日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2009年6月の記事一覧


 21件中1~10件表示  次のページ

6/30up

シドニーで日本語教師養成講座 修了アンケート
-シドニーで日本語教師養成講座420時間 9/28もあと1席

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。
今週1週間もどうぞよろしくお願いします。

さて、先週末は、シドニーで日本語教師養成講座の4月14日スタートコースの方々の卒業式でした!

従って、今日は無事に卒業され、晴れて『420時間の日本語教師養成講座』の資格を取得された方からの講座修了アンケートが届きましたので、以下に紹介させていただきますね。

【シドニーで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 
(6/30現在)

≪2009年≫
 ○ 8月17日~11月6日(※9/21~27休校)  ・・・ 満席
 ○ 9月28日~12月11日 ・・・ 残1席
 ○ 11月9日~2010年2月26日(年越しコース ※12/12~1/17休校) ・・・ 残10席





≪2010年≫

 ★
1月11日~1月15日(全養協日本語教師検定対策コース)  ・・・ (受講生250豪ドル、外部性300豪ドル)
 ※全養協日本語教師テスト ・・・ 2010年1月24日(日)
 ○ 1月18 日~4月1日 ・・・ 残7席
 ○ 3月1日~5月21日 ・・・ 残9席
 ○ 4月12日~6月25日 ・・・ 残10席
 ○ 5月24日~8月13日 ・・・  残10席
 ○ 7月5日~9月17日 ・・・  残10席
 ○ 8月16日~11月5日 ・・・  残10席
 ○ 9月27日~12月10日 ・・・  残10席

お申込: オンラインのお申込みはこちら 


【シドニーで日本語教師養成講座 修了アンケート】




○ 受講期間は 長かった 適当だった 短かった
○ 1日の授業時間は 長かった 適当だった 短かった
○ 受講費用は 高かった 相当だった 安かった


●研修が修了して将来日本語教師を目指しますか


はい、目指します。目指す場所はまだ決まっていません。希望は日本、東南アジア、ハワイです。

●講座内容はいかがだったですか?

とても良かったです。
先生方が本気で生徒に向き合ってくれるから。そして日本語教師として、一人間の在り方についても話してくれるのでとても今後の人生に役立つ事を教えてくれたと思います。例えば、教師と言う仕事は学習者の気持ちがわからなければ勤まらないと言うこと。これは、教師と言う仕事に関わらず人として大事な事でもあることだと思いました。休み返上で僕らのために授業をしてくれたり、質問をするたびに嫌な顔を一つせず教えてくれたり、授業中もユーモアーたっぷりの先生方たちで、とても楽しかったです。時には厳しいなぁと思うときもありましたが、それは全て自分を成長させてくれるためだったんだなって卒業が近くなるにつれて感じる今日この頃でした。



●費用は全部でいくらくらい掛かりましたか

60から70万円くらいだと思います。

●滞在先はどんなところでしたか

マンリー。海が近くてよかったです。

●日本出発前にしておけばよかった事はなんですか

パソコンの使い方を勉強してくればよかったです。

●このプログラムの満足度を教えてください

120点/100点
インターネットなど使えるサービスなど良かったです。もしこの受講を悩んでいる人がいるなら、間違いなく来た方が良いです!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

このシドニーでの日本語教師養成講座は全11週間の行程ですが、講座の半分に行ったところで新たに新受講生を迎えます。そして新受講生が折り返し点に達したときには、先輩講師は卒業を迎え、新たに新しい受講生が入ってくるシステムです。

従って、先輩受講生と新受講生とは5または6週間重なって受講していきますが、この先輩後輩が交互に入れ替わるシステムは、いろいろな良いポイントを醸し出します。

この講座の最大の特徴は、模擬授業の多さです。毎週の様に毎日の様に模擬授業が課され、それに対して受講生同士や講師からのディスカッション(評価)があり、同期全員で全員の知識やスキルを共有し、それぞれがそれを吸収してご自身の指導方法が確立されていく内容となっていますが、

この先輩と新人受講生が交わる事により、新人受講生は、最初の頃は先輩受講生の模擬授業を見学する事ができて、授業の仕方や進め方を吸収する事ができます。また、数週間後の自分像を先輩と重ね合わせる事ができるので、受講する市政や目標が立てやすくなります。

先輩受講生は後輩受講生ができ、彼らにアドバイスをする事が出てきますが、このアドバイスをすると言う行為が、自身のスキルの確認や向上に直結します。

このように先輩受講生と新人受講生が交わる事によってお互いに相乗効果をもたらす環境となっています。

この辺もシドニーで日本語教師養成講座の大きな特徴となっています。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ
 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

  :’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

■その他プログラム毎お薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

posted by BBI at 2009/06/30 12:08
コメント()  トラックバック(0)

6/29up

自分に合った通信講座を選択しよう!
-日本語教師養成講座の通信講座に
はいくつかあります、ご自身の希望に沿った内容の講座を選択下さい

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

先週、日本語教師養成講座の通信講座に関して今年度6月末までの総括とこの講座の活用方法に関してお知らせしました。

今日は、その事に関連して日本語教師養成講座『通信講座』の事について、お話したいと思います。

そもそも日本語教師養成講座は、通学コースとして提供している機関がほとんどだと思います。

そしてもっと言うと、通信講座で『日本語教師養成講座420時間』を提供しているのは、あまりないのではと思います。

以前、この講座に関して、こんな質問がありました。

通信講座にて修了後「日本語教育能力検定試験」を受ける事はできますか?』

この回答として弊社では、

『はい、もちろん通信の養成講座修了後、受験は可能です。』

と回答いたしました。それは、

BBIで紹介している通信で日本語教師養成講座420時間の受講修了後、日本語教育能力検定試験を受講する事は、もちろん可能ですし、この講座内にもその試験対策内容を施しているからです。

ただ、この講座はあくまでも

 日本語教師養成講座420時間

の講座となります。

このBBIが紹介している通信講座での日本語教師養成講座420時間は、いわゆる通学での日本語教師養成講座420時間と同様に、いかに日本語教師として日本語を指導していくかと言うところに焦点を当てた通信講座です。

つまり日本語教育能力検定試験合格のために、試験対策内容を施していますが、それのみをターゲットにしたものではなく、実際の指導方法に焦点を当てた講座内容となります。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上の様に、日本語教師関連の通信講座は、いくつかあるかもしれませんが、ただ、内容は異なりますので、ご自身にあった内容の講座をどうぞご選択下さい。

尚、このBBIが紹介するこの通信講座は、
基本的に日本語教師養成講座として、指導の仕方に関して直接法及び間接法にて講座を開いています。もちろん420時間のコースですし、また日本語教育能力検定試験対策も施しています。

尚、このBBIの紹介する日本語教師養成講座を修了した方でも検定試験に合格された方が、たくさんいらっしゃいますので、念のためこの件もお知らせしておきます。

まとめ。。。

日本語教師に関連する通信講座といってもいくつかあると思いますので、ご自身がどういった事に主眼を置いているのか、
ご自身の希望される講座内容はどれであるのかなどを検討して、ご自身に合った講座をどうぞ選択されてください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

  :’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

■シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ

 ○ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
 ○ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
 ○ オーストラリアで受講する意義
 ○ 全養協の認定校!
 ○ 全養協(全国日本語教師養成協議会)とは
 ○ 全養協 日本語教師試験日程発表(2009年)
 ○ お申込みから受講修了までの流れ
 ○ 日本語教師養成講座修了後の活用の仕方
 ○ 講座修了後のアンケート
 ○ 養成講座と派遣プログラム 合計いくら?
 ○ いろいろ選べるプラン 養成講座と派遣プログラム
 ○ 養成講座に参加可能なビザと滞在先について
 ○ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

  :’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

■その他プログラム毎お薦めコンテンツ一覧

 □ 日本語教師養成講座全般
 □ シドニーで日本語教師養成講座
 □ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
 □ 通信で日本語教師養成講座


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/29 13:09
コメント()  トラックバック(0)

6/26up

通信講座、今年度の総括及びお薦め活用方法!
-お陰さまで170名さまスタート!通信で世界どこでも日本語教師養成講座420時間

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、6月も後わずかで終了しますね。今年も半分が経過です、早いものです!

日本語教師ネットワークを運営する弊社、BBI(株式会社Big Bridge International)は、実はこの6月が決算月となります。オーストラリアの会計年度が通常7月から翌年6月のため、オーストラリア本社でも日本支社でも6月を決算月として対応しています。よって、今月はBBIにとっては年度末と言うこととなります。

年度末になると会社的には、営業数字がどうのこうのと言う話しが出てきますが、少しそれに関連して今日は、世界どこでも通信で日本語教師養成講座420時間に関して『年度末』の総括をしてみたいと思います。

お陰さまで、今年度(2008年7月~2009年6月)、世界どこでも日本語教師養成講座は、

170名さまのご参加を頂きました!!

昨年度がちょうど100名でしたので、ものすごい人数の方々が今年度もスタートして頂けました!

日本からのお申込が一番多いのですが、他に、タイ、中国、オーストラリア、韓国、アメリカ、台湾、香港、ドイツ、カナダ、スイス、イタリア、北アイルランド、イタリア、ニュージーランド、フランス、ベトナム、スウェーデン、パナマ、パキスタンから合計20カ国からのお申し込みでした。

本当に、世界どこでも、日本語教師養成講座420時間を学ばれていて、嬉しい限りです(^O^)/。

ほとんどの方が、課題提出、添削結果受け取りにはE-mailを選択されています。これは、やはり世界各地で進めていくには、郵送等のやり取りでは、時間が掛かったり、時には不着になったりで、安心で早いE-mailが選択されているのかもしれないですね。

郵送と言えば、お申込完了後(クレジットカードの場合は決済後、ご送金の場合はご入金確認後)、当日または翌営業日に、全ての教材の発送を行っています。

追跡確認もできるので、『不着』に備える事ができますし、万が一届かなくなってもすぐさま対応が出来るシステムを導入しています。これまでに届かなかった事はないので基本的に問題ないのですが、万が一の事態でも原因をすぐに究明でき、またどうしても届かないときには再送をする事も可能なので、「お金は払ったけど教材が届かない」と言うことは全くなく、安心してお申し込みができる様にしています!

さて、これだけ世界で学ばれているわけですから、自然、そのまま世界の各地で日本語教師として活動していただく事が出来るのですが、この通信で日本語教師養成講座は以下の特徴があります。

 ○世界のどこでも受講が可能
 ○通信で日本語教師養成講座420時間が取れるのはここだけ
 ○英語を使った指導方法、『間接法』も学べる
 ○もちろん日本アジア圏で主流の直接法も学べる
 ○日本語受講生(生徒用)の教材もあるので、そのテキストを使って即教師として活動が出来る
 ○費用が他と比べて断然安い(通常50~60万円のところ13万円台、現在のレートを適用の場合)
 ○充実した添削指導結果が次の課題提出への意欲とつながるハンパでない量の添削結果
 ○通信講座でありながら90%以上が修了

等、他にもたくさんありますが、こういった事があげられます。

従って、上記の通り、

 ◆ 間接法と直接法が学べる
 ◆ 生徒用の教材もある

ので、学習中、そしてもちろん修了後すぐに日本語教師として活動をする事ができます。

教える事に不安を感じる場合は、最初はプライベートレッスンなどでボランティア的に費用を取らずに進めても良いですし、その後慣れてきたらもちろんの事、授業料を頂いて日本語教師として活動されても良いです。また、就職をして日本語教育機関に属して対応されてももちろん良いと思います。

ただ、実際に日本語教育機関に就職をする際に、通信講座出身と言うことで、難を示す機関もあるようです。その理由の一番は、通信講座では、指導法に関して実践を踏んでいるとみなされない場合が多いからです。

実は、このことは通信講座の唯一の弱点なのかもしれません。

日本語教師養成講座の通学コースは、機関によって模擬授業が課される頻度は変わるとしても、講師の目の前で模擬授業を披露し、その事に関する指導が目の前で行われます。

一方、通信講座は、その点が物理上どうしてもできない事となります。

教材においては、その点をカバーするために、DVD教材で実際に授業を行っている様子やその手法を目で見て分かるように工夫して紹介をしているので、十分にその役目を果たしています。ただ、講師が直に目の前で指導をしてくれる事にはどうしてもならず、自分が行う実践が本当に正しいかどうかに不安が残るときもあると思います。

そういう中でも十分に日本語教師としての活動が出来るように教材作りをしていますが、どうしても実践部分に不安のある方は、以下の方法を採ることによって、より強固に日本語教師としてのキャリアを築く事ができるのではないかと考えます。

それが、日本語教師海外派遣プログラムへの参加です。

このプログラムは、参加する人に実際の現場を経験していただくためのものですが、大きく分けて

 ○ 有給インターンシップ
 ○ ボランティアインターンシップ

があります。

有給インターンシップは、日本語教師関連の資格保持の方が参加条件となるため、この通信講座を修了している事が条件ですが、唯一、弱点と考えられていた実践部分をこのプログラムで補ったり、キャリアアップを計る事ができます。基本的に直接法で指導する方法でこの活動はしますが、現在では、オーストラリア、タイ、モンゴルにてこの活動が出来ます。

ボランティアインターンシップは、無給ですが、主に英語圏での活動に適しています。英語圏では、英語を使って教える間接法の手法で日本語を教えますが、間接法もこの通信講座で勉強するので、とても現場で助かります。

自分が暮らしているところや今後どの地域で日本語教師として活動したいかにより、どちらのインターンシッププログラムを選択するか変わりますが、いずれも

 理論+実践

が、経験できるので、その後の日本語教師としてのキャリアアップにとても適した方法です。ボランティアインターンシップについては、実は、活動をしながら並行して受講する事も可能なので、学んでいる事を同時進行で現場で生かして活動する事も出来るので、その方法も特にいいのではと思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

通信講座は、費用を抑えて420時間の資格が取れるとても魅力的な受講方法です。ただ、取得するだけではなく、更に日本語教師としてのキャリアアップを計りたい場合、上記のようなインターンシッププログラムを経験するとより素晴らしい日本語教師になれるのではないかと思います。どうぞこのこと、ご参考下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座

◇ 通信修了者の体験談
◇ NAFLとの違い、自分に合った通信養成講座を
◇ 通信は420時間って認められないって本当?
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/26 16:47
コメント()  トラックバック(0)

6/25up

2010年開校日決定!ゴールドコーストで養成講座
-ゴールドコーストで日本語教師養成講座の2010年のコース日程発表!!

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、大変お待たせしました!ついに

ゴールドコーストで日本語教師養成講座の2010年の日程の発表となりました!

ただ、残念ながら今発表できるのは前半のみ。2010年の後半に関しては、分かり次第またこのブログで発表をしていきますね。


【ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間スケジュール】 (6/25現在)

≪2009年≫
 ○ 10月5日~12月11日 ・・・ 残4席

≪2010年≫
 ○ 2月1 日~3月26日
 ○ 4月12日~6月4日

お申込: ゴールドコーストで日本語教師養成講座 お申込



:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間の特徴】

 ○ 多数の模擬授業など実践力重視の講座内容
 ○ 日本語教育能力検定試験対策講座
 ○ 『みんなの日本語』に沿った全ての項目に対して個々の教案作成・レポート提出
 ○ 実際の授業に参加できるアシスタント研修あり(任意)
 ○ 約2ヶ月間で修了できる

尚、資格取得後は、日本語教師としての経験を積むコースとして、

 オーストラリアで有給インターンシップ

と言う日本語教師のキャリアが有給で積めるコースがあります。

 資格取得+実践経験

を一気に取得できるプランです。経験豊富な日本語教師を目指すならとてもいいお薦めのプランです、ご参考下さい。但し、このプランに参加希望の場合はワーキングホリデービザが取得できることが必要です。

  :’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

■日本語教師養成講座に関するお薦めコンテンツ一覧

◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる世界どこでも通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

◇ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャンプ!
◇ オーストラリアで受講する意義
◇ 通信と通学の違い(メリット・デメリット)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/25 16:58
コメント()  トラックバック(0)

6/24up

ゴールドコーストで日本語教師養成講座の修了アンケート
-新設!ゴールドコーストで日本語教師養成講座10/5スタートもあと4席!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、2009年の開講も残り数席となった、オーストラリアで日本語教師養成講座のうち、ゴールドコーストで日本語教師養成講座の修了アンケートが届きましたので、こちらを紹介させて頂きますね。

【オーストラリアで日本語教師養成講座 最新の空席情報】

● シドニーで日本語教師養成講座420時間 

入学金・授業料: 4400豪ドル
詳しいコース内容 ・・・ シドニーで日本語教師養成講座
≪2009年の空席状況≫
 ○ 7月6日~9月18日 ・・・ 満席
 ○ 8月17日~11月6日(※9/21~27休校)  ・・・ 満席
 ○ 9月28日~12月11日 ・・・ 残1席
 ○ 新設!年越しコース 11月9日~2010年2月26日 ・・・ 残10席

2010年のコース日程はこちら


● ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間 

入学金・授業料: 4400豪ドル

詳しいコース内容 ・・・ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
≪2009年の空席状況≫
 ○ 新設! 10月5日~12月11日 ・・・ 残4席

>>> シドニーで日本語教師養成講座お申込
>>> ゴールドコーストで日本語教師養成講座お申込

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【ゴールドコーストで日本語教師養成講座の受講修了レポート】
-2009年1月~4月に受講 受講修了アンケート-

○受講期間は: 適当だった

○1日の授業時間は: 適当だった
○受講費用は: 妥当だった

○研修が修了して将来日本語教師を目指しますか  


はい、目指します。今まで知り合ってきた、またこれから知り合う外国の友達に、彼らが日本語に興味を持ったときにいつでも教えてあげる事ができるからです。現在も英語を継続して勉強しているため、日本でもできれば英語を媒介語として教えられるような環境で活動していきたいです。

○オーストラリアで受講した事は

良かった。英語圏での生活で生の英語に触れながら英語の勉強ができた事、アシスタント研修では現在の高校生や小学生達と話す機会がたくさんあり、日本とは全く違った環境で学習できた事です。

○講座の内容はいかがでしたか。

とても良かった。レポート提出など厳しいときもありましたが、先生はとても熱心にまた先生自身の貴重な体験談などを含めて面白く講義をしていただいたので、とても授業を分かりやすく理解できました。また講座修了後もアシスタントとして任意で参加させてもらうこともできたので、小学生から社会人、アルファベット圏の英語使用の生徒はもちろんオーストラリアに在住するハーフや、漢字が母語にある生徒達のニーズに対応するためのシチュエーションを実際に目で見て、学習することができました。

○費用は全部でおおよそいくらくらい掛かりました?また滞在方法は?

滞在費、食費、ビザ申請やオーストラリア国内旅行など含めて4900豪ドルほど掛かりました。

滞在先は、ワンルームのストゥーディオタイプでとても狭かったですが、セキュリティーや設備はしっかりしていてとても良いところでした。

○このプログラムの満足度を教えてください。

99点/100点中。
プログラムにおけるアシスタント研修は、直接法で授業を進めることの難しさ、また生徒や授業内容によって、英語を媒介後として使って進めた場合の日本語とのメリハリのつけ方、また生徒がどの程度の理解力で、授業に臨んでいるかを見極めるスキルなど、クラス内における授業マネージメントの重要性を学ぶ事ができました。また、授業外に至っては先生が時間を作って学校に通う生徒と一緒に、ご飯を食べに連れて行っていただいたりもして、日本では体験することができない思い出を作りことができました。

○これから参加される人にアドバイスを下さい。

短期間での講義は大変でしたが、日本語教師にとって本当に大事な事、人に何かを教えると言うことがどれだけ難しく、またそれがどれだけ素晴らしいかを学ぶことが必ずできるので是非頑張ってください。

 >>> 他の方の修了アンケートはこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

ゴールドコーストを含めてオーストラリアで受講された方は、この異国で学ぶ事、いろいろな人種が普通に生活している移民の国と言う環境が、将来の日本語教師になるときにとても役立つと感想を言う方が多いです。

それこそがまさに『オーストラリアで学ぶ意義』でもあるので、是非このゴールドコーストとシドニーの講座をご利用頂ければと思います。

 >>> オーストラリアで受講する『意義』

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

◇ 日本語教師になる。(日本語教師養成講座専門サイト)
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/24 15:51
コメント()  トラックバック(0)

6/23up

オーストラリアで日本語教師養成講座を受講する意義
-日本語教師養成講座、わざわざオーストラリアまで来るには意味があります!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、オーストラリアで日本語教師養成講座ですが、BBI日本語教師ネットワークでは、通学コースとして以下の2つのコースを紹介しています。

● シドニーで日本語教師養成講座420時間 

入学金・授業料: 4500豪ドル
詳しいコース内容 ・・・ シドニーで日本語教師養成講座
≪2009年の空席状況≫
 ○ 7月6日~9月18日 ・・・ 満席
 ○ 8月17日~11月6日(※9/21~27休校)  ・・・ 満席
 ○ 9月28日~12月11日 ・・・ 残1席
 ○ 新設!年越しコース 11月9日~2010年2月26日 ・・・ 残10席


2010年のコース日程はこちら


● ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間 

入学金・授業料: 4400豪ドル

詳しいコース内容 ・・・ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
≪2009年の空席状況≫
 ○ 新設! 10月5日~12月11日 ・・・ 残4席

※2010年のコースにっては近日中に発表



:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

いずれも人気のコースで、9月以降は、先日日程が発表された、シドニーの新設年越しコース以外は、既にそれぞれあと1席、4席しか空きがありません。

今年中に、日本語教師養成講座を取得するのならこの数席しか残っていない日程にご参加するしかありませんが、どうぞご希望の方は急いでお申込下さいませ。

さて、そのオーストラリアで日本語教師養成講座を受講するこれらの講座ですが、

何でわざわざオーストラリアまで来なければならないのでしょう。

日本には多くの日本語教師養成講座機関がありますが、何か違いがあるのでしょうか。

今日はその辺について少し説明をしたいと思います。


『なぜオーストラリアで受講するのか、
 日本で受講せず海外で受講する意義はあるのか』


以下に、そのポイントをお話したいと思います。

①異文化の環境で勉強する利点

オーストラリアは、移民の国です。いろいろな人種の方が集まって構成されている国です。これはオーストラリアの国の政策でもあるんですね、優秀な移民をたくさん入れて国力にしていこうと。

シドニーはその最たる地域で、まさしく人種の坩堝です。

街は白人系、アジア人系、インド系、中東系、黒人系など、いろいろな国出身の方、ハーフの方もたくさん、見た目はアジア人でも生まれも育ちもオーストラリアであるオーストラリア人などたくさんいます。

自然、いろいろな言葉が飛び交っていますし、いろいろな国の文化があふれています。

そういった環境で勉強することには将来日本語教師を目指す方にとって実は、とても意義があります。それは、

 ○将来の生徒になりうるであろう方々の文化や習慣などに触れ理解することが出来る
 ○自分自身が異文化や異言語の中で生活するので外国語を学ぶ生徒の気持ちが理解できる

これは、とても大事なことですが、

日本にいては味わえない日本語教師としての素養

を習得することが出来ます。

②わざわざ来るので受講ミスがない

日本にある養成講座の通学のコースは、週に2~4コマ程度のペースで半年間または1年間かけて学ぶことが多いようです。

従って、受講中には仕事の都合や大学の授業などの都合によって、忙しくて講座を受講できない場合もあります。

また、中には行きたい気持ちはあるのだけど、職場から、学校から通学することがついつい億劫になってしまって、続かないと聞いたこともあります。

一方このオーストラリアの講座は、わざわざこの地に受講しに来ます。

受講中は生活のほとんどがこの受講に費やされます。

従って、集中して講座を受講する事ができます。そして、わざわざ来たので行かない(欠席する)こともありません。

しっかりと学んで、しっかりと420時間コースを全うできる環境なんです。

③オーストラリア人に教えることが出来る

このオーストラリアの学校では、日本語教師養成講座を指導する傍らオーストラリア人に日本語を教える日本語学校も運営しています。

そしてその日本語受講生(オーストラリア人)に対して、養成講座の授業の一環として実際に教えて頂く機会があります。

また、受講中には課題を与えられ、その中に自分で生徒を募り日本語を教えるという課題を与えられることもあります。

その場合、オーストラリアにはたくさんの方が日本語を学びたいと思っているのでフリーペーパーなどで募集すると生徒が集まります。

日本語を教えられる対象がたくさんいる環境なんですね。

そしてその環境を利用して、学習したことを即実践できる環境でもあります。

この課題はやりっぱなしではなくて、レポートも提出義務がありますので、募集の仕方、学習のさせ方等に対してフィードバックがあります。将来日本語教師として活躍していくのに役立つ経験が詰めます。

こちらも日本にいてはなかなか出来ない経験となります。

④せっかく来たのだから英語も学びたい

これも日本にいては出来ないことです。

こちらはオーストラリアなので生活は全て英語です。滞在先、通学途中のトランスファー、食事、買い物など普通の生活そのものが英語環境です。

ついでに英語もブラッシュアップしたいと考えている方にもいい環境です。

以上大きな特徴を紹介しましたが、このような理由から、

オーストラリアにわざわざ来て受講する意義

があるのです。

将来、日本語教師を目指し尚且つ資格取得を考えている人で、こういった内容に賛同できるのであれば、是非、利用頂きたいお薦めの講座内容とその環境です。

シドニーとゴールドコーストは、それぞれ別機関ですので、上記に環境は同じですが、講座内容自身は基本的に別となります。もちろん実践重視の講座内容は同じですが、やり方や期間などことなる事も多いですのでどちらが自分に適しているか、どうぞ見極めてご参加下さい。

何かわからないことあればどうぞお気軽にご相談くださいね。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ 日本語教師養成講座とは
◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
◇ 間接法も学べる通信で日本語教師養成講座
◇ お問合せ

◇ 日本語教師になる。(日本語教師養成講座専門サイト)
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/23 14:40
コメント()  トラックバック(0)

6/22up

夏休みの日本語教師と幼稚園体験
-夏休み短期で参加できるプログラムの紹介、オーストラリア短期はキャンペーン中♪-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

6月も後半に入りましたが、夏休みはもうすぐですね。今年の夏休みは何をするか決まりましたか?

海外旅行に行く人、北海道に行く人、ゆっくり地元で過ごす人、今年は休みがなくてずっと仕事になりそうと言う人などなど、様々かと思いますが、BBI日本語教師ネットワークでは、この夏休みに体験できる短期の留学プランを紹介します。

海外に行ってみたい、英語を話したい、もっと地域に深く入り込んでみたい、何かやってみたいと思っている方にピッタリのプランを紹介したいと思います。

●BBI日本語教師ネットワークがお届けする夏休みの短期プログラム

 ◇ オーストラリアで日本語教師体験(1~4週間)
 ◇ ニュージーランドで日本語教師体験(1~4週間)
 ◇ タイで日本語教師体験(2~11週間)
 ◇ 台湾で日本語教師体験(1~12週間)
 ◇ オーストラリアで幼稚園ボランティア(1~12週間)

いずれも1、2週間の短期から、人気の3週間など最大12週間まで参加できます。

参加に当ってのビザも観光ビザで参加しますので、ビザ取得に当っての手間が全く掛かりません。従って思い立ったらパスポートをもってすぐにでも参加することができます!

今年の夏休みは、

 ○ 単なる海外旅行ではなく、
 ○ ちょっとディープに海外で活動をしてみたい方、
 ○ より現地の生活に浸りたい方、
 ○ 英語など外国語を生で触れてみたい方
 ○ ネイティブの友達を作りたい方

は、日本人であれば誰でも活動できるこのプログラムを是非ご利用下さい。

尚、タイと台湾はタイ語や中国語、もちろん英語が全くできなくても参加可能です。なぜならその派遣国は日本語を使って日本語を教えるので日本語さえ話せれば全く臆する事ないです。

一方、オーストラリアとニュージーランドはある程度の英語力があったほうが活動がスムーズになります。ただ、短期の参加となりますので日本語が流暢に話せる先生のいる学校などアレンジを工夫しますので、こちらも基本的に構える必要はありません。

以下に、各プログラムの概要を紹介します!

 夏休みオーストラリアで日本語教師体験(1~4週間)

 【参加費用20%オフのキャンペーン実施中】

参加期間 : 2009年7月以降で1週間以上
活動開始日 : 学期中の毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日から)
活動期間 : 1~4週間
申込期限 : ご出発予定の1ヵ月半前まで
ビザ : 観光ビザまたはワーキングホリデービザ

募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加費用 : 126400円~(キャンペーン中に付き通常より20%オフ!
費用に含まれるもの : 
 ・ プログラム運営費
 ・ 出発までのサポート
 ・ オリジナル教材費
 ・ お電話による準備研修費
 ・ 現地サポート費(緊急時24時間含む)
 ・ 事前英語無料レッスン費
 ・ 修了証の発行
 ・ 帰国後の就職サポート
 ・ 最寄りの空港等までのお出迎え

夏休みオーストラリア短期日本語教師体験のキャンペーン情報はこちら

 夏休みニュージーランドで日本語教師体験(1~4週間)

 【日本語環境の良さが特徴】

参加期間 : 2009年7月以降で1週間以上
活動開始日 : 学期中の毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日から)
活動期間 : 1~4週間
申込期限 : ご出発予定の1ヵ月半前まで
ビザ : 観光ビザまたはワーキングホリデービザ

募集条件 : 20歳以上、TOEIC450点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加費用 : 158000円~
費用に含まれるもの : 
 ・ プログラム運営費
 ・ 出発までのサポート
 ・ オリジナル教材費
 ・ お電話による準備研修費
 ・ 現地サポート費(緊急時24時間含む)
 ・ 事前英語無料レッスン費
 ・ 修了証の発行
 ・ 帰国後の就職サポート
 ・ 最寄りの空港等までのお出迎え

 夏休みタイで日本語教師体験(2~11週間)

 【現地滞在費・空港の送迎え付き。タイ語レッスンも】

参加期間 : 2009年7月~9月中旬で2週間以上
活動開始日 : 学期中の毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日から)
活動期間 : 2~11週間
申込期限 : ご出発予定の1ヵ月半前まで
ビザ : 観光ビザ

募集条件 : 20歳以上、タイ語ができなくても問題ありません、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加費用 : 170000円~
費用に含まれるもの : 
 ・ プログラム運営費
 ・ 出発までのサポート
 ・ オリジナル教材費
 ・ 現地準備研修費
 ・ タイ語レッスン費
 ・ 現地準備研修中のホテル代
 ・ 活動期間中の滞在費
 ・ 現地サポート費(緊急時24時間含む)
 ・ 修了証の発行
 ・ 帰国後の就職サポート
 ・ 空港より往復送迎

 夏休み台湾で日本語教師体験(1~12週間)

 【本格的に目指す人向き、就職オプションもあり】

参加期間 : 2009年7月以降で1週間以上
活動開始日 : 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日から)
活動期間 : 1~124週間
申込期限 : ご出発予定の1ヵ月半前まで
ビザ : 観光ビザ

募集条件 : 20歳以上、中国語は問いません、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加費用 : 175000円~
費用に含まれるもの : 
 ・ プログラム運営費
 ・ 出発までのサポート
 ・ オリジナル教材費
 ・ 現地準備研修費
 ・ タイ語レッスン費
 ・ 現地準備研修中のホテル代
 ・ 活動期間中の滞在費
 ・ 現地サポート費(緊急時24時間含む)
 ・ 修了証の発行
 ・ 帰国後の就職サポート
 ・ 空港より往復送迎
 ・ 台湾での就職サポートあり(オプション) 

 夏休みオーストラリアで幼稚園ボランティア(1~12週間)

 【活動初日、現地日本人スタッフが同行します】

参加期間 : 2009年7月以降で1週間以上
活動開始日 : 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日から)
活動期間 : 1~12週間
申込期限 : ご出発予定の1ヵ月半前まで
ビザ : 観光ビザまたはワーキングホリデービザ

募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません
参加費用 : 107000円~
費用に含まれるもの : 
 ・ プログラム運営費
 ・ 出発までのサポート
 ・ 幼稚園の手配
 ・ 現地オリエンテーション費
 ・ 現地サポート費(緊急時24時間含む)
 ・ 滞在期間中のホームステイアレンジ費
 ・ 滞在期間中のホームステイ費用
 ・ 初日空港お出迎え
 ・ 活動初日、幼稚園まで日本人スタッフ同行
 ・ 帰国後の就職サポート


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

いずれのプログラムも、上記各お申込期限まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提となります。(幼稚園ボランティアは、基本的にインタビューは必要ありません)

  日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ 幼稚園ボランティアお申込
 
 
お問合せ

*******************************************************************

★ 短期コースにお薦めなタイプ ★  

 ○ 純粋に海外の学校での活動をしてみたい
 ○ 将来、日本語教師を目指しているのでどんな感じか見てみたい
 ○ 将来、英語教師を目指しているためその実践や練習をしてみたい
 ○ 海外の子供たちと何かしたい、子供好きである
 ○ 英語等外国語を使ってのボランティアを海外でしてみたい
 ○ ネイティブの英語環境に身をおき活動したい、実践的な英語を身に付けたい
 ○ 英語ブラッシュアップの語学学校通学後に活動してみたい、チャレンジしてみたい
 ○ 短期間の間に児童英語教師の資格と実戦を経験してみたい
 

◇ 幼稚園ボランティアの特徴 ◇

 ◇1週間から手配可能
 ◇初日空港出迎え、ホームステイ付き等、初めての方でも安心
 ◇現地の幼稚園で活動するので英語環境にドップリ浸れる環境
 ◇現地オフィスでは活動のためのオリエンテーション開催
 ◇活動初日、一緒に幼稚園まで同行します!
 ◇その後幼稚園スタッフを紹介します
 ◇紙芝居、日本の歌、折り紙など、希望に応じて日本文化の紹介をすることも可能
 ◇現地では専任の日本人スタッフが滞在在中トータルでサポート

◇ 幼稚園ボランティア、こんな方々にお薦め! ◇

 ◇子供が大好きな方
 ◇海外で何かボランティア活動をしてみたい方
 ◇英語環境で活動をしてみたい方
 ◇春休みの短期間のうちで何か海外で活動してみたい方
 ◇保育士に興味のある方
 ◇現役の幼稚園の先生のキャリアップとして
 ◇児童英語教師を目指す方


∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:
posted by BBI at 2009/06/22 17:48
コメント()  トラックバック(0)

6/20up

ニュージーランドから活動報告
-ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラムの活動報告(マンスリーレポート)-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、ニュージーランドより、活動報告が届きましたので、そちらをお知らせしたいと思います。

日本と似ている国 ニュージーランド
*******************************************************************
◇ニュージーランド10月出発

準備研修地 : オークランド
準備研修日程 : 10月初旬頃の予定
※準備研修前日より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 10月初旬頃(通常5日間)
募集締切日 : 2009年7月末迄(WHビザでご参加の場合は8月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC450点以上程度(目安)、日本語教師関連の資格有無は全く問いません

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************

>>> 詳しいNZ10月出発の情報はこちら

【ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム活動報告】

○今月学校で印象に残った事は何ですか
Lunguage Camp にて、地域の高校生たちに、日本語を教えたことです。このイベントは、日本語を選択している地域(ワイカト地方)の高校生たちが、ワイカト大学に一同に会し、グループワークをする、という試みで、その講師陣の一員の役をいただきました。1対12でのグループワークで、最後に大講堂にて日本語のスピーチをさせるというものです。良くも悪くもこれは、大変よい経験になりました。

○自分が携わった授業で評判の良かった授業を教えてください
金曜日に行く小学校がふえました。これで、小学校でのティーチングは2校3クラス(それぞれ13人)となります。やはり、剣玉授業は大変ウケがよく、リクエストもいただき、新規の学校も毎週の授業チャンスをいただけることとなりました。


○自分が携わった授業で評判のよくなかった授業は何ですか
上記1のキャンプでのことです。変更につぐ変更で、臨機応変さが問われるスケジュールの中、思ったように教鞭がとれず、不本意な授業となってしまいました。

当初「全員参加型」の授業と発表の方向で準備していました。それが前日に主任の先生から「スケジュールの変更があるらしい。詳しいことは明日になってみないとわからないが、あなたの案は通らない。時間もないから発表はグループ内一人。」と念を押され、その夜、自身の授業案を変更しました。

当日になって生徒に配られたスケジュールは、さらに変更されており、用意したタイムテーブルは使えず、授業案も大幅な変更を余儀なくされました。

さらに、全体発表のふたをあけてみると、他のグループは全員発表。あれだけ僕に念を押してくださった主任の先生も数名のグループ発表。僕がグループからたった一人選んだ女の子からは「私も私だけじゃなく、みんなと発表がよかったな」と言われ、何も言えませんでした。

終了後、主任の先生に確認をとったところ、「私もわからない。でも、ニュージーランドでは前もって人数も教材も時間も知らされない「いきなりの授業」はよくあることだから」と言われ、要は臨機応変さが必要なんだろうな、と勉強させていただきました。

今回の自分の授業は、自分が生徒だったら、あまり面白くない、うけたくないな、と思うような授業でした。

次回8月にまたあります。
流れもNZスタイルもわかったので、今度はかなり面白い、楽しい授業にできると思っています。また報告します。

(コメント)
この件は、大変気の毒な話しです。確かに、ニュージーランド含めてどの国でも事前にきちんとした準備をして臨むような事はしない感じが多いですが、それにしても変更が多かったり、本当にいい授業をしていきたいのかと考えさせられる事も正直感じる事もあると思います。

ただ、一方で、これが海外での授業スタイルで(全てがそうと言うわけではないですが)、いきなり臨機応変で対応をせざるを得ない状態は良くあります。この方は、その事を前向きに捕らえられて対応されている姿勢がとても素晴らしいですし、結局は何事もその様に捉えて行動ができる方が、結果的には充実感を持ってこのプログラムを修了されるようです。

従って、その様な姿勢の下、対応する事はとてもいいことですが、今回の報告頂いた内容はちょっとかわいそうで気の毒でしたね。


○英語の様子はいかがですか
先生のお一人に「あら、ニュージーランドなまりが入ってるわよ」と言われました。これはつまり、耳で聞けたことをそのまましゃべっているということか?と思ってうれしくなったのですが、毎日やっているリスニング練習のテープは、イギリス英語です。複雑な気持ちになりました。

○ホームステイはいかがですか
快適です。冬はみんな早く布団に入るようです。


:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

このように学校も先生もとても喜んでいただけた様子が分かり、尚且つアシスタント教師も喜んで頂けたようで、弊社としても本当に良かったです(^O^)/

こんなプレースメントが今後もできるようにこちらでも頑張って対応したいと思っています。

~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
◇ ニュージーランドの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ NZで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ NZ就労ビザ(ボランティア用)の申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/20 14:16
コメント()  トラックバック(0)

6/19up

オーストラリア有給インターンシップ修了報告
-オーストラリアで有給インターンシッププログラムの修了アンケート-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨日、

追加決定!オーストラリア有給インターンシップ9月出発あと1名

のブログを発表しましたが、今日はそれに関連して、有給インターンシップで修了される方からのアンケートが届きましたので、それを紹介したいと思います。

オーストラリア有給インターンシップに興味のある方、この活動に興味のある方はどうぞご参考下さい。

オーストラリアの民間日本語学校で有給インターンシップ
*******************************************************************
■急募!オーストラリアで有給インターンシップ


活動開始日 : 9月初旬まで開始できる方
活動期間 : 半年間、9ヶ月間
募集人数 : 1名のみ
募集条件 : 20歳以上、日本語教師関連の資格保持、
         ワーキングホリデービザが取得できる事
募集締切日 : 決定次第締切

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

  日本語教師海外派遣インタビュー
  お問合せ
*******************************************************************


【オーストラリアで有給インターンシップ修了アンケート】

○1週間の平均授業数 : 10コマ

○行った授業内容は?
みんなの日本語Ⅰ・Ⅱ(グラマー)、カンバセーション、ビジネス会話、VCEJLPT等を行いました。

○授業を一人で任されましたか

はい、上記授業内容を任せて頂きました。


○費用は全部でどれくらい掛かりましたか
100万くらいでしょうか・・・?(半年間の参加)

○派遣地の地域はどんなところでしたか
メルボルンです。人は親切だし、とても過ごしやすいです。一日の温度差は激しいですが、慣れれば大丈夫です。夏にはイベントも沢山あるので楽しめると思います。

○日本出発前にしておけばよかったことは何ですか
教科書研究をもっとしっかりしておけば良かったと思います。あと、マンガや音楽が好きな人が多いので、流行っているマンガ等をチェックしておけば会話がもっとふくらんだのにと思いました。

○このプログラムに参加した目的は何でしたか
日本で日本語教師として就職するため、経験を積みたかったからです。今後はこの経験を通じて、日本語教師としてもっと分かりやすく、親しまれる先生になれるようにもっと努力しようと思っています。

○出発前と英語力は違いますか
授業も日本語で行なうため、英語を話す機会があまりありませんでした。ですので、出発前とさほど変わりないと思います。

○このプログラムの満足度を教えてください

90点/100点

本当に教案を書くのが大変です。寝る時間もあまりなく、おまけに休みの日もそれにかかりっきりで、観光どころではありませんが、生徒さんが楽しく授業を受けてくれるので支えられました。私が来た時にはビギナーであまり話すことが出来なかった生徒さんも最近では普段の会話が出来るまで日本語力が伸びて、それを見ているだけで嬉しくなります。日本語教師の仕事は本当に楽しいと感じました、参加してよかったです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。特に、例えば、日本語教師ネットワークが紹介している

 ◇ 通信で日本語教師養成講座420時間

を修了された方などは、唯一その講座で不足がちな実践部分をこの有給インターンシップで補う事ができます。

また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

尚、このオーストラリアの有給インターンシップには日本出発前の無料英語レッスンとオーストラリア到着後の無料英語レッスンが付いています。どうぞご希望の方はご利用下さい。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ モンゴルで有給インターンシップ
◇ タイで有給インターンシップ
◇ 派遣インタビュー
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/06/19 12:15
コメント()  トラックバック(0)

6/18up

追加決定!豪有給インターンシップ9月よりあと1名可能!
オーストラリアで有給インターンシップ 9月初旬まで出発あと一人追加

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨日の日本とオーストラリアのワールドカップアジア予選、最終試合がメルボルンで行われました。結果は皆さんご存知の通り、大変残念でした。

やはりレベルが低いのかなぁと感じたのは僕だけでしょうかね。

各国の監督などのコメントを聞くと、決して技術力などが劣っている事ではないようですが、一番はフィジカルの面を良く指摘されています。確かに、ガタイのでかいオーストラリアのサッカールーと比べると迫力に欠けますよね。また、他と比べると体力もあまりないように感じますが、試合開始後、直ぐの失点と、後半、体力の落ちた失点は、本当に良く目に付きます。

今のままでは前回同様ワールドカップ予選の敗退のようなイメージしかできなくて辛いのですが、何とかこの1年で進歩して欲しいです。

そろそろ強いジャパンが見たいですね!

さて、そのオーストラリアですが、先にお伝えした、

 8月出発のオーストラリアで有給インターンシップ1名募集

に、更に追加で、1名受け入れることができるようになりました。

オーストラリアで有給インターンシップをしたいと思っている方、たぶん今回を逃すと、今年中スタートのこの活動はもうないと思いますので、チャンスを逃さないようにしてみてください!

この有給インターンシップは、日本語教師関連の資格は持っているが

 ○教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 ○教えた経験が少なく自信をつけたい
 ○日本以外の国で教える経験を積んでみたい


などと言う方に大変お薦めのプログラムです。特に、例えば、日本語教師ネットワークが紹介している

 ◇ 通信で日本語教師養成講座420時間

を修了された方などは、唯一その講座で不足がちな実践部分をこの有給インターンシップで補う事ができます。

また、オーストラリアは、有給インターンシップの中で唯一の英語圏です。直接法の指導方法ですが、住む環境は英語圏ですので英語に興味のある方にもお薦めの環境です。

尚、このオーストラリアの有給インターンシップには日本出発前の無料英語レッスンとオーストラリア到着後の無料英語レッスンが付いています。どうぞご希望の方はご利用下さい。

■急募!オーストラリアで有給インターンシップ 
 
活動開始日 : 9月初旬まで開始できる方
活動期間 : 半年間、9ヶ月間
募集人数 : 1名のみ
募集締切日 : 決定次第締切

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

尚、このオーストラリアでの有給インターンシップの注意点を以下に列挙しますので、ご希望者は良くご理解の上ご参加下さい。

○ワーキングホリデービザが取得できる事が条件
○最初の3ヶ月間(225時間程度)は、無給。フルタイムでの活動が条件
○有給開始後でも、能力により担当する授業数は異なる
○このプログラムは生活費を稼ぐためのカジュアルな仕事ではなくあくまでも経験を積むことが目的のインターンシップである
○よって、生活費を全てまかなえる賃金になるとは限らない事、理解する必要がある

日本語教師としての指導に自信がない方は、是非、ご自身のキャリアアップに利用し、将来の正式な就職に結び付けてください!

良い日本語教師になるために是非頑張ってくださいね!

その他の有給インターンシップのコース

◇ モンゴルで有給インターンシップ
◇ タイで有給インターンシップ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ 日本語教師海外派遣プログラムとは
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ モンゴルで有給インターンシップ
◇ タイで有給インターンシップ
◇ 派遣インタビュー
◇ お問合せ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
posted by BBI at 2009/06/18 18:20
コメント()  トラックバック(0)
 21件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.