日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ
検索



ホームへ戻る

バックナンバー

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新の求人情報

RSSとはブログ更新情報を自動で取得できる機能です(使用しているブラウザによって設定は異なります)


最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

管理


2008年10月の記事一覧


 16件中1~10件表示  次のページ

10/21up

カナダで語学学校+児童英語教師 そして、
日本語アシスタント教師へのALL in ONEの豪華組合せ
-英語ができなくても徐々に力がついていきます!-

語学学校+資格取得+日本語教師海外派遣のオールインワンプランが最近注目を浴びています。

このオールインワンは、

 ○ 一度の留学でいろいろな事を習得しよう、
 ○ キャリアを積もう、
 ○ そして帰国後はまさにそれを生かして就職しよう!

と言う、目的意識を明確に持った方にお薦めのプランです。

今日は、その中で、将来、英語の先生になるためのオールインワンプランを紹介します。

しかも、いろいろな割引が得られるのでかなりお得です!

現在、仮に、あまり英語が得意でなくても全く問題ありません。将来その道を目指している人に、お得ですし、お薦めのプランです。

今日、紹介するこのプランはカナダで対応できるプランです。

と言うのは、語学学校と児童英語教師の組合せで、とてもお得なプランができたのです。また、それに日本語教師派遣プログラムを組み合わせることによる組合せ割引も受けられるので、本当に結構お得です。

以下に簡単にそのスケジュールを紹介しますね。

条件としては、カナダのワーキングホリデービザを取得できる事です。

《カナダオールインワン スケジュール》

語学学校1~3ヶ月間

児童英語教師6週間

日本語教師派遣プログラム1~2学期間

具体的には(サンプルプラン)。。。

①語学学校1ヶ月間+児童英語教師+日本語教師
2009年1月12日~2月6日(4週間)
語学学校通学

2月9日~3月20日
児童英語教師6週間

2009年3月末~
日本語教師派遣プログラム参加1学期間(6月末まで)

②語学学校2ヶ月間+児童英語教師+日本語教師
2009年5月11日~7月3日(8週間)
語学学校通学

7月13日~8月21日
児童英語教師6週間

2009年9月初旬~
日本語教師派遣プログラム参加2学期間(2010年3月中旬まで)

※以上はあくまでも目安の日程で、語学学校、日本語教師の活動期間によってもスケジュールが異なります
※上記は、効率良いスケジュールの組み方ですが、各プログラムの間にホリデーを取る事ももちろん可能

《カナダオールインワン 費用》

①語学学校1ヶ月間+児童英語教師+日本語教師1学期間
語学学校1ヶ月間+児童英語教師パッケージ費用
3100ドル(save550ドル) ・・・ 約279000円(C$1=90円で計算) ①
※この他の入学金、教材費がかかります
※上記パッケージ費用は今年中にお申し込みの場合に適用、来年は別料金になります。

日本語教師1学期間
480000円 ②

割引
○資格割 ▲30000円(事前に児童英語教師6週間を修了するため)
○ワーキングホリデー割 ▲10000円
○組合せ割引 ▲20000円(日本語教師+児童英語教師)
 ・・・ 割引合計 ▲ 60000円 ③

合計 ①+②-③ = 699000円

②語学学校2ヶ月間+児童英語教師+日本語教師
語学学校2ヶ月間+児童英語教師パッケージ費用
4300ドル(save500ドル) ・・・ 約387000円(C$1=90円で計算) ①
※この他の入学金、教材費がかかります
※上記パッケージ費用は今年中にお申し込みの場合に適用、来年は別料金になります。

日本語教師2学期間
540000円 ②

割引
○資格割 ▲30000円(事前に児童英語教師6週間を修了するため)
○ワーキングホリデー割 ▲10000円
○組合せ割引 ▲20000円(日本語教師+児童英語教師)
 ・・・ 割引合計 ▲ 60000円 ③

合計 ①+②-③ = 867000円

是非、このプランを利用して、お得に賢く目的を持って留学してみてください。

出発前は、英語が苦手だった人が、1年後には英語の先生になっているのも夢ではありません!

現在、2009年3月出発カナダ日本語教師海外派遣プログラム最終募集中!
応募締切は10月末まで
 ・・・ 詳しくはこちら 2009年3月出発カナダ

 

posted by BBI at 2008/10/21 13:19
コメント()  トラックバック(0)

10/20up

アメリカ短期2ヶ月間から日本語アシスタント教師
-英語ができなくても参加できます!-

BBI日本語教師ネットワークでは、毎月1回Close Upとして、お薦めのプログラムを紹介していきます。特典を付ける事もありますので、どうぞお見逃しなく!

第一回目は、アメリカから届いた短期日本語アシスタント教師の活動。一番の特徴は、英語があまり話せなくたってアメリカで活動が出来ること。また、小学生までの生徒が対象なので、小さい子に教えてみたいと思っている方にも向いています。

12月末までにお申込の先着3名さまには、3ヶ月間の参加でも2ヶ月間のプログラム費用と同じで対応します!

是非、ふるってお申込下さい。


《サンフランシスコ郊外の日本語学校で短期アシスタント》

カリフォルニア州の日本語学校での日本語教師の短期無給インターンシップ。対象は、2歳から小学生までのこどもをメインで見ていただきます。

クラス内の主要言語が日本語でないコース、主要言語が日本語のコースと2パターンあり、アシスタント教師として活動頂きます。


この研修を通して、地元のアメリカ人や子供たちと触れ合うことができ、日本語を教えながら、自分の英語力のスキルアップが図れます!

英語力はさほど問われませんので、アメリカと言う英語の環境で、子供たちや現地の方々と触れ合いながら、英語、アメリカの習慣などを習得したい、関わりたい、英語環境に浸りたいと思っていらっしゃる方に最適なプログラムです。

プログラムの特徴


○英語力が高くなくても参加可能
○短期2ヶ月間からなので大学卒業後就職までの間に参加可能
○アメリカの子供たちにボランティア活動をしたい方向き
○日本語教師、児童英語教師、幼稚園教諭、英語教師などを目指している方、キャリアアップを計りたい方向き

プログラム費用


2ヶ月間 ・・・ 178000円
3ヶ月間 ・・・ 198000円

詳しくは ・・・ サンフランシスコ日本語学校でアシスタント教師




 

posted by BBI at 2008/10/20 13:19
コメント()  トラックバック(0)

10/20up


シドニーで日本語教師養成講座
2009年1月19日スタート 満席です!



先週にお伝えしていたシドニーの日本語教師養成講座ですが、2009年の最初のコース1月19日スタートが満席となりました。先週月曜日の時点であと2席だったのですが、すみません。。。。

このシドニーの日本語教師養成講座は、例年、どうしても席があっという間に埋まってしまう傾向があります。

従って、講座を受けると決めている方は、早くにお申込いただくことは、全く構いませんので、席の空きがあるうちにどうぞお申込下さい!

・・・ シドニーで日本語教師養成講座 仮お申込
・・・ お問合せ


《シドニーで日本語教師養成講座日程》

●2008 年 11月3日~2月27日 ・・・ 年越しコース

●2009 年度
1月19日~4月3日 ・・・ 満席 
3月2日~5月22日(※4/6~12休校) ・・・ あと8席
4月14 日~6月26日 (4/13は祝日のため14(火)からスタート) 
5月25日~8月14日(※6/29~7/5休校)
7月6日~9月18日
8月17日~11月6日(※9/21~27休校)
9月28日~12月11日


シドニーでの日本語教師養成講座の特徴は、なんと言っても実践力が養われるコースだという事です。毎日の様に模擬授業が課され、実践をこなしていきます。

シドニー日本語教師養成講座、模擬授業後のディスカッションの様子
シドニーの日本語教師養成講座 体験談


《シドニーで日本語教師養成講座関連記事》


◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ一覧
◇ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
◇ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
◇ オーストラリアで受講する意義
◇ 全養協の認定校!


posted by BBI at 2008/10/20 12:58
コメント()  トラックバック(0)

      -このブログ記事内容は【2008年10月18日】付けの情報となります-

**************************************************************************************************
このブログで書かれた情報はこの日付時点での情報となります。将来的に内容が変わっている場合もありますので、最新の情報は必ずご確認下さい
**************************************************************************************************

このページは、BBI日本語教師ネットワークがお届けする
『海外・日本での日本語教師求人情報を紹介する』ページです。



情報はその都度アップされます。どうぞご自身が気になる学校を見つけてください。尚、実際の就職には事前に登録が必要です。登録は無料で、また、登録されると求人情報が無料で届きます。ご希望の方は、まずはそれぞれのフォームよりご登録下さい。

◎登録はこちらから◎
 ◇ 海外で日本語教師を希望の方
 ◇ 日本で就職(日本語教師含む)を希望の方
  最新の日本語教師求人情報トップはこちら

尚、日本語教師の仕事を希望の方は国内外問わず、日本語教師関連の資格保持が必要です。資格がない方は基本的に仕事をする事ができません。まずは資格取得のコースからお選び下さい。

 ◇ 日本語教師養成講座資格取得 (シドニー校 ・ ゴールドコースト校 ・ 通信講座

また、正式に就職をする前にキャリアアップを積みたい教える事に自信をつけたい方などは
有給インターンシップをご利用するとよりいいでしょう。各プログラムは以下をご参考下さい。

 有給インターンシップの派遣国: オーストラリア タイ モンゴル

なお、同じ海外派遣プログラムでも英語圏などで間接法を使って活動をしたい方には、以下のプログラムもあります。こちらは基本的にボランティアでの活動となりますが、間接法の環境で活動して将来に備えてみたいとお考えの方にはお薦めのプログラムです。

 ◇ 日本語教師海外派遣プログラム(各派遣国の情報はこのページからそれぞれお進み下さい)

----------------------------------------

2009年3月から香港で日本語教師募集!
-英語/中国語/広東語クラスを無料で受講可。日本語教授法等無料トレーニング有-


香港より日本語教師求人募集の情報が届きました。以下に詳細を記しますので、ご希望の方はご連絡ください。

【募集要項】
教育機関名:日系企業
勤務地:香港
採用条件:
 ①短大卒以上
 ②日本語教師の経験(クラス教授歴)が1年以上
 ③英語の日常会話レベル以上が望ましい
 ④以下の1つに該当する
  ・日本語教師養成講座(420時間)修了
  ・日本語教育能力検定試験合格
 ⑤明るく良識あり、香港での生活に適応できる方

勤務形態:専任講師
待遇:給与(月給制)9000香港ドル
その他手当て:住宅提供もしくは手当て支給。健康保険・渡航費・ビザ取得費用会社負担

希望勤務開始日:2009年3月下旬より勤務可能な方。1年間
募集人数:若干名
就労時間:25時間/週
休日、休暇:日曜日及び香港の祝祭日

その他の情報:1期間(約3ヶ月)修了後より、英語/中国語/広東語クラスを無料で受講可能。日本語教授法等、無料トレーニングがあります。


選考方法:書類選考⇒インタビュー

応募方法:BBIに「履歴書(日&英、写真付)」と「職務経歴書(日)」のご提出から

      履歴書等の送付先
      株式会社Big Bridge International 東京オフィス
      〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-3-1 キカワダビル5階
      TEL:03-5389-8275 FAX:03-5348-5718
      E-mail:info@jt-network.com

応募締切日:特に設定なし(決まり次第閉め切らさせていただきます)

●学校の情報

設立年月日: 1984年
日本語教師数: 約100名
生徒数: 約2500名
授業時間: 約100時間/週


posted by BBI at 2008/10/18 11:34
コメント()  トラックバック(0)

10月17日up

BBI日本語教師ネットワークのプログラムは、単純にそのプログラムのみに参加することも可能ですし、組み合わせることも可能です。

どのように留学のプランを立てるかは皆さんの希望次第ですが、今日は、組合せプランについて少し紹介をしてみたいと思います。

組合せといってもただ単に、せっかく海外まで行くのだから、あれもこれもやりた~い!と言うようなノリではなく、目的を持たせてプラン立てする事に重きを置いて紹介させて頂きたいと思います。

日本語教師ネットワークが持っているプログラムは、日本語教師をはじめ、教育系の資格取得、キャリアアップが計れるインターンシップのプログラムを運営しています。

従って、そのフィールドで留学を通じて目的を達成したい方、キャリアアップを計りたい方、帰国後の就職に備えたい方は、是非、この組合せを利用下さい!

以下に、いくつかの組合せの概要を簡単に紹介しますね。

①将来本格的に直接法の日本語教師を目指す方

ステップ1
通信講座または通学にて日本語教師養成講座の資格を受講
(対象プログラム)
 ○ シドニーで日本語教師養成講座
 ○ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
 ○ 通信で日本語教師養成講座

ステップ2
資格取得後、日本語教師としてのキャリアアップ。特に実践力を養い、実際の授業の経験を積みます。
(対象プログラム)
 ○ オーストラリアで有給インターンシップ
 ○ オーストラリアでボランティアインターンシップ
 ○ その他派遣国でボランティアインターンシップ

特に、有給インターンシップでの活動は、直接法の日本語教師になるには大変お薦めのプログラムです。通信講座修了生でもこの組合せプランは可能です。

②将来、小学校で英語を教えたい

ステップ1

児童英語教師コースを受講
(対象プログラム)
 ○ オーストラリアで児童英語教師
 ○ ニュージーランドで児童英語教師
 ○ カナダで児童英語教師

ステップ2
資格取得後、児童英語教師としての経験を積むため、小学校で日本語教師海外派遣プログラムに参加。学校では、日本を教えますが、小学生に対して英語を使って教えるので、まさに将来のための経験が積めます。
(対象プログラム)
 ○ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
 ○ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
 ○ カナダで日本語教師海外派遣プログラム

特に、オーストラリアでの海外派遣プログラムは、多くの小学校の派遣校も多いし、教育環境が整っているのでお薦めです。

****************************************************************

それぞれ選択するプログラム、順番、受講地域等によって、具体的な参加期間や方法などは異なりますので、まずはご自身にあったまたは目的とするプランを熟考し、ご相談下さい。その目的にあったプランをスケジュール、費用など具体的に紹介いたします。

 お問合せ

尚、この組合せプランを実行する事で、お得な割引も受けられれます。

それが、組合せ割引です!

以下にサンプルを紹介しますのでご参考下さい。

例)
大学在学中に休学して、1年間留学を計画。将来のために日本語教師の資格取得と経験を積みたい。また使える英語のブラッシュアップをしたい。ビザはワーキングホリデービザで参加予定。英語はTOEIC740点を持っています。希望地はオーストラリアで。

プログラムお薦めスケジュール

①シドニーで日本語教師養成講座受講
②オーストラリアのボランティアインターンシップ2学期間参加

プログラム費用
シドニーで日本語教師養成講座 ・・・ 4500豪ドル(約360000円 1ドル=80円で計算)
オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム(2学期間) ・・・ 470000円

日本語教師海外派遣プログラムの割引
 ○学生割引 ・・・ 3万円
 ○資格割引 ・・・ 3万円
 ○ワーキングホリデー割引 ・・・ 1万円
 ○英語割引 ・・・ 1万円

 ◆日本語教師海外派遣プログラムの割引額合計 8万円 ・・・ ①

組合せによる割引
  ○日本語教師養成講座+海外派遣プログラム ・・・ 2万円 ・・・ ②

①+② = 合計10万円の割引

日本語教師養成講座 360000円
日本語教師海外派遣プログラム 470000円
割引額 -100000円

合計プログラム費用 ・・・ 730000円

※日本語教師養成講座は日本語教師海外派遣プログラムの前に必ず修了する事が条件。修了しない場合は上記の資格割の適用はできません。

以上の様に、プログラム自身での割り引き+組合せによる割引が併用できます。

是非、この制度を利用して、効率よくそして目的が達成されるために海外で頑張ってください!

詳しい組合せ割引はこちらのページで確認下さい。

日本語教師ネットワークの割引制度 

posted by BBI at 2008/10/17 10:39
コメント()  トラックバック(0)

10月16日up

現在、2009年1月オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムの最終募集中です。
応募締切は10月31日まで!

多くの派遣校が皆さんを待っています!
環境抜群のオーストラリアで是非活動してみてください(^O^)/

今日は、1月から活動可能な派遣校を紹介します。派遣校ごとにそれぞれ特徴もあり、活動内容や環境も異なります。なるべくご希望のそして、なるべく適した派遣校をプレースメントしていきますが、まずは以下をご覧頂き、ご自身が行ってみたい学校のイメージを膨らませてみてください。

なお、派遣校はできるだけご希望に沿うようにプレースメントします。早い者勝ちでプレースメントをしていきますので、もし以下の学校で活動したいという希望がある場合は、派遣インタビュー中にお申し出下さい。

尚、プレースメントは、最終的に学校に皆さんのレジュメを見せて受け入れの判断を仰ぎます。従って、必ず希望通りの派遣校にいけるとは限りませんので予めご了承下さい。

ただ、オーストラリアは、一番派遣校の種類、数が豊富ですので、皆さんの希望通りにプレースメントできる確率が高いです。従って希望がある場合は、必ず派遣インタビュー時にお話し下さい。



人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2009年1月出発概要 長期・短期・有給可能
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月27日(火)~1月30日(金)予定 ※月曜日は祝日 
※シドニー到着日1月26日(月)、研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月2日(月)
募集締切日 : 2008年10月末迄(ワーキングホリデービザでご参加の場合は11月末まで)
  派遣インタビュー
  お問合せ

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提
*******************************************************************

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧


■2009年1月日本語教師海外派遣プログラム 派遣校紹介

《小学校、プライマリー》

ケアンズの人気の小学校
公立プライマリー QLD州 ケアンズ市内
生徒数: 600人
活動期間: 出来るだけ長期希望

この学校は、観光地で有名なケアンズにある小学校です。日本語教育は、16年以上教えられており、主に小学5~7年生まで教えられています。授業は、日本語でのコミュニケーション能力の向上から、日本文化紹介まで教えられており、子供好きな方、小学校での活動を希望の方、将来児童英語教師になりたい方に最適の環境です。


この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●オーストラリア人講師
 ●将来児童英語教師になりたい方向き、児童英語教師の資格と併用すると資格取得と実戦経験が積めます
 ●英語環境ですが、英語が苦手でもOK
 ●小学校で活動したい方にはお薦めの学校の第一候補。

少人数の小学校で活動したいならこの学校
公立プライマリー NSW州 シドニーから350キロ内陸へ
生徒数: 30人
活動期間: 1学期間から2学期間

この学校は、人口650名のとても小さな地域の学校です。従って生徒数も少なくまた先生も数名で運営されています。そんな小さな学校ですが、日本語教育は大変熱心にこれまでも指導されており、KindergartenからYear6までの生徒が授業を取っています。日本語専任の先生がいらっしゃりませんので、担任の先生にアシストして頂きながら、メインの先生として授業を行って頂きます。田舎の地域で、そして日本語の授業以外にも他科目指導や学校の行事などフル回転で活動できる学校です。


この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●ある程度の英語力が必要
 ●将来児童英語教師になりたい方向き、児童英語教師の資格と併用すると資格取得と実戦経験が積めます
 ●思いっきりの英語環境及び田舎ライフの環境
 ●メインとして活動するので、ある程度指導方法を経験している方向き


《中・高校、セカンダリー》

マリンスポーツも楽しみたいならこの学校
公立セカンダリー WA州 パース郊外
生徒数: 800人
活動期間: 出来るだけ長期希望

この学校は、西オーストラリア州で唯一登録されている海洋専門学校です。その関係でマリンスポーツに関しても多くの授業が行われ、参加頂くことも可能です。日本語教育は10年間に亘って教えられており、基本的にアシスタントとしての活動ですが、ご自身の希望や能力によっては授業を任される場合もあります。




この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●ウェスタンオーストラリアに行きたい方
 ●マリンスポーツが好きな方
 ●海外の生活、英語の環境を満喫したい方向き


日本語が流暢な日本語の先生がいる学校
私立セカンダリー(男子中高校) VIC州 メルボルン市内
生徒数: 640人
活動期間: 出来るだけ長期希望

この学校は、メルボルン中心部に位置する学校で、日本語教育は過去10年以上に亘って教えられています。日本語の先生は、日本に留学経験を持つ日本語が流暢な先生なので、英語が苦手でもコミュニケーションには問題ありません。尚、スポーツや音楽等に関してもお手伝いをして頂くチャンスが有り、元気なアシスタントを希望しています。

この学校の特長及びお薦めのポイント!

 ●日本語教育に大変熱心な学校
 ●オーストラリア人日本語講師がいる学校
 ●日本語講師は日本語が流暢なので英語が多少苦手でもOK
 ●都会の環境なので、都会派向き


田舎で活動したいならこの学校
公立セカンダリー VIC州 メルボルンから330キロ内陸へ
生徒数: 300人
活動期間: 出来るだけ長期希望

この学校は、メルボルンから330キロ程度の位置にあり小麦粉生産で有名な人口約2500人程度の町にある学校です。

日本語教育は過去10年間教えられおり、日本からの留学生を毎年受入れているので、現地コミュニティでも日本文化はかなり浸透しています。全学年に対して、授業が行なわれ、週24クラスほどあります。これだけ熱心に活動しているので、日本語の先生は日本人先生です。

この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●日本語教育に大変熱心な学校
 ●将来日本語教師を目指す方向き
 ●英語が苦手でもOK
 ●通常の留学ではありえないオーストラリアの田舎での活動と生活です。その環境が好きな方、最高の田舎ライフを満喫下さい


《一貫校》

小学生から高校生まで教えたいならこの学校
私立一貫校 NSW州 VIC州との州境の地域
生徒数: 700人
活動期間: 出来るだけ長期希望

この学校は、NSW州とVIC州の州境にある田舎の私立校です。成績は常にトップであり広大な敷地を持つ一貫校です。日本語教育は18年以上の歴史があり、小学校準備学級から高校3年生まで熱心に指導されています。先生も日本人講師、日本語が流暢な講師といらっしゃり、いろいろな希望が叶えられる環境です。


この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●いろいろな学年に携われる
 ●将来日本語教師を目指す方から単純に子供好きな方にも向いています
 ●英語を伸ばしたい方、苦手な方でもOK
 ●通常の留学ではありえないオーストラリアの田舎での活動と生活です。その環境が好きな方に最適の環境

過去参加者全員大満足の学校
私立一貫校 SA州 アデレードから南のリゾート地
生徒数: 660人
活動期間: 出来るだけ長期希望

この学校は、18年間日本語が教えられています。対象は小学校準備学級から高校生まで、またオーストラリア人日本語講師もたくさんいらっしゃいます。キャンパスも2つあり、各キャンパスでアシスタント教師が必要とされています。受入れにもとても慣れており、これまでの参加者全員が大満足である大変実績のある学校です。




この学校の特徴及びお薦めのポイント!

 ●将来日本語教師を目指す方、子供たちとの活動を楽しみたい方全ての方に適した学校
 ●基本的に英語環境だが、英語が苦手でもOK
 ●田舎と海のあるリゾート地を兼ね備えた環境



※これ以外にもオーストラリアには、派遣校がたくさんあります。上記以外の学校を希望の場合、ご希望の内容(地域、学校の種類、授業の頻度、講師の国籍など)をお知らせ下さい。できるだけ沿うようにプレースメントをしていきます。

 

posted by BBI at 2008/10/16 20:14
コメント()  トラックバック(0)

10月15日up

現在、2009年1月オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムの最終募集中です。
応募締切は10月31日まで!

多くの派遣校が皆さんを待っています!
環境抜群のオーストラリアで是非活動してみてください(^O^)/

今日は、学校での活動の様子が見れる動画を紹介します。生徒さんがアシスタント教師のために内緒で作ってくれたDVDです。フェアウェルのときにプレゼントされたそうです。とくとご覧下さい♪


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2009年1月出発概要 長期・短期・有給可能
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月27日(火)~1月30日(金)予定 ※月曜日は祝日 
※シドニー到着日1月26日(月)、研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月2日(月)
募集締切日 : 2008年10月末迄(ワーキングホリデービザでご参加の場合は11月末まで)
  派遣インタビュー
  お問合せ

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提
*******************************************************************

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧


■動画で紹介、オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム

紹介する学校は、オーストラリアの私立一貫校。小学校準備学年から高校3年生までが通学しています。日本語の授業は、全学年取っておりとても熱心に勉強されている学校です。

小学生など小さい学年は、アクティビティーを交えながら授業を行い、学年が上がるに従って、授業内容も変わっていきます。動画の中で出てくる生徒のうち、日本語がとてもペラペラの生徒もいて、熱心さがとても良く伝わってきます。

個人的な感想としては、自分の高校生の事こんな風に英語を全く話せなかったので、本当に素晴らしい!と感じる一コマでした。

アシスタント教師の千春先生が生徒に学校に本当に愛されていた様子をどうぞご覧下さい!

『We Love You Chiharu!!!』


posted by BBI at 2008/10/15 19:43
コメント()  トラックバック(0)

10月14日up

現在、2009年1月オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムの最終募集中です。
応募締切は10月31日まで!

多くの派遣校が皆さんを待っています!
環境抜群のオーストラリアで是非活動してみてください(^O^)/

今日は、現在活動中の皆さんの活動報告(マンスリーレポート)を紹介します、どうぞご参考下さい。


人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
■オーストラリア2009年1月出発概要 長期・短期・有給可能
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月27日(火)~1月30日(金)予定 ※月曜日は祝日 
※シドニー到着日1月26日(月)、研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月2日(月)
募集締切日 : 2008年10月末迄(ワーキングホリデービザでご参加の場合は11月末まで)
  派遣インタビュー
  お問合せ

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提
*******************************************************************

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ オーストラリア 現地からの声(活動報告など)
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート


■オーストラリアから活動報告(マンスリーレポート)

○今月派遣校で印象に残った事は何ですか

Year6、7のCultureの授業でお寿司を作りました。いつもは少しうるさい子がが少し真剣にお寿司を巻いてる姿がかわいらしかったです。最後に"Thank you for doing this for us"と言ってくれてすごく嬉しかったです。

10日間ほどAdelaide showが開催されていたのですが、それに行くために普通に学校を休む子が少なくなくてびっくりしました。ホリデーを取る制度がどのようなものなのか気になります。

日本語の授業が好きなYear8の女の子が、英日辞典を買って持ってきてくれました。こっちの本はみんな高いので、お小遣いの中から自費で購入してくれたかと思うとすごく嬉しかったです。また、彼女は自主的に日本の文化や単語を調べてはレポートにして見せてくれます。やる気のある子には、使える日本語をたくさん教えたいと思いました。

○自分が携わった授業で評判の良かった授業を教えてください

「てんき」を教えたときに、照る照る坊主を作らせたのですが、子供たちがとても喜んでくれました。天気の新出単語や今日の天気のフレーズを導入したあと、余った時間を使って行いました。照る照る坊主の起源や意味、照る照る坊主の歌の内容については、自分は英語能力が低く口頭での説明に自信がなかったので、予めプリントにして持っていき、その文章を読んでもらいました。

日本風のノーマルな照る照る坊主のみでなく、ビーズやカラフルなリボンも使ってオージー風の照る照る坊主も作成したので特に女の子の受けが良かったです。また、照る照る坊主の歌も簡単で短いのでみんな気にいって歌っていました。

○反省点のある授業は何ですか

なかなか言う事を聞かない生徒がいて、その生徒たちに構ってばかりになってしまい、やる気のある生徒やちゃんとやっている生徒をほったらかしにしてしまう事が良くありました。ちゃんとやっているのに、授業を先に進めずに待ち時間を作ってしまったのは本当に申し訳なく思っています。

授業を準備する上で、時間配分を考えるのがいつになっても難しいです。アクティビティが早く終わってしまったときのためのextra workや逆に時間が足りなくなった場合にどこを削るかなど、事前にしっかりと準備しておく事が大切だと思います。

○英語の様子はいかがですか

早く話されるとやっぱりまだ全然分からないです。あと2ヶ月でどこまでのぎるのか分からないけど、生の英語を聞ける機会を無駄にはしたくないので頑張ります。letterを並び替えてタントを作っていくscabbleというボードゲームは、語彙が増えるし楽しいです。(あたしは辞書を使いながらします)だけど、語彙と言うのはある状況で使ってこそ増えていくというか、記憶に残って行くものでもあるので、その場だけの単語にならない様に普段の会話でも新しい単語を使っていくように心掛ける必要があると思います。

ホームステイ先の子供たちが、発音や文章の間違いを正してくれます。発音は、発音の仕方を聞けば何度でもやってくれるのでとても感謝しています。また、ずっと英語漬けでいるよりは、たまに日本の映画を見たり、日本人と話をしたりする方が、英語もうまく伸びる気がしました。気のせいでしょうか??

○ホームステイの様子はどうですか?

ホームシックに掛かり、ファミリーに迷惑をかけてしまいました。家族は、自分たちのせいで私の元気がなくなったと思ってしまったみたいです。自分でも心配をかけている事は分かっているのですが、なかなかうまくテンションをあげられませんでした。たまたま、ファミリーの一番上の娘さんが大学で日本語を専攻していて、日本にも2年滞在していた事があるので、彼女の家に少しの間泊まらせてもらい、今はすっかり元気になりました。

快適です!先月に続き順調に太っています。夕飯に焼きそばを作ったら好評でした。おたふくソースがなかったのでBBQソースで作りましたがおたふくソースどこかに売ってませんかね??

○BBIへの連絡、各参加者への伝言

この前は、質問に詳しく回答してくださって、本当にありがとうございました。こっちの生活で不安な事があっても「シドニーにはBBIの方がいらっしゃるので、何かあっても大丈夫!!」と思えるので慣れない海外生活の中、とても心強く感じています。

≪オーストラリアの派遣校の特徴≫

 ・全土に亘って派遣がある(全州、都会、田舎、海沿い、内陸部など)
 ・派遣校の種類が豊富(小学校、中・高校、公立・私立、男子校・女子校、一貫校など)
 ・先生の種類も豊富(オーストラリア人講師、日本人講師、日本語が流暢なオーストラリア人講師)
 ・授業の頻度も多種多様(1週間に10コマ程度の学校から25コマ程度の忙しい学校まで)
 ・間接法の学校が主ですが、直接法を利用する学校も有
 ・どの派遣国よりも受入れに慣れている
 ・日本語教育環境が長けている

オーストラリアは、BBIが行っている派遣国の中で一番の環境が整っています。環境が整っていると言う事は、活動がとてもしやすいと言う事です。

また、派遣校へのご希望がある場合は、上記を参考にご希望をお知らせ下さい(地域、学校形態、授業頻度など)。出来るだけご希望に沿う学校をアレンジします。また、それができるのがオーストラリアの特徴です。

≪こんな人にお薦めオーストラリアの派遣プログラム≫

 ・日本語教師を本格的に目指している方(直接法・間接法)
 ・日本語教師と言う活動を体験してみたい方
 ・将来英語の先生を目指している方
 ・将来、児童英語教師を目指している方
 ・海外の教育フィールドで経験を積みたい方
 ・活動をたくさんしてみたい方
 ・使える英語力を身に付けたい方
 ・語学学校の英語では物足りない方、英語をブラッシュアップしたい方
 ・地域の生活にドップリ浸りたい方、海外で生活してみたい方
 ・オーストラリア人の友達をたくさん作りたい方
 ・未経験の方
 ・英語に自信のない方
 ・留学費用を抑えたい方
   (例:滞在費は120ドル/週(毎日3食付)!、通常の語学学校では240ドル/週が一般的)
 
≪オーストラリア派遣のプログラム特徴≫

 ・短期1週間からの派遣可能
 ・いろいろな組合せが可能(+養成講座通信、+養成講座通学、+児童英語教師、+幼稚園ボランティア、+語学学校、+有給インターンシップなど) ・・・ 組合せ割引をご利用下さい
 ・ワーキングホリデービザでの活動も可能 ・・・ ワーキングホリデー割引をご利用下さい

 【いろいろな組合せ(例)】


○日本語教師養成講座の資格420時間(通学)と組合せ(資格取得+実践)
 養成講座修了 ⇒ 直接法も使う日本語教育に熱心な学校への派遣
○日本語教師養成講座の資格420時間(通信)と組合せ(資格取得+実践)
 通信講座受講しながら = 間接法利用の学校へ派遣
○事前の語学学校(英語に自信のない方)
 語学学校8週間 ⇒ 日本語が流暢なオーストラリア人講師の学校へ派遣 

posted by BBI at 2008/10/14 18:38
コメント()  トラックバック(0)

10月13日up

シドニーの日本語教師養成講座ですが、2009年来年最初の開講のコースがあと2席となってしまいました。



シドニーで日本語教師養成講座 2009年1月スタート
あと2席!



かねてからお知らせしてきましたが、遂にあと2席となってしまいました。シドニーの日本語教師養成講座ですが、

来年最初の開校日、1月19日スタートコースが、あと残り2席の状態です。

来年早々から、日本語教師になるために資格を取りたい!と考えている方は、あと2席ですので、ご希望の方はすぐにでもお申込またはご連絡下さい。

・・・ シドニーで日本語教師養成講座 仮お申込
・・・ お問合せ


シドニーでの日本語教師養成講座の特徴は、なんと言っても実践力が養われるコースだという事です。毎日の様に模擬授業が課され、実践をこなしていきます。

ただ、単に模擬授業をするのではなくそれに対して、同期からの意見や感想を述べていただくディスカッションの時間もあります。そこでは、講師を中心に、導入の仕方、教材の見せ方、その大きさや色、もちろん教案の組み立てなどに対して、いろいろな意見が繰り出されます。

それを受けて、本来であればどういった方向性がよかったのかを講師から最終的に統括され指導されていきます。

このディスカッションの様子は動画で見る事もできますのでご参考下さい。

シドニー日本語教師養成講座ディスカッション


講座自身は11週間で修了する短期間で取得できるコースですが、その分内容はハードで、模擬授業の準備なども大変です。

実際、学習者は、4時以降の放課後、学校に残って夜遅くまで準備をしている姿も良く見ます。

その分、修了したときの達成感や充実感は、ひとしおで、日本語教師としていよいよデビューするんだ!と言う気持ちにもなるようです。

実際に、修了後、就職を決めていく方もいらっしゃいます。特にアジア圏の学校での就職が多いですが、一日本語教師として是非、活躍して頂きたいものです!

シドニーの日本語教師養成講座 体験談


《シドニーで日本語教師養成講座日程》

●2008 年 11月3日~2月27日 ・・・ 年越しコース

●2009 年度
1月19日~4月3日 ・・・ あと2席
3月2日~5月22日(※4/6~12休校)
4月14 日~6月26日 (4/13は祝日のため14(火)からスタート) 
5月25日~8月14日(※6/29~7/5休校)
7月6日~9月18日
8月17日~11月6日(※9/21~27休校)
9月28日~12月11日


《シドニーで日本語教師養成講座関連記事》


◇ シドニーで日本語教師養成講座
◇ シドニーで日本語教師養成講座お薦めコンテンツ一覧
◇ 養え教壇力!模擬授業の多さが秘訣
◇ 日本で就職 ホップ・ステップ・ジャ~ンプ!
◇ オーストラリアで受講する意義
◇ 全養協の認定校!


このコースは実践力がつき、また全日本日本語教師養成協議会(全養協)の認定校であるところにも特徴があります。全養協の認定校と言うことは日本での就職にも有利になるので、将来、日本で就職を考えている方にもお薦めの講座です。

ただ、上記の様にすぐに席が埋まってしまうのが難点です。2008年も結局それで、受講ができなかった方もいらっしゃいます。

ご自身の受けたい時期に受講する事で全く問題ないですが、その時期のコースの席が埋まりそうな方は、大至急対応されてみて下さい。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


尚、嬉しいお知らせとしては、最近の豪ドルと円の為替レートですが、1ドル70円前後です。

もし70円として計算した場合、この講座の費用は現在、

 4500豪ドル ⇒ 315000円



となります!

ついこの前まで1ドルが100円前後でしたので日本円に換算すると45万円程度でした。従って、とてもお得なお申込時期です。

このお申込みは、1月スターの方のみ対象ではありませんので(お申込時期はいつでも可能)、1月以降の方で、既にこの講座に参加することを決めている方は、お申し込みをしても良いかもしれません。ご参考くださいませ。



posted by BBI at 2008/10/13 09:57
コメント()  トラックバック(0)

10/10UP

豪ドルで表記されているプログラムがとてもお得です♪

米国発の金融危機の影響か、豪ドルの力が弱くなってきたのか、一時期1豪ドル100円を超えていたときからずいぶん対円に関して豪ドルが弱くなってきました。

日本を含めて世界的に経済はあまり良い状況ではなく、諸手を挙げて喜ばしい事ではありませんが、オーストラリアにこれから行かれる方や、オーストラリアの商品を変われる方は、良い環境になってきたと言えます。

実際に、その下げ感と言ったら尋常ではないぐらい、ドンドン下がっています。現在の豪ドルと円との為替レートですが、1豪ドル=70円前後です。(こちらは送金レートですので換金のレートとは多少異なります)

これまで1ドルを100円かけて買っていたものが70円で良いわけですので、とてもお得な状況なんです。

この傾向がどこまで続くか、またはすぐに反発をして再度80円から90円くらいまでに戻るのか、予断を許しませんが、現時点では、かつてよりずっとお得な環境といえます。

BBI日本語教師ネットワークでもオーストラリア発(豪ドル表記)のプログラムをいくつか取り扱っています。

以下のプログラムにご興味のある方は、今が買い時のチャンスかもしれませんので、どうぞご参考下さい。行く事を決めている方は、今申込んでも良いかもしれませんね(ご判断はもちろん皆さんにお任せします!)。

以下に、プログラム名と現在の換算費用を紹介します。(1豪ドル70円として計算、カッコ内は100円で計算したとき)


○ シドニーで日本語教師養成講座
   4500豪ドル ⇒ 315000円(450000円)

○ ゴールドコーストで日本語教師養成講座
   4400豪ドル ⇒ 308000円(440000円)

○ 通信で日本語教師養成講座
   1740豪ドル ⇒ 121000円(174000円)

○ 児童英語教師6週間コース(授業料のみ表記)
   2500豪ドル ⇒ 175000円(250000円)


上記とはちょっと異なりますが、オーストラリアでは他に、日本語教師海外派遣プログラムを行っています。このプログラムは、現地では学校関係者宅(先生か生徒のお宅)にホームステイしますが、現在平均して120豪ドル/週(毎日3食付)の費用が現地で掛かります。

1学期間約10週間ですので、1学期間のホームステイ費用はおおよそ1200豪ドルがかかりますが、こちらもお得感が出てきます。

○ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム(ボランティアコースの例)
   1200豪ドル ⇒ 84000円(120000円)

1学期間(約3ヶ月間)が食事全部込みで84000円で滞在できる安さです。

こちらは実際にオーストラリアにきて、換金するときの為替レートによりますので、必ずそうなるとは限りませんが、もし現在のレートを当てはめてみるとかつてより、とても滞在しやすくなっています。

ただでさえ、オーストラリアのボランティアプログラムの滞在費用は、他の派遣国と比べて安く、また、同じオーストラリアでも語学学校等手配のホームステイの約半額となるため、もともとお得ではあったのですが、更にこの為替レートになっている事で、現在日本にいる日本人にとってはとても良い状況になってきました。

為替は常に変動します。また、最近の動きは少し尋常ではないところもあるので、このレートは乱高下する可能性もありますので、きちんとご確認をされ、ご対応下さい。

ただ、それでも数ヶ月前のレートよりずっと良くなってきた事は確かですので、これからオーストラリアに行かれる方は良い状況ではありますね!




posted by BBI at 2008/10/10 11:58
コメント()  トラックバック(0)
 16件中1~10件表示  次のページ

Powered by PocketBlog

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.