日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2010年11月の記事一覧


 47件中1~10件表示  次のページ

        -このブログ記事内容は【2010年11月30日-3】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

土台を引き出してくれたのは講師と仲間『通信で通学』

-通信で日本語教師養成講座420時間の『通信で通学』コース

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、先ほどのブログで

 > 通信から有給へ、本格的な日本語教師になるための組合せ

として、情報を紹介しましたが、そこで取り上げた、通信で通学コースの日本語教師養成講座420時間に関して、修了アンケートが届きましたので、ここで紹介をさせて頂きます。

さて、その前にこの通信で通学コースの最新残席状況をお知らせします。すでに今年のスタートコースは終了しているので、2011年のスケジュールとなります。

【通信で通学コース 日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (11/30現在)

≪2011年≫
 ○ 1月10日~1月21日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
3月14日~3月25日 ・・・  残5席 (通信で通学
 ○ 
5月  9日~5月20日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
7月  4日~7月15日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
9月19日~9月30日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
11月14日~11月25日 ・・・  残6席 (通信で通学

お申し込みは便利なオンラインで

 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

11/15スタート『通信で通学』コース修了者からの研修修了アンケート

受講者: 女性
受講期間: 11/15~2週間
受講期間の感想: ≪長かった 適当だった 短かった≫
1日の授業時間の感想: ≪長かった 適当だった 短かった≫
受講費用は: 
≪高かった 相当だった 安かった

◎研修(前半部分)が
終了しましたが、将来日本語教師を目指しますか?

はい、目指したいと思います。
もともと日本語教師になることを目指そうと考えていたのと、コースを受講した結果、自信を付ける事が出来たので。これから少しずつでも前進し、一人前になれるという希望が持てました。

◎オーストラリアで受講した事は?

良かったです。
Face to Faceで授業を受ける事で、モチベーションを保つ事が出来ました。また、一緒に日本語教師を目指す仲間に巡り合え、互いに励ましあえました。

◎講座の内容はいかがでしたか?

とても良かったです。
想像していたよりデモンストレーションの数が多かったので、実践的でした。間違っている事、直したほうが良いところ、良いところを指摘してもらえたので、自分のデモについて復習する事ができました。また、要点が分かりやすく、どういう風に勉強していくと良いのかも指導してもらえたのでよかったです。

◎費用は全部でどれくらいでしたか

渡航費等、観光(私は2日間ホテルに滞在し、観光をしたので)等すべて含めて40万弱。

◎滞在先はどんなところでしたか

ホームステイ。
朝食(トーストかコーンフレーク)と夕食(ランドレディの手作り)込み。シングルルーム。私の場合、夕食は毎日ランドレディと一緒に頂きました。

◎このプログラムの満足度を教えて下さい

100点/100点
日本語教師になるための受講を決めたにもかかわらず、今までの仕事内容と全く違う道でしたので、始めは不安が大きかったです。でも、実際に授業を受け、トレーニングを積んでいくうちに講師や仲間たちのおかげで自信を付ける事ができ、また、頑張っていこうという気持ちを強く持つ事ができました。

ゼロの状態に、私の良い部分を引き出していただき、日本語教師としての道を引いていただけました。もちろんこれからは自分次第ですが、土台を引き出してくれたのは講師と仲間だと強く感じています。

まだベーシックが終了したばかりでこれからマスターが残っているわけですが、今後も今の気持ちを忘れずに続けて行こうと思っています。

◎これから受講される方にアドバイスをお願いします

筆記用具のほか、画用紙やマーカー、カラーペン、マグネットシート等を持って行きました。出発前は時間が無く、BBIさんよりアドバイスいただいたとおりのものを持っていくだけで精一杯でしたが、これらのものは持って行ってよかったです!しいて言えば、画用紙は30枚位あったほうが良かったです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、ホッカホカの修了アンケートです、どうぞご参考くださいませ。

 > リニューアルされた通信で日本語教師養成講座のページ
 > どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/11/30 13:45
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年11月30日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

通信から有給へ、日本語教師になるための組合せ!
-通信で日本語教師養成講座420時間

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、昨日今日と、有給で日本語教師インターンシップの最新の募集要項を発表してきました。

 ① 5月出発!タイで有給日本語教師インターンシップ 
 ② 9月出発!モンゴルで有給日本語教師インターンシップ
 ③ 9月出発!オーストラリアで有給日本語教師インターンシップ

その有給インターンシップに参加するための最低条件として、日本語教師関連の資格を保持している事と言うのがあります。

この日本語教師関連の資格は、ご存知の方も多いと思いますが、

 ○ 大学での主または副専攻修了
 ○ 日本語教育能力検定試験合格
 ○ 日本語教師養成講座420時間修了

が、それに該当し、これらのどれかをお持ちであれば、基本的に参加する事が可能です。
※機関によっては資格の種類を問う場合もあります
※4大卒以上などビザ取得に当たっての条件もあります

さて、まだ何も資格を持っていない方が、将来の本格的な日本語教師を目指す上で、お薦めのプランをここで紹介たいと思います。日本語教師になるプロセスは様々ですが、ここでは、できるだけ安く、またきちんと実践経験を積むことに主眼を置いたプランです。

あくまでも一つの方法ですので、ご参考として検討されてみて下さい。BBIがお薦めする日本語教師へのプランは以下です。

【通信から有給へ、日本語教師になるための組合せ!】

まず、日本語教師関連の資格を保持している事は、将来の日本語教師になるためには、最低条件となりますので、その資格取得から始めなければなりません。

資格は上記に挙げた3つの内どれでも良いのですが、BBIでは、短期で取れる、いつでも開始できる、実践力がつくなどの理由から、日本語教師養成講座420時間をお薦めしていますが、その中で通信で日本語教師養成講座を今回は取り上げてみたいと思います。

他にBBIで紹介する420時間は、シドニー及びゴールドコーストに講座がありますが、今回の主眼として、安く日本語教師になる!という事ですから、安く420時間が取得できるコースとしてこの通信で日本語教師養成講座420時間をお薦めしたいと思います。

実際の講座費用は、豪ドル建てで1740豪ドルですが、現在のレートで換算すると約145000円くらいとなります。

145000円で420時間の資格が取れるので、おそらく世にある日本語教師養成講座の中では一番安いのでは?と感じます。

通信であっても420時間の講座ですから、もちろんのこと実践の場としての講座内容もあります。DVD教材で実際の授業の風景を見て学習して頂いたり、このコースの前半を通学で学習する『通信で通学』コースを選択しても良いでしょう。ただ、それでもやはり通信であるがゆえに、どうしても実践的なところに不安が残る可能性もあります。

よって、次のステップは、その実践的なところも補える形として有給インターンシップに参加する事と提案したいと思います。

日本語教師有給インターンシップは、日本語教師関連の資格保持が重要ですので、上記の通信で資格を取れば参加する事ができ、また通信ゆえに不安であった実践部分をこの有給インターンシップ時代に解消する事も可能となります。

これをすることで、

 資格取得 + 実践経験(6ヶ月間~1年間)

という確固たるキャリアアップを図る事ができ、それにより、本格的な日本語教師への就職に向けて動く事も可能かと思います。

尚、BBIでは、上記通信及び有給インターンシップですが、モンゴルの例をあげていくと総費用は以下のようになります。

 ◎通信で日本語教師養成講座420時間 ・・・ 約145000円
 ◎モンゴルで有給インターンシップ1年間 ・・・ 288000円
 △BBI組合せ割引 -20000円

合計: 413000円
※通信講座の費用は為替レートにより変動します
※有給インターンシップは派遣国、参加期間によって費用は異なります

上記のとおり40万円ちょっと程度で、資格+実践経験(有給)ができます。

これって、日本にある日本語教師養成講座に通学で通った場合の費用が、機関によって異なりますが、おおよそ50~60万円ですので、それより安い費用で、尚且つ現場経験ができる、身につける事ができる事となります。

結構、安くて、実践経験も踏めるいい方法だと思いませんか?

あくまでも参考プランとなりますが、BBIがお薦めする組合せプランです。

どのように選択されてももちろん構いませんが、将来日本語教師になりたいと考えている方には、お薦めな方法ではないかと思いますので、ここで提案をしておきます、どうぞご参考下さい。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

さて、その通信で日本語教師養成講座ですが、年内の受付は、

12月22日(水)午後1時半(日本時間)まで

となっています。

従って、今年中にスタートしたい、来年の2011年早々にこの通信講座を開始したい方は、それまでにお申込を完了下さい。

今年中及び年始早々に開始したい方は12月22日まで申し込みを完了下さい!

上記日時までお申込を完了いただきますと、すぐに教材の発送をします。

(注意)
お申し込みの完了とは、それまでにクレジット決済が終了しているか、日本またはオーストラリアへのご送金が完了しBBIにてその確認ができていることとなります。

従って、クレジット決済であれば、ギリギリ22日までのお申し込みで問題ないのですが、受講料のお支払いにおいて送金を選択された方に関しては、その入金が22日までに完了するように手配下さい。それにより教材を発送することができます。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

 > リニューアルされた通信で日本語教師養成講座のページ
 > どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/11/30 13:10
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年11月30日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

9月開始!オーストラリアで有給日本語教師インターン

-2011年5月は満席、オーストラリアで有給日本語教師インターシップ募集状況!

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、オーストラリアで日本語教師有給インターンシップですが、お知らせしていた2011年5月の募集に関して、残念ながら終了した事をお伝えします。

また現在、併せて8月スタートの募集があるのですが、そちらも派遣インタビューが複数入っていますので、現実的には、これからで空きがあるのが、9月以降となります。

学校側にも今後のスケジュールを確認していますが、その8月が埋まっていった場合は、9、10月期の募集となるとのことです。そこで今日は、9、10月期の募集に関してお知らせします。

9月の事なので、こちらもまだ先の話となりますが、状況としては、オーストラリアで日本語教師有給インターンシップは、1、3、5、8月出発が決定又は近日中に決定する状況ですので、よって、緊急の募集がない限り、2011年のオーストラリアで有給日本語教師派遣プログラムは、これからは、9月以降のみの募集となりますので、ご興味のある方は、どうぞお早めにお知らせください。

以下に最新の募集要項をお知らせします!

2011年オーストラリア有給インターンシップ!募集要項
*******************************************************************
■オーストラリアで有給インターンシップ
準備研修 : 日本出発前にお電話にて、また現地到着後学校にて行います
募集時期 : 2011年9・10月期
募集人数 : 1~2名
活動開始日 : その都度調整します、お問合わせ下さい
活動期間 : 半年間又は9ヶ月間
指導方法 : 直接法
募集締切日 : 決定次第締切ます
募集条件 : ○24歳以上
         ○日本語教師関連の資格保持要
         ○社会経験がある方が望ましい
         ○ワーキングホリデービザが取得できること
※年齢は24歳以上としていますが、能力ややる気に応じてその限りではありません、どうぞ24歳未満の方もお気軽にご相談下さい

※派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提



 ⇒ 有給で働くオーストラリア日本語教師派遣詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【オーストラリアで有給インターンシップの特徴】

 ○英語圏で唯一の有給インターンシップ
 ○日本語教育が盛んなオーストラリア
 ○英語圏でありながら、直接法での指導ができる
 ○初級学習者には間接法での指導を経験することも
 ○英語圏なので、英語に触れる機会もある
 ○ワーキングホリデービザでの参加なのでこの活動以外にも何か挑戦できる(語学学校通学、旅行、アルバイト、他の資格取得など)
 ○オーストラリアと言う土地柄の気軽さ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

オーストラリアで有給インターンシップは、BBIが行っている有給インターンシップの中で、唯一、最初の無給の時の約3ヶ月間(実質は225時間)をインターン生のスキルアップとして指導の時間として組み込んでいます。

しっかりそこで教え方を学習して、その後の有給での活動時に役立てて頂ければと思います。

ただ、この指導とは、指導用にカリキュラムが組まれているわけではありません。日々の授業の中で、教案の確認、授業の見学及びそれに対しての指摘(指導)などとなりそれを吸収頂きますが、指導講師もご自身の授業にも入ることから、定期的に行われる内容ではありませんので、インターン生からも積極的に疑問点等を改善できるように動いて下さい。

日本においては、与えられる事の環境が多かったり、それに慣れてしまっていますが、オーストラリア含め海外では、待っていては何も起こらないのが常です。自らが積極的に行動することで、学習していくように心がけて臨んで下さい。

尚、この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

尚、予め、BBIが紹介をしている日本語教師養成講座420時間(シドニー、ゴールドコースト、通信)を受講し修了した後にこのプログラムに参加することも可能です。

資格を取った後に更に実践経験を積んで将来の本格的な日本語教師になりたい!と考えていらっしゃる方は、まずは資格からそして経験というステップを踏んでいくとより良いと思います。

尚、その場合は、BBI組合せ割引が適用となりますので、どうぞお気軽にご利用下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【各派遣国の日本語教師派遣プログラム概要】

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
 ◇ 派遣インタビュー
 ◇ お問合せ

(有給インターンシップ)
 ◇ オーストラリアで有給インターンシップ募集要項
 ◇ タイで有給インターンシップ募集要項
 ◇ モンゴルで有給インターンシップ募集要項

(ボランティアインターンシップ)
 ◇ オーストラリアで日本語教師募集要項
 ◇ ニュージーランドで日本語教師募集要項
 ◇ カナダで日本語教師募集要項
 ◇ アメリカで日本語教師募集要項
 ◇ 
イギリスで日本語教師募集要項
 ◇ ドイツで日本語教師募集要項
  台湾で日本語教師募集要項

  タイで日本語教師募集要項

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/11/30 12:51
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年11月29日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

2011年9月モンゴルで有給インターン!募集中
新年度9月からモンゴルで有給日本語教師インターンシップの募集要項発表!

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、先ほどのタイで有給インターンシップに続き、2011年9月出発のモンゴルについて、今回はお伝えしたいと思います。

来年9月の話ですので、まだ時間もありますが、モンゴルは結構人気のディスティネーションです。お問合わせも多く、また実は短期でボランティアとしての募集をしていますが、そちらに関してもご参加をされる方が多いです。

さて、その9月の有給モンゴルですが、残念ながら募集枠がさほど多いわけではありません。1~2名の募集となります。よって、こちらも早い者勝ちとなりますので、もしご希望者は、先に先に情報収集または派遣インタビューを受けて頂きますようにお願いします。以下に、モンゴルの募集要項をお知らせします。

モンゴルの大学で日本語有給インターンシップ
*******************************************************************
■モンゴル2011年9月出発概要
研修地 : モンゴル ウランバートル
活動開始日程 : 9月上旬の予定
募集人数: 2名程度
募集締切日 : 3月末までで決定次第締切
募集条件 : 22歳以上、4年生大学卒業以上、日本語教師関連の資格保持
ビザ : 就労ビザ
待遇 : 給料(44万トグルック)を支給します、また滞在先を提供
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提



 ⇒ モンゴルで日本語教師有給インターンシップ
  
日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************


モンゴルは、言わずと知れた、多くのモンゴル出身の力士がいるくらい、日本や日本語に関して興味を持ってくれている国です。今回もまたしてもモンゴル出身のお相撲さん、白鵬が優勝しましたが、そんなところからも日本では結構モンゴルが身近になってきているのかなと感じます。

モンゴルの大草原は、体験者いわく、そこがあったから、そこを見たからモンゴルで生活をしたいと言わしめたくらい、魅力のあるものです。きっとモンゴルを希望される方は、その辺も体験したくて希望されるのかもしれないですね。

 > モンゴルで有給インターンシップ体験談、その後就職へ


特典としては、上記の通り、給料以外に滞在先を提供します!

食事は基本的に自炊をしていただきますが、有給ですので現地での生活には十分対応できます。

尚、半年間未満のプログラム設定として、2週間、3週間、1ヶ月間、1学期間、3ヶ月間という参加期間での参加もできます。その場合は、残念ながら有給とはなりませんが、日本語教師関連の資格保持は必ずしも必要なく参加できます。また、ボランティアでの参加であっても滞在先の提供は無料でさせて頂いています。そして、スタートも9月、1月などと決まっているわけではありませんので、参加したい日時をどうぞまずはお知らせ下さい。

従って、モンゴルでちょっと体験してみたいと考えていらっしゃる方は、この短期間のコースで試されてみるのも良いと思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【派遣校の詳細】

設立年月日: 1993年設立の私立大学
日本語教師数 : 14
生徒数: 630
日本語授業時間: 週12コマ
給与: 400,000トッグルグ(約400$) ・・・生活するに十分な費用です
他手当て: 40,000トグルッグ(約40$)
就労時間: 授業時間範囲内
休日
・休暇: 土、日
滞在先のサポート: 寮無料提供
ビザ取得のサポート: 就労ビザを取得します

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【モンゴルへ派遣の特徴】

◎ 6ヶ月間以上の有給に参加には日本語教師関連の資格保持が必要
◎ 3ヶ月間未満の参加の場合は日本語教師関連の資格がなくても参加可能
◎ いずれの場合も基本的に滞在先の適用あり
◎ モンゴルは日本語熱が高い派遣国
◎ 指導方法は、直接法(日本語で日本語を指導)
◎ 従って、モンゴル語ができなくても活動可能
◎ 但し、モンゴル語を勉強したい方にはもちろん良い環境
◎ 現地活動場所には日本人先生、日本語が流暢な先生もいらっしゃるので安心
◎ 有給の場合は、最初の月から給料の支給あり!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇ モンゴルで日本語教師海外派遣プログラム
◇ モンゴルの治安について
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆

posted by BBI at 2010/11/29 12:21
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2010年11月29日】付けの情報となります-

************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
************************************************************************************************

5月開始!タイで有給日本語教師インターンシップ!
-タイで有給日本語教師インターンシッププログラム-

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、今日はタイで有給日本語教師派遣プログラムについてお知らせします。

タイの有給日本語教師は、タイの学年がスタートするときに通常募集をかけています。それは例年5月となりますが、2011年も同様に5月開始で募集を行っています。

今日はその募集要項を紹介します。タイで有給で一日本語教師として活動したい方は、是非ご参考下さい。

2011年5月スタート給料が支給されます 有給で働くタイ
*******************************************************************
◇タイ有給インターンシップ概要

活動開始日 : 2011年5月スタート
活動期間 : 1年間(1学年間) ※更新可能
募集人数 : 1~2名!
募集条件 : 日本語教師関連の資格保持
ビザ : ノンイミグラントBビザ(4年生大学卒業が基本の条件)
募集締切日 : 2011年2月末まで又は決定次第締切!
待遇 : 1万バーツ程度~/月支給

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提



 ⇒ タイ有給でインターンシップ概要
  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************


 > タイ有給お申込み後の流れ(ビザ必要書類など)
 > タイでの給料額、1万バーツでどこまで生活できるか
 > タイ現地活動報告、現地からの便り

このタイでの有給インターンシッププログラムは、派遣当初から専任講師として活動されることを期待されています。

日本語教師関連の資格は持っているが、経験がない、経験が足りない、教える自信を身につけたい、という方に格好の環境ですので、そういった方はぜひ挑戦してみてください!直接法での教えるスキルのキャリアアップを計りたい方にお薦めのプランです。

また、このタイのプログラムは日本語教師関連の資格保持が前提ですので、資格割も適用(3万円オフ)となりますので是非ご利用下さい。

他に重要なこととして、4年生大学卒業以上というビザ取得に当たっての条件がありますので、この点もご注意くださいませ。

なお、以下は、今回の募集の学校のサンプルです。ご参考下さい(これまで参加された方からのレポート内容)。

【タイの派遣校紹介】

①学校について

私立職業専門学校です。中学校3年間の課程を修了したあとに進学する学校です。イメージとしては、日本の商業高校、工業高校が一緒になった学校です。プラス、短大課程もくっついています。専攻は、商業科が、コンピューター科、マーケティング科、会計学科、外国語学科があります。工業科には、自動車科、機械科、電気科、電気工学科があります。(短大課程には、この8科プラス、情報技術科もあります。)

日本語教師は、外国語学科に所属します。現在、日本人2名がいます。ほかに外国人教師は、中国人(中国語教師)が1名います。そのほかは、英語教師(タイ人10名)です。現在、日本語の授業は、外国語学科の高校2年生、高校3年生と、そのほかの学科の、高校3年生、短大2年生が全員受講しています。(外国語学科の短大課程は、2008年度から新設されます。)外国語学科の授業は週4時間、そのほかの学科の授業は、週2時間です。外国語学科(高校)の生徒は、トータル2年間日本語を勉強しますが、そのほかの学科の生徒は、約4か月間(1学期間)のみです。1クラスの人数は、10数人~50数人です。私の場合は、1学期は週20時間(9クラス)、2学期は週18時間(8クラス)を担当しました。大体そんなものだと思います。

日本語クラスについて

教科書は決まっていません。授業内容も、すべて任されています。自由にできると思います。教材は、国際交流基金からもらったひらがな、カタカナカード、動詞カードと、日本語テキスト(あきこと友だち)などが多少あります。

コンピューターはオフィスに1つ日本語入力のできるものがあります。プリンターも一台あります。テスト期間はみんながたびたびこの1つのコンピュータを使うようになり、とても混むので、コンピュータはご自身のものを持ってこられることをお勧めします。

授業は、外国語学科の場合は英語で進めていましたが、実際には、クラスの中に数人英語の話せる子がおり、その子がクラス全体に通訳する、という形になりがちでした。その他の学科については、簡単な英語(Good morningとか)以外、ほとんど英語は通じません。絵や写真、身ぶり手ぶり、教科書、辞書で調べたタイ語を使ってなんとか通じるといった感じです。

③その他生活などについて

住むアパートは、校長先生がオーナーです。住居費に関しては、特にお金はかかりません。インターネットも24時間つながります。(が、速度が遅かったり、時々不通になることもあります。)私が来た時は、机、椅子、クローゼット、テレビ、冷蔵庫、アイロン、アイロン台、ポット、ベッドカバーが用意されていました。徒歩圏内にセブンイレブン、屋台はあります。バスで少し行くと、大きなショッピングセンターがあり、そこでたいていのものは揃います。

学校の先生はとても親切で、フレンドリーです。生徒も、人懐こくて、いろいろ話しかけてきてくれます。授業だけでなく、アクティビティなどもあるので、年に数回ですが、土日出勤したこともありました。が、さほど忙しいという感覚はなく、ゆったりと生活できたと思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

活動されたい方はぜひ挑戦してください!

早い方からインタビューを行ない、決定次第締切をします。

  
日本語教師海外派遣インタビュー


*******************************************************

最後に、このタイでの有給インターンシップの注意点を以下に列挙しますので、ご希望者は良くお読み下さい。

○ビザ取得上、基本的に4年生大学卒業以上の学歴が必要
○1年間のインターンシップ修了後、両者が合意に達すれば延長が可能(特に延長費用は掛かりません)
○勉強したがらない、勤勉でない生徒のいる環境である事を理解する必要がある
○タイの生活に慣れる必要がある(例:温水のシャワーがあまりないことなど)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ タイで有給インターンシップ
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ 
モンゴルで有給インターンシップ

◇ タイの派遣校詳細
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ タイで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ タイ、ノンイミグラントBビザの申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/11/29 11:55
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年10月27日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

春の留学Austで幼稚園ボランティア!体験談紹介
-BBI春の留学2011お得な特典いっぱい!1週間~の短期で参加できる!-

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、年末も近いづいてきたせいか、来年早々の留学のお問合わせが増えています。

 ○ 日本語教師養成講座(通学・通信)
 ○ 英語教師養成講座TESOL
 ○ 児童英語教師
 ○ 短期日本語教師海外派遣プログラム(豪・NZ・タイ・台湾)

などですが、同時に人気があるのが、今日紹介するオーストラリアで幼稚園ボランティアです。

オーストラリアのローカル幼稚園でネイティブの子供たちと活動を頂くプログラムですが、来年、特に春休み期間中のお問合わせやお申込みが多いです。

ちなみにこのオーストラリアで幼稚園ボランティアですが、
BBI春の留学2011のプログラムの一つですので、この春の時期2011年1月~4月の時期にご参加であれば、お得な早割をどうぞご利用下さいませ。

【オーストラリアで幼稚園ボランティア(1~4週間)】
お得な早割:ご出発日の一定期間前までにお申込みの場合に適用


ご出発の3ヶ月前までにお申込み: プログラム費用から1万円引き
ご出発の2ヶ月前までにお申込み: プログラム費用から5千円引き

☆更に、日本出発前に英語を練習してから行きたい人に+5千円で計5回までの英会話レッスン受講可能

 > BBI春の留学2011専用ページはこちら
 > 『BBI春の留学2011』の全てのプログラム紹介はこちら

尚、この活動は、現地の幼稚園生が対象となりますので、

 ○ 小さいお子さんが好きな方
 ○ 将来保育士を目指している
 ○ 現役の保育士の方でキャリアアップを目指している
 ○ とにかく外国の子供たちと遊びたい!
 ○ 海外でボランティアをしてみたい!

という方に最適のプログラムとなります。

日本語教師体験は、やはり日本語や日本文化等を教えたり紹介したりという事となりますが、幼稚園ボランティアに関しては、とにかく子供たちと遊ぶということが主な活動となります。

活動場所は、オーストラリアシドニー近郊のローカルの幼稚園です。

ローカルの幼稚園ですので、先生も園児も基本的にネイティブとなりますので、現地では英語を使いながらの活動となります。ただ、子供たちと遊ぶ事が目的ですので、高度な英語力は必要ありませんし、これまでも多くの英語に自信がない方もご参加になっていました。

また、どうしてもコミュニケーションが難しい場合は、弊社のシドニースタッフが間に入って対応もしますので、問題ありませんし、何といっても幼稚園の先生方も皆さんの様な方が来る事になれていますので、ほとんど心配する必要もありません。

逆に言うと、生の英語が聞ける、使えるチャンスですので、大いにその環境を利用して英語ブラッシュアップにも役立てて下さい。

> より詳しくなった幼稚園稚園ボランティアの詳細はこちら

オーストラリアで幼稚園ボランティア募集要項
*******************************************************************
活動場所 : シドニー近郊のローカル幼稚園
出発日 : 各週末にシドニーに到着
オリエンテーション : 到着時の週末明けの月曜日にオフィスにて実施
活動開始 : オリエンテーション終了後、スタート
活動期間 : 1週間単位、最大12週間まで
募集締切日 : 
随時募集
(渡航予定日の1ヵ月半前程度まで
募集条件 : 18歳以上、簡単な英会話ができる方、積極的な方

 ⇒ 
オーストラリアで幼稚園ボランティアプログラム詳細
 ⇒ 幼稚園ボランティアオンライン仮お申込
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【幼稚園ボランティア体験談】

女性:4週間の参加

幼稚園ボランティアは、滞在10ヶ月目でのスタートだったので、子どもたちにも先生にも出来るだけたくさん話しかけるよう心がけました。家から徒歩5分で毎朝海沿いを歩いて通ったビーチの近くにあるチルドレンセンターでのボランティアで、私はDolphinsという2.5歳~3.5歳のクラスでの活動が主で、あとはルーティーンの補助をしていました。1週目は先生たちと子どもたちの名前を覚えながらの活動でした。同じ名前の子どもはフルネームで、フルタイムの子どもだけでなく週1日の子もいたので名前はすぐに覚えなければと思い、たくさん話しかけて、名前を呼ぶように心掛けました。先生方がとてもフレンドリーで、子どもたちもすぐになついてくれたので、毎日楽しんで活動することができました。

ここで学んだことは多く、先生方の注意の仕方、ほめ方など、とにかく子どもたちにたくさん話しかけることで子どもたちをひきつけ楽しませること、問いかけにはきちんと答えてあげることの重要さを改めて実感しました。どれも基本的なことですが、英語での言い回し、接し方など、得るものが多かったです。2週目にちょうど七夕だったので、日本文化の紹介として、おりがみを使ったオーナメント作りをしました。子どもたちがおりがみに興味を持ってくれて、楽しそうに取り組んでくれました。

子どもたちの英語が聞き取れなかったり、思うように説明してあげられなかったり、なだめてあげられなかった時に、自分の英語力不足を感じました。子どもたちが、名前で呼んでくれたこと、I love you! と言ってくれたこと本当にうれしかったです。最終日には、子どもたちが先生と一緒に作ってくれたメッセージカードをもらい感動しました。あっという間の4週間でしたが、貴重な体験と最高の思い出作りが出来ました。子どもたちの笑顔は一生忘れません!!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

幼稚園ボランティアは、基本的に、クリスマス年末年始休暇以外では、幼稚園自身が動いているので、活動できる期間にあまり制限がありません。

ただ、春休みのシーズンはとても混みあいますので、お気持ちを決められましたら、なるべくお早めにお申し込みください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 幼稚園ボランティアのご質問は ・・・ お問合せ
◇ オンラインでお申込みは ・・・ 仮お申込 

◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有)
◇ 幼稚園ボランティアとは
◇ 更に詳しい幼稚園ボランティアの情報は
◇ 関連する児童英語教師とは

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:
posted by BBI at 2010/11/27 13:24
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年11月26日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

英語が身に付くって本当?日本語教師派遣!
-2011年のオーストラリアで日本語教師派遣プログラムは特別記念価格導入です!-

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、BBIでは海外で、本当の生の実践的な英語を身につけて頂き、将来の就職に役立てて頂いたり、外国人のものの考え方、習慣などを身につけて真の国際人になって頂くサポートを展開しています。

その最たるプログラムとして日本語教師派遣プログラムを運営していますが、このプログラムに参加する事で外国語、特に英語が身に付くという事実があります。

教えることは日本語や日本文化ですが、英語圏などでは英語を使って指導します。また立場的にアシスタント教師と言えども先生ですので、クラスを引っ張る立場です。これは自らが積極的に英語を話さざるを得ない状況で、また生徒からは矢継ぎ早に英語で質問が来ます。もちろん周りはネイティブばかりです。こういった環境に身を置くので、自ずと実践的な使える英語力が伸びることとなります。

例えばよく比較される事として、英語を学ぶと言ったら語学学校が真っ先に浮かびますが、比較すると以下のような事も言えると思います。

        語学学校 vs 海外派遣

英語発話  受身的     積極的

ネイティブ  先生のみ   先生・生徒全員

友達     留学生     ネイティブ

語学学校がいけないわけでもなく、語学学校で学習する方が良い場合だってたくさんありますが、ネイティブと英語を積極的に会話する行為は、やはり日本語教師海外派遣プログラムの方が確率的に高いと思います。

自らが頼られる存在なので、英語を使って生徒に話さなければいけない状況というのは、海外と言ってもそうそうあることではない事で、この状況を利用するに越したことはないと思います。

実際にこのプログラムを通じてTOEICが6ヶ月間で275点伸びた方もいます!(BBI調べ)

平均しても125点もアップしているので、ある程度の実績として考えても良いかもしれませんね。

こういった情報は詳しくは、BBIに資料請求頂きましたら、同封のチラシで紹介をさせて頂いていますので、是非資料請求もしてみて下さい。

英語が身に付くって本当?

本当です!

是非、英語を大いに使う(使わざるを得ない)環境を利用して、本物の英語をどんどん身につけて頂ければと思います。

尚、BBIのいろいろなプログラムの動画のページは以下のページでご覧いただけます。英語が伸びた!とおっしゃってくださる体験者の動画も見る事ができます。どうぞクリックくださいね!



また、BBIではお得な2011年に7周年キャンペーンもご覧下さい。



 > 日本語教師海外派遣プログラムプロモーションビデオ(全体の概要) NEW
 > BBI体験談のページ(体験談と動画)

是非、BBIのプログラムを利用して、本物の英語などを身につけてみて下さい!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/11/26 12:02
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年11月26日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

通信で日本語教師養成講座の年内受付は12月22日まで!
-通信で日本語教師養成講座420時間

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、昨日に引き続き、今日も通信で日本語教師養成講座420時間に関してお伝えします。

この世界どこでも通信で日本語教師養成講座は、昨日お伝えした研修修了アンケートのように、前半部分を通学で受講することができます。それが通信で通学コースとなりますが、

> 通信で通学コース!総費用はいくらですか?

もちろん最初から最後まで通信講座で受講することも可能です。

ほとんどの方が、このオール通信で学習されていますが、お申し込み後は、教材一式が指定のご住所に郵送されて、到着次第いつでも開始する事ができます。

さて、その通信で日本語教師養成講座ですが、年内の受付は、

12月22日(水)午後1時半(日本時間)まで

となっています。

従って、今年中にスタートしたい、来年の2011年早々にこの通信講座を開始したい方は、それまでにお申込を完了下さい。

今年中及び年始早々に開始したい方は12月22日まで申し込みを完了下さい!

上記日時までお申込を完了いただきますと、すぐに教材の発送をします。

(注意)
お申し込みの完了とは、それまでにクレジット決済が終了しているか、日本またはオーストラリアへのご送金が完了しBBIにてその確認ができていることとなります。

従って、クレジット決済であれば、ギリギリ22日までのお申し込みで問題ないのですが、受講料のお支払いにおいて送金を選択された方に関しては、その入金が22日までに完了するように手配下さい。それにより教材を発送することができます。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

これに関連して、この世界どこでも日本語教師養成講座の年末年始のお休みに関してお知らせします。

既に受講されている方々も添削に関してはこの休暇期間中は対応ができませんので、この件予めご了承下さいませ。

お休み中には、

 ● 講座のお申込
 ● 課題の受付
 ● 課題の添削及びその返送


をする事ができません。

具体的な年末年始のこの通信で日本語教師養成講座の営業(休業)時間は、以下のとおりですので、どうぞご確認下さい。

【世界どこでも通信で日本語教師養成講座420時間】

年末年始休業期間: 2010年12月23日(木)~2011年1月5日(水)

この期間においては、講座お申込、課題の添削返送作業は行いません。

従って、お申し込みに関しては、12月22日(水)までお申込を受付し、翌日までに教材の発送をいたします。

そして来年2011年は、1月6日(木)から営業開始となります。

従って、

 ◇ 今年中にこの講座をスタートしたい
 ◇ 来年早々からこの講座をスタートしたい
 ◇ 年末年始の休みにじっくりと教材を確認して来年から受講をスタートしたい


等のお考えやお気持ちがある場合は、今年中に教材が届くようなスケジュールで、お申込下さい。

尚、この教材は、オーストラリアからEMSを使って送付をしていますが、通常1~2週間程度、到着まで時間が掛かるようです(送付国によって異なる)。なお、追跡確認ができますので詳しくはそちらでもご確認ください。

従って、その期間を鑑みて、

 ご入金方法においてご送金を選択された方は、12月14日(火)くらいまでに

 クレジット決済をご選択された方は、12月21日(火)までに

お申込を頂ければ、恐らく今年中または年始早々にお手元には教材一式が届くようになると思います。

尚、添削指導に関しても通常添削は、課題の提出から少なくとも1週間程度、添削に時間を要します。従って、年内にその提出した課題の添削を受け取りたい場合は、12月10日くらいまでには、課題を提出頂くようになると思います。

どうぞこの件も気をつけて学習スケジュールを立ててください。

この通信で日本語教師養成講座は、受講途中でも生徒さえいれば指導することもできます。生徒用のテキストも教材一式に含まれていますので、学習しながら、機会があればドンドン実践を積んでみてください!

では、あと今年もわずかですが、今年のうちに、そして年始早々にこの講座をスタートしたい方は、上記年末年始のお休みの期間を鑑みてどうぞご対応をされてください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

 > リニューアルされた通信で日本語教師養成講座のページ
 > どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/11/26 11:11
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年11月25日-3】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

自分を他の国におけた貴重な体験『通信で通学』修了アンケ

-通信で日本語教師養成講座420時間の『通信で通学』コース

こんにちは、BBIの大橋です。
今日のシドニーは天気が良く気分も良いので、3つ目のブログを紹介しますね^^

今回紹介するのは、先日終了した『通信で通学コース』世界どこでも日本語教師養成講座の前半通学部分を修了された方からの修了アンケートが届きましたので、そちらを紹介してみたいと思います。

 > 『通信で通学』コースとは?

さて、その前にこの通信で通学コースの最新残席状況をお知らせします。すでに今年のスタートコースは終了しているので、2011年のスケジュールとなります。

【通信で通学コース 日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (11/25現在)

≪2011年≫
 ○ 1月10日~1月21日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
3月14日~3月25日 ・・・  残5席 (通信で通学
 ○ 
5月  9日~5月20日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
7月  4日~7月15日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
9月19日~9月30日 ・・・  残6席 (通信で通学
 ○ 
11月14日~11月25日 ・・・  残6席 (通信で通学

お申し込みは便利なオンラインで

 > 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

【注意】
※通信で通学コースは、2週間で修了しますが、その後は引き続き通信講座に移行して後半部分を修了することにより420時間のコース修了となります

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

11/15スタート『通信で通学』コース修了者からの研修修了アンケート

受講者: 女性
受講期間: 11/15~2週間
受講期間の感想: ≪長かった 適当だった 短かった≫
1日の授業時間の感想: ≪長かった 適当だった 短かった≫
受講費用は: 
≪高かった 相当だった 安かった≫

◎研修(前半部分)が
終了しましたが、将来日本語教師を目指しますか?

はい、目指したいと思います。
クラスを取っているうちにもっともっと日本や日本語に関する知識を増やしたいと思うようになりました。自分が興味深く楽しいと感じられたため、誰かにも教えたくなりました。教える場所ということに関しては、自分がその時々に住んでいる場所、またはオンラインで場所を問わずアクセスできるようなものを作れたらと思います。

◎オーストラリアで受講した事は?

良かったです。
まずシドニーの街が素敵でした。前半の基礎部分を授業式で短期に終わらせることは、私にとっては大変よかったと思います。講座に対する勢いがつくということ、その場で具体的な例などをあげてもらって説明を受けられること、授業のみに集中する時間を設けられたこと、などがその理由です。

また、久しぶりに「右も左も分からない」ということを経験しました。バスや電車の乗り方でもまごまごしましたし、街も人も日本とはもちろん違い、言葉もオーストラリア英語で新鮮でした。楽しい反面やはり不安もありました。これも体験できてよかったことです。

◎講座の内容はいかがでしたか?

とても良かったです。
分かりやすかったです。少人数だったので、他の生徒さんや先生と一緒にやっている感じがしました。先生が情熱を持ってやってらっしゃいます。毎日、みんなの前で5分間の模擬授業をするのも大変よかったです。日に日に皆さん上手になっていかれるのを目の当たりにできます。

◎このプログラムの満足度を教えて下さい

100点/100点
来てよかったです。家族も一緒だったので週末は観光をしました。平日はかなりへとへとになって帰ってきたのですが子供たちの顔を見られたことは大きかったと思います。先生や他の生徒さんたちとの出会いも巡り合わせというか、出会えてよかったです。上にも書きましたが、自分を他の国に置くことができたのも貴重な経験でした。ありがとうございました。

◎これから受講される方にアドバイスをお願いします

バスや電車を利用される場合は下調べが必要です。私はバスの乗り方やバス停が最初よくわららなかったです。(初日にオフィスに行って教えてもらいました。)電車も最初は機械では買えず窓口で買っていました。物価も日本と比べて高いような気がしたので、持っていけるものは持っていった方が安くあがりそうです。例えば、油性のマジック、画用紙、のり、はさみ、折りたたみの傘など(物価が思ったより高かったです。)

また、
「やってみる」ということはとても大切だと感じました。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上、ホッカホカの修了アンケートです、どうぞご参考くださいませ。

 > リニューアルされた通信で日本語教師養成講座のページ
 > どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2010/11/25 11:05
コメント()  トラックバック(0)

        -このブログ記事内容は【2010年10月25日-2】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

春の留学台湾で日本語教師体験の空き状況!3月は微妙
-お得な特典いっぱい!1週間~の短期で参加できるBBIが提供する春のプログラム!-

こんにちは、BBIの大橋です。

さて、大人気の台湾で日本語教師派遣プログラムですが、引き続き多くの派遣インタビューお申込みを受けています。

もう来年はすぐそこですが、BBIの中でも春に向けて『BBIの春の留学2011』として早割などのお得なプランを提供していますが、台湾に関してその春の時期の受付状況が微妙な時期も出てきました

そこで、今日は、この台湾で日本語教師派遣プログラムの現時点での受け付け可能な時期を以下に紹介してみたいと思います。台湾にご興味のある方は、どうぞご参考下さいませ。

その前におさらいを。以下に、一般的な台湾の募集要項を紹介します。

直接法で教える 屈指の親日家の国 台湾
*******************************************************************
■最新!台湾2010年12月以降の活動 
準備研修 : 現地にて行います
対象 : 2010年12月以降の活動をする方(春の留学は1月~4月)
活動開始日 : 通常、週末に到着し翌月曜日から
募集締切日 : ご出発の1ヵ月半前まで、または定員に達し次第

募集条件 : 20歳以上、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1~12週間(4週間程度までをお薦めしています、春の留学は4週間まで)
特典 : 学割、資格割あり



※BBI春の留学2011の早割条件は下記をご参考下さい
※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提


 ⇒ 台湾で日本語教師派遣プログラムの詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

【台湾で日本語教師体験(1~4週間)】
お得な早割:ご出発日の一定期間前までにお申込みの場合に適用

ご出発の3ヶ月前までにお申込み: プログラム費用から1万円引き
ご出発の2ヶ月前までにお申込み: プログラム費用から5千円引き

☆学割、資格割は通常通り適用します

全コースプログラム費用
 1週間:175000円
 2週間:195000円
 3週間:215000円
 4週間:235000円
以降+1週間ごと+2万円
※上記から該当する早割割引を適用します。

費用に含まれるもの
1) プログラム運営費
2) 出発までのサポート
3) オリジナル教材費
4) 現地準備研修費
5) 現地準備研修中の滞在費
6) 現地サポート費(緊急時24時間含む)
7) 修了証の発行
8) 帰国後の就職サポート
9) 往復空港送迎費
10) 活動中の滞在費

対象期間
2011年1、2、3、4月に出発
※旧正月期間(1月29日~2月6日)は対応できません

応募締切
ご出発予定の1ヵ月半前までにお申込みのこと
※年末年始、旧正月時期など受付できない時期もあります、ご確認ください
※ご希望の時期に他の活動者がいる場合は受付できない場合もあります


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

さて、以上を踏まえてですが、現在台湾で受付可能な時期を以下に紹介したいと思います。

【台湾で日本語教師派遣プログラム受付可能時期(11/25現在)】

 2010年12月: 満席受付終了
 2011年1月: 受付可能
 2011年2月: 2月初旬は旧正月なので受付不可、それ以外は可能
 2011年3月: 受付微妙
 2011年4月: 受付可能

以上のような状況です。従って、現時点では、来月12月、2月初旬の受付が不可で、3月は微妙な状況です。従って台湾をご希望の方は、現在受付可能な時期にてどうぞご利用頂きますようにお願いします。尚、3月ご希望者は、どうぞお問合わせください。



 > 台湾で日本語教師体験 中西麻由美さん
 > 他の体験談(日本語教師派遣プログラム)はこちらから

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 台湾で日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合(メール、オフィスでカウンセリング)
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら ・・・ 体験談(動画有) マンスリーレポート

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2010/11/25 10:29
コメント()  トラックバック(0)
 47件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.