って受入れの幼稚園では、基本的に日本の文化紹介に関して歓迎で、ご自身が伝えたいことを紹介してあげてください。具体的には到着後、校長先生に自分が紹介したい内容を伝えてその時間をもらってください。これまで紹介された方は、日本の歌、かみしばい、折り紙、アニメのキャラクターのお絵かき、お遊戯などをされた様です。必ずしなければ行けないと言う事は全くありませんが、興味のある方はどうぞ挑戦してみてください!

◎オーストラリアの幼稚園の教育制度など教わることはできますか
普段の活動の中で、特に教わると言う事はありません。ご自身で見て、質問があればスタッフに聞いてという程度であればもちろん可能です。ただ、この機会にオーストラリア(海外)の幼稚園の教育制度もきちんと学びたいと思っている方は、日本人園長先生のいる幼稚園を紹介しています。こちらでは、園長先生が、そういったことも毎日指導して頂けることになっています。その分費用が別途かかりますが、ご希望の方はどうぞお知らせ下さい。

◎現地オフィスのサポート内容を教えて下さい
初日のオリエンテーション、緊急時の24時間体制など困ったときに日本語で日本人スタッフがサポートできます。オフィスは、シドニー中心部にありますので、滞在先や幼稚園先から30分程度以内にありますので、午後に来られる方もいらっしゃいます。オフィスでは、日本語環境の無料インターネット利用、荷物お預かり、私書箱、コピー、FAXなどをご利用頂けます。また、活動後の進学、旅行、ビザに関してなどに関しても対応していますのでどうぞお気軽にご相談下さい。

◎携帯電話を使いたいのですが。。。
こちらも現地シドニーオフィスのサポートの一つですが、現地の携帯電話やブロードバンド契約の紹介も行っています。短期間で参加される方は、この携帯などは必要ないかもしれませんが、2週間程度以上の方はもしかしたらあると便利かもしれません。日本への国際電話が¢4.9/分(約4円/分)の携帯や、日本語メールの打てる携帯などいろいろとご紹介ができます。どうぞお気軽にお知らせ下さい。


以上、幼稚園ボランティアでよくある質問集でした。どうぞご参考下さいませ。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 幼稚園ボランティアのご質問は ・・・ お問合せ
◇ オンラインでお申込みは ・・・ 仮お申込 

◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有)
◇ 幼稚園ボランティアとは
◇ 更に詳しい幼稚園ボランティアの情報は
◇ 関連する児童英語教師とは

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:
posted by BBI at 2010/05/26 09:25
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年5月26日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


満席!9/27スタートシドニーの日本語教師養成講座!
-大人気のシドニーで日本語教師養成講座420時間!

おはようございます、日本語教師ネットワークの大橋です。

今日のシドニーは雨模様です、最近こんなジメジメした天気が続いています。。。

そのシドニーですが、すみません、9月27日スタートのシドニーで日本語教師養成講座ですが満席となってしまいました!

従って、この講座を受講されたい方は、その前のスタート時期8月16日スタートでどうぞご検討下さいませ。7月5日スタートは残席2席ですが、仮のお申込みの方がいるのでちょっと微妙です。こちらも分かり次第お知らせしますね。

それでは現在の残席状況に関してお知らせします。

【シドニーで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (5/26現在)

≪2010年≫
 ○ 7月5日~9月17日 ・・・  残2席
 ○ 8月16日~11月5日 ・・・  残8席
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  満席

お申込: シドニーで日本語教師養成講座 お申込み 

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

尚、7月5日スタートコースですが、まだ最終的に確定していませんが、
このコースがあと1席か満席になる可能性があります。

この件もわかり次第お知らせしますが、こちらも受講申し込みには厳しい状況になってきましたので、お知らせしておきます。

やはり去年の動向と一緒でこの5月は本当に動きがある月でした。

今年中に修了できるのは、残るは8月スタートコースのみとなってきています。

こちらも今年のこのコースがほぼ8月スタートのみとなってきていますので、ここから例年、スタートが掛かり埋まっていく現象があります。

どうぞお気をつけ下さい!

 > 去年以前の席の埋まり方の傾向はこちらをご参考下さい

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ目次

 ○ 先輩後輩の効能!シドニーで日本語教師養成講座
 ○ 講座の秘密と充実過ぎる内容!
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/26 09:12
コメント()  トラックバック(0)

     -このブログ記事内容は【2010年5月25日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


短期で養成講座を勉強したい検定試験対策したいならここ
-ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

シドニーはダンダン肌寒くなってきました。今日の朝ははく息も白かったです。ついに冬が来てしまったなという感じですね。日本で言えば11月下旬頃の気候ですからそりゃー寒くなってきていますよね。今後オーストラリアにお越しの方は、地域によっては防寒対策を立てて渡航下さい!

さて、今日のブログは、ゴールドコーストでの日本語教師養成講座に関してお知らせします。

シドニーで日本語教師養成講座の今年の残席数が本当になくなってきていますが、こちらゴールドコーストにおいても徐々に埋まりつつあります。

ゴールドコーストで日本語教師養成講座の2010年の開講はあと2つですが、いずれもあと6席ずつとなってきました。

【2010年ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間スケジュール】(5/25現在)

今年もあと2回!
○ 7月12日~9月3日 ・・・ 残6席
○ 10月4日~11月26日 ・・・ 残6席

※上記講座は、全8週間の講義となります
※最終週は日本語教育能力検定試験模擬試験週間となります(2回の試験及びその解答解説)
※この試験による合否は特にありません
※受講時間:毎週、月曜日~金曜日、毎日9時15分~2時45分まで(祝日除く)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
短期で養成講座を受講したい、検定試験対策をしたいならこの講座!
ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間


ゴールドコーストで日本語教師養成講座の最大の特徴は、
わずか8週間(約2ヶ月間)で420時間の資格が取得できることです。

日本の養成講座機関が1年から2年くらい掛けて420時間の資格取得をしていきますので、この期間でそれが取得できることは驚異的なことです!

もちろん理由があってこのようになっているのですが、日本の機関は通常1週間に1~2コマ程度をこなしながら進めていくパターンが多いです。

従って、1週間でも2~4時間程度くらいしか授業をこなせません。

一方、ゴールドコーストの養成講座は、わざわざゴールドコーストまでこの講座のために渡航してきますので、思いっきりドップリと毎日この講座を受講します。授業のみでも毎日5時間程度はあるので1週間に25時間程度は時間があります。もちろん毎日それだけではなくて、教案の作成、課題の提出、日本語授業への参加など他の時間にも費やすので、かなり忙しく毎日をこの講座のためだけに過ごす様になります。

そのペースで毎日行うので、約2ヶ月間で420時間をこなすこととなります。

このペースは、本当はかなりしんどいペースだと思いますので、『大変である!』と言う事をきちんと理解した方でないと現地に行ってからかなり困惑すると思います。

逆に言うと毎日この講座のことで受講、作業をし8週間集中して日本語教師になるために講座をこなしていくこととなります。

それくらい覚悟があり、短期間で420時間の資格を取りたいと考えている方は、この講座はお薦めです。

また、もう一つこの講座の特徴として、日本語教育能力検定試験対策が含まれています。

毎年10月頃に行われる日本語教育能力検定試験に合格することは、将来日本語教師になる方にはとてもアドバンスなことです。

それは、この資格保持者が、日本やアジア圏での日本語学校での採用試験に採用条件として掲げられていることが多いからです。

ご存知の方も多いと思いますが、この講座は、広く日本語教師としての知識を身につけているかどうかを問われる試験で、合格率が毎年20%前後と難関の試験です。

特に日本の日本語学校では、日本語教師の採用に対して買い手市場ですので、
複数の資格保持者を採用条件に掲げる学校も少なくありません。

ゴールドコーストでは、日本語教師養成講座420時間が取得できるので、まず一つ日本語教師関連の資格が取得できますが、その後、この講座内の検定試験対策の授業内容を生かして、日本語教育能力検定試験に合格すれば2つ目の資格が手に入ります。

もちろん講座は、検定試験合格を保証したものではありませんので、手に入るかどうかはやはり皆さん次第となりますが、これまでのこの講座出身者の統計から約7割の方が合格していると学校から報告を受けています。

通常が20%程度の合格率ですから、この7割くらいの合格率は本当に高い数字です。

この講座では、検定試験対策として普段の授業内での案内と、最終週には検定試験対策の模擬試験を2回行います。そしてそれに対する解説も2回行います。そういったところももしかしたら高い合格率に結びついているのかもしれません。

よって、

 ◎ 短期間で日本語教師養成講座420時間を取得したい
 ◎ 日本語教育能力検定試験に合格したい


と思われている方は、この講座は選択肢の一つにあがると思います。

内容は本当にハードですので、覚悟して臨まなければいけないと思いますが、集中して受講された方は、良い結果に結びつく可能性があると思います。

ちなみにこの7月からのコースを受講すると9月初旬で講座が終わりますので、2010年の日本語教育能力検定試験に間に合います。

スケジュールは簡単に以下の通りになると思います。

検定試験出願期間: 平成22年(2010年)6月21日(月)~8月9日(月)まで
ゴールドコーストでの受講期間: 7月12日~9月3日
日本語教育能力検定試験日: 10月24日(日)
合否結果通知の発送: 12月17日(予定)


7月から日本語教師養成講座を受講し、そこで検定試験対策の学習もして、ぜひ10月のこの試験合格に向けて頑張って頂ければと思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

【ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間の特長】

  全日程8週間で修了(約2ヶ月間)
  みんなの日本語全50課にそれぞれ対応する教案作成
  日本語教育能力検定試験対策および模擬試験実施
  実践重視の講座内容
  併設日本語学校の授業に参加できるアシスタント研修制度
  少人数制で徹底指導(最大8人まで)
  直接法の指導方法採用
 ◇ 将来日本語教師として役立つ異文化経験
  生活は英語環境
  日本の費用よりも安い
  文化庁の新シラバスに準拠した直接法の養成講座420時間
  講座修了後には本校にて一日本語講師としての研修制度あり(有給)
  オーストラリアの小中高校で日本語アシスタント教師活動と組合わせること可能
  語学学校との組み合わせも可能

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座詳細
◇ お申込 ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ シドニーとゴールドコーストの違い 自分に合った講座選びを
◇ どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■日本語教師養成講座に関するお薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座講座内容リニューアルのお知らせ
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座Q&A
◇ 間接法も学べる世界どこでも通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

◇ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャンプ!
◇ オーストラリアで受講する意義
◇ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/25 12:37
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年5月24日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


募集開始!2010年10月出発豪で有給日本語教師

-今年最後の可能性も!オーストラリアで有給日本語教師インターシップの受付!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日2つ目のブログアップです。先ほどに倣って、有給インターンシップのお知らせをします。

今回は、有給日本語教師インターンシップの中で唯一英語圏のオーストラリアに関して。
以下に2010年10月期の募集要項に関してお知らせします。

こちらのプログラムで活動したい方はどうぞご連絡下さい。

2010年10月出発オーストラリア有給インターンシップ!
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ10月スタート
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
活動開始日 : 10月初旬頃 活動開始前日までに現地に到着いただきます
活動期間 : 半年間又は9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集人数 : 1~2名!
募集締切日 : 決定次第締切ます
募集条件 : 24歳以上、日本語教師関連の資格保持要、社会経験がある方が望ましい、またワーキングホリデービザが取得できること
※年齢は24歳以上としていますが、能力ややる気に応じてその限りではありません、どうぞ24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【2010年スケジュール オーストラリアで有給インターンシップ】

2010年インターンシップスタート月(受入れ時期): 
 6月 ・・・ 受付終了
 8月 ・・・ 受付終了
 9月 ・・・ 受付終了
 10月 ・・・ 1~2名
※上記は現時点でのスケジュールですので、変更の可能性があります
※各スタート日はおおよそ毎月月初の月曜日ですが、お申し込み後に最終的に決定されます


【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導を経験することも
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

オーストラリアで有給インターンシップは、BBIが行っている有給インターンシップの中で、唯一、最初の約3ヶ月間をインターン生のスキルアップと指導の時間として組み込んでいます。

しっかりそこで教え方を学習して、その後の有給での活動時に役立てて頂ければと思います。

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
 ◇ 派遣インタビュー
 ◇ お問合せ

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/24 12:41
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年5月24日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


募集開始!2011年1月出発モンゴルで有給日本語教師
募集締切2010年9月末まで、モンゴルで日本語教師有給インターンシップ!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

今週もスタートしましたね、どうぞよろしくお願いします。

さて、先週から2011年1月の募集要項に関してお知らせしていますが、今日は、モンゴルで有給日本語教師インターンシップに関してお知らせします。

モンゴルは、言わずと知れた、多くのモンゴル出身の力士がいるくらい、日本や日本語に関して興味を持ってくれている国です。また、モンゴルの政府自身もこの4月1日から日本人に対してビザ上観光ビザで30日間ビザ無しで滞在できる措置も取ったりと、日本のことにとても注目している、国です。

また、日本語教育熱も高いので、熱心に日本語を勉強している学生も多いです。

そんなモンゴルですが、2011年1月出発の募集要項に関してお知らせします

モンゴルはおおよそ毎年9月から翌年6月までが一学年度です。有給での活動は、1学年か半年間の参加となりますが、来年1月からのスタートは、半年間の有給インターンシップをされたい方にはちょうどいい、学年末までの仕事となります。

もちろん年度をまたいで、1月から1学年間の活動をされることも可能ですので、半年間参加の方のみを募集しているわけではありませんが、切りよく活動をしたい方にはちょうど良いスタート月となります。

以下に、その2011年1月出発の募集要項をお知らせします。1月からモンゴルで活動したい方はどうぞ以下をご参考下さい。募集締切は9月末までです!


モンゴルの大学で日本語有給インターンシップ
*******************************************************************
■モンゴル2011年1月出発概要
研修地 : モンゴル ウランバートル
活動開始日程 : 1月上旬の予定
募集人数: あと2名枠あり
募集締切日 : 決定次第締切
募集条件 : 22歳以上、4年生大学卒業以上、日本語教師関連の資格保持
ビザ : 就労ビザ
待遇 : 給料(44万トグルック)を支給します、また滞在先を提供
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ モンゴルで日本語教師有給インターンシップ
  
日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************


特典としては、上記の通り、給料以外に滞在先を提供します!食事は基本的に自炊をしていただきますが、有給ですので現地での生活には十分対応できます。

尚、半年間以上のモンゴルでの日本語教師派遣プログラムは、有給のプログラムとなりますので、日本語教師関連の資格をお持ちであることが条件ですが、資格をお持ちだが、教えることのキャリアアップを図りたいとお考えの方に、お薦めで、ご利用いただいているプログラムです。

直接法での指導方法のキャリアを積みたい方、モンゴルでの活動に興味のある方、どうぞこのプログラムをご利用下さい。

尚、半年間未満としては、2週間、3週間、1ヶ月間、1学期間、3ヶ月間という参加期間での参加もできます。

その場合は、残念ながら有給とはなりませんが、日本語教師関連の資格保持は必ずしも必要なく参加できます。また、ボランティアでの参加であっても滞在先の提供は無料でさせて頂いています。

従って、モンゴルでちょっと体験してみたいと考えていらっしゃる方は、この短期間のコースで試されてみるのも良いと思います。

【モンゴルへ派遣の特徴】

◎ 6ヶ月間以上の有給に参加には日本語教師関連の資格保持が必要
◎ 3ヶ月間未満の参加の場合は日本語教師関連の資格がなくても参加可能
◎ いずれの場合も基本的に滞在先の適用あり
◎ モンゴルは日本語熱が高い派遣国
◎ 指導方法は、直接法(日本語で日本語を指導)
◎ 従って、モンゴル語ができなくても活動可能
◎ 但し、モンゴル語を勉強したい方にはもちろん良い環境
◎ 現地活動場所には日本人先生、日本語が流暢な先生もいらっしゃるので安心
◎ 有給の場合は、最初の月から給料の支給あり!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇ モンゴルで日本語教師海外派遣プログラム
◇ モンゴルの治安について
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/24 12:02
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年5月22日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


募集開始!来年1月出発イギリスで日本語教師派遣 
-活動中の滞在費が掛かりません!英語力が伸びることもイギリスの特長!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今回のブログは、2011年1月のイギリスで日本語教師派遣プログラムの募集概要をお知らせします。

イギリスの1月出発は、カナダ、アメリカ同様2学期の開始時期です。年間においてちょうど中盤の時期になります。

ただ、イギリスも3学期制ですが、3学期開始での募集はしておらず、よってこの2学期の1月出発を逃すと次は2011年の新年度9月開始の時期まで出発を待たないと行けなくなります。

イギリスは、よって、毎年9月、1月と出発月しかありません。また、もうご存知の方も多いと思いますが、イギリスへのこのプログラムの参加は、現在のところ、ワーキングホリデービザのみでの参加となります。

このイギリスのワーキングホリデービザが少し曲者で、2009年から導入されましたが、あっという間に定員に達してしまって、2010年においては、1月18日に締め切られてしまいました。

受付開始が年始明けですから、なんと経った2、3週間程度で定員に達してしまったのです。そしてこのビザが取得できないと、もちろんこのプログラムに参加することができませんので、9月出発のタイミングで参加されたい場合は、年が明けたらすぐにでも取り急ぎこのビザの申請をする必要があります。

1月出発者に関しては、同様に年が明けたらすぐに申請することとなります。(2011年度のイギリスワーキングホリデービザ受付開始がそれよりも早くなる場合は、受付と同時に)

そしてそれが取得できたのちに渡英という流れとなります。

イギリスの場合は、この出発月が年に2回しかないことと、ビザの取得がとても重要事項となります。

イギリスで日本語教師派遣プログラムに参加されたい方は、この点を念頭におかれて対応下さい。

 > (参考)2010年度イギリスのワーキングホリデービザ(YMS)の記事

尚、首尾よくこのイギリスのワーキングホリデービザ(YMS)を取得できた方は、このイギリスでの派遣プログラムを存分に楽しんでください。

イギリスの派遣に関しては

 ○ 滞在費がゼロ(寮への滞在及び毎日3食付)
 ○ 英語が伸びる環境(BBI比で他国と比べて一番の伸び率、最大TOEIC275点アップ/6ヶ月間)

等の特長が挙げられます。

特に物価の高いイギリスにおいて滞在費がゼロというのはかなりの特典かと思います。為替レートにもよりますが、イギリスで通常1年間の留学をした場合、300万円から500万円くらい滞在費込みで掛かると言われます。

ところがこのプログラムは1年間で75万円ですが、そのプログラム費用のみで活動と滞在ができます。もちろんお小遣いやホリデー中の御陵高費用などは別途掛かるでしょうから、これだけでは収まらないと思いますが、活動中の滞在費と食費が含まれる=ゼロであることは、かなり魅力的な内容かと思います。

また、寮の滞在と言う事もあって、寮でのお手伝いをして頂くこともこのイギリスの特長です。寮生の管理や相談役としての活動をしていただきますが、生徒とかなり近い感じ交流ができるので、英語力アップにもつながる環境です。

そんなところがイギリスのこのプログラムの大きな特徴と言えます。

なお、ワーキングホリデービザでのご参加となるので、イギリスの場合は最大2年間の滞在が許可されます。もちろんアルバイトもできるので現地で費用も稼ぐこともでき、そういった利点もあります。

例えば最初の1年間、この活動をされて、その後1年間鍛えた英語力を使って、英語の環境で働くこともできます。

そんな感じでプランだてることもできるのがこのイギリスの特徴です。

尚、事前に語学学校をつけて英語力アップしてからこのプログラムに参加することも可能です。(1月出発の場合はビザがいつの時点で取れるかにより対応できない場合もあります)

以上、他の派遣国にはないイギリス出日本語教師派遣プログラムの特長を簡単に紹介しました。

以下には、2011年1月出発の募集要項を紹介します。ご興味のある方はどうぞご参考下さい。

英語が一番伸びる国イギリス
*******************************************************************
■イギリス2011年1月出発概要 応募締切2010年9月末  
準備研修地 : ロンドン
準備研修日程 : 1月初旬頃予定 ※準備研修中のホテルをご用意します
活動開始日 : 1月初旬~中旬頃(ビザの発給時期による)
活動期間  :2011年1月~6月末頃(2学期間の参加のみ)
募集締切日 : 2010年9月末迄
募集条件 : 20歳~30歳、2011年のワーキングホリデービザを取得できる方、TOEIC700点以上程度(目安)
ビザ : ワーキングホリデービザ
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ イギリスで日本語教師派遣プログラム

 
 日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ

*******************************************************************

【イギリスへ派遣の特徴】

◎ 活動中の滞在費がゼロ!無料!!
◎ 日本人にとって根強い人気のあるブリティッシュイングリッシュの派遣国
◎ 滞在先は学校の寮または提供される住まい
◎ 日本語教育環境は
、まだ整っていない派遣校も多い。従って、自らが授業を作ることが必要な場合もある
◎ 自然、英語を屈指する場面が多く、派遣国の中では一番英語力が求められ、また英語力が伸びる環境(TOEICが半年間で275点伸びた実績あり)
◎ 派遣校は、ボーディングスクール(寮のある私立学校など)が多い
◎ 従って、活動内容は、学校の活動以外に寮での活動も求められることもあり
◎ 日本語の授業が少ない学校もあるのでその場合は、他の科目のアシストなども対応する
◎ よってイギリスの活動は、日本語教師の活動のみではなく学校での活動全般のアシストを行うことになるので、日本語教師に留まらずイギリスの学校での活動をしてみたいという方にお薦めの環境

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ イギリスで日本語教師海外派遣プログラム
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ イギイリスで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ イギリス、ワーキングホリデー(WH)ビザの取得方法
◇ 2009年イギリスWHビザ受付終了

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/22 09:06
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年5月21日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


募集開始!来年1月出発アメリカで日本語教師派遣
-滞在費が超お得なのがアメリカの特長!食費込みで月2~300ドル!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今回のブログは、2011年1月のアメリカで日本語教師派遣プログラムの募集概要をお知らせします。

アメリカの1月出発は、2学期の開始時期です。年間においてちょうど中盤の時期になります。

ビザの関係上、最大1年間までの活動となりますので、

 この2学期間のみ参加のパターンや
 最終学期3学期(6月末頃に終了)まで活動するパターン、
 年度を越えて新年度の1学期まで1学年間活動するパターン

が考えられますが、ご自身の目的等に併せて参加する活動期間も選択されてみてください。

アメリカの場合は、短期間1学期間(約3ヶ月間)の活動の方が多いです。

1月出発はちょうど年始が開けて早々に現地に着任頂く形となります。そして3月の下旬頃までの活動が2学期目(1学期間)の活動となります。

4月から就職が決まっている、4月から学校に戻るなど、そういった理由から1学期間の参加の方も多いのですが、1学期間ですと、観光ビザでの参加が可能なので、6ヶ月間以上参加の際のJ1ビザの取得も必要もなくビザ上は何も問題なくまた手間も時間も掛からず対応できます。

尚、アメリカの派遣の場合は、派遣先によっては、無犯罪証明書の取得が義務付けられる場合があります。

この無犯罪証明書は住民票の置いてある都道府県の県警に申請をしていきます。取得の仕方は、BBIの方で全てサポートさせていただきますのでご安心頂ければと思いますが、この点がビザ以外で少しお手間を掛けてしまう内容となります。

詳しくはどうぞ以下のページでもご覧下さい。

 > 無犯罪証明書の取得について

さて、アメリカのこのプログラムにおける最大のお得な特徴としては、滞在費が安いと言う事です。

なんと1ヶ月間で200~300米ドル(3食付き/毎日)です。わずか2~3万円程度で、滞在と食事が確保されています。

派遣先によりこの条件が整わない箇所もありますので一概には言い切れませんが、BBIに熱心に活動者を希望されている学校では、そういった環境の学校が多いです。

アメリカは、日本語教育環境も高く、オセアニアに次いで活動しやすい派遣先です。活動もしやすく、滞在費用も安いのでぜひこの特長を利用して、良い経験を積んでください。

さて、2011年1月出発の募集要項を以下にお知らせします、ご参考下さいませ。

留学人気No.1 憧れの国アメリカ
*******************************************************************
■急募1名!アメリカ2010年4月出発!
準備研修 : 電話で行います
活動開始日 : 2011年1月初旬
募集締切日 : 8月末日頃
募集条件 : TOEIC500点以上程度(目安)、年齢制限は特になし
ビザ : 観光ビザ、J1ビザ
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ アメリカで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【アメリカへ派遣の特徴】

◎ 日本人にとって馴染みのあるアメリカンイングリッシュの派遣国
◎ 英語圏では、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がオセアニアについで整っている
◎ アメリカ全土に亘って派遣可能。ただし、OR州中心
◎ 派遣先は中高校(女子校、男子校、公立校、私立校)が中心
◎ アメリカの日本語の先生は全体の半分が日本人講師であることも特徴
◎ 従って、英語が多少苦手であっても参加可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて300米ドル/月~(約30000円/月)・・・毎日3食付いているのでお得!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ アメリカで日本語教師海外派遣プログラム
◇ アメリカの派遣校紹介
◇ アメリカの派遣の特徴
◇ 
日本語教師養成講座通信との活用方法

◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画あり)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/21 14:22
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年5月21日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


かなりお得?!今日の対豪ドルは75.66円です!

-豪ドルでのプログラム、日本語教師養成講座、児童英語教師など!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、先日市場の話しと為替レートの話をしましたが、今日の豪ドルに対する円のレートが、

 1豪ドル=75.66円
 (東京三菱UFJ銀行のTTS送金レート)

となっていました!

これってここ最近のレート比較したときにとても良いレートだと思います。

良いレートというのはBBIで紹介している豪ドルで紹介させていただいている商品の事です。

それは、

 ○ シドニーで日本語教師養成講座 4500豪ドル(入学金・授業料)
 ○ ゴールドコーストで日本語教師養成講座 4400豪ドル(入学金・授業料)
 ○ 通信で日本語教師養成講座 1740豪ドル(入学金・授業料)
 ○ 児童英語教師 2300豪ドル(入学金・授業料、日本語版のコース5月キャンペーン利用)
 ○ 語学学校グリニッチカレッジ300豪ドル/週(授業料)

等が、これまで1豪ドル85円程度だったときと比べて安く受講することができます。

例えば、人気の通信で日本語教師養成講座ですが、

 85円のとき 1740豪ドル ⇒ 147900円
 75.66円(今日のレート)のとき 1740豪ドル ⇒ 131640円

となり、16260円もお得となります。

BBIでは海外送金手数料(通常4500円日本の銀行で、20豪ドル程度オーストラリアの銀行で掛かります)をオーストラリアの場合は頂かず無料で対応していますので、まさしくこの金額となります。

従って今はかなり良いレートになってきていると思います。

もちろん更に良いレートになる可能性も有りますし、戻す場合もあるので本当にどのタイミングがいいかは皆さんのご判断にて対応して頂くとしか言えないのですが、この1、2週間前のレートよりはずっと良いレートとなっています。

尚、現在こうやって為替が急激に変わっていますので、もしお申込みの際には当日入れて3日以内にご対応頂いております。ご理解のほどよろしくお願いします。

さて、その上で、現在お申込み可能な豪ドル表記のプログラムを残席状況と共に以下にお知らせします。

全てオーストラリアにある学校となります。ラインナップは以下のとおりです。

  シドニーで日本語教師養成講座420時間
 ◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間
 ◇ 通信で通学、日本語教師養成講座420時間
  ※ 通信のみで日本語教師養成講座420時間はこちら 
  児童英語教師(オーストラリア)
  TESOL英語教師養成講座

特に残席数に余裕のない以下の『オーストラリアの日本語教師養成講座』に関してお申し込みを検討されている方々は、この機会を考えている人も多いと思いますので、席確保(正式お申込み)には本当にご注意下さい。

以下に最新の残席状況をお知らせします。

【オーストラリアで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 
(5/21現在)

↓申込み可能なのはここから↓
(7月)
 ○ 7月5日~7月16日 ・・・  残3席 (通信で通学
 ○ 7月5日~9月17日 ・・・  残2席 シドニー)
 ○ 7月12日~9月3日 ・・・ 残6席 (ゴールドコースト
(8月)

 ○ 8月16日~11月5日 ・・・  残8席 シドニー)
(9月)
 ○ 9月20日~10月1日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  残1席 シドニー) ← 危険です
(10月)
 ○ 10月4日~11月26日 ・・・ 残8席 (ゴールドコースト
(11月)
 ○ 11月15日~11月26日 ・・・  残6席 (通信で通学

※児童英語教師や英語教師の開講日は以下のURLでご確認下さい。

  児童英語教師(オーストラリア)
  TESOL英語教師養成講座


お申し込みは便利なオンラインで

 > 
シドニーで日本語教師養成講座 お申込み
 > ゴールドコーストで日本語教師養成講座 お申込み 
 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります
※シドニーの講座は全11週間(間に1週間ホリデーのあるコースもあり)
※ゴールドコーストの講座は全8週間
※シドニーのコースで“実質”として表記しているのは仮お申込み含めての残席です

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

  :’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

■その他プログラム毎お薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/05/21 12:02
コメント()  トラックバック(0)
 37件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.