日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2010年3月の記事一覧


 43件中1~10件表示  次のページ

     -このブログ記事内容は【2010年3月30日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


5/31迄にスタートできる方20%オフ!Aust短期
-オーストラリアで短期日本語教師体験!5月末までに活動がスターとできる方対象!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、先日もお伝えしましたオーストラリアでの短期日本語教師体験についてお知らせします。

このプログラムは、スクールホリデー期間中以外、通年行っているプログラムですが、春先のこのご参加の多い時期に、現在、『少しでも安く参加して頂こうキャンペーン!』を行っています。

先日もその案内をしていたつもりでしたが、なかなかうまく伝えきれていなかったと思い、今日も改めてお伝えしますが、このキャンペーン適用は、

2010年5月31日までに 活動がスタートできる方が対象です。

5月31日は月曜日ですが、この月曜日以前の毎月曜日ににスタートができれば、対象となるわけです。

スクールホリデー期間を除くですから、具体的には

4月:12日、19日、26日
5月:3日、10日、17日、24日、31日


にスタートできる方となります。

学校の手配には1~1ヵ月半程度時間を要しますので、現実的にはこれからであれば5月スタートの方が手配可能となります。
※4月期に行かれたい方はまずはご相談下さい。

以下にこのプログラムの簡単なスケジュールを紹介しますのでご希望の方はご参考下さい。

【オーストラリア短期日本語教師体験スケジュール】

① 派遣インタビュー実施 出発の1~1ヵ月半前
   ↓
② 合否決定。合格後は正式お申込を
   ↓
③ 学校の手配及び滞在先の手配開始 
   ↓
④ パスポート、国際線チケット、海外旅行傷害保険の手配 ご出発の1ヶ月前程度
   ↓
⑤ 派遣校及び滞在先の決定 ご出発の2週間前程度
   ↓
⑥ シドニーからお電話にて準備研修の実施 ご出発の1週間前程度
   ↓
⑦ 最終書類の送付、そして日本ご出発
   ↓
⑧ 派遣校最寄の空港へ(週末に到着)
  ホストまたは学校の先生がお迎えに上がります
   ↓
⑨ 学校での活動開始(翌月曜日)
   ↓
⑩ 学校での日本語教師体験(月曜日~金曜日)
   ↓
⑪ 参加ご希望週数を活動し最後の週の金曜日で活動修了
   ↓
⑫ その週末以降に帰国または、オーストラリアの他の都市へ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【プログラム参加費用(割引額を表示、5/31までスタートできる方対象)】
オール参加費用20%オフ♪

1週間
:158000円 ⇒ 126400円
2週間
:178000円 ⇒ 142400円
3週間:198000円 ⇒ 158400円
4週間:218000円 ⇒ 174400円


費用に含まれるもの

1
) プログラム運営費
2) 出発までのサポート
3) オリジナル教材費
4) お電話による準備研修費
5) 現地サポート費(緊急時24時間含む)
6) 事前英語無料レッスン費
7) 修了証の発行
8) 帰国後の就職サポート
9) 最寄りの空港等までのお出迎え

※その他費用としてホームステイ費用(120ドル/週~)、通勤費、お小遣いなど

他のプログラムとの組合せ

単独で参加してももちろん言いですが、以下のプログラムと組合わせることも可能で、それによりいろいろな目的が達せられます。オーストラリアの場合はいろいろと考えられます。

 ◇ 日本語教師養成講座420時間
 ◇ 英語教師TESOL
 ◇ 児童英語教師TECSOL
 ◇ 語学(英語)学校通学


などが対応可能です。それぞれの組合せには、それぞれ目的も異なりますので、ご自身にあった内容のもので組合せをどうぞされてみて下さい。

なお、BBI日本語教師ネットワークでは、この組合せをすることによって組合せ割引が適用となります。詳しくは以下のバナーをクリック下さい!




人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■短期オーストラリア2010年5月まで出発 
準備研修 : お電話にて対応します
対象 : 3月1日~5月31日までにスタートできる方
活動開始日 : 各月曜日(スクールホリデー期間中は除く)
募集締切日 : 各回定員に達成次第

募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1~4週間

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【オーストラリアで短期日本語教師体験 概要】

お薦めな方

 ○ 日本語教師の活動をちょっとかじってみたい方
 ○ 長期で参加する前に様子を見てみたい方
 ○ 短期間しか参加ができない方
 ○ 語学留学の延長線として海外で何か活動をしてみたい方
 ○ 他の資格取得や英語学校と組合わせて参加したい方
 ○ 英語の環境にドップリ浸りたい方
 ○ 実践的な生の英語に触れたい、実践したい方

プログラム(活動)内容

オーストラリア現地の学校での日本語教師体験は、日本人がほとんどいないネイティブに囲まれた英語の環境で『日本人という武器』を使って活動できるプログラムです。オーストラリアは英語圏で一番の日本語環境が整っていますが、その小・中・高校で、日本語や日本文化を紹介して頂きます。

『英語を使ってネイティブの生徒に日本語や日本文化を教えて』頂くので、積極的に英語を発話する必要があり、結果的に実践的な英語が身に付く環境です。

尚、オーストラリアは、各学校での受け入れ環境が整っているので、英語力が高くなくても参加できます。あなたのもっている日本の知識をあなたの言葉を通して伝えてあげてください。

【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)


【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約9000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!


*********************************************
お得な春の留学プログラム♪
短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験が20%オフ♪


↑詳細はこちらをクリック↑
*********************************************

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/30 08:05
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年3月29日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

ニュージーランドWHビザ同一雇用主の制限撤廃!
-7月出発ニュージーランドで日本語教師!4月末が締切です!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、ニュージーランドファンの方に朗報です!

本日3月29日付からニュージーランドでのワーキングホリデービザの現地での活動条件が緩和となりました!

これまで、現地での生活をサポートする意味で働くことに対して、同一雇用主において3ヶ月間までの就労が可能という条件が撤廃され、同一雇用主でも12ヶ月間就労が可能となりました。

併せて最長6ヶ月間まで、就学(語学学校等で勉強をすること)することが可能となりました。

以下は、ニュージーランド大使館のこれに関する案内のページです。

日本・ニュージーランド間のワーキングホリデービザが改正されました(原文のまま掲載)
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
ワーキングホリデー制度を利用してニュージーランドに滞在する日本人旅行者に新たな朗報です!2010年3月29日から本制度の規定が緩和されることになり、ニュージーランドでワーキングホリデー中の日本人旅行者は、最長12ヶ月まで同一雇用主のもとで働くことと、最長6ヶ月まで学校で学ぶことが許可されます。

この新規定は、現在ニュージーランドでワーキングホリデー中の全ての日本人に適用されます。

ワーキングホリデー中の就業、勉学、旅行に関する情報は、こちらをご覧ください(英語)。

ワーキングホリデー制度の詳細はこちらをご覧ください(英語)。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

詳しくはこちらのページでご確認下さい。

 > 日本・ニュージーランド間のワーキングホリデービザが改正されました
 > ニュージーランド大使館

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

この事によって、BBIで紹介をしているニュージーランドで日本語教師の活動もワーキングホリデービザで長期間に亘っても活動できる様になります。

これまで、ワーキングホリデービザでご参加の方には

 1学期間(約3ヶ月間)

のご参加しか案内できませんでしたが、今回の改正によって、ワーキングホリデービザでも

 最大1年間(1学年間)

参加できることとなります。

これまでは、2学期間(約6ヶ月間)以上のご参加の場合は、基本的に就労ビザ(ボランティア用)のビザを取ってご参加となっていましたが、それ以降であってもワーキングホリデービザでもご参加頂けるようになりました。

ワーキングホリデービザでご参加いただけると、BBIの割引のワーキングホリデービザ割(1万円オフ)も適用となりますので、お得感も出てきますね!

ニュージーランドで日本語教師のプログラムに参加する場合は、以下のビザのいずれかでのご参加が可能ですが、どちらのビザを選択した方がいいかは以下をご参考にご判断下さい。

◎就労ビザ(ボランティア用)
参加期間: 1ヶ月間、1学期間、2学期間、3学期間、1年間(1学年間)
年齢制限: 特になし
主な取得条件: 4年制大学以上卒業か短大+社会経験

◎ワーキングホリデービザ
参加期間: 1ヶ月間、1学期間、2学期間、3学期間、1年間(1学年間)
年齢制限: 18歳~30歳まで
主な取得条件: 独身者または子供を同伴しない既婚者

上記の通り、30歳までの方であれば、最大1年間であってもどちらのビザでのご参加でも問題ないと思います。ただ、日本語教師の活動以外に、アルバイトをしたい、語学学校に通学したい、その他の活動をしたいなどいろいろと計画している場合は、ワーキングホリデービザが適当かと思います。

逆に、年齢が既に31歳以上の方であれば、ワーキングホリデービザは取得できないので、自ずと就労ビザでの参加となります。

また、このプログラムにはこのプログラムに集中するため就労ビザで参加し、その後またワーキングホリデービザでニュージーランドに来る方法もあります。これは、例えば最初の1年間を日本語教師の活動で、英語ブラッシュアップなどいろいろなことを経験され、今度はその経験を生かして、更にニュージーランドで何か活動をされたい場合、良い方法だと思います。

ある程度英語力がついたわけですから、日系の企業ではなく現地NZの企業で英語に囲まれた環境で働くとかそういったことができる様になります。

こちらは2年計画で目的を達成する方法ですが、そんなことも対応可能となります。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上ニュージーランドフリークには、朗報のお知らせでした。更に使い勝手のあるニュージーランドのワーキングホリデービザで日本語教師派遣プログラムにご参加下さい。

直近の7月出発の募集要項は以下のとおりです。


日本と似ている国 ホッとするニュージーランド
*******************************************************************
■ニュージーランド2010年7月出発概要 
準備研修地 : オークランド
準備研修日程 : 7月14日~16日(予定)
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 7月19日から
募集締切日 : 2010年4月末迄WHビザでご参加の場合は5月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC450点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2010年10月(応募締切7月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

 > 7月NZ派遣校紹介①
 > 7月NZ派遣校紹介②
 > お薦め組合せ7月NZで日本語教師と組合せ
 > シニアの方に人気のニュージーランドの秘密
 > 英語環境を利用せよ!NZで日本語教師

【ニュージーランドへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で二番の日本語教育環境
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境が秀でている
◎ ニュージーランド全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で
多い
◎ ただし、派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣はあまりない
◎ 従って、文化紹介以外にアカデミックな授業も多く取り入れている環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なキウィ先生(NZの先生)、英語が主体のキウィ先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均180NZ豪ドル/週(約11000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用より安い!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
◇ ニュージーランドの派遣校紹介
◇ ニュージーランドの派遣の特徴
◇ ニュージーランド現地活動報告(マンスリーレポート)
◇ NZワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/29 12:24
コメント()  トラックバック(0)

     -このブログ記事内容は【2010年3月29日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


お知らせ!イースター期間中のメールの遅延について
-イースター期間中、本部オーストラリアが祝日となります

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今週末の4月2日(金)~4月5日(月)までは、イースターホリデー(祝日)となる関係で、BBIの本部のあるオーストラリアはお休みとなります。

BBI本部では、BBIホームページに関する一切の業務を担当しておりますので、それに関わるイースターホリデー期間中の対応が、以下の様になります。

【イースターホリデー中の営業のお知らせ】

該当期間: 2010年4月2日(金)~4月5日(月)

BBIオーストラリア本部は上記の期間営業致しません。従って、大変恐れ入りますが、上記の期間にご連絡頂きました以下の内容に関してご連絡が4月6日(火)以降となります。

BBIのホームページ(www.jt-network.com)の

 ○ 資料請求
 ○ お問合せ
 ○ 説明会お申込み
 ○ 各プログラムお申込み
 ○ BBI無料メールマガジンピンピタメールお申込み

及び

 ○ info@jt-network.com (代表E-mail)
 ○ シドニースタッフ宛のメール

宛にご連絡頂いた場合は、4月6日(火)以降のご連絡となります。

従って、何かございましたら、なるべく4月1日(木)午後3時くらいまでにご連絡を頂けると助かります。


尚、BBI東京オフィス、大阪オフィスに関しては、イースターは関係ございませんので
通常通り営業いたします。

◎BBI東京オフィス
上記期間中については4月4日(日)のみお休み
TEL: 03-5389-8275
E-mail: tokyo@jt-network.com

◎BBI大阪オフィス
上記期間中については4月3日(土)・4日(日)のみお休み
TEL: 06-6397-4192
E-mail: support@jt-network.com
 
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°



以上、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願い致します。


BBI日本語教師ネットワーク

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/29 11:44
コメント()  トラックバック(0)

     -このブログ記事内容は【2010年3月27日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


20%オフ!Aust短期日本語教師体験プログラム!
-5月末までに活動がスターとできる方対象!オーストラリアで短期日本語教師派遣プログラム-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、オーストラリアでの日本語教師体験についてお知らせします。

BBIでは日本語教師派遣プログラムを運営していますが、主に1学期間(3ヶ月間)以上の長期に亘るプログラムとして紹介をしています。

このプログラムは

 ○ 将来、日本語教師になりたい
 ○ 将来、英語教師になりたい
 ○ 実践的な英語力を身につけたい


等の目的のある方にあったプログラムですが、自然、3ヶ月間以上の、できれば半年間以上の活動でないと上記の目的は達成しにくいことから、BBIとしてもせっかくやるのなら長期をお薦めしています。

ただ、環境的に、資金的になどの理由で長期に参加できない方もいらっしゃいますし、まずはどんな感じか見てみたい方もいらっしゃいます。

また、単に語学留学の延長線として何か海外でちょっとだけ活動してみたいという方もいらっしゃいます。その関係で短期で日本語教師体験をされたい方も結構いらっしゃいます。

従って、BBIではそういった方々に向けて短期の日本語教師体験プログラムを運営しています。

英語圏では、オーストラリアとニュージーランドが1~4週間までの短期として対応していますが、オーストラリアにおいて現在5月末までのキャンペーンとして、割引を実施していますので、今日はそちらを案内したいと思います。


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■短期オーストラリア2010年5月まで出発 
準備研修 : お電話にて対応します
対象 : 3月1日~5月31日までにスタートできる方
活動開始日 : 各月曜日(スクールホリデー期間中は除く)
募集締切日 : 各回定員に達成次第

募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1~4週間

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【オーストラリアで短期日本語教師体験 概要】

お薦めな方

 ○ 日本語教師の活動をちょっとかじってみたい方
 ○ 長期で参加する前に様子を見てみたい方
 ○ 短期間しか参加ができない方
 ○ 語学留学の延長線として海外で何か活動をしてみたい方
 ○ 他の資格取得や英語学校と組合わせて参加したい方
 ○ 英語の環境にドップリ浸りたい方
 ○ 実践的な生の英語に触れたい、実践したい方

プログラム(活動)内容

オーストラリア現地の学校での日本語教師体験は、日本人がほとんどいないネイティブに囲まれた英語の環境で『日本人という武器』を使って活動できるプログラムです。オーストラリアは英語圏で一番の日本語環境が整っていますが、その小・中・高校で、日本語や日本文化を紹介して頂きます。

『英語を使ってネイティブの生徒に日本語や日本文化を教えて』頂くので、積極的に英語を発話する必要があり、結果的に実践的な英語が身に付く環境です。

尚、オーストラリアは、各学校での受け入れ環境が整っているので、英語力が高くなくても参加できます。あなたのもっている日本の知識をあなたの言葉を通して伝えてあげてください。

プログラム費用

1週間:158000円 ⇒ 126400円
2週間
:178000円 ⇒ 142400円
3週間:198000円 ⇒ 158400円
4週間:218000円 ⇒ 174400円



費用に含まれるもの

1
) プログラム運営費
2) 出発までのサポート
3) オリジナル教材費
4) お電話による準備研修費
5) 現地サポート費(緊急時24時間含む)
6) 事前英語無料レッスン費
7) 修了証の発行
8) 帰国後の就職サポート
9) 最寄りの空港等までのお出迎え

※その他費用としてホームステイ費用(120ドル/週~)、通勤費、お小遣いなど

他のプログラムとの組合せ

組合せとしては、オーストラリアの場合はいろいろと考えられます。

 ◇ 日本語教師養成講座420時間
 ◇ 英語教師TESOL
 ◇ 児童英語教師TECSOL
 ◇ 語学(英語)学校通学


などです。それぞれの組合せには、それぞれ目的も異なりますので、ご自身にあった内容のもので組合せをどうぞされてみて下さい。

なお、BBI日本語教師ネットワークでは、この組合せをすることによって組合せ割引が適用となります。詳しくは以下のバナーをクリック下さい!




【派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)


【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約9000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!


*********************************************
お得な春の留学プログラム♪
短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験が20%オフ♪


↑詳細はこちらをクリック↑
*********************************************

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/27 10:48
コメント()  トラックバック(0)

       -このブログ記事内容は【2010年3月26日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


9月出発カナダ!現地からマンスリーレポート!
-締切は4月末!9月出発カナダで日本語教師派遣プログラム-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

今日久々に仕事で空港に見送りに行ってきました。現在シドニー空港とシティ中心部との交通機関は、電車、タクシー、エアポーターという相乗りバスの3種類です。観光バスが控えていない状態であれば、以上の3つから選んでシティーに来たり、空港に行ったりします。行きはスーツケース等もあったのでタクシーで行きました。無事に送り届け、さてオフィスに戻ろうと今後は電車でシティーまで戻ってきたのですが、その電車賃の高さに愕然としました!

シドニー空港に電車が導入されて久しいですが、その頃からその空港駅周辺はステーションアクセスフィーアプライと言って同じ距離や区間であっても他のところより割り増しをされて高くなっていました。

もちろんそれは知っていたのですが、僕の記憶では11ドル程度と思っていました。ところが今日乗ったらなんと15ドル80セントでした!

えっ1580円!(生活感覚としては1豪ドル100円程度です)、そんなするの!って感じでした。

例えば成田東京(上野)間くらいの距離があればそれくらいは構いませんけど、たった、4駅程度で1580円かよっ!と三村ばりのつっこみを入れたくなるほど、高くてびっくりしてしまいました。

シドニーは生活費がドンドン高くなっていて生活しずらいところがあるのですが、この電車賃には本当にあきれるくらいびっくりしました。

ちなみに、シドニー市内には電車が結構いろいろなルートで走っていて便利です。買い方はシングル(片道)、リターン(往復)などから基本的に選ぶんですが、朝9時以降にリターンチケットを買うと最大30%オフになるなど特典があります。また14日間のチケット28日間以上のチケットなど(定期券みたいなもの)を買うことによって更に割引がされますので、上手に使えばまだまだ安く対応することもできますのでご利用下さい。

この辺のことなどは、オリエンテーションなどの時にお話もさせて頂いております。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

さて、そんなオーストラリアの話は良いとして^^;、全くつながりもないですが、カナダから日本語アシスタント教師としての現地活動報告が届きましたのでそちらを今日は紹介させて頂きます。

カナダに関しては、最新では9月に出発のコースがあります。こちらの締切は4月末となりますので、それまでに派遣インタビューをお受け頂き合格下さい。

では以下に、9月カナダで日本語教師派遣プログラムの募集要項のおさらいです。

基本情報は以下のご覧下さい。

 > 9月出発カナダ募集要項(4月締切)
 > カナダで日本語教師派遣プログラム概要
 > 9月カナダワーキングホリデービザの活用方法
 > 2010年ワーキングホリデー受付開始とその概要

【9月カナダで日本語教師、派遣校はこちら】


  英語が鍛えられる派遣校一覧
  英語が苦手でも活動できる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧
  ネイティブ講師のいる派遣校一覧②(バンクーバー市内編)


プログラム2番人気!英語が伸びる国カナダ
*******************************************************************
■カナダ2010年9月出発概要 応募締切り4月末!
準備研修 : バンクーバー
準備研修日程: 2010年8月30日~9月3日(予定)
活動開始日 : 9月6日から
派遣先  : 全土に亘って派遣しています
募集条件 : 20歳以上、TOEIC500点以上程度(目安)
ビザ : 就労ビザ、ワーキングホリデービザ
募集締切日 : 2010年4月末日まで(WHビザで行かれる方は5月中旬日までが締切)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ カナダで日本語教師派遣プログラム詳細
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

ご興味のある方は、ご検討後、なるべく早くに派遣インタビューをお受け下さい。特にこの派遣校に行きたい!と思っている方は、早いもの順でプレースメントしますので尚更です。

【今日のコンテンツ】
9月出発カナダで日本語教師、現地からの活動報告 -2010年2月-

○ 学校での活動で特に印象に残ったことは何ですか

Science Fairがありました。1つのテーマについて調べて、パネルにまとめてポスターセッションの形でプレゼンを行います。自分の選んだトピックが「カナダにどんな影響を与えているのか」「なぜカナダにとって重要なのか」という点について追求します。一ヶ月間、毎日1時間以上この準備のために時間をとりました。当日は、園児からハイスクールの生徒まで、そして親が見学に来て熱心に説明を聞いていました。Grade3は初めての経験なので、一人ひとりの原稿を先生が校正し、毎日1から2人の親が学校に来て手伝って家でのバックアップもかなり力が入っていました。本とインターネットで調べてまとめるだけですが、それぞれ模型やミニチュアなど工夫を凝らした小道具を使って原稿を読むのではなく、自分の言葉で説明していました。質問にも堂々と答え、Grade3ながら、なかなかのプレ全力で感動しました。自分の意見を主張する環境と言うのは、日々の生活の端々に感じていましたが、こういう経験がプレ全力を育てるんだなと思いました。

○ 効果のあった授業内容を教えて下さい

雛人形を折り紙で作りました。前回の折り紙の授業の反省を活かし、折り方の指示書を黒板にはり、見本には拡大版折り紙を準備しました。学年ごとに難易度を変えて挑戦しました。雛人形には柄入りの折り紙、ぼんぼりやひし餅には好きな色の折り紙を選択できたのが嬉しそうでした。子供たちの作ったお雛様やお内裏様の顔が、外国人っぽい顔で微笑ましかったです。本当に彼らは折り紙が好きで、『雛』人形だけれども高学年の男子でも一生懸命取り組んでいました。

○ 効果のなかった授業内容を教えて下さい。

ぼんぼりは、見本を見ながら適当に切って貼れば良いと高をくくっていたけれど、Grade4-5には、それが少し難しく、時間が足りませんでした。Grade6-7は、さすがに見本を見ながら切り貼りできていたけれど、雛人形が難しいバージョンだったため、やはり時間が足りませんでした。授業内で完成できなかったものは、きっと家で仕上げないだろうから、中途半端になってしまったのが残念です。ぼんぼりを切り貼りするのが難しい子には「描く」という選択肢もありにすればよかったと思いました。

○ ホームステイの様子はいかがですか

ホストはとても優しく快適に過ごしています。自炊生活も楽しんでいます。

○ 英語力向上のためにどんなことをしていますか

今月から月木の週2回6:30~9:00、大学のConversation English Courseに通い始めました。テキストに添って、「ある場面」で「どう表現するのか」を学習しています。また、生活の中で分からなかった表現について質問すると教えてもらえてるので、勉強になります。今のところ内容は簡単なのですが、講師の説明していることが分からないことが多いので、聞き取り力をもっと磨かなくてはと思っています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【カナダへ派遣の特徴】

◎ 英語が伸びる派遣国(TOEICの伸び幅が2番目 BBI調べ)
◎ 日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がまだ発展途上の派遣校もあり
◎ 従って、パイオニア精神をお持ちの方にお薦め
◎ その分、メインとして任されたり
やりがいのある環境
◎ カナダ全土に亘って派遣可能。ただし、BC州、オンタリオ州中心
◎ 派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣もあり
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なカナディアン先生、英語が主体のカナディアン先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可脳
◎ 一般的に、参加にはある程度の英語力が必要
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均756加ドル/月(約63000円/月)・・・毎日3食付いているのでお得!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ カナダの派遣校紹介
◇ カナダの派遣の特徴
◇ カナダワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ カナダ就労ビザ(ボランティア用)申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について
◇ カナダ健康診断受診病院の詳細
◇ 2010年カナダワーキングホリデービザ概要
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/26 08:34
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年3月25日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


直近出発は7月!Austで日本語教師 現地活動報告2
-7月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラム 現地から活動報告-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、前回に引き続き、今日二つ目のブログアップもオーストラリアからの現地情報です。

今回紹介するのはこの3月で活動を終了される方々からの報告です。前回のフレッシュな面々の活動したてのときとの違いを読み取って頂ければと思いますので、どうぞご参考くださいませ。


*********************************************
お得な春の留学プログラム♪
短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験が20%オフ♪


↑詳細はこちらをクリック↑
*********************************************

では、まずおさらいです。7月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの募集概要です。締切は4月末までに派遣インタビューを受けて合格することです!

 > 派遣インタビューとは


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2010年7月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 7月12日(月)~7月16日(金)予定
※準備研修前日11日(日)より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 7月19日(月)
募集締切日 : 
2010年4月末迄(WHビザでご参加の場合は5月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2010年10月(応募締切7月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

 > 7月出発パースの派遣校2校紹介
 > 7月出発英を鍛えるならこの学校
 > 7月出発シドニー(都会)で活動するならこの学校
 > 7月出発オーストラリアで日本語教師!お薦め組合せ
 > オーストラリア短期日本語教師体験キャンペーン中!

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

【他の派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約9000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム 活動報告(マンスリーレポート)2

☆2010年3月に活動を終了される方からの活動報告です。

今月派遣校で印象に残った事は何ですか?

20年間この学校で働いてきた教頭先生が退職されました。以前は校長先生としても働いてみえて、学校のために尽くし、本当に優しくて、誰からも好かれている先生でした。先生の誰かが退職されたり、移動になったりする時には、必ず先生たち同士で食べ物を持ち寄ってさよならパーティーが開かれます。私もこの学校に来て、何十回もそのパーティーに参加しましたが、今回のCaplikのパーティーほど悲しいお別れ会はなかったと思います。Councilの生徒たちからもみんなを代表しての言葉や贈り物が送られました。Caplikはもちろんのこと、ほとんどの先生が号泣でした。その光景を見て、本当にいい先生たちが集まった素敵な学校だなぁ~と思いました。

小学校ではパンケーキディ、中高ではパンケーキ・ハウスブレックファストがありました。学校が持ってるBBQの鉄板でみんなでパンケーキを作って食べて、とっても楽しそうでした。こっちの子どのたちにはパンケーキはちょっとしたご褒美ですよね^^日本のおいしいホットケーキも食べさせてあげたい!と思いました。

明日からスクールキャンプに行きます☆初めてなのでとっても楽しみです!
 

自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください(教案、内容、方法等

今学期は特に、日本語の授業がない空いた時間があるので、日本語の先生にお願いして他の学校に月曜日と火曜日の午後から日本語を教えに行っています。月曜日はTanya先生とJapanese Master Class、火曜日はLesley先生とYear6の生徒たちに教えています。High Schoolとはまた違う楽しさがあっていいです。Lesley先生の時は、すべて私に任せてくれるのでとてもやりがいがあって楽しいです。

今は56人ずつに書道を教えています。生徒たちの名前をカタカナで書いたり、漢字に挑戦したりとみんな楽しんでくれてます。やはり漢字は外国人にとってはとっっってもCoooooooLらしく、見本に書くと必ず嬉しい反応が返ってくるので、なんだか私まで生徒たちと一緒になって興奮してます!!

特に小学生にはネイティブの日本人がいることがとても新鮮みたいで、毎週私に会うのを楽しみにしてくれていて、かわいい生徒たちばかりです♪

幼稚園~3年生の授業では干支について扱いました。絵馬を作ったのですが、片面は今年の干支であるトラの絵を、裏面はそれぞれ自分の干支の絵とカタカナの名前をかいてあげました。みんな動物と言うこともあり、興味しんしんで絵馬作りも楽しんでいました。

その次の週は紙ではちまきのようなバンダナのようなものを作り、そこにトラの絵や2010などでデコレーションしてみんなでかぶりました。子ども達はとっても気に入ってるようでした。

自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか?又それはどのポイントですか?

Seniorクラスで文法説明を日本人留学生と私が12年生担当で教えていました。「VないForm+てもいいです→Vなくてもいいです」を英語にすると「don’t have to」なので、そのように教えていたら生徒は混乱してしまいました。私と日本人留学生もあれ?って感じになってしまいました。後から分かったことですが、以前、日本語の先生は英語と日本語のニュアンスの違いと他の文法との混乱を避けるため、「Vなくてもいいです」は「It’s okay not to~」と教えていたのです。ただでさえ難しい項目なのに、12年生をもっと混乱させてしまって申し訳なかったと思います。日本語の先生と事前の打ち合わせが必要だったと思います。私にとっては日本語と英語の違いを知るいい機会になりました…。

前回、パックマンでうるさくなってしまったと書いたのですが、結局パックマンは教室の外に出て青空の下やることになりました!生徒が動ける範囲さえ決めておけば全然問題なしでした!

英語の様子はいかがですか?また効果的な英語習得方法を教えてください

オース生活を残り一ヶ月にして今思うことは…

一年海外のネイティブに囲まれた環境で生活してたらペラペラになるという考えは甘かったことと、一年で外国語を完璧に習得するには死に物狂いの努力が必要だし、一年やそこらで習得できるほど言語は容易じゃないということを実感しました。

でも、一年前と今を比べると自分でも成長したなぁ…と思います。来たばかりの頃は、英語を聞くことにも話すことにもすごく抵抗があったけど、今は英語での生活が当たり前で抵抗すら感じなくなりました。自分の思ったこと言いたいことをすべて伝えるにはまだまだですが、なんとか意思の疎通は図れるのでよしとします(笑)自信を持って英語が話せる!レベルには全然達してませんが、ホストや生徒や先生が私の成長を認めてくれてるので、少なくとも一年前レベルから英語は伸びたと思って、残された時間、たくさんの人と会話をしたいと思います!!

この前帰国後の就職に向けてTOEICを受けてきました。参考書など持って来ていなかったので、なんとなくしか勉強できなかったのですが、リスニングは前よりも確実に良くなってると感じました!結果が早く知りたいです!

最近は英語を話すことがとても自然に感じられるようになりました。この感覚を忘れたくないなぁと思います。

◎滞在先の様子はいかがですか

2~3週間だけ滞在していたRaymond Familyの家から引っ越しました。家族のみんなが私の滞在を延長して欲しいと日本語の先生にお願いしていたことを後から聞いて本当に胸が熱くなりました。3Kidsの一番末っ子Ashleyは私が引っ越す前日の夜、当日の朝、車の中、ばいばいする時までずっと泣いていました。小さな男の子が私にバレないように一生懸命涙を堪えているのを見て、私まで泣いてしまいました。本当にオースに来てよかったなぁ~この子たちに出逢えてよかったなぁ~と改めて思いました。辛い時、子どもたちの笑顔にたくさん助けられました。

私にとって最後のホストファミリーPhil宅は50代の物静かなカップルで、子どもたちといた時とは全く違う環境ですがとても親切な方たちなので、最後のオース生活も充実して過ごせそうです。

前のホストLonie Familyに呼ばれてSailing Raceに出場してきました。キャンサーチャリティーのため、この日みんなピンクのコスチュームで出場しました。私たちのチームはママ手作りのBig earsをつけて・・。ホストのボートは一番大きいsailのため、かなりのハンディー付最後スタートでしたが、2位と大健闘でした!!

◎学校の活動以外ではどんなことをされましたか?

仲の良い体育の先生Nerissaからのお誘いで、中国のお正月祭りには欠かせないドラゴンダンスをパフォーマンスしてきました。この日、エスプラナードにはテレビ局や大勢の人がダンスなどの催し物を見に来ていて、とてもとても緊張しましたが(あんなに緊張したのはいつぶりだろう…)なかなかできない経験ができて本当によかったと思います。練習はハードでしたが、なんとか本番では成功したし、何よりも今までのホストファミリーのみんなや学校の先生たちがわざわざ私のために足を運んで来てくれたことが嬉しかったです。

Nerissa大家族と一緒にチナル湖に水上スキーをしに行きました。とても難しかったですが、な~んとか立つことができてよかったです。Nerissaは私がオースでまだやったことがないことを全部叶えようとたくさん企画してくれるので本当に感謝しています!!!

この前公園で2センチはあるかと思うありに噛まれました。。。すーーーごい痛かった。。。。

最近はホストの家の庭のフルーツの木がとっても豊作なのでピーチ・プラム・りんご・なしをたくさん食べました!自分の家でなった果物を食べれるなんていいなぁと思いました。帰ったら家庭菜園したいです!笑



:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


7月出発は4月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/25 10:20
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年3月25日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


直近出発は7月!Austで日本語教師 現地活動報告
-7月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラム 現地から活動報告-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日も昨日に引き続き、オーストラリアで日本語教師派遣プログラムに関連して、現地からの活動報告を紹介したいと思います。

今日紹介するのはこの2月から活動を開始したフレッシュな活動報告です。派遣当初はこんな感じなんだと読み取って頂ければと思いますので、どうぞご参考くださいませ。


*********************************************
お得な春の留学プログラム♪
短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験が20%オフ♪


↑詳細はこちらをクリック↑
*********************************************

では、まずおさらいです。7月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの募集概要です。締切は4月末までに派遣インタビューを受けて合格することです!

 > 派遣インタビューとは


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2010年7月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 7月12日(月)~7月16日(金)予定
※準備研修前日11日(日)より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 7月19日(月)
募集締切日 : 
2010年4月末迄(WHビザでご参加の場合は5月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2010年10月(応募締切7月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

 > 7月出発パースの派遣校2校紹介
 > 7月出発英を鍛えるならこの学校
 > 7月出発シドニー(都会)で活動するならこの学校
 > 7月出発オーストラリアで日本語教師!お薦め組合せ
 > オーストラリア短期日本語教師体験キャンペーン中!

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら


【他の派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)


【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約9000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【今日のコンテンツ】
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム 活動報告(マンスリーレポート)

☆2010年2月に活動をスタートしたばかりの参加者からの活動報告です。

今月派遣校で印象に残った事は何ですか?

週に15コマYEAR12の生徒たちとone to oneのスピーキングのクラスを主に担当しています。日本語がぺらぺらな子もいれば、ほとんどしゃべれない生徒もいて、教え方や話すスピードなどを調整するのに苦戦しましたが、みんな日本が大好きで、将来日本で働きたいとか、早く日本語を話せるようになって日本の友達をたくさん作りたいとか素敵な夢を持った子たちばかりです;-)

その子達と話をしていて、日本の良さを見つめなおすいい時間にもなったし、普段何気なく話している日本語の細かい文法のことを聞かれて自分で本を読みあさって、「あー、そうなんだ!」って新しい発見もありました。生徒が頑張っているから、自分も英語を頑張ろうと思えます!!

スイミングカーニバルです。日本にはないので生徒たちの衣装が見ているだけで楽しかったです。

始まったばかりで全てが新鮮です!!新学期の始めと毎週水曜日の朝に全校朝礼のようなのがあるんですが、そこで数名の生徒が生バンドに合わせて歌うのにビックリしました!

毎週金曜日のリセスはスタッフルームにたくさんのお菓子が用意されていて、多くの先生が集まって誕生日近い先生にみんなでハッピーバースディを歌ったりします。知らない先生ばかりですが、めでたいことなので私もHappyになります♪

キャンプに行くyear8の子たちが枕を持参していました!?!?

自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください(教案、内容、方法等

YEAR9のいつも参加している授業で、折り紙を教えました。紙飛行機を作ってみんなで外に行って誰が一番遠くへ飛ばせるか競争しようというものです。みんな楽しんでくれてよかったのですが、外に出るとみんな好き勝手に走り回ったり、紙飛行機を丸めてバスケをしだしたりしていました。

YEAR12のスピーキングで、授業をやる教室に、月の数え方や、理解できなかった時のフレーズ(「もう一度言ってください」など)や、相槌の打ち方などを画用紙に描いてはりました。授業前や、授業後にすごく興味を持って勉強してくれている姿をみると、すごくうれしいです*;-))

自分と家と町についてのプレゼンをパーポイントでしました。私の家は昔ながらの古い家なので、生徒たちも興味津々に見てくれました。特にお風呂とトイレと広間の写真が好評でした。

year10で箸の持ち方をし、その後レースを。割とみんな持ち方を知っていたのでスムーズにレースまで事を運べました♪10人ちょっとのクラスなので2チームに分け一列に机を並べてしました。消しゴムで練習をし他にハンカチと他の先生からドラえもん(の形をした鉛筆削り)を借りました。ただ消しゴムを運ぶだけではみんな簡単というので、日本語で数字を数えたり「あいうえお」を言いながらレースをしました。Year10なのであまり盛り上がらないかな!?とも思いましたが以外に楽しんでくれてよかったです♪他のクラスでも活用したいです!

自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか?又それはどのポイントですか?

紙飛行機の授業ですかねwやっぱり、英語を使って生徒を静かにさせるのってホントに難しいなって感じました。英語もっと頑張らないと!!!

スピーキング以外で参加している授業で、生徒に聞かれた質問が聞き取れなかったり、テストだってことを分からなくて、フツーに片仮名を教えてしまったりwww、騒いでる生徒を注意できなかったことです。違うことばをつかって注意することにすごく躊躇してしまいます。

反省点というか、普段はクラスの中を歩いて、生徒がちゃんとやっているかどうかを見回るのですが、
最初は見ているだけでおしゃべりをやめた生徒も、だんだん私に慣れてきて、見ているだけではやめなくなりました。先生にもちゃんとしてないこには注意してといわれるのですが、まだあまりできません。

ビンゴゲームを9マスでした時、一気にたくさんの子がビンゴになり順位を決めるのが大変でした。上位5名を決めるのにじゃんけんで決めようとしましたが、勝とうと後出しをしたり、負けても戻らない子がいて…。ビンゴをする時は5×525マスを使わないとうまく進まないことがわかりました。

Receptionで作業うまくいかず遅れをとっていた子がいて、私がしてあげれば簡単なんですがあまり手を貸してもいけないと思い口でアドバイスをしました。結局授業中に終わらず、すごく寂しそうな顔をしていて嫌な思いをさせてしまいました。後から先生に話すと出来ない子もいるからもっと手を貸していいと言われました。子ども達が何が出来て何が出来ないかがわからないので、手伝う加減が難しいです><

英語の様子はいかがですか?また効果的な英語習得方法を教えてください

こっちに来て一番ショックを受けたのがやはり英語ですね。日本でそれなりに勉強してきたはずなのに、ほとんど聞き取れないし、話せないし、話したとしても伝わらなかったりと、なかなか周りの人みたいに行きません;((はやくしゃべれるようになってもっとみんなと深い話をしたいです!

今はなるべく先生と英語でしゃべったり(先生は日本語ぺらぺらなので、私が変な英語で話しかけると日本語で確認してきますがw)、昼休みは他の先生にくっついて食べたり(全く会話に参加できませんがw)、ホストマザーと話したりしています。家に帰ってからは日本から持ってきたフレーズ集を読んだりしています。あと、家から歩いて10分くらいのイブニングカレッジで、ビジネス英語のクラスに週一で通い始めました。英語を母国語としないいろんな国の人がいるので楽しいですよ;))

英語を浴びるほど聞いていますが、速いですしヴォキャブラリー部足もあり、質問されているのか、単に話しかけられているだけなのか、まだよくわかりません。
人の名前や人間関係などが分かる範囲での会話であれば、なんとなく想像しながら理解しているような感じです。勉強方法は、聞いて分からない単語や言い回しをメモして、ノートに書いているくらいです。たまに、英語で日記を書いたりもしています。

普段よく使う言葉はオーストラリア英語でも分かってきました。でも、リスニングは何度も繰り返して言ってもらったり、頑張って聞こうと思っても分かりません(ToT


たまに英語から日本語に直す生徒用のプリントがあるんですが、答え確認の意味も含め私も訳して先生にチェックしてもらってます!(笑)

◎滞在先の様子はいかがですか

快適です。辛いことがあるといつも犬のBlancheと遊びます。今一番の親友ですwww

ホストファミリーはすごくいい人で、週末はzooや買い物やいろんなところに一緒に出かけたりしました;-)

日本からお餅をお土産に持って行ったのに、お正月に日本ではお餅を食べて亡くなる人がいるっていうことを誰かから聞いてきたらしく、いまだ私のお餅は誰にも手をつけられていませんw

滞在期間も短いせいかホストファミリーが毎週どこかに連れて行ってくれます。ただ、予定が先々決まっていてただついて行ってるだけの感じがし、連れて来てくれたことを感謝しなくてはと思いながらも楽しみきれないことがあります。いろいろと気を使ってくれてるのは分かりますが、まだちょっと落ち着きません。週末は特に食事のバランスが悪いので、平日自分で作るランチに野菜をたくさん使ったりしてご飯を炊いたりがんばってます!また、もうすぐホストチェンジだしと開き直って過ごしています。


◎学校の活動以外ではどんなことをされましたか?

週末にマザーに連れて行ってもらったビーチやマーケットはとても楽しかったです。あと、ひとりでcityへ行って買い物をしたりご飯を食べたり。なぜか近所にあるサブウェイの店員のインド人と仲良くなったりもしましたwこっちの人はみんなfriendlyですね。毎日とても充実しています。

勧めていただいた「木パブ」で出会った友達と、ランチに行ったり、オペラハウスに行ったり、公園をぶらぶら歩いたりしたのもすごく楽しかったです;-)

あと、ちょっとしたことから仲良くなったオージーの友達とDinnerへ行ったりしました。年も近くて家もすごく近いので仲良くなれそうです☆来年の2月に日本に行くらしいので、これからlanguage exchangeみたいな感じで一緒に勉強する予定です;)

念願のコアラ抱っこを出来てとても感激でした〜☆

ロリータファッション好きのホストシスターに付いてアデレードの街に出かけました!10人ほどのロリータ好きの集まりで、一緒にお茶をしたあと街を練り歩きました!!!道歩く人々の注目の的で「何かあるの?」とたくさん聞かれてました。日本でもこんなロリータの集まりを見た事がないし、まさかこんなところにいるとも思っていなかたので驚きました!!!!もちろん私は普通の格好をして行きました(笑)


 


ホストファミリーに日本食(天ぷらとお寿司)を作りました。おいしそうに食べてくれてよかったです!



:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


7月出発は4月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/25 09:43
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年3月24日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************


シドニーで活動したいならこの学校!7月Austで日本語教師
-7月出発オーストラリアで日本語教師派遣プログラムの派遣校紹介-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、オーストラリアで日本語教師派遣プログラムからシドニーで活動したいならこの学校と題して派遣校の情報を紹介します。

ご存知の通りオーストラリアは約2000万人の人口ですが、その約1/5の約420万人程度がこのシドニーに在住しています。そうです、オーストラリアで一番の大都市がこのシドニーです。

その大都市で活動をしたいという方はこちらの学校がお薦めです。

せっかくなので田舎で活動をしたいという方もいらっしゃると思いますし、このように都会で活動をしたいという方もいらっしゃると思いますが、それぞれ良し悪しもあると思います。ご自身で行かれたい地域の希望がある場合はどうぞおっしゃってください。

*********************************************
お得な春の留学プログラム♪
短期4週間までのオーストラリアで日本語教師体験が20%オフ♪


↑詳細はこちらをクリック↑
*********************************************

今日紹介する学校は、シドニー郊外の学校です。シドニーの中心地ど真ん中にあるわけではないので、住宅街となりますが、シドニー中心部にもすぐに来れる範囲の地域です。

シドニー中心部には、多くの観光スポット、映画館、カジノ、遊園地、ショッピングモール、デパート、マーケット、日本食材屋さん、フィットネスセンター、スパ、発達した交通機関など、田舎の地域にはない、便利さや刺激やイベントが多いです。

また、大学やその他のスポーツサークルや留学生通しの交流BBQなども多いのが特徴です。

従って、そういったことも週末等にいろいろと挑戦してみたい、携わってみたいなどと考えている方は、田舎より都会の方がいいかもしれません。

田舎の地域の学校ももちろん魅力はたくさんです。一番は、観光等では絶対に訪れないような地域なので、全てが新鮮ですし、地域に浸る度合いがかなり強くなります。そうすると本当のオーストラリアの生活が遅れたり、英語で生活をするという実感が出てくると思います。

都会は便利ですが、一方で日本人も多いですし、日系の企業も多いので、へたしたら英語を使わずに生活する術を知ってしまい、英語習得面でマイナスになる可能性があります。

いずれも自分次第でどうにでもなりますし、どうにでも活用できます。ただ、都会と田舎では置かれた環境が異なるので、もし都会を希望であれば、今日紹介する学校がお薦めですのでご参考下さい。


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2010年7月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 7月12日(月)~7月16日(金)予定
※準備研修前日11日(日)より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 7月19日(月)
募集締切日 : 
2010年4月末迄(WHビザでご参加の場合は5月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2010年10月(応募締切7月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

 > 7月出発パースの派遣校2校紹介
 > 7月出発英を鍛えるならこの学校
 > 7月出発オーストラリアで日本語教師!お薦め組合せ
 > オーストラリア短期日本語教師体験キャンペーン中!


【今日のコンテンツ】
シドニーで活動したいならこの学校!7月出発の派遣校紹介


BBIではできるだけ良い派遣校で活動をして頂きたいため、長年の派遣校とのお付き合いの中で厳選した良い学校を中心に皆さんに紹介させて頂いています。

せっかく行くなら、ただ漫然と行くのではなく、良い活動のできる学校でまたご自身の目的にあった、スキルにあった学校で存分に活動してみてください。

なお、派遣校に対して何か希望がある場合は、派遣インタビュー時におっしゃって下さい。できるだけ希望に近い派遣校のアレンジをしていきたいと思います。皆さんからのご希望としては主に以下のような内容を言われることが多いです。

 ○ 海沿いが良いなどの地域の希望
 ○ 小学校が良いなどの学校の形態の希望
 ○ ネイティブ日本語教師が良いなど先生の種類に対する希望
 ○ 授業の量の頻度に関する希望
 ○ 活動期間に関する希望


以上の様なご希望がある場合は、どうぞお知らせ下さい。

そして今日紹介するのは、英語をトコトン鍛えたい人、実践的な英語を常に使って訓練をしたい人などに向いた学校です。

もちろん、小学校が好き、小さい子供たちに何かを教えたい、将来児童英語教師になりたい、田舎の環境で活動をしたいなどの希望がある方にも適しています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

シドニー郊外の中高校
公立中高校 NSW州 シドニーから南に20キロ程度
生徒数: 1200人
活動期間: 1学期間以上
BBIからの受入れ: あり

この学校は、シドニーから南に20キロ程度下った住宅街に位置し、この地域では一番大きな高校です。また、この学校はランゲージスクールとして有名ですが、それ以外にもスポーツ、ドラマなどでとても優秀な成績を収めている学校です。学校の施設も充実しており、そのうちの一つとしてJapanese Language Centreも備え、日本語教育環境としてもとても充実した学校です。

授業は、月
曜日から金曜日まで毎日あり、日本語の先生の下でアシスタントとしてお手伝いしていただくこととなります。先生とはチームティーチングをしたり、12年生に対しては、彼らの会話力向上のための授業もお手伝いして頂く予定です。他の仕事としては、作文の作成やそのチェック、テストの準備、教材の作成などがあります。

この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●日本語教育に大変熱心な学校
 ●日本語が流暢なネイティブ日本語講師
 ●都会の環境
 ●将来、本格的日本語教師を目指している人に向いた学校
 ●英語が苦手な方にも適した学校

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

シドニーど真ん中の中高校
公立中高校 NSW州 シドニーの中心部からすぐの学校
生徒数: 640人
活動期間: 1学期間以上
BBIからの受入れ: あり

この学校は、シドニー中心部からすぐの学校です。近くには有名な観光スポットダーリングハーバーもあります。

日本語の授業は8年間続けられており、毎日3クラスずつの授業があります。生徒の会話やスピーキングを鍛える授業のお手伝いや試験合格のためのサポートをして頂きたいそうです。日本語や日本文化を教えることに情熱を持った方に来て頂きたいそうです。

この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●日本語教育に大変熱心な学校
 ●ネイティブ日本語講師
 ●都会の環境
 ●将来、本格的日本語教師を目指している人に向いた学校


【他の派遣校のサンプル】
 > 派遣校紹介(ブリスベン中高校、英語環境ドップリメルボルン郊外私立中高校)
 > 派遣校紹介(ケアンズ小・中高校、メルボルン中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン中心部の中高校、パース郊外海洋専門学校)
 > 派遣校紹介(アデレード小学校、田舎の小規模小学校、メルボルン郊外田舎の中高校)
 > 派遣校紹介(メルボルン郊外の中高校、アデレード郊外私立一貫校、シドニー私立女子校)

 > 派遣校の先生方からのコメントはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可能
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約9000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!


7月出発は4月末が締切です!
それまでに派遣インタビューを必ずお受け下さい!!


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/24 15:11
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年3月23日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

7月出発ニュージーランド日本語教師!現地活動報告
-4月末が締切です!日本に似ているホッとした派遣国ニュージーランド-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日2つ目のブログアップです。

今回も前回に引き続き、ニュージーランド7月出発に関してお知らせしますね。今回は現地から届きました活動報告を紹介します。併せて、オークランドでは、毎回派遣が始まる前に準備研修をしますが、そのときの準備研修終了アンケートも紹介します。

ニュージーランドに興味のある方はどうぞご参考くださいませ。

 > 7月NZ派遣校紹介①
 > 7月NZ派遣校紹介②
 > お薦め組合せ7月NZで日本語教師と組合せ
 > シニアの方に人気のニュージーランドの秘密
 > 英語環境を利用せよ!NZで日本語教師

尚、NZの場合、参加に当たって年齢制限がないところが特徴です(Austの場合は30歳まで)。従って、31歳以上の方で日本語教育環境の整った派遣国で活動をされたい方は、NZが一番のお薦めです


日本と似ている国 ホッとするニュージーランド
*******************************************************************
■ニュージーランド2010年7月出発概要 
準備研修地 : オークランド
準備研修日程 : 7月14日~16日(予定)
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 7月19日から
募集締切日 : 2010年4月末迄WHビザでご参加の場合は5月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC450点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2010年10月(応募締切7月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【今日のコンテンツ】
現地からの活動報告と準備研修終了アンケート紹介

活動報告(マンスリーレポート)
今月派遣校で印象に残った事は何ですか?

 やはり、新学期が始まったことです。今学期から日本語の先生にYear12の授業を丸ごと任せていただいています。Collegeの近くにあるIntermediateにも週1で日本語を教えに行くことになりました。また毎週月曜日はCollegeから休みをもらい、Hamiltonの日本人コミュニティの補習校の補佐をしています。多くのことが始まって慣れるまで大変ですが、やりがいがあって毎日充実しています。

自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください(教案、内容、方法等

タイムを計る授業が人気でした。何秒でフラッシュカードを1通り読めるか・何秒で日本語で1から10までカウントできるかなど、生徒もゲーム感覚で楽しくできる上に集中して覚えてくれるので、これからも効果的に使っていきたいと思います。

上下と前後左右を教えたときにやった、私が「前!」と言ったら前で手拍子、私が「右!」と言ったら右で手拍子するといった簡単なゲームも、予想以上に盛り上がりました。間違えたら着席して最後に残った子がプライズをもらえるというルールにした時は、みんなノリノリでした。

自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか?又それはどのポイントですか?

Y11と12が合同クラスで、現在1つの教室で2つの授業がばらばらに進行している形です。そのため、音楽を使用したり上述した手叩きゲームをやったりすると、音が出てY11の授業に支障があると注意を受けました。また生徒が私のつたない英語を理解しようと努めてくれてありがたい一方、私が生徒の言ったことをすんなり理解できないことがあるので、もう少しリスニングを頑張らないとと思っています。

英語の様子はいかがですか?また効果的な英語習得方法を教えてください

英語は、開き直りもあって、しゃべれないからどうしようといったプレッシャーから少しずつ開放されていると思います。これから伸びます!

◎滞在先の様子はいかがですか

とても優しいファミリーで、いつも助けられています。料理上手な夫婦で、ディナーが毎晩レストランみたいです。お礼にできるだけの家事と、ホストファザーに日本語レッスンを行っています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

準備研修終了アンケート
◎オリエンテーション(NZでの暮らし方、ホームステイ、教育制度など)について

とても分かりやすく説明頂き、ありがとうございました。おにぎりとてもおいしかったです。

◎デモンストレーション・ロールプレイングについて

実践的なアドバイスをいただくことができました。皆さんのご協力も頂き、とても楽しくデモンストレーションをすることができました。ありがとうございました。本番の授業でもできる限り生徒が楽しめる様に心掛けたいと思います。

◎準備研修中のホテルはいかがでしたか

のんびりできました。すぐ前にショッピングモールがあり買い物にも困りませんでした。

◎研修会場はいかがでしたか

アットホームで良かったです。自分もNZに住んでみたいなぁと正直思いました。

◎日本出発前の情報提供はいかがでしたか

次に何をすればよいかをその都度的確にお教え頂き大変助かりました。すべきことは多かったですが、充実していました。様々な手配やわがままを聞いてくださって本当にありがとうございました。

◎BBIを選んだ理由

比較的大規模で、信頼性があるのではないかと感じたから。他社と比べて値段が張ることなくオプションも豊富だったので決めました。帰国後の就職斡旋もしてくださるとのことなのでこの点においても魅力を感じました。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


【ニュージーランドへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で二番の日本語教育環境
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境が秀でている
◎ ニュージーランド全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で
多い
◎ ただし、派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣はあまりない
◎ 従って、文化紹介以外にアカデミックな授業も多く取り入れている環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なキウィ先生(NZの先生)、英語が主体のキウィ先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可脳
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均180NZ豪ドル/週(約11000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用より安い!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
◇ ニュージーランドの派遣校紹介
◇ ニュージーランドの派遣の特徴
◇ ニュージーランド現地活動報告(マンスリーレポート)
◇ NZワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/23 10:26
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年3月23日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

7月出発ニュージーランド日本語教師!派遣校紹介2
-4月末が締切です!日本に似ているホッとした派遣国ニュージーランド-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

日本は、連休明けの今日ですが、休み疲れなどせず気持ちよくスタートしたいものですね!

さて、今日のブログは、7月出発ニュージーランドで日本語教師派遣プログラムの受け入れ可能な派遣校の詳細をお知らせします。

 > 7月NZ派遣校紹介①
 > お薦め組合せ7月NZで日本語教師と組合せ
 > シニアの方に人気のニュージーランドの秘密
 > 英語環境を利用せよ!NZで日本語教師

尚、NZの場合、参加に当たって年齢制限がないところが特徴です(Austの場合は30歳まで)。従って、31歳以上の方で日本語教育環境の整った派遣国で活動をされたい方は、NZが一番のお薦めです


日本と似ている国 ホッとするニュージーランド
*******************************************************************
■ニュージーランド2010年7月出発概要 
準備研修地 : オークランド
準備研修日程 : 7月14日~16日(予定)
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 7月19日から
募集締切日 : 2010年4月末迄WHビザでご参加の場合は5月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC450点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

次回出発月 : 2010年10月(応募締切7月末日)

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 
ニュージーランドで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【今日のコンテンツ】
7月出発!ニュージーランド派遣校紹介

BBIではできるだけ良い派遣校で活動をして頂きたいため、長年の派遣校とのお付き合いの中で厳選した良い学校を中心に皆さんに紹介させて頂いています。

せっかく行くなら、ただ漫然と行くのではなく、良い活動のできる学校でまたご自身の目的にあった、スキルにあった学校で存分に活動してみてください。

なお、派遣校に対して何か希望がある場合は、派遣インタビュー時におっしゃって下さい。できるだけ希望に近い派遣校のアレンジをしていきたいと思います。皆さんからのご希望としては主に以下のような内容を言われることが多いです。

 ○ 海沿いが良い、南島などの地域の希望
 ○ 中学校が良いなどの学校の形態の希望
 ○ ネイティブ日本語教師が良いなど先生の種類に対する希望
 ○ 授業の量の頻度に関する希望
 ○ 活動期間に関する希望


以上の様なご希望がある場合は、どうぞお知らせ下さい。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

南島、ダニーデンにある中高校
中高校 南島 ダニーデン中心部より15キロ
生徒数: 1000人
活動期間: 1学期間以上
BBIからの受入れ: あり

この学校は、1853年設立の地域での教育の場として貢献してきた学校で、日本語教育に力を入れています。週およそ15時間程度の日本語授業でのスピーキング、リーディング、ライティングとリスニング等、全般的にメインの教師のアシストや、生徒たちへの折り紙、書道、民話、童謡といった日本語文化の紹介等を期待されています。

南島の立地、また田舎の地域なので、そういった環境で英語環境にドップリと浸りたい方にお薦めの学校です。

この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●日本語教育に大変熱心な学校
 ●ニュージーランド人日本語教師
 ●授業を任される場合もあり
 ●NZの南島の学校、田舎の学校

北島北部、田舎にある中高校
中高校 北島 オークランドから北に90分
生徒数: 500人
活動期間: 1学期間以上
BBIからの受入れ: あり

日本語教育に大変熱心な学校です。ニュージーランド日本語講師の下、アシスタントとしての活動を期待されていますが、モデル発話、会話練習、文化紹介、添削指導などをお願いされます。また、地域的に大変田舎の地域ですので、ドップリと英語環境に浸れる魅力もあります。


この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●日本語教育に大変熱心な学校
 ●ニュージーランド人日本語教師
 ●授業を任される場合もあり
 ●NZの田舎の学校


以上お薦めの派遣校をお知らせしました。いずれも魅力的な学校ですので、ご希望者は派遣インタビュー時にお申し出下さい。早い方からプレースメント作業をしていきます。


【ニュージーランドへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で二番の日本語教育環境
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境が秀でている
◎ ニュージーランド全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で
多い
◎ ただし、派遣先は中高校(一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校)が中心。小学校の派遣はあまりない
◎ 従って、文化紹介以外にアカデミックな授業も多く取り入れている環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なキウィ先生(NZの先生)、英語が主体のキウィ先生、日本人先生など
先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可脳
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均180NZ豪ドル/週(約11000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用より安い!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
◇ ニュージーランドの派遣校紹介
◇ ニュージーランドの派遣の特徴
◇ ニュージーランド現地活動報告(マンスリーレポート)
◇ NZワーキングホリデービザ(WHビザ)の活用法
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/03/23 10:06
コメント()  トラックバック(0)
 43件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.